歌詞を

ヘルプ

山口ひろみの歌詞一覧リスト

58 曲中 1-58 曲を表示
2021年11月29日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
一世一代山口ひろみ仁井谷俊也岡千秋明日の決まった人生なんて
いぶし銀山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司人眼ひくよな派手さはないが
縁~えん~山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司縁という名の出逢いがなけりゃ
大間崎山口ひろみ麻こよみ岡千秋今頃あなたどこにいる
お米と野菜の祝い唄山口ひろみ建石一徳久広司ハアー天のめぐみの陽をあびて
女川純情物語山口ひろみ伊藤美和桧原さとし初めで口にすっけれど
おんなの嘘山口ひろみ伊藤美和徳久広司さよならすると決めたから
おんなの海峡山口ひろみ石本美由起猪俣公章別れることは死ぬよりも
女の幸せ山口ひろみ原譲二原譲二こらえきれずに飲む酒が
女の残り火山口ひろみ麻こよみ四方章人未練の残り火消せるでしょうか
女の波止場山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司男と出会って愛するたびに
女の夜雨山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司あなたに傘を差しかけられて
女は生きる山口ひろみ原譲二原譲二裏町屋台でついほろり
おんな神輿歌山口ひろみ建石一徳久広司さあさあさあ道をあけておくれ
海峡酒場山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司世話になったと他人の顔で
海峡蛍山口ひろみ木下龍太郎岡千秋送る人ない女の旅に従いて
柿の実の詩山口ひろみ建石一徳久広司枝葉の落ちた柿の木は静かに
悲しき子守唄山口ひろみ西条八十竹岡信幸可愛いおまえがあればこそ
かもめの街山口ひろみちあき哲也杉本真人やっと店が終わって
川は流れる山口ひろみ横井弘桜田誠一病葉を今日も浮かべて
霧の港町山口ひろみ麻こよみ四方章人手紙ひとつであなたと別れ
くちなしの花山口ひろみ水木かおる遠藤実いまでは指輪もまわるほど
恋・来い・カラス山口ひろみ松井由利夫水森英夫好きよ好き好き好きなのよ
心の糸山口ひろみ麻こよみ岡千秋肩の荷物はあずけろと
小雪のひとりごと山口ひろみ滝川夏原譲二降り出す雨の時計台あの日も
最終出船山口ひろみ麻こよみ岡千秋裸足でつま先凍らせて
さくら川山口ひろみ建石一徳久広司生まれた時から女には背負った
さよなら…あなた山口ひろみ麻こよみ岡千秋未練の涙かこぬか雨ひとり
三陸風みなと山口ひろみ坂口照幸徳久広司駅を下りれば海峡がここまで
知床番屋山口ひろみ木下龍太郎岡千秋ようやく海明け流氷が北へ
人生よいしょの渡り鳥山口ひろみ志賀大介原譲二花と嵐の人生を今から歩いて
雪蓮花山口ひろみ伊藤美和弦哲也あなたと出逢って初めて知った
その名はこゆき山口ひろみ数丘夕彦原譲二北の女をくどくなら
ソーラン渡り鳥山口ひろみ石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
大漁恋唄山口ひろみ松井由利夫徳久広司船は男の度胸で捌く
黄昏山口ひろみ岸田智史岸田智史枯葉散る季節になって
終の恋歌山口ひろみ伊藤美和桧原さとし今年の冬は心も荒れて
津軽恋つづり山口ひろみ松井由利夫徳久広司雪の匂いは津軽の匂い
年上の女やけれど山口ひろみ伊藤美和岡千秋甘えてええんよからんでええの
どうするこの恋山口ひろみ中谷純平原譲二赤い赤い赤い夕陽の波止場に
浪花ごころ山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司すがた形じゃ好きにはならん
望み星山口ひろみ麻こよみ弦哲也見えぬ所も手抜きはしない
花しるべ山口ひろみ松井由利夫水森英夫川は逆さに流れはしない
春は桜の夢が咲く山口ひろみ建石一宮下健治あなたあなたあなた一人が
春は二度来る、三度来る山口ひろみ麻こよみ原譲二春は二度来る三度来る
ひだまり坂山口ひろみ麻こよみ原譲二生きるこの世の近道よりも
ひとり涙酒山口ひろみ麻こよみ弦哲也薄い灯りの裏酒場飲めば
悲恋半島山口ひろみ麻こよみ岡千秋目眩がしそうな切り立つ崖に
振り向いて山口ひろみ伊藤美和桧原さとし振り向いてどうか
古い珈琲屋山口ひろみさいとう大三馬飼野俊一私に似ている女が
紅の雨山口ひろみ伊藤美和桧原さとし初めてあなたに誘われた
メロディー山口ひろみ玉置浩二玉置浩二あんなにも好きだった
やっぱり惚れちゃった山口ひろみ麻こよみ岡千秋誰かにやめろと言われても
夕咲きの恋山口ひろみ坂口照幸徳久広司今来たばかりとあなたが微笑う
雪・哀歌山口ひろみ原譲二原譲二くずれる肩に雪が降るみぞれ
雪の恋山口ひろみ滝川夏原譲二暖簾を仕舞うその肩に
ゆめ暖簾山口ひろみ麻こよみ弦哲也渡る世間の向い風胸に冷たく
別れの朝山口ひろみ日本語詞:なかにし礼Udo Jurgens別れの朝ふたりは

山口 ひろみ(やまぐち ひろみ、1975年6月2日 - )は演歌歌手である。本名は山口孝美。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。立命館大学経営学部卒業。北島音楽事務所所属。レコード会社はテイチク。デビュー前の2001年には横浜F・マリノス通信員として選手達の普段の様子をレポートしていた。 wikipedia