別れの詩

この曲の表示回数 7,385

あなたは私に教えてくれた
そんなものだよ人生なんて
好きよ好きよとても好きでした
いつか逢える何処かで又逢えるわそんな気もして 私
一人で唄う別れの詩です

夜汽車に揺られて訪ねた街で
歩き疲れて氷雨に濡れて寒い寒い岬 海鳥が
北へ帰る群れにはぐれて一羽どこか似ている あなた
一人で唄う別れの詩です

あなたは私に教えてくれた
恋の苦しさ泣くことまでも涙 涙こらえ さよならを
忘れないわ哀しみ増す夜明けにそっと 旅立つ私
一人で唄う別れの詩です
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:別れの詩 歌手:米倉ますみ

米倉ますみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-10-22
商品番号:VICL-41004
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP