試聴する

流れ舟

この曲の表示回数 6,873
歌手:

松尾雄史


作詞:

菅麻貴子


作曲:

水森英夫


川の水面に 浮き沈み
誰が流した 木の葉舟
いのちをひとつに 寄せ合いながら
涙で数えた 冬いくつ
ふたり何処まで 流れ舟

夜霧(きり)にまぎれて しのび逢う
恋は運命(さだめ)か また夢か
おまえの小さな その肩先に
行き交う蛍の 薄明かり
揺れて何処まで 流れ舟

水にゆらゆら 身を投げて
泣いているよな 木の葉舟
噂を逃れて この世の果てに
暮らせる倖せ あればいい
ふたり何処まで 流れ舟
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流れ舟 歌手:松尾雄史

松尾雄史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/12/02
商品番号:CRCN-8367
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP