人生旅愁

この曲の表示回数 829
歌手:

米倉ますみ


作詞:

水木かおる


作曲:

岡千秋


男と生まれて でっかい夢を
もたずに何の 青春ぞ
怒涛の人生
俺は行くぜと 踏み出しながら
いくつの季節が 流れたことか

いつでも背中を 見送るだけと
怨みをこめた あの涙
流れの浮草
めぐり逢えても はかないだけの
別れのさだめが あわれでならぬ

人生、どこまで 傷つきながら
残りの夢を 追いかける
夜ふけの居酒屋
うごく時代に とり残された
男の姿が ほろりとゆれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人生旅愁 歌手:米倉ますみ

米倉ますみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/10/22
商品番号:VICL-41004
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP