からたちのふるさと

この曲の表示回数 16,283
歌手:

山本譲二


作詞:

市場馨


作曲:

杉本真人


残りの冬が からたちのトゲに
雪をちらす日 都会にもどる俺
白い花が もうすぐ咲くのにと
赤い手袋で 君が枝をはじく
三年ぶりの ふるさと帰り
あいかわらずの 景色のなかで
君だけがなぜか まぶしく見える
からたちのトゲが きらめいて見える

金色の実が からたちの道に
秋を呼ぶ頃 逢いに来たい また
だまりこんで すねてた君なのに
バスを追いながら 何かつよく云った
三年ぶりの ふるさと帰り
花には早い 季節のなかで
君だけがなぜか やさしく見える
からたちの道が 春めいて見える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:からたちのふるさと 歌手:山本譲二

山本譲二の新着情報

  • 人は旅人 / ♪歩きだそうか明日求めて
  • MABU達 / ♪楽しく生きようぜ
  • 舟唄 / ♪お酒はぬるめの燗がいい
  • 石狩挽歌 / ♪海猫が鳴くからニシンが来ると
  • 北の鴎唄 / ♪山背が吠えればこころも時化る

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-16
商品番号:PCCA-00704
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP