二日酔い

この曲の表示回数 7,952
歌手:

渚ようこ


作詞:

阿久悠


作曲:

森田公一


また昨夜もどこかで破目をはずし
また何やらよけいなことをしたと
窓からさす白い朝日に
もう酒などやめたと誓ってる
いつでもこうさ 酔いからさめて
くよくよ思う それがとても情けないよ

夕日が落ち いっぱいのんだ後は
もう何でもこの手で出来るようで
人柄まで変るようだよ
また今夜ものまずにいられない

ふくらまない夢でも叶うような
愛されないひとでも抱けるような
信じていた友が戻って
来るような気持ちになって来る
いつでもこうさ 酔ってるうちは
元気にあふれ こわいものは何もないよ

夕日が落ち いっぱいのんだ後は
もう何でもこの手で出来るようで
人柄まで変るようだよ
また今夜ものまずにいられない

また今夜ものまずにいられない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二日酔い 歌手:渚ようこ

渚ようこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-23
商品番号:TECG-30016
タクミノート

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP