歌詞を

ヘルプ

水森英夫作曲の歌詞一覧リスト

702 曲中 1-200 曲を表示
2019年11月22日(金)更新
並び順:
全4ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
燈台灯り新曲三丘翔太麻こよみ水森英夫馬鹿な男と笑っておくれ
さすらい種次郎新曲三丘翔太麻こよみ水森英夫風に吹かれて西東
置き手紙新曲五十川ゆき岡田冨美子水森英夫バス停へ急ぎながら何度も
夕霧草新曲丘みどり多野亮水森英夫花にうつむく恋一輪に
播磨のおんな新曲丘みどり菅麻貴子水森英夫胸に秘めてるこの恋も
箱根八里の半次郎新曲福田こうへい松井由利夫水森英夫廻し合羽も三年がらす
天文館の夜野村美菜森田いづみ水森英夫愛しいあなたの面影が
湯布院ワルツ野村美菜森田いづみ水森英夫恋の終わりを告げるよな
海霧の町山内惠介麻こよみ水森英夫おまえの噂を隠すよに
やばいi山内惠介桜木紫乃水森英夫明け方のまどろみに
未練の出船越川裕子菅麻貴子水森英夫あの日契った約束が
おけさ恋しや越川裕子菅麻貴子水森英夫街の夕陽が後れ毛染めりゃ
一緒に生きたい長保有紀はずき水森英夫いろいろあった男と女
泣いちゃえ渡り鳥水雲-MIZMO-松岡弘一水森英夫逃げて追いかけ女の旅は
痛快!弁天小僧水雲-MIZMO-松岡弘一水森英夫それじゃなにかい浜松屋
湯島慕情松尾雄史菅麻貴子水森英夫倖せをあげると誓ったあの女が
遠い花出光仁美さいとう大三水森英夫肩にまわしたその手から
男心山内惠介麻こよみ水森英夫城跡残る北の町別れも告げず
ミア・ローザ~僕の薔薇~山内惠介円香乃水森英夫ミアローザ僕の薔薇よ
春の蝉若山かずさ菅麻貴子水森英夫逢えない歳月の永さに耐えて
唐津のおんな野村美菜森田いづみ水森英夫涙でしょうかそぼ降る雨は
男って奴は山内惠介紙中礼子水森英夫チョンと拍子木出番がせまる
望郷子連れ鴉山内惠介松岡弘一水森英夫蕎麦の花咲く信州路
須磨の雨瀬口侑希麻こよみ水森英夫ポツリポツリと女の胸に涙が
恋の舟瀬口侑希菅麻貴子水森英夫噂の風に逆らいながら
夕月波止場美里里美麻こよみ水森英夫汽笛桟橋あなたの船が出る
つばくろ情話美里里美麻こよみ水森英夫ひと雨来そうな昼下がり
尾曳の渡し森山愛子麻こよみ水森英夫棘ある噂に泣かされて
喜連川森山愛子麻こよみ水森英夫震える唇かみしめてこらえる
一世一代池田輝郎坂口照幸水森英夫人の噂の大波小波さけて通れぬ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
大丈夫氷川きよし森坂とも水森英夫大丈夫大丈夫夢は果てなく
最上の船頭氷川きよし松岡弘一水森英夫船がでるぞォ~船頭さんが
越後の雪次郎氷川きよし松岡弘一水森英夫親を泣かせた十五の春も
惚れたがり氷川きよし麻こよみ水森英夫男を見る目がないよねと
哀愁峠二見颯一たきのえいじ水森英夫背のびしたって高千穂は
望郷ギター二見颯一たきのえいじ水森英夫夕焼けが沁みる日は
どうすればいい山内惠介松井五郎水森英夫あっあっあっどうすればいい
まんさくの花山内惠介麻こよみ水森英夫改札口で手を振るあなた
ありがとうが、降り積もる。山内惠介もりちよこ水森英夫うたた寝してた肩先に
唇スカーレット山内惠介松井五郎水森英夫抱きしめていたいんだ
月草の宿黒川真一朗菅麻貴子水森英夫雨のしずくが窓辺をつたう
明日に乾杯黒川真一朗菅麻貴子水森英夫回り道だと誰かが嘲笑う
祭り列島ひとり旅西川ひとみ木下龍太郎水森英夫北の札幌雪まつり
夢路の宿野村美菜森田いづみ水森英夫胸に冷たい浮世の風が
博多の夜野村美菜森田いづみ水森英夫あなたの噂も届かぬ夜は
想い出の路井上由美子円香乃水森英夫覚えていますかこの社
一番星天童よしみ水木れいじ水森英夫逆まく波が打ちよせて
かたおもい天童よしみ水木れいじ水森英夫泣いて泣いて泣いてどうなる
すず虫松尾雄史菅麻貴子水森英夫あふれる涙は拭えても
サハリン航路松尾雄史田久保真見水森英夫流氷さえも越えてゆく
青い旅人山内惠介桜木紫乃水森英夫笑顔をひとつ小舟に乗せて
野付半島山内惠介鈴木紀代水森英夫根室海峡潮風受けて
おかめひょっとこ夫婦道美山京子菅麻貴子水森英夫苦労が積み荷のこの世の舟で
海の恋唄美山京子菅麻貴子水森英夫沖は朝焼け大漁旗を
愛の翼氷川きよしさいとう大三水森英夫君だけは君だけは
花ふたたびキム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫やけぼっくいに火がついて
真心歌キム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫岩をも通すその一念で
あたりきしゃりき山内惠介松尾潔水森英夫毎年電話を変えるとか
恋文山内惠介田久保真見水森英夫泣かない恋が倖せじゃなくて
茶屋町しぐれ出光仁美もず唱平水森英夫ビルの谷間の赤提灯で
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
みれん節水雲-MIZMO-水森英夫水森英夫憎いひとだと恨んでみても
まごころ街道水雲-MIZMO-関口義明水森英夫わたしの写真を一枚入れた
上州やぶれ笠山内惠介松岡弘一水森英夫左手に榛名で右手に赤城
そよ風に唄えば山内惠介高畠じゅん子水森英夫さそわれてそよ風に
日豊本線池田輝郎鈴木紀代水森英夫小倉駅から列車に乗れば
伊良湖水道 めぐり逢い鳥羽一郎&野村美菜森田いづみ水森英夫荒れる海峡伊良湖を越えて
冬燕若山かずさ城岡れい水森英夫ぷつりと千切れた絆の糸の
紫露草愛川まみ麻こよみ水森英夫こぼれる涙の水たまり
寒月光愛川まみ美馬とおる水森英夫心じゃ捨てたつもりでも
面影今いずこ三丘翔太水森英夫水森英夫本当は死ぬほど君が好きだった
菜の花通り三丘翔太森坂とも水森英夫山も野風も黄色に染まる
さらせ冬の嵐山内惠介松井五郎水森英夫ここで身を投げれば
夢追い人山内惠介仁井谷俊也水森英夫夢追い人さ男は誰でも
お楽しみはこれからだ!山内惠介松尾潔水森英夫サハラ砂漠に雪が降り
有明月夜水田竜子森田いづみ水森英夫面影訪ねて降り立つ町は
旭川のおんな水田竜子森田いづみ水森英夫優佳良織りが紡ぐのは
風の町哀詩黒川真一朗菅麻貴子水森英夫風にちぎれて汽笛がひとつ
夢待ち酒場黒川真一朗菅麻貴子水森英夫泣いているやつ笑うやつ
きずな橋天童よしみ水木れいじ水森英夫風の寒さに耐えてこそ
旅ひとり天童よしみ水木れいじ水森英夫雲が流れる磐梯山を
春待ち坂美川憲一麻こよみ水森英夫夢につまずき転んでも
一点物水沢明美いとう彩水森英夫小さな町で育っても
心意気大江裕高木知明水森英夫大地の息吹と潮の幸と
門出船松尾雄史森坂とも水森英夫胸に大志を抱いてこそ
肥前路の女松尾雄史鈴木紀代水森英夫泣き泣き別れた佐世保の駅で
さよならを嘘にかえて松尾雄史森田いづみ水森英夫勝手な女だねさいごまで
叱り酒松尾雄史鈴木紀代水森英夫日暮れを待てずに昨日も今日も
酔わせてオルホ氷川きよしさいとう大三水森英夫好きさ好きさ好きさ今夜
真昼の最終列車氷川きよし岡田冨美子水森英夫発車のベルが泣いてる
伊万里港池田輝郎塚部芳和水森英夫わっせわっせわっせわっせ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
忘れ雨出光仁美里村龍一水森英夫愛して三年口には出さず
伊良湖水道野村美菜森田いづみ水森英夫荒れる波が吼える様に
名古屋哀歌野村美菜かず翼水森英夫女の涙が男にとって
会津追分森山愛子麻こよみ水森英夫死ぬよりつらい別れの言葉
雨の信濃路森山愛子麻こよみ水森英夫泣かないと何度も決めた
望郷五木くずしみうら晶朗喜多條忠水森英夫故郷はどんなにどんなに
赤い幌馬車山内惠介松尾潔水森英夫故郷目指すポンコツ車
風ぐるま山内惠介松尾潔水森英夫生まれは路地裏の石屋の倅
帯屋町ブルース水雲-MIZMO-麻こよみ水森英夫一ヶ月前にはおまえを見たと
米~kome~海外バージョン水雲-MIZMO-麻こよみ水森英夫ツバメが飛んで田んぼを均し
望郷五木くずし花京院しのぶ喜多條忠水森英夫故郷はどんなにどんなに
新庄恋しや水田竜子麻こよみ水森英夫地図で見たならヨー
星の降る里水田竜子石原信一水森英夫闇が深まるいで湯の里は
暖簾三代鳥羽一郎たかたかし水森英夫料理は愛情とおしえてくれた
愛の欠片松阪ゆうき友利歩未水森英夫愛しても愛しても
初恋のポルカ氷川きよし水木れいじ水森英夫風渡る空みどりの草原こえて
高山本線池田輝郎鈴木紀代水森英夫おまえに出逢えるはずなど
旅の酒池田輝郎鈴木紀代水森英夫風にゆれてる赤提灯が
ホテル上海白川ゆう子岡田冨美子水森英夫窓を横切る貨物船海がキラキラ
ふられ女のひとり言白川ゆう子岡田冨美子水森英夫あなたはあなたは最高でした
愛が信じられないなら山内惠介松尾潔水森英夫ため息のみ込むあなたの背中
珈琲カップ山内惠介松尾潔水森英夫初めての旅行で買った
黒いダイヤ山内惠介松尾潔水森英夫大の男が泣きごと言うな
恋ざくら野村美菜さとうしろう水森英夫山並み色づく雲南の
三瓶山野村美菜さとうしろう水森英夫丸くそびえるあの山は
虹色の雨三丘翔太里村龍一水森英夫悪い人だと判っていても
東京ワルツ三丘翔太坂口照幸水森英夫ビルの谷間の人の波
人生酒場黒川真一朗さいとう大三水森英夫今日があるから明日がある
雪花角館黒川真一朗鈴川信也水森英夫雪が別れを惜しむのか
津軽の風徳永ゆうき麻こよみ水森英夫春は名ばかりひゅるひゅると
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
夕月おけさ天童よしみ水木れいじ水森英夫波のしぶきか淡雪か
十勝川天童よしみ水木れいじ水森英夫逢えなくなって気がつきました
北上川野村美菜森田いづみ水森英夫凍てつく夜風に銀河も凍る
美菜の平泉音頭野村美菜森田いづみ水森英夫ハァ~花も笑顔も
トマム絶唱松尾雄史板橋雅弘水森英夫ラベンダーをおまえの髪に
ラストソング松尾雄史板橋雅弘水森英夫つないだ手と手なぜだか離し
船折瀬戸水田竜子岸かいせい水森英夫瀬戸の海なら静かだろうて
飛騨の恋唄水田竜子彩ちかこ水森英夫古い町並み山車がゆく
津軽の春瀬口侑希里村龍一水森英夫雪は溶けても花さえ咲かぬ
愛しゃ 愛しゃ出光仁美森田いづみ水森英夫昔誰かが言いました
みそか酒多岐川舞子さいとう大三水森英夫雪になりそな裏町に
星あかりの夜山内惠介喜多條忠水森英夫星あかりの夜だから君を
ただひとつの花山内惠介松井五郎水森英夫風に手をゆだね髪をほどくとき
男の手酌酒山内惠介坂口照幸水森英夫人を押しのけ生きるより
ほほえみ列車野村未奈森田いづみ水森英夫真っ赤な鉄橋千曲川を越えて
哀愁の酒キム・ヨンジャ仁井谷俊也水森英夫恋がおんなのともし灯ならば
モナリザの微笑キム・ヨンジャさくらちさと水森英夫モナリザモナリザモナリザの
木曽川みれん水田竜子坂口照幸水森英夫木曽の御岳さん墨絵に霞む旅の
みちのく隠れ郷水田竜子坂口照幸水森英夫雪をいただく鳥海山の麓流れる
鷹匠朝日奈ゆう菅麻貴子水森英夫飄々と何に逆らう訳じゃない
おとこ傘朝日奈ゆう菅麻貴子水森英夫傘をさしても心が濡れる
泣かせ酒新川二朗仁井谷俊也水森英夫いのち一途に尽くしてみても
オンリーユー神戸西尾夕紀水木れいじ水森英夫あなたが私をみつけてくれた
惠介のええじゃないか山内惠介仁井谷俊也水森英夫朝晩コンビニ通うのは
宗谷本線山内惠介鈴木紀代水森英夫粉雪が窓をたたきつけ
白河の関山内惠介麻こよみ水森英夫身を引く女の哀しみ抱いて
夢路山内惠介麻こよみ水森英夫路地裏ひと間の薄灯り
片恋流れ星山内惠介松井五郎水森英夫帰りたくないくせに
好きで好きでたまらない山内惠介売野雅勇水森英夫両国橋を眺める部屋から
想い出の彼方に山内惠介喜多條忠水森英夫想い出の彼方に君がいる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
こころ雪化粧山内惠介松井五郎水森英夫名残りの空に淡い雪
Emma~エマ~山内惠介円香乃水森英夫あの頃は二人とても
両家良縁晴々と池田輝郎坂口照幸水森英夫今朝はお山も初雪化粧
露地裏・酒の川池田輝郎坂口照幸水森英夫いいじゃないかよ追い越されて
露地裏しぐれ藤野とし恵麻こよみ水森英夫心に隠した恋の傷雨降る夜には
私をどうするの…藤野とし恵麻こよみ水森英夫檸檬ひと切れグラスに浮かべ
函館慕情徳永ゆうき麻こよみ水森英夫たそがれ波音漁り火揺れて
北の終列車徳永ゆうき森坂とも水森英夫君のさよならをかき消した
流転の波止場山内惠介仁井谷俊也水森英夫恨みつらみはさらさらないが
演歌道中 旅がらす山内惠介鈴木紀代水森英夫腰の脇差マイクにかえて
女の人生夢舞台美山京子鈴木紀代水森英夫一つ二つと数えたら
小豆島悲歌美山京子鈴木紀代水森英夫やっと手にした倖せが
野菊いちりん…西川ひとみ仁井谷俊也水森英夫冷たい世間の片隅で
夫婦竜西川ひとみ木下龍太郎水森英夫惚れた男を世に出すためにゃ
竜虎伝和田青児仁井谷俊也水森英夫虎は千里の道をゆく
瀬戸内ブルース氷川きよしさいとう大三水森英夫あの娘さがして島から島へ
みれん心氷川きよし志賀大介水森英夫嘘のつけないおんなです
メルボルン特急松尾雄史板橋雅弘水森英夫流れる雲の影追い越して
ぽつり、湯河原松尾雄史板橋雅弘水森英夫ぽつりぽつりと灯りがともる
星影の里三丘翔太坂口照幸水森英夫どうしているかい泣いては
天草みれん三丘翔太麻こよみ水森英夫ひとりたたずむ天主堂
吾妻橋で待つ女美川憲一仁井谷俊也水森英夫好いた惚れたで結ばれる
霧島の宿水田竜子坂口照幸水森英夫日豊本線乗りつぐ駅は
涙のお酒出光仁美麻こよみ水森英夫どこへも行くなと抱きしめ
心に花を咲かせましょう黒川真一朗&大沢桃子伊藤薫水森英夫心に花を咲かせましょう
千曲川哀歌野村未奈森田いづみ水森英夫白い雪が舞い散る手提げ
くれないの船野村未奈森田いづみ水森英夫上田の城に昇る月夜を染めゆく
佐渡航路水森かおり仁井谷俊也水森英夫あなたを忘れるあきらめる
落ち葉舟黒川真一朗志賀大介水森英夫山に山霧川知らず川に川霧
女の止まり木黒川真一朗志賀大介水森英夫真っ直ぐ帰れば帰れるものを
夕張川から山内惠介奥山英明水森英夫川の流れと人のうつろい
恋のハナシをしましょうね山内惠介&水谷千重子二葉慶太郎水森英夫Love Love Love with you
縁歌山内惠介&水谷千重子倉本美津留水森英夫縁は異なもの味なもの
七尾しぐれ多岐川舞子かず翼水森英夫雪なら払えばすむものを
噂の真相多岐川舞子岡田冨美子水森英夫キャンドルライトが妖しく
最後のひと森勇二里村龍一水森英夫あなたが最初でないのが辛い
新宿みれん森勇二里村龍一水森英夫酔って悪びれぶたれた跡も
港やど西方裕之仁井谷俊也水森英夫これが最後と我がまま言って
おまえと道づれ西方裕之仁井谷俊也水森英夫咲かずじまいの男の夢を
遠めがね氷川きよし松井由利夫水森英夫指を丸めて西空見れば
おんなネオン舟池田輝郎仁井谷俊也水森英夫一度は愛したあのひとだから
望郷よされ節みうら晶朗高田ひろお水森英夫星が星が星がまたたくよ
おさけ川長保有紀関口義明水森英夫誰も好んで泣くために
出直したいの長保有紀はずき水森英夫うしろ振り向きゃ両の手で
アジアより愛をこめて山内惠介仁井谷俊也水森英夫ジャカルタの街は椰子の葉
港町しぐれ池田輝郎仁井谷俊也水森英夫博多始発の列車に乗って
ひとりにしないで池田輝郎仁井谷俊也水森英夫今日からふたりは他人だと
男の懺悔和田青児坂口照幸水森英夫おまえ無理して倒れた夜に
スポットライトGOLD LYLIC山内惠介喜多條忠水森英夫若さという名の舞台には
六本木界隈・夢花火山内惠介売野雅勇水森英夫十五の春に家を出て
1234>