歌詞を

ヘルプ

島津悦子の歌詞一覧リスト

83 曲中 1-83 曲を表示
2019年6月20日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
相愛橋島津悦子松井由利夫伊藤雪彦花の灯りがこぼれてゆれて
愛愁歌島津悦子石本美由起弦哲也愛に命を縛られながら
浅野川春秋島津悦子仁井谷俊也徳久広司女ひとりの運命の川は
あずさ川島津悦子かず翼岡千秋離れていたって心は一緒
安曇野の雨島津悦子吉岡治弦哲也愛されつづける自信はないの
熱海、そして雨の中…島津悦子建石一弦哲也大人同士の恋は秘密が
あなたと乾杯島津悦子仁井谷俊也徳久広司恋に疲れたその涙そっと拭って
あの雲の下島津悦子八島義郎吉田矢健治辛く尾を引く別れの汽笛
雨の熱海島津悦子建石一弦哲也雨の熱海で待ちわびる
彩花(あやばな)島津悦子城岡れい弦哲也女には心底惚れてる人のため
一刻者島津悦子志賀大介弦哲也さすが薩摩の男じゃないか
命ある限り島津悦子木下龍太郎伊藤雪彦雪が降ります白い白い
鶯 ~うぐいす~島津悦子仁井谷俊也宮下健治男ごころは浮気なものよ
うたかたの恋島津悦子三浦康照水森英夫蛇の目の傘で人目をさける
逢瀬の花島津悦子坂口照幸弦哲也男は引きずる昔のことを
お吉物語島津悦子藤田まさと陸奥明泣いて昔が返るなら
お登勢島津悦子松井由利夫保田幸司郎点してください命の限り
父娘坂島津悦子臼井ひさし稲毛康人花嫁人形のようにきれいだぁ
おんなの日本海島津悦子仁井谷俊也四方章人あなたとふたりで来たかった
女ひとり酒島津悦子麻こよみ岡千秋女の涙か雨が降ります
おんな渡り鳥島津悦子水木れいじ伊藤雪彦惚れて惚れていりゃこそあと追い
海岸暮色島津悦子坂口照幸弦哲也どこからが空なのか
海峡みなと島津悦子仁井谷俊也徳久広司古びた背広の男がひとり
かがやきパラダイス島津悦子仁井谷俊也徳久広司春は桜の浅野川友禅流しの
鹿児島の恋島津悦子吉岡治石田光輝子どもの頃から心に決めた
紙の舟島津悦子松井由利夫伊藤雪彦頬寄せて瞼をとじて
鴎(かもめ)のブルース島津悦子城岡れい弦哲也添い寝する間に逃げてゆく
可愛い女島津悦子城岡れい弦哲也恋の初めは誰だって
紀伊水道島津悦子木下龍太郎花笠薫結城つむぎの袖振るたびに
恋路浜島津悦子松井由利夫伊藤雪彦あなたと流した涙のような
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
こころ舟島津悦子松井由利夫伊藤雪彦捨てて忘れてあきらめて
この地球に生まれて島津悦子仁井谷俊也弦哲也さぁ翔び立とう大事な人よ
ご満悦音頭島津悦子松井由利夫伊藤雪彦花の緞帳さらりと上げりゃ
酒場ひとり島津悦子石本美由起岡千秋叶う夢やら叶わぬ夢か
時雨海峡島津悦子星野哲郎市川昭介雨のとばりにとじこめられて
しのび宿島津悦子鳥井実市川昭介明日の別れを哀しむように
焼酎天国II島津悦子吉岡治弦哲也一つおじゃったもんせ鹿児島へ
焼酎天国島津悦子吉岡治弦哲也一つおじゃったもんせ鹿児島へ
人生天国島津悦子下地亜記子弦哲也そうさ人生夢まつりかつぐ命の
人生は夢のように島津悦子仁井谷俊也島津悦子人が生きると云うことは
酔芙蓉島津悦子坂口照幸大谷明裕苦しまないでね私のことで
瀬戸内から…島津悦子仁井谷俊也徳久広司あなたを追いかけて縋ったら
たそがれ酒場島津悦子吉岡治弦哲也店は狭いがこころは広い
大菩薩峠島津悦子志賀大介弦哲也途ならぬ途もまた途
ちょうちんの花島津悦子阿久悠円広志ちょうちん一つ椅子五つ
連れづれ小唄島津悦子水木れいじ弦哲也かぞえきれない季節のなかで
津和野川島津悦子木下龍太郎朝月廣臣馴染んだ指輪を三日だけ
永遠の花島津悦子城岡れい弦哲也憂き世の長雨無情に耐えて
長崎しぐれ島津悦子かず翼徳久広司傘を差す手にその手を重ね
長崎の夜はむらさき島津悦子古木花江新井利昌雨にしめった賛美歌のうたが
なにわ情話島津悦子麻こよみ岡千秋水の流れと人の世は
涙の河島津悦子吉岡治弦哲也人は誰でも身体のなかに
眠れぬ移り香島津悦子八島義郎伊藤雪彦折りにふれ
流恋草島津悦子里村龍一聖川湧流す涙は乾いても淋しい心は
波止場しぐれ島津悦子吉岡治岡千秋波止場しぐれが降る夜は
花のお江戸の艶次郎島津悦子仁井谷俊也宮下健治丙生まれのおきゃんなあの娘
バヤルラー~ありがとう~島津悦子仁井谷俊也弦哲也この世に生まれてよかったわ
人妻しぐれ島津悦子早川詩郎板谷隆愛し合ってもつらいのと
深川情話島津悦子星野哲郎弦哲也逢うたあの日は七月十日
紅ひと夜島津悦子坂口照幸弦哲也椿の花に舞い翔ぶ雪が
べらんめえ島津悦子下地亜記子弦哲也ちょいとおきゃんで器量よし
島津悦子たかたかし弦哲也はぐれ蛍がよりそって
蛍舞い島津悦子木下龍太郎保田幸司郎眠るあなたを起こさずに
蛍道島津悦子石本美由起東田やすし燃える 命を あずけても
惚れたのさ島津悦子仁井谷俊也徳久広司こんな倖せ初めてなのと
まつの木小唄島津悦子藤田まさと・夢虹二不詳松の木ばかりがまつじゃない
みだれ髪島津悦子星野哲郎船村徹髪のみだれに手をやれば
港のかもめ島津悦子丹まさと弦哲也こんな寂しさおいてゆく
明治一代女島津悦子藤田まさと大村能章浮いた浮いたと浜町河岸に
めおと暦島津悦子水木れいじ弦哲也笑顔ばかりで生きられたなら
夫婦日和島津悦子吉岡治弦哲也いままで頑張りすぎたから
夫婦夢あかり島津悦子坂口照幸大谷明裕酒はこの頃 もっぱら家で
友禅流し島津悦子水木かおる乙田修三雪はまだ河原に白く
湯河原湯情島津悦子仁井谷俊也徳久広司湯ざめするわとあなたの肩に
雪の舟島津悦子松井由利夫伊藤雪彦雪のかおりに胸つまらせて
宵化粧島津悦子深山未遊松原正明宇治の流れに迷いを託し
酔月情話島津悦子坂口照幸大谷明裕信じていました来て下さると
酔いどれて島津悦子吉岡治浜圭介ひとり口紅拭きとりながら
酔花火島津悦子坂口照幸大谷明裕行ってはいやですもう
宵待橋島津悦子松井由利夫伊藤雪彦指の先からこころまで
余呉の雨島津悦子麻こよみ岡千秋恋にはぐれた女が流す涙の雨が
よりそい酒島津悦子城岡れい弦哲也愚痴さえ言わずに凍えた夢を
寄り道酒場島津悦子木下龍太郎立木達也酔って羽目でも外さなければ

島津 悦子(しまづ えつこ、1961年12月24日 - )は、日本の演歌歌手。鹿児島県出身。血液型はO型。所属レコード会社はキングレコード。 wikipedia