歌詞を

ヘルプ

池田輝郎の歌詞一覧リスト

39 曲中 1-39 曲を表示
2019年6月18日(火)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
愛…ふたたび池田輝郎長内錠司山崎剛昭哀しみは旅路にすてて汽車に
あした坂池田輝郎仁井谷俊也水森英夫表に一歩踏みだせば後に引け
雨の夜汽車池田輝郎峰崎林二郎水森英夫長岡駅から寺泊乗換駅は
淡路の女よ池田輝郎森田いづみ水森英夫風の便りに背中を押され
一世一代池田輝郎坂口照幸水森英夫人の噂の大波小波さけて通れぬ
伊万里港池田輝郎塚部芳和水森英夫わっせわっせわっせわっせ
伊万里の母池田輝郎喜多條忠水森英夫大きな愛とやさしさの母は
祝い目出度池田輝郎福岡県民謡福岡県民謡祝い目出度の若松様よ若松様よ
男の意地池田輝郎仁井谷俊也水森英夫あいつは駄目だと嘲笑う奴
男の誠池田輝郎関口義明水森英夫野辺に咲いてる花よりも
おまえと倖せに池田輝郎仁井谷俊也水森英夫世間を拗ねたらあなたの負けと
おんなネオン舟池田輝郎仁井谷俊也水森英夫一度は愛したあのひとだから
海峡岬池田輝郎長内譲山崎剛昭雪はふるふる追分港
鹿児島おはら節池田輝郎鹿児島県民謡鹿児島県民謡花は霧島たばこは国分
北の夜風池田輝郎麻こよみ水森英夫なんで捨てたと責めるよに夜風
霧島慕情池田輝郎仁井谷俊也水森英夫暮れてわびしいいで湯の町を
串木野さのさ池田輝郎鹿児島県民謡鹿児島県民謡ハァー百万のハヨイショ
黒田節池田輝郎福岡県民謡福岡県民謡酒は飲め飲め飲むならば
くんちのぼせ池田輝郎喜多條忠水森英夫今日は宵山赤獅子は
佐賀の田植唄池田輝郎佐賀県民謡佐賀県民謡ヤァーレーサァーヨイヨーイ
人生みなと池田輝郎関口義明水森英夫枯葉ひとひら音もなく
関の鯛釣唄池田輝郎大分県民謡大分県民謡関の一本釣りゃナー高島のサー
瀬戸内ブルース池田輝郎のどかけん佐々木立灯りまばゆい神戸港
高山本線池田輝郎鈴木紀代水森英夫おまえに出逢えるはずなど
田原坂池田輝郎熊本県民謡熊本県民謡雨は降る降る人馬は濡れる
旅の酒池田輝郎鈴木紀代水森英夫風にゆれてる赤提灯が
長崎のんのこ節池田輝郎長崎県民謡長崎県民謡ハアー芝になりたや箱根の芝に
日豊本線池田輝郎鈴木紀代水森英夫小倉駅から列車に乗れば
ネオン舟池田輝郎仁井谷俊也水森英夫男は誰も重たい荷物背中に
ねぶた海峡池田輝郎長内錠司山崎剛昭海の香りを置いてた人の
ひとりにしないで池田輝郎仁井谷俊也水森英夫今日からふたりは他人だと
日向木挽唄池田輝郎宮崎県民謡宮崎県民謡ヤーレ山で子が泣く山師の子
星に語りて池田輝郎麻こよみ水森英夫暗い夜空を見上げれば
松浦潟池田輝郎北原白秋町田嘉章松浦潟誰を待つ身か忍ぶ身か
港町しぐれ池田輝郎仁井谷俊也水森英夫博多始発の列車に乗って
湯の里しぐれ池田輝郎麻こよみ水森英夫小雨に滲んだ湯煙りがおまえの姿
湯の町哀歌池田輝郎関口義明水森英夫いで湯銀座の銀の字が
両家良縁晴々と池田輝郎坂口照幸水森英夫今朝はお山も初雪化粧
露地裏・酒の川池田輝郎坂口照幸水森英夫いいじゃないかよ追い越されて

池田 輝郎(いけだ てるお、1953年2月18日 - )は、佐賀県伊万里市出身の民謡・演歌歌手。本名は池田輝男。所属事務所は、三井エージェンシー。 wikipedia