試聴する

母恋しぐれ

この曲の表示回数 829
歌手:

二見颯一


作詞:

菅麻貴子


作曲:

水森英夫


ひとり夜更けの 燗冷まし
手酌で乾したら 鳴く汽笛
遠い故郷(ふるさと) 母さんへ
書いた手紙も 出せずに二年
つらいこの胸 叩くな雨よ
窓辺に降ります 母恋しぐれ

星がまたたく 空の下
母さん今頃 冬支度
耳をすませば 聞こえます
お国訛りの 北風夜風
夢を抱いても 心が寒い
寝返る隙間に 降る恋しぐれ

風が落ち葉を 転がせば
必ず明日は 晴れになる
世話になるより 世話をする
そんな心が あなたの教え
夢で帰れば 枕が濡れる
想い出温める 母恋しぐれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母恋しぐれ 歌手:二見颯一

二見颯一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/11/18
商品番号:CRCN-20472
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP