母舞台

米倉ますみ

母舞台

作詞:松井由利夫
作曲:宮下健治
発売日:1996/02/21
この曲の表示回数:18,166回

母舞台
くれと言われりゃ命もあげる
かぶれと言われりゃ火の粉もかぶる
流れ浮藻の 旅役者
そんな母でもわが子を想う
熱いなさけに 嘘はない

(セリフ)そりゃあ 自分のお腹をいためたわが子だもの
お前のことは一日だって 片時だって忘れたことはありゃしないよ
旅役者の子供に生まれたお前には ずい分 不憫な思いをさせたねぇ
けど お前は ほんとに手間のかからない いい子だったよ
こうして瞼を閉じると昔のままの
お前の かわいい顔が浮かんでくるんだよ

なれた芝居も「瞼の母」は
演るたびつまずく身につまされて
しぐれ掛小屋 すきま風
乳が足りずに泣き泣き寝た子
遠いおさない 夢まくら

(セリフ)子供の不始末は親の不始末
お母ちゃんの育てかたが悪かったんだよ
お前の悪い噂をきくたび世間さまに申し訳ない泣くにも泣けない
身を切られる思いでお月さんに こうして手を合わせていたんだよ
土下座をしろって言われりゃ土下座もします
この通り お願いだからもういちど 昔のような
いい子になっておくれよ ねぇ お願いだからさぁ

渡る雁 旅空 夜空
月さえ愛しいわが子に見える
どんな哀しい 噂でも
母は耐えます世間のつぶて涙かくして 牡丹刷毛

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません