阿波の鳴門

この曲の表示回数 1,078
歌手:

米倉ますみ


作詞:

水木かおる


作曲:

岡千秋


淋しかったろ どんなにか
おさないおまえを ひとりにさせて
あれから十年 北・南
娘さがしの 放浪記
風の便りの めぐり逢い
阿波の鳴門の 汐鳴り高し

どこでどうして 暮らしても
曲ったことだけ しないでおくれ
いえいえ、元気で いてくれりゃ
罪は背負います この母が
犇(ひし)と抱きあう 母と子に
阿波の鳴門の 夕汐(ゆうしお)かなし

親は無くとも子は育つ
海の夕陽におまえの無事を祈りながら
母さんには悔いと涙の日々でした。

どんな気持で こんな夜は
み寺の鐘の音 聞いてたことか
許しておくれよ 母らしい
ことも出来ずに 来た女
今は御禊(みそぎ)を あゝふたり
阿波の鳴門の しぶきを浴びて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:阿波の鳴門 歌手:米倉ますみ

米倉ますみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/10/22
商品番号:VICL-41004
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP