淡雪の橋

この曲の表示回数 29,426
歌手:

鏡五郎


作詞:

木下龍太郎


作曲:

久保進一


紙縒(こより)で作った 指輪だけれど
女にゃうれしい くすり指
雪よ降れ降れ 帰れぬほどに……
明日(あす)は二人じゃ 渡れない
宿の前には 淡雪の橋

付けてはいけない 貴方のために
口紅拭(ふ)き取る 宿鏡(やどかがみ)
雪よ降れ降れ 列車も止まれ……
朝が来たなら しあわせも
解(と)けて消えてく 淡雪の橋

形見に残して 置きたいけれど
移り香流した 夜明け風呂
雪よ降れ降れ 渡れぬように……
胸の想いは届かずに
いつか止んでる 淡雪の橋
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:淡雪の橋 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-06
商品番号:KICX-3407
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP