女鬼龍院

この曲の表示回数 25,772

花の袂を ぷっつり切って
度胸二文字 さらしに巻いた
女だてらと 笑わば笑え
こうと決めたら どこまでも
異名も 女鬼龍院

土佐の高知の あばれ者
夢は浦戸の水鏡
春に背けば 花も散る
義理のたて縞 男帯
野暮は承知の たて結び
命きざんだ 金看板は
泣く子も黙る 鬼龍院

変る世間に 背かれようと
曲げちゃならない この道だけは
月も片割れ 室戸の風に
捨てる涙を 誰が知ろ
異名も 女鬼龍院
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女鬼龍院 歌手:米倉ますみ

米倉ますみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996/02/21
商品番号:VICL-748
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP