冬の桑港

この曲の表示回数 10,810
歌手:

森進一


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

杉本真人


あなたの心から 旅立つなら
想い出さえ ついてこない 冬の桑港(シスコ)
見送る人もない 夜霧の空港
硝子(ガラス)窓のむこう側に 過去を残して
あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど
あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて
もうふたりを つなぎとめる
心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから

あしたに悲しみを 連(つ)れてくなら
涙も凍らせてしまう 冬の桑港
身体(からだ)の淋しさを ワインで酔わせて
満ちたりてた あの日だけを 夢に誘って
あゝ 優しくされた やきつく愛は深くて
あゝ うしろ髪ひく 胸の慕(おも)い消せないけれど
もうふたりを つなぎとめる
心さえ この都会に 捨ててゆくから

あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど
あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて
もうふたりを つなぎとめる
心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の桑港 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-02-22
商品番号:VIZL-162
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP