古い珈琲屋

この曲の表示回数 1,100

私に似ている女(ひと)が 描かれた絵が
港の近くの古い店に あるときいた
それは幸せな昔 たった一枚だけど
あなたが私を描いて くれたもの
私と暮らしたあの日 小さな部屋
初めてあなたが描いてくれた ものでしょうか

私が描かれた女(ひと)は 笑顔のまま
カフィーの香りの匂う店で 暮らしていた
あの日描きかけのこの絵 たった一枚だけを
あなたは大事にかかえ 部屋を出た
私はこうして 今もみつめている
別れの理由(わけ)すら告げずに去った 人の事を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:古い珈琲屋 歌手:山口ひろみ

山口ひろみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP