試聴する

みれん船

この曲の表示回数 36,272
歌手:

鏡五郎


作詞:

久仁京介


作曲:

山崎剛昭


汽笛ひびけば 波の瀬を
こえてゆくのか おまえはひとり
女ごころに ほだされながら
惚れたよ 泣いたよ 夢見たよ
霧のみなとの みれん船

おれにつくして くれた奴
それがどうした 訳さえいわず
男なりゃこそ 手をふるけれど
惚れたよ 泣いたよ 夢見たよ
鴎あと追う みれん船

白い灯台 波の音
胸がさわぐよ 男の未練
恋はうたかた いつまた逢える
惚れたよ 泣いたよ 夢見たよ
名残りつきない みれん船
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みれん船 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-22
商品番号:KICM-30876
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP