こころ舟

この曲の表示回数 7,320
歌手:

島津悦子


作詞:

松井由利夫


作曲:

伊藤雪彦


捨てて忘れて あきらめて
涙(みず)に流した 夢なのに
霧が明日(あした)を かくす夜(よ)は
にじむ灯(あか)りに 身をふるわせる
よわいわたしに 逆戻り
だめよだめよね… あゝやっぱり女

頬(ほほ)をころげる 涙より
つらいものなの 残り香は
嘘と本気の けじめさえ
つけてくれずに 逃げてく男
呼んでどうなる わけじゃない
知っていながら… あゝやっぱり女

人のさだめは 川の帯
ゆれて流れる こころ舟
紅は濃いめに ひいたって
酒におぼれる 泣き虫だから
あなたひとりの おもかげを
抱いているのよ… あゝやっぱり女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こころ舟 歌手:島津悦子

島津悦子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-01
商品番号:KICX-3205
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP