望郷恋唄

この曲の表示回数 960
歌手:

米倉ますみ


作詞:

清水峰湧


作曲:

大谷明裕


やけで煽(あお)った 屋台の酒の
ラベルで故郷(ふるさと) 思い出す
ハァー 相馬恋しや 妙見様よ
でかい土産の 話も無いが
夢で今夜は 帰りたい

花は相馬で 実の成る伊達(だて)に
残したおふくろ 気にかかる
ハァー 相馬恋しや 野馬追い祭り
小窓とおした 夜汽車の音が
子守歌です 酔った夜は

くにの訛(なま)りを 忘れぬうちに
帰って会いたい 女(ひと)がいる
ハァー 相馬恋しや 松川浦よ
今もひとりで いるならきっと
鶴と亀とを 連れて行く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷恋唄 歌手:米倉ますみ

米倉ますみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/10/22
商品番号:VICL-41004
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP