歌詞を

ヘルプ

山崎剛昭作曲の歌詞一覧リスト

47 曲中 1-47 曲を表示
2019年10月18日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
長良川舟唄鏡五郎久仁京介山崎剛昭流れゆく川の水面に
五郎の人生百年桜鏡五郎夢ユメ子山崎剛昭若いあの日が過ぎたって
みれん船鏡五郎久仁京介山崎剛昭汽笛ひびけば波の瀬を
大阪箕面しのび恋鏡五郎森口冨士夫山崎剛昭小川のせせらぎ静けさは
はなびらの雪鏡五郎久仁京介山崎剛昭羽織った角巻寒かろと
夫婦桜鏡五郎下地亜記子山崎剛昭大寒小寒の冬の日も
千鳥の舞鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭瀬戸は引き潮夕浪しぐれ
織田信長鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭国は乱れし戦国に
おまえの涙鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭まわり道してつまずく路地で
俺は浪花の暴れん坊鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭水の都で産声あげた
宇奈月の雨鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭深山しぐれか川霧か
保津川下り鏡五郎森口冨士夫山崎剛昭彩づく紅葉砕けるしぶき
鏡川鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭流れる水は逆らわず
あじさいの宿鏡五郎ロイ白川山崎剛昭ふたり歩いた縁坂今は想い出
修善寺の宿鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭伊豆は湯の里湯けむりに
あばれ天竜鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭あばれ天竜飛沫に濡れて
津軽夫婦節鏡五郎鈴木信子山崎剛昭苦労くの字もおまえといれば
津軽海峡鮪船鏡五郎鈴木信子山崎剛昭一世一代鮪に賭けた
惚れて道づれ鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭おまえと歩いた人生は
玄海あばれ太鼓鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭寄せる荒波玄海灘に
これから小唄鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭花の昭和に産声あげて
浅野内匠頭鏡五郎木下龍太郎山崎剛昭叶うものならもうひと太刀を
お前を離さない鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭明日にはぐれた男の涙
男ごころ鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭おまえの笑顔を見ているだけで
片恋しぐれ鏡五郎久仁京介山崎剛昭くじけちゃ駄目だと
北へ流れて鏡五郎久仁京介山崎剛昭北へ流れてこの酒場
ひとり松江で真木柚布子大里由知山崎剛昭一夜泊まりのこの旅は
契り酒鏡五郎水木れいじ山崎剛昭花のいのちをこの手に預け
しぐれ傘鏡五郎もず唱平山崎剛昭今夜で終りの恋ですか運命に
越前しぐれ鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭漁火ゆれる若狭の宿で別れ
御陣乗太鼓鏡五郎鈴木信子山崎剛昭波が牙むく能登の海山を背負った
嵯峨野路岡ゆう子木下龍太郎山崎剛昭愛していりゃこそ憎まれ口の
見返りの宿岡ゆう子結城安生山崎剛昭ふたりぼっちになったねと
佐賀のひと岡ゆう子松本英祐山崎剛昭たそがれせまる嬉野の宿
しのび酒真木柚布子下地亜記子山崎剛昭一度結んだ絆の糸は
沓掛道中鏡五郎・佐野文香木下龍太郎山崎剛昭擦れて痛むか草鞋の紐が
なぁ…お前鏡五郎長内譲山崎剛昭お前がいたからここまで来れた
愛…ふたたび池田輝郎長内錠司山崎剛昭哀しみは旅路にすてて汽車に
ねぶた海峡池田輝郎長内錠司山崎剛昭海の香りを置いてた人の
海峡岬池田輝郎長内譲山崎剛昭雪はふるふる追分港
恋化粧澤本千代美長内譲山崎剛昭小雨そぼふる湯の町は
人生みちづれ田嶋順子長内譲山崎剛昭この人だけだと決めたのは
夫婦酒場田中たえ長内譲山崎剛昭恋の出逢いはざぼん町
哀恋海峡田中たえ長内譲山崎剛昭ついて行きたい涙で送る
腕(かいな)林田政春長内譲山崎剛昭誰が笑おと辛抱重ね
未練のブルース響浩司長内譲山崎剛昭このまま縋がればよかったものを
関門恋唄港一郎長内譲山崎剛昭船が出航るたび女は泣くわ