試聴する

長良川舟唄

この曲の表示回数 13,831
歌手:

鏡五郎


作詞:

久仁京介


作曲:

山崎剛昭


流れゆく 川の水面(みなも)に
降っては消える 細雪
夏の鵜飼いの しあわせが
噂ひとつで 壊れるなんて
知らなきゃよかった 恋の裏
舟唄聞こえる 長良川

かがり火を 水に映(うつ)して
ふたりが燃えた 夢一夜(ひとよ)
死ぬの生きるの 嘆(なげ)く日を
誰がわかって いたのでしょうか
愛(いと)しさ憎(にく)さの 旅の宿
夜更けて木立(こだち)の 蝉しぐれ

夏帯(なつおび)を すすり泣かせて
解(ほど)いたあなた 水鏡
女いのちの 黒髪で
男ごころを つなぎたかった
今では独(ひと)りに 戻れない
流れの舟唄 長良川
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:長良川舟唄 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-27
商品番号:KICM-30911
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP