あばれ天竜

この曲の表示回数 14,955
歌手:

鏡五郎


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

山崎剛昭


あばれ天竜 飛沫に濡れて
旅に行(ゆ)くのも 男のさだめ
泣くな深山(みやま)の 紅(べに)つつじ
伊那の七谷(ななたに) 俺(おい)らの故郷(こきょう)
なんで捨てよか 恋の花

秋葉火祭り 近づく頃は
風の寒さが こころに沁みる
おやじ達者か おふくろは
知らぬ他国の 片割れ月に
今日も詫びてる 親不孝

川は流れて 遠州灘に
行方知れない 俺(おい)らの旅路
明日(あす)は木曽路か 信濃路か
茜色した 西空みれば
落葉しぐれが 肩に降る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あばれ天竜 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-01-08
商品番号:KICM-30567
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP