里村龍一作詞の歌詞一覧リスト  237曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
237曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雨酒場 新曲羽山みずき 新曲羽山みずき里村龍一聖川湧安形和巳おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる 音がする 田舎造りの 居酒屋で 女ひとりの しのび酒 あゝ…あなた恋しい 雨の降る夜は  ラベルのとれた 空きびんの 一輪差しの 花悲し どこか女の 身の上に 似てる気がして 泣けてくる あゝ…帰りたくない 雨の降るうちは  暖簾がゆれりゃ 振り返る 悲しいくせが つきました 夢をつぎ足す グイ呑みの 酒は未練の 誘い水 あゝ…ひと目会いたい 雨の降る夜は
みれん酒 新曲羽山みずき 新曲羽山みずき里村龍一水森英夫渡辺博史お酒にすがる 悲しさを きっとあなたは 知らないでしょう 夢の数だけ 涙も枯れた 駄目になるとは 知らないで みんなあげたわ あなたには 想い出が泣いている 幸せみれん酒  あなたの側(そば)で 尽くしたい それが私の 生きがいでした 信じられない 別れたなんて こんな気持ちじゃ もう二度と 他(ほか)の男(ひと)など 愛せない 霧雨も泣いている 幸せみれん酒  夜更けの町は 人も無く 帰る家路は 淋しく辛い 今もあなたが 命の私 悪いところは 直すから どうか私を 捨てないで 恋しさが泣いている 幸せみれん酒
望郷酒場三山ひろし三山ひろし里村龍一桜田誠一安形和巳おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイー  田舎なれどもサー 南部の国はヨー  風にちぎれてヨー のれんの裾を 汽車がひと泣き 北へ行く 呼べばせつない あの娘の面影(かお)が 酒のむこうに 揺れるのさ ハーヤイー  酒におぼれてヨー やつれてやせた 故里(くに)へ土産の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイー
恋街しぐれ香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧石倉重信おもいで濡らして雨が 降る夜は やめたお酒を未練が 未練が誘う 別(き)れて初めて しみじみ知った 恋ごころ 雨よ泣かすな ああ恋街しぐれ  振られたふりして逃げる ひとよりも 泣いて追わない私が 私が悪い 肌にしみつく あなたの匂い 離れない ひと目逢いたい ああ恋街しぐれ  あなたも私とおなじ おもいして ひとり飲んでる気がする 気がする夜更け つくり話しの 夢でもいいの もう一度 酒よ返して ああ恋街しぐれ
黄昏~夢隣り香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧石倉重信時計が一秒 刻むたび 悲しみ一秒 深くなる 心が涙の 空をさまよう 今なら諦め きれるのに あゝあなた あなたの想い出 私を駄目に 駄目にする 海を見つめて 日が暮れて 今日も 心は 夢隣り 夢隣り  鴎がいつしか 鳴き止んで 桟橋ガス燈 ともる頃 淋しいでしょうと 風がささやく 逢いたいでしょうと 波が言う あゝあなた あなたの優しさ 私を今も 傷つける 涙からした 陽が沈み ひとり私は 夢隣り 夢隣り  あゝあなた あなたの冷たさ こころが今も 恋しがる なみだひと色 たそがれて 愛の言葉は 夢隣り 夢隣り
夢かんざし野中さおり野中さおり里村龍一岡千秋南郷達也桜吹雪が 十和田の湖(うみ)に 舞えばみちのく 故郷(こきょう)は春だ 帰ろうかなあって 思う夜(よ)は 都会の暮らしに 泣けてくる 父母(おや)も知らない やつれた胸に しのぶ津軽の あかね空  ハァ~アア… 花は咲いても 悲しいものは 人の別れと エエ…風の笛  寒さしのぎに 覚えたお酒 何度飲んだか 涙でうめて 逢いたいなあって 思う日が 瞼に吹雪いて 積もるけど 涙みやげに 帰れはしない 桜花咲く ふる里へ  淋しいなあって 思う夜(よ)は 枕にまつりの 音がする いつになったら 夜汽車に乗れる 夢を一輪 かんざしに
望郷じょんから松阪ゆうき松阪ゆうき里村龍一浜圭介矢田部正津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺さまが叩くじょんから節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒にぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明かりを消して東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
望郷じょんから島津亜矢島津亜矢里村龍一浜圭介櫻庭伸幸津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺さまが叩くじょんから節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不幸 帰るに帰れぬ 土産(みやげ)もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪(こら)え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
港町挽歌吉幾三吉幾三里村龍一吉幾三南郷達也ひとりになるのね 明日から あんたは船乗り 独航船の 行(ゆ)けば三月(みつき)も 尻切れトンボ 港のおんなは 切ないね どんぶら どんぶら どんぶらこ 今夜だけは 甘えるよ お酒の五合じゃ 眠れんよ  となりにあんたが いるだけで 幸せなんだよ ただそれだけで 北洋漁業は 荒くれ海よ 夫婦(めおと)になるのも 命がけ どんぶら どんぶら どんぶらこ 花火合図に 船出だね 一升飲んでも 眠れんよ  どんぶら どんぶら どんぶらこ 釧路根室 函館の 港は五色(ごしょく)の 紙テープ 独航船の 港町
夢落葉岡千秋岡千秋里村龍一岡千秋酒は男の 夢しずく 飲めば体に 沁みわたる 東京下町 駅裏酒場 離ればなれの 俺達ふたり 今は幸せ やれるのに 何処へ行ったか 夢落葉  惚れた女が ひとりいた 北の育ちで 意地っぱり 赤い夕日に 落ち葉が遊ぶ 雨になるなよ 夕暮れ日暮れ 風は冷たく 吹くけれど 一目逢いたい 夢落葉  酒と今夜も ふたりづれ 昔恋しや なつかしや 古い酒場の 赤ちょうちんが おいでおいでと 手まねきしてる 花は枯れても また咲くが 咲けぬ運命(さだめ)の 夢落葉
望郷じょんから瀬口侑希瀬口侑希里村龍一浜圭介西村真吾津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア…  爺(じ)さまが叩く じょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して 東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を 吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘(こ)は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア…  小泊港(こどまりみなと) お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
男川福田こうへい福田こうへい里村龍一岡千秋伊戸のりお流れる川は 生きている 何も語らず 堂々と 裸一貫 男の値打ち 義理と人情と がまん酒(ざけ) 空は真赤な 男川  山瀬(やませ)が吹けば 荒れる川 海に流れるこの川は 負けたままでは 終わりはしない 何処(どこ)で散ろうと 悔(く)やまない 雨が冷たい 男川  帰らぬ過去を 振りかえりゃ 浮かぶ故郷(ふるさと) 懐(なつ)かしく 意地を支える一本道(いっぽんみち)だ 風の歌聴く 夜もある 帰れないのさ 男川
酒は男の隠れ宿福田こうへい福田こうへい里村龍一岡千秋伊戸のりお駅裏酒場は ガード下 風はなき なき 吹きぬける お前も楽じゃ ないだろに 俺におごって くれた奴(やつ) 情(なさ)けがしみる 心がいたむ 酒は男の 隠れ宿  女と暮らした 事もある 若い昔の頃だけど 今では一人 俺達は 話し相手は 酒だけさ 淋(さび)しくなれば ぽつりと涙 酒は明日(あした)の 子守歌  生きても死んでる 奴(やつ)がいる 死んで輝(かがや)く 人もいる 流れて人は ゆくだけさ 星も見えない この町(まち)に 何があるんだ この先二人 酒は男の 隠れ宿
女のゆりかご瀬口侑希瀬口侑希里村龍一岡千秋南郷達也花は咲いても 淋しいものは 人の別れと 春の雨 あなた夕食 済んだろか 風に吹かれて 飲んではないか 今じゃ逢えない 人だけど あなたがゆりかご 私のゆりかご  下り列車の 笛の音(ね)聞けば 部屋を温(ぬく)めて 待っていた 遠い昔の 想い出を 窓に浮かべて 今夜もしのぶ 足をからめて 眠りたい あなたがゆりかご 私のゆりかご  伊豆の稲取 河津のさくら 一度二人で みたかった 愛を探して 生きるのね 人は悲しい 旅人だから 明日(あす)に夢さえ ないけれど あなたがゆりかご 私のゆりかご
夢落葉秋岡秀治秋岡秀治里村龍一岡千秋石倉重信酒は男の 夢しずく 飲めば体に 沁みわたる 東京下町 駅裏酒場 離ればなれの 俺達ふたり 今は幸せ やれるのに 何処へ行ったか 夢落葉  惚れた女が ひとりいた 北の育ちで 意地っぱり 赤い夕日に 落ち葉が遊ぶ 雨になるなよ 夕暮れ日暮れ 風は冷たく 吹くけれど 一目逢いたい 夢落葉  酒と今夜も ふたりづれ 昔恋しや なつかしや 古い酒場の 赤ちょうちんが おいでおいでと 手まねきしてる 花は枯れても また咲くが 咲けぬ運命(さだめ)の夢落葉
望郷じょんから永井裕子永井裕子里村龍一浜圭介山田年秋津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア……ア  爺さまが叩く じょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して 東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を 吹雪にさらし夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘(こ)は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア……ア  小泊港お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
忘れ雨出光仁美出光仁美里村龍一水森英夫南郷達也愛して三年 口には出さず 少し離れて あなたを見てた わたし不幸は 慣れてます 落ちる涙よ 目尻で止まれ 耳から心に 入るなよ のれん揺らすな 忘れ雨  すいせん一輪 飾っただけの 橋のたもとの 小さな酒場 わたし不幸は 慣れてます 化粧濃い目に 涙をかくす あなたに愚痴など 言いません 胸にしとしと 忘れ雨  あなたの背広を 背中にはおり 酔って眠った 帰らぬあの日 わたし不幸は 慣れてます いつになったら 一言言える 母さんごめんと 言えますか 遠いふるさと 忘れ雨
酒泊り鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一大船わたる蔦将包他人(ひと)の話か 明日の空か あてにゃならない 東京ぐらし 馬鹿だ馬鹿だな やっぱり俺は 風の寝言を まともに受けて 涙 さかなに 酒泊(さけどま)り  嘘の手紙に 喜ぶ父母(おや)の 面影(かげ)で詫びてる 東京ぐらし 痛い痛いな こころの隅が 今日も路地裏 孤独を連れて 夜空 天井に 酒泊り  夢にはじかれ 不幸に溺れ 愚痴と添い寝の 東京ぐらし 寒い寒いな 背中のあたり 近いふるさと 振り向きゃ遠く 夢を 枕に 酒泊り
望郷じょんからティーナ・カリーナティーナ・カリーナ里村龍一浜圭介Tomoki Kikuya津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺いさまが叩く じょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して 東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春を 吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港 お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
虹色の雨三丘翔太三丘翔太里村龍一水森英夫石倉重信悪い人だと 判っていても 愛してしまえば 女は弱い ひとり酒場は 冬の雨 一輪飾った すいせんの 花より淋しい 私の胸に 想い出下さい 虹色の  煙草くゆらせ ほほづえついて 今頃あなたは 飲んでる頃ね ふたつ並んだ 止まり木は なじみのお店の 指定席 忘れてしまった 女の夢を も一度下さい 虹色の  うしろ向いたら この俺がいる 優しいあなたの 言葉に泣いた 今日は寒いわ 東京も 離れて暮らせば 気にかかる 私に小さな 灯りを点す あなたが夢です 虹色の
津軽の春瀬口侑希瀬口侑希里村龍一水森英夫丸山雅仁雪は溶けても 花さえ咲かぬ 津軽 中里 遠い春 あなたの隣りで 御酌をしたい 夫婦(めおと)だったら あたりまえ 愛は命を 咲かす花 じょんがら じょんがら 凍れるね  津軽蟹田を 出稼ぎ乗せて ストーブ列車が 今日も行く 淋しい暮らしの 明け暮れに 夢をあたため 生きている ねぶた祭りが 来るころは じょんがら じょんがら 甘えます  三月遅れの 十和田の桜 ふたり見るのも あと幾つ 愛しているよと 叫んでよ 離れていても 聞こえます 絆むすんだ 人がいる じょんがら じょんがら 倖せね
水無月の雨伍代夏子伍代夏子里村龍一弦哲也前田俊明水無月(みなづき)六月 降る雨に 私の女が 泣きじゃくる ねんねんころりよ みれん虫 一里歩いて 二里もどる あなたの心よ ふる里よ  女がひとりで 飲む背中 哀れでしょうか 他人目(ひとめ)には ゆらゆら酔うたび 舟を出し あなたに夢路で たどり着く 逢えない人ほど 恋しくて  今ごろ一緒の 筈でした あなたと暮らせる 筈でした ねんねんころりよ 恋の雨 おまえの涙を 眠らせて 想い出忘れの 酒になる 今夜もひとりの 酒になる
望郷酒場氷川きよし氷川きよし里村龍一櫻田誠一伊戸のりおおやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイー  田舎なれども サーエー 南部の国は ヨー  風にちぎれてヨー のれんの裾を 汽車がひと泣き 北へ行く 呼べばせつない あの娘の顔が 酒のむこうに 揺れるのさ ハーヤイー  酒に溺れてヨー やつれてやせた 故里(くに)へ土産の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイー
風の望郷川崎修二川崎修二里村龍一すがあきら庄司龍ふるさとは… ふるさとは… 遠く離れて しのぶ町 一晩あれば 帰れても その一晩が 今はない 夢追う人生路(たびじ)の 途中駅 背中で汽車が また哭いた  あの女(ひと)は… あの女(ひと)は… 今も心の 名残り花 一緒になってりゃ 倖せか 想い出だけで 良かったか 逢いたいだろうと 風が言う 面影揺れてる 日暮れ川  ごめんよと… ごめんよと… いつになったら 言えるやら 振り向きゃ不幸 かけてきた おふくろさんの かげぼうし 瞼をとじれば 十七の 昔がなつかし 北の空
望郷じょんから最上川司最上川司里村龍一浜圭介伊平友樹津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺いさまが叩く じょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して 東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里 恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港 お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
新宿時次郎田中アキラ田中アキラ里村龍一森山慎也前田俊明別れも告げずに 離れてゆくが 恨んでくれるな 可愛い奴よ こんな男が そばにいりゃ いつかおまえが 駄目になる 野暮な 野暮な野郎でござんすが おいら新宿時次郎  ネオンが華やぐ 歌舞伎町あたり ふり向きゃ思い出 心にささる 命ふたつを 重ねても 風がひと吹きゃ ちぎれ雲 泣くな 泣くな酒場の明け鴉 おいら新宿時次郎  旅路は果てなく 望みは遠く 半端な奴ほど 夢追うものさ おまえだけでも 幸せに なってくれたら それでいい 明日は 明日はどこやら風に聞け おいら新宿時次郎
最後のひと森勇二森勇二里村龍一水森英夫前田俊明あなたが最初で ないのが辛い 馬鹿な私を 許してね 冬空夜空に 降るよな星よ 恋はしないわ もう二度と あなたが最後の ひとだから  濃い目のお酒を 涙で薄め 飲んで泣いてた 夜もある 愛しているから 一途に尽くす あなた次第よ これからは 私に下さい 生きる道  あなたのお酒の 支度をします 今日も真夜中 夜明け前 倖せ半分 小さな暮らし 二度とこの指 離さない あなたが最後の ひとだから
新宿みれん森勇二森勇二里村龍一水森英夫前田俊明酔って悪びれ ぶたれた跡も 今は恋しい 新宿あたり 笑って下さい 私の涙 溺れ溺れて 飲めない酒の 助け借りてる 女のみれん  肩にあなたの セーター羽織り 女きどりで 甘えた夜よ 返して下さい 私の夢を ふたり似合いの 暮らしがしたい 雨をしのげりゃ 倖せだから  人は別れて 他人に戻る 戻りきれない ふたりもいるさ 教えてください そぼ降る雨よ 会える術さえ なくした夜を 酒と旅する 新宿みれん
望郷新相馬みうら晶朗みうら晶朗里村龍一榊薫人前田俊明花は咲いても 淋しいものは 人の別れと 春の雨 会津恋しや 遠い空 帰りたくてもナー 帰れはしない 土産ばなしも ない今は ない今は  ハアーはるか彼方は 相馬の空かヨー ナンダコラヨート  雪は解けても 故郷の里は 夢も咲かない しばれ空 何度飲んだか ご免酒 飛んで行ってもナー おふくろさんは 肩ももましちゃ くれんだろ くれんだろ  いつになったら ひとこと言える かけた不幸の 詫び言葉 夜行列車の 遠あかり 今日も涙でナー 見送る酒に 汽笛ひと哭き 里ごころ 里ごころ
或る女の挽歌千昌夫千昌夫里村龍一阿部健太郎森岡賢一郎想い出を 訪ねたら 涙に濡れた 面影が 夜空の星に よみがえる 馬鹿な奴さ この俺は 可愛いあの娘を 死ぬ程泣かせ 返らぬ 返らぬ 昔に詫びている  一度しかない 青春を 明日のあてもない 俺に あずけて夢を 見てた娘よ 詫びてみても 遅いけど 倖せぐらい 今ならやれる ふたたび ふたたび 逢えない恋だけど  年月は 流れても あの娘の白い ほほえみは 変わらず今も 生きている 泣けてくるな こんな夜は もう一度生まれ 変われたならば ふたりで ふたりで やり直したいのさ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
風の川川崎修二川崎修二里村龍一すがあきら庄司龍男がひとり 飲む酒は 酒つぐ相手は なくていい ほろほろ酔えば 想い出川を ゆらゆら揺れて 旅をする 拾いつつ捨ててゆく 人生は 前も後ろも 風の川  曇りか晴れか この夜が 明けなきゃ分からぬ 明日(あす)の空 あれこれ悩む こころを叱り しみじみ思う 胸の中 酔いどれて泣くもいい 人生は 忘れ上手な 風の川  表と裏の 道ひとつ 違えば明日の 出も違う ハラハラ落ちる 涙の底に キリキリ恋しい ひとがいる 悲しみも喜びも 人生は たどり着けない 風の川
雨の花上杉香緒里上杉香緒里里村龍一徳久広司南郷達也箸の袋に 好きだよと 書いて私に くれたひと 天城十二里 七滝(ななだる)越えて 逢いに来たひと もういない 愛は涙の 雨の花  苦労したねと この肩を そっと優しく 抱いたひと 情け濃い目に 灯りを点し あなた今夜も しのび酒 夢ははかない 雨の花  壁の暦に 逢える日を 書いて待ってた 遠い日々 伊豆は湯の町 あじさい時雨 恋はいつでも 遠まわり わたし涙の 雨の花
飾り花上杉香緒里上杉香緒里里村龍一徳久広司夢のひとつが 邪魔をして 渡りきれない みれん川 抱いて下さい 今夜だけ 泣いてあなたを 忘れます 私は咲けない 飾り花  つくり話しの 倖せに すがりついてた 白い指 お酒下さい 今夜だけ 泣いてあなたを 恨むより 他人の昔に 戻りたい  苦いお酒も 酔うほどに 涙まじれば 甘くなる 夢を下さい 今夜だけ 傷がつくほど 愛しても 私は咲かない 飾り花
望郷じょんから葵かを里葵かを里里村龍一浜圭介岩田光司津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺(じ)さまが叩くじょんから節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を 吹雪にさらし夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘(こ)は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港(こどまりみなと)お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふるさと夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふるさと夢ん中
望郷じょんから杜このみ杜このみ里村龍一浜圭介津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺いさまが叩く じょんから節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋(さみ)しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して 東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を 吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不幸 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港 お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
居酒屋ほたる上杉香緒里上杉香緒里里村龍一徳久広司南郷達也橋の向こうの 赤い灯(ひ)は ふたりで通った 夢の跡 雨が降ります 居酒屋ほたる あなたが今夜も いるようで 涙で渡る 恋の橋  七つしかない 止まり木の 奥から二番目 指定席 ひと目逢いたい 居酒屋ほたる お酒の二合じゃ 酔えないわ 想い出ばかり 降る夜更け  空(から)のボトルに 花を挿(さ)し 飾ってあの日へ 旅をする 肩が寒いわ 居酒屋ほたる 私のとなりを 空けてます 最後に一度 逢いたくて
望郷酒場清水博正清水博正里村龍一櫻田誠一おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイ  田舎なれどもサーエー 南部の国はヨー  風にちぎれてヨー のれんの裾を 汽車がひと泣き 北へ行く 呼べばせつない あの娘の面影が 酒のむこうに 揺れるのさ ハーヤイ  酒に溺れてヨー やつれてやせた くにへ土産の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイ
望郷酒場(ライブバージョン)福田こうへい福田こうへい里村龍一櫻田誠一おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイ  田舎なれども サーエ 南部の国はヨー  酒に溺(おぼ)れてヨー やつれてやせた 故里(くに)へ土産(みやげ)の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイ
三笠優子三笠優子里村龍一桜田誠一池多孝春風は春でもヨー 都会の春は 花も咲かない 夢ばかり せがれ せがれよ 帰って来やれ 赤い夕陽が 大地を染める 北海道で暮らそうよ 母さんとナー  嘘を書いてもヨー 字づらを見れば 辛い気持は 見通しだ せがれ せがれよ 泣いてはないか 鮭が群がり 今年ものぼる 北海道で暮らそうよ 親子してナー  みがき鰊をヨー 囲炉裏であぶり 土間で酒っこ 飲んでるよ せがれ せがれよ 帰って来やれ 純なこころが 傷つく前に 北海道で暮らそうよ 母さんとナー
夕焼け列車高村典子高村典子里村龍一船村徹夕焼け列車の 笛の音きけばョー 駅までかけてく たんぼ道 出稼ぎ暮らしの ふもとの村は 父さん待ってる 家ばかり ああ かみなりが鳴る 遠い日に 別れて今は すすきが風に泣く アレサョー  ふるさと離れて 働く身にはョー 都会の寒さが 沁みるだろう ぬくめてあげたい 熱燗つけて 戸棚の徳利 淋しそう ああ 母さんとまた ふたりきり 今年も帰る 父さん待ちわびる アレサョー  祭りが終われば もうすぐ冬だョー 逢いたさせつない 日暮れ空 涙でにじんだ 峠を見れば つばさを並べた 鳥の群 ああ 木枯らしが鳴る 山間に 父さんの帰る 列車の音がする アレサョー
望郷酒場福田こうへい福田こうへい里村龍一櫻田誠一山田年秋おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイ  田舎なれどもサーエ 南部の国はヨー  風にちぎれてヨー のれんの裾を 汽車がひと泣き 北へ行く 呼べばせつない あの娘(こ)の面影(かお)が 酒のむこうに 揺れるのさ ハーヤイ  酒に溺(おぼ)れてヨー やつれてやせた 故里(くに)へ土産(みやげ)の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイ
望郷じょんから福田こうへい福田こうへい里村龍一浜圭介山田年秋津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺さまが叩くじょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を 吹雪にさらし夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘(こ)は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里 恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
春の華水前寺清子水前寺清子里村龍一安藤実親丸山雅仁一つ消えても また一つ 夢は天から 降りてくる 今は悲しく 辛いけど 笑顔でいれば 春は来る 我慢辛棒 命の華だ  道をひと筋 間違えりゃ 昇る朝日も 遅くなる 一勝二敗の 人生で 私はいつも 二番だよ 雨よふれふれ 私の春に  夢があったね あの頃は みんな貧しい 世の中で 昭和時代を 生き抜いた 意地も根性も 一本だ 花よ泣くなよ こころは春だ
恋の川井上由美子井上由美子里村龍一弦哲也南郷達也辛いお酒も 酔うほどに 涙まじれば 甘くなる 嘘よ嘘です それは嘘 飲めば淋しさ つのるだけ あなた教えた お酒じゃないの  つくり話しの 幸せも 今は恋しい 腕まくら 駄目ね駄目です 女って 春の花さえ 降る雨に 耐えて咲いてる 命のかぎり  未練しずくが 邪魔をして 渡りきれない 恋の川 憎さ五分なら 愛も五分 遠いふたりに なったけど 夢に生きてく 明日がほしい
中仙道叶弦大叶弦大里村龍一叶弦大旅の空日暮れて 街道に 湯煙りが流れる 宿場町 遠く離れりゃ おまえの顔が じんと旅籠(はたご)の 灯(ひ)に点(とも)る 鳥居峠の 御岳(おんたけ)さんよ 恋しじゃないか おやじもう一杯 冷やでついでくれ 落ち葉くるくる風に飛ぶ ああ中仙道  ちぎれ雲流れて 何処へゆく 木曽駒はもうすぐ 冬仕度 杉の木立の 街道越えりゃ 今日は妻籠(つまご)の 宿(しゅく)あたり 落ち葉しぐれか おまえの声か 背中(せな)で哭いた おやじもう一杯 冷やでついでくれ 旅の寒さが身に泌みる ああ中仙道  明日は帰ろか おまえの町へ さすらい虫よ おやじもう一杯 冷やでついでくれ 江戸はこれより八十里 ああ中仙道
旅路のひと落合博満落合博満里村龍一森山慎也今頃どうして いるだろと 想えば未練に 変わる酒 連れて行ってと 泣いていた あいつは旅路の 赤い花 北の酒場の 北の酒場の 赤い花  想い出ひとつも やらないで 冷たく別れて 来た俺さ それもあいつの ためだろと 言い訳まじりの ひとり言 酒につぶやく 酒につぶやく ひとり言  あの頃駄目でも 今ならば 倖せぐらいは やれそうだ 酔えば顔出す 北国の チラチラ小雪に しのぶ恋 酒のむこうに 酒のむこうに しのぶ恋
中野坂上井上由美子井上由美子里村龍一弦哲也南郷達也あなたと旅に 行(ゆ)くはずでした あなたの妻に なるはずでした 橋のたもとの 縄のれん ここであなたに 泣かされました ここであなたに 嫌われました 中野坂上は 遠い名残り街  最後の恋に なるはずでした 最後の男(ひと)に なるはずでした ビルの谷間の 白い部屋 ここであなたに 愛されました ここで初めて 幸せ知った 中野坂上は なみだ残る街  別れることは 無いはずでした あなたと一生 いるはずでした 今は知ってる 人もない ここにあなたは いるのでしょうか ここを時々 訪ねています 中野坂上は 遠い夢の街 中野坂上は 遠い夢の街
みなと夢酒場井上由美子井上由美子里村龍一弦哲也南郷達也霧の港に 揺れる灯(ひ)も いつか忘れた ひとなのに 七つしかない 止まり木に あなたがいるよな 夢酒場 明りが走る 波止場みち  ひとつ隣を 空(あ)けている いつかついてた なみだ癖 忘れられても 忘れない 想い出泣いてる 夢酒場 だからね辛い 船(ふね)あかり  今はかからぬ 携帯(でんわ)でも 指が番号 覚えてる 酔えばこぼれる この唄も あなたが教えた 夢酒場 海鳴り恋唄 港町
お父う花京院しのぶ花京院しのぶ里村龍一榊薫人前田俊明お父うナーヨー 帰って来やれ 故里(くに)の津軽を 忘れたか 逢いたさ辛さで 身もやせる 手紙書くにも わからぬ居場所 早くナーヨー 肩を寄せ合い 暮らそじゃないか  お父うナーヨー 帰って来やれ いろりかこんで 温まろや 心配ばかりが 先にたつ たった五人の 家族じゃないか お父うナーヨー 風に吹かれて 飲んではないか  お父うナーヨー 帰って来やれ 生まれ故郷は いいもんだ 離れていくとせ ちぎれ雲 誰もお父うを 恨んじゃいない やがてナーヨー リンゴ花咲く 津軽は春だ
春の雪角川博角川博里村龍一岡千秋伊戸のりおひと冬越(こ)えれば 見えてた春を 越せずじまいで 別れたふたり 寒いだけなら 耐(た)えて行けるけど 胸の痛みは かくせない 窓にゆらゆら 春の雪  お酒で体を 温(ぬく)めてみても 指が冷たい 心が寒い 雪の明かりで 化粧してみても 今は隣(とな)りに 誰もない 涙ホロホロ 春の雪  暦(こよみ)が変われば 涙も溶けて 春はすぐそこ あなたは遠い 咲いて寄り添う 赤い山茶花(さざんか)よ 夢を追うのは 無理ですか 恋がはらはら 春の雪
恋しずく角川博角川博里村龍一岡千秋伊戸のりおひとつ空(あ)けてる 止まり木は 惚れたあなたを 待っている 雨の居酒屋 赤い灯に 残るなみだの 恋しずく 迎えに来てよ 傘がない  女ひとりで 飲む背中 他人(ひと)はさみしく 見るでしょう 酔えば想い出 訪ねびと 夢の残り火 恋しずく あの日がすべて 私には  淋(さみ)しがり屋の 強がりを あなた分かって くれますか 外は雨だし 寄ってるし 揺れる面影 恋しずく 灯りににじむ 夜の街
ふるさと挽歌松前ひろ子松前ひろ子里村龍一山口ひろし裏窓たたく 木枯しに しのぶ吹雪の ふるさとよ うしろ振り向き 泣きながら 雪の夜汽車で 捨てた町 何がつらくて 恋しがる 送る人さえ いなかった ふる里なのに  命を賭けた 恋もある 夢で終った 人もいる いつになったら 出せるやら かけた不孝の 詫び便り 昆布拾いの 手を休め 指に吐息を かけていた 恋しい母よ  灯りがひとつ またひとつ 消えて淋しい 裏通り 酔えば今夜も 追分の 唄がこぼれる 御免酒 遠い夜空も この道も 故郷(くに)の江差に 続くけど 帰れぬ私
中仙道鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一叶弦大旅の空日暮れて 街道に 湯煙りが流れる 宿場町 遠く離れりゃ おまえの顔が じんと旅籠(はたご)の 灯(ひ)に点(とも)る 鳥居峠の 御岳(おんたけ)さんよ 恋しじゃないか おやじもう一杯 冷やでついでくれ 落ち葉くるくる風に飛ぶ ああ中仙道  ちぎれ雲流れて 何処へゆく 木曽駒はもうすぐ 冬仕度 杉の木立の 街道越えりゃ 今日は妻籠(つまご)の 宿(しゅく)あたり 落ち葉しぐれか おまえの声か 背中(せな)で哭いた おやじもう一杯 冷やでついでくれ 旅の寒さが身に沁みる ああ中仙道  明日は帰ろか おまえの町へ さすらい虫よ おやじもう一杯 冷やでついでくれ 江戸はこれより八十里 ああ中仙道
北の鴎唄鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一杉本真人山背(やませ)が吠えれば こころも時化(しけ)る 今夜はお前と 朝まで酒づかり 荒くれ海にはョー 船もなく カモメが凍(こご)えてョー 鳴くばかり やん衆の港は 浜の女が情けの炎(ひ)を燃やす ヤーレンソーラン 飲み明かせ 明日(あした)は別れる お前でも 今夜はどっぷり 惚れてやる  出たとこ勝負の 男の海は 命も宝も オンボロ船まかせ 情けをかければョー 辛くなる 未練は波間にョー 捨てて行け やん衆のこころは 陸(おか)のカッパとひと味違うだろ ヤーレンソーラン 風よ吹け 荒らくれ権蔵(ごんぞう)の 深なさけ 今夜はびっしり みせてやる  ヤーレンソーラン 海よ哭(な)け 最初で最後の 夜だから 今夜はぎっちり 抱いてやる
おけさ恋唄長山洋子長山洋子里村龍一櫻田誠一池多孝春あしたの天気と 人生は 夜が明けなきゃ わからない ハアー 生きるこの世はヨー 切り紙細工 夢が 夢が欲しいね 路地裏灯り 昭和恋しや おけさ節  この指丸(まる)めて 覗(のぞ)いたら みんな倖せ さがしてる ハアー 口は建前ヨー 本音はつらい ひとり ひとりぽっちが 肩寄せ唄う 美空ひばりの 佐渡情話  雪解け水辺に 咲く福寿草(はな)も 冬に埋れて 耐えてきた ハアー 泣いてこのままヨー 終りはしない 逢いに 逢いに行(ゆ)きたい 祭りの頃に おけさ唄って しのぶ故郷(まち)  アリャサ アリャサ アリャアリャ アリャサ
ふたり傘石原詢子石原詢子里村龍一叶弦大傘に寄りそう 温もりが 雨の夜道に 灯をともす 倖せになるんだよ 風が言う 側にあなたが いればいい 雨がうれしい うれしい ふたり傘  何もなかった 出逢いでも 今は命を かけるひと このひとで良かったわ 私には 指をからめて ついてゆく 雨に咲いてる 咲いてる ふたり傘  雨に桜が 散るような 寒い世間の しぐれ道 なあおまえ ねえあなた 呼びかける 明日の夢さえ 遠いけど 雨がうれしい うれしい ふたり傘
きずな酒石原詢子石原詢子里村龍一叶弦大夢のようです あなたと二人 さしで飲むのは 久しぶり 愚痴(ぐち)を畳(たたみ)に こぼしたら 苦労ぐらしの 甲斐(かい)がない 窓の下には すみだ川 惚れて注ぎ合う きずな酒  風の哭(な)く音 淋しい夜も 側(そば)にあなたが いればいい 呼べば五秒で とんでくる 愛がうれしい 一ツ屋根 涙ふき合う そのたびに 情け深まる きずな酒  忘れかけてた おんなの夢を いつか咲かせて くれたひと ふたり寄りそう 肩越しに 夢がふるよな 星あかり 何もなくても 倖せよ 惚れて注ぎ合う きずな酒
みれん酒GOLD LYLIC石原詢子GOLD LYLIC石原詢子里村龍一水森英夫お酒にすがる 悲しさを きっとあなたは 知らないでしょう 夢の数だけ 涙も枯れた 駄目になるとは 知らないで みんなあげたわ あなたには 想い出が泣いている 幸せみれん酒  あなたの側(そば)で 尽くしたい それが私の 生きがいでした 信じられない 別れたなんて こんな気持ちじゃ もう二度と 他(ほか)の男(ひと)など 愛せない 霧雨も泣いている 幸せみれん酒  夜更けの町は 人も無く 帰る家路は 淋しく辛い 今もあなたが 命の私 悪いところは 直すから どうか私を 捨てないで 恋しさが泣いている 幸せみれん酒
夢飾り島倉千代子島倉千代子里村龍一浜圭介この世に男が 住む限り 女は男の 夢飾り 夜に溺れて 夜に枯れ 堕ちてゆくのよ 蝶のよに 生きてるだけでも 辛いことなのに あなたの心が 解(わ)からないのよ 愛は 夢のようなもの 夢は 風のようなもの 恋は 悲しい 走馬燈 あなたは まぼろし  私は夜明けの 海が好き 優しい気持ちに なれるもの 憎いあなたを 憎まずに 波の彼方に やれるもの ゼンマイ仕掛の 踊り子みたいに 傷跡かさねる 女と男 窓の向こうに 朝が来る 愛は醒めて 水になる まわれ涙を 散りばめて あなたは まぼろし  生きてるだけでも 辛いことなのに あなたの心が 解(わ)からないのよ 愛は 夢のようなもの 夢は 風のようなもの 恋は 悲しい 走馬燈 あなたは まぼろし
望郷酒場GOLD LYLIC千昌夫GOLD LYLIC千昌夫里村龍一桜田誠一おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイ  田舎なれどもサー 南部の国はヨー  風にちぎれてヨー のれんの裾を 汽車がひと泣き 北へ行く 呼べばせつない あの娘の面影(かお)が 酒のむこうに 揺れるのさ ハーヤイ  酒に溺れてヨー やつれてやせた 故里(くに)へ土産の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
北海一番船水田竜子水田竜子里村龍一美樹克彦北のオオー 北の 港は雪 雪 雪が降る 海猫が波止場で鳴いて船を待つ 春よ 早ヨ来い 沖の彼方に  流氷(りゅうひょう)消えりゃ 鮭の季節だ 北洋船(ほくようせん)だ 海は男の心の 故郷さ  惚れてエエー 惚れてみたって春 春 春が来りゃ 辛い別れの風が海に吹く 可愛いお前が泣いて桟橋 駆けだす姿 見たくないから黙って行くぜ 船はヤン 衆の命だ 恋女房(こいにょうぼう)  波のオオー 波の華咲く沖 沖 沖をみて 今日も船出の夢の網をひく 北の男衆は湯呑み茶碗で酒くみ交わす 寒い冬でも 心は春だ  俺ら北海 一番船(いちばんぶね)だ 
土佐のおんな節水田竜子水田竜子里村龍一岡千秋かけた命はエー 一本道だ 脇見している 暇はない 男まさりの 黒潮育ち 涙こぼせば 汚点になる アアンアン… 土佐のおんなはヨー 炎のおんな  惚れた二人はエー 番いの舟だ 夢が呼んでる 桂浜 高い波ほど 谷間も深い 陰で私が 舵をとる アアンアン… 土佐のおんなはヨー 深なさけ  生きるこの世がエー 筋書き無しの たった一度の 舞台なら かぶる苦労を はねのけながら 耐えてひと花 咲かせたい アアンアン… 土佐のおんなはヨー 夢おんな 
恋草子森山愛子森山愛子里村龍一水森英夫馬飼野俊一さくら三月 弥生の頃は 胸に涙の 花吹雪 ああー遠い町 逢いたい人は 忘れるはずの あなたの電話 今でも指が 忘れない  さんさ時雨か 別れがつらい 月も傘差す 神無月 ああーあの人よ 想い出つのる 長男だから 跡継ぎだよと 私を置いて 行ったひと  風は霜月 もうすぐ冬だ 母が帰って 来いと泣く ああー夢なかば 心が揺れる このまま終わる 二人でしょうか 涙が咲かす 恋草子
東京挽歌森山愛子森山愛子里村龍一水森英夫馬飼野俊一逢いに帰ろか 祭りの前に 帰りゃ近いが 心に遠い 今の私じゃ じいちゃんも 肩をもましちゃ くれないね ハアア エエエー 茜空 涙ひと拭き 東京挽歌  墨絵ぼかしに 夕焼け小焼け 汽笛哭かして 鉄橋列車 いつかやるよと 言い聞かす 胸に積もった 夢落葉 ハアア エエエー 恋しいね お酒ちょっぴり 東京挽歌  白い夕顔 かんぴょうの花 雨に震えて 咲いてる頃か 夢を支えに ひとりゆく 意地が明日の 一里塚 ハアア エエエー せつないね 負けてたまるか 東京挽歌
早稲田通り香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧この町に忘れられない人がいる 訪ね来るたび 帰らぬ日々が 今もこの胸 泣かせます ここであなたに 愛されました ここで生きてく はかなさ知った 早稲田通りは遠い 想い出しみる町  あの頃は夢をかたちに出来なくて いつも肩寄せ この町角で 何度飲んだろ 夜更けまで あなた今でも 一人でしょうか あなた深酒 やめたでしょうか 早稲田通りは今も 心の泣かせ町  想い出は消えるものさと 言うけれど つらい時代の きれいな夢は 遠くなるほど 沁みるのよ ここであなたを あきらめました ここで女の 悲しさ知った 早稲田通りは恋の 想い出しぐれ町
新湊慕情香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧好きで添えない二人なら 何んで逢わせた憎い夜 カモメ波止場の新湊 つらい恋程いとしくて 忘れられない神楽橋  ふたり歩いた奈呉の浦 雨に濡れても熱い胸 せめて一夜の夢でいい 揃い浴衣のあの頃へ 風と渡ろう神楽橋  待てばかならず添えるなら 泣きはしません弁財天 出船せつない新湊 一目逢いたい内川の 灯り恋しい神楽橋 
流恋草PLATINA LYLIC香西かおりPLATINA LYLIC香西かおり里村龍一聖川湧流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星も見えないこの街で あなたしかない私  ああ… お酒ください ああ… 寒い胸に 涙が凍る心が燃えるあなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない  雨の小道に散る花に この世のはかなさ知りました ひとつ拾って手に乗せりゃ 悲しみがこぼれます あ… 抱いてください あ… 寒い胸を ほほづえつけば流れる涙あなたが欲しい 春まだ遠いこの街で ひとりじゃ暮せない  あ… お酒ください あ… 寒い胸に 涙が凍る心が燃えるあなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない
恋舟GOLD LYLIC香西かおりGOLD LYLIC香西かおり里村龍一聖川湧いくら好きでも 運命(さだめ)の川に 想いを通わす 舟がない 風よ今夜は 哭かないで 口紅忘れた くちびるが あなた恨んで 恋しがる 忘れたくない 恋は悲しい 未練のつくり花  木の葉舟でも あなたとならば 夢ではなかった 倖せも 窓の陽がさす 夜明けごろ あなたを探して 肩が泣く いつか慣れてた 腕枕 覚めて流れる 酒は悲しい 涙のさそい水  雨よ想い出 呼ばないで あなたのパジャマも 歯ぶらしも 捨てる勇気の 邪魔になる 今も燃えてる 愛が悲しい おんなの 恋艶歌
雨酒場GOLD LYLIC香西かおりGOLD LYLIC香西かおり里村龍一聖川湧おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる 音がする 田舎造りの 居酒屋で 女ひとりの しのび酒 あゝ… あなた恋しい 雨の降る夜は  ラベルのとれた 空きびんの 一輪差しの花悲し どこか女の 身の上に 似てる気がして 泣けてくる あゝ… 帰りたくない 雨の降るうちは  暖簾がゆれりゃ 振り返る 悲しいくせが つきました 夢をつぎ足す グイ呑みの 酒は未練の 誘い水 あゝ… ひと目会いたい 雨の降る夜は
望郷じょんからGOLD LYLIC細川たかしGOLD LYLIC細川たかし里村龍一浜圭介櫻庭伸幸津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア…  爺(じ)さまが叩く じょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して 東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春(はる)を 吹雪にさらし 夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘(こ)は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア…  小泊港(こどまりみなと) お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
風に咲け桜井くみ子桜井くみ子里村龍一北原じゅん川村栄二渡り鳥さえ 千里の空で 生きていりゃこそ また逢える 負けないよって 思うたび こころに故郷の 母の顔 ヤーレヤーレ ヤンレサァヨー いのち我慢の 風に咲け  つらい時ほど 信じる人が ひとり何処かに いればいい 切ないねって 泣ける夜(よ)は 東京タワーを 見ています ヤーレヤーレ ヤンレサァヨー いつか私も 風に咲け  路地の花さえ 命の限り 耐えて咲いてる 雨の中 やるんだよって 行く時は しあわせあとから ついてくる ヤーレヤーレ ヤンレサァヨー 夢の蕾よ 風に咲け  風に咲け
人生川桜井くみ子桜井くみ子里村龍一北原じゅん丸山雅仁やればやれるわ やる気になれば 生きてなんぼの 命じゃないの 後へはひくな 人生川よ 天が見ている あんたの涙  泥をつかんで 投げたいような そんな日もある 人間だもの ふたりで生きる 人生川よ 花と散るのは 覚悟の上だ  木の葉一枚 命の重さ 浮くも沈むも 女の器量 明日へ船出の 人生川よ 夢が心の つっかい棒さ
風恋歌香西かおり香西かおり里村龍一叶弦大逢わずに行こうか 顔みて行こか こころが迷って 遠まわり 風が鳴る鳴る 雲がとぶ 婆娑羅峠は なみだの峠 今もあなた伊豆の下田にいるだろか 虎落笛(もがりぶえ)  つめたい躰 酔いざめの水 夢みて枕を 濡らしたわ あんないいひと いなかった 婆娑羅峠は 女の峠 あなたあなた一度本気で惚れたひと 忘れない  松崎すぎれば 景色が変わる 海辺はここまで あとは山 逢えば何から 話そうか 婆娑羅峠に 夕陽が燃える あなたあなたあなた次第よこの先は 岐れ道
居酒屋「敦賀」香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶挽き 誰も来ない となりに座ってお酌をさせて 十九で死んだ弟に 似ているあなたと 飲みたいの 酔ったらかしましょ この膝を  酒はひと肌 濃いめの情け 肴は手料理 北国仕込み 初めてなんです 身の上ばなし 手相はしあわせ掴めると 言われたけれども 嘘ですね あなたの話も 聞かせてよ  少し寒いわ 雨降りつづき タクシーいなけりゃ 朝までいてよ 居酒屋「敦賀」の 暖簾はカモメ 最後に見つけた とまり木に あなたが点した 夢あかり いいことあるよね いつの日か
雨降橋香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧あなた遠くへ 行きそうで 急ぎ足して 影を踏む なれるでしょうか なれないですか すべて捨てたら 倖せに 涙はらはら 雨降り橋よ 追えば凍てつく 夢ばかり  羽を濡らして あなたから 飛んで行けずに いる私 風に舞い散る 花びらさえも 枝に命を からませる 未練ほろほろ 雨降り橋の 川に運命を 問うばかり  止める術さえ ない指で 落ちる涙を ふいてます あなたどれだけ 覚えてますか 十年たったら この恋を 命ゆらゆら 雨降り橋は 逢瀬かさねた 別れ橋
人恋しぐれ石原詢子石原詢子里村龍一水森英夫幾つになろうと 女の胸は 叶わぬ恋に 旅する舟よ 揺れて流れて 木の葉のように 見えない運命(さだめ)に 明日(あした)を探す 哀しい夢でも 夢でもいいわ あなた一人が 欲しいだけです 人恋しぐれ  お酒の向こうに 昨日(きのう)を映(うつ)し まばゆい頃の 想い出ゆする 肌を合わせて 抱かれる度に いつかは別れが 来る日を思う あなたと二人で 二人でいても すがりつきたい 愛が見えない 人恋しぐれ  霙(みぞれ)にふるえて 命の限り はかない花も 咲こうとするわ 子供みたいに わがまま言えば も一度むかしに 戻れるかしら ひとりが淋しい 淋しい夜は 夢であなたに たどり着きます 人恋しぐれ
望郷じょんから井沢八郎井沢八郎里村龍一浜圭介津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  爺いさまが叩くじょんがら節の 泣き三味線が 風にちぎれて 聞こえてくるよ 湯呑みの酒に ぐらりと酔えば故郷が浮かぶ 淋しさひとつ 涙が落ちる 逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中  明りを消して東京の空に 叫んでみたよ 星が流れる こころも寒い 十九の青春を 吹雪にさらし夜行に乗った 遠い昔の 夜空が恋し せつないよ せつないね あの娘は夢ん中  涙で詫びてる かさねた不孝 帰るに帰れぬ 土産もなしに ふる里恋しや 花いちもんめ アア…ア  小泊港お岩木山よ 花咲く頃は 船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ 辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて あれから幾つ 何年過ぎた 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中 帰ろかな 帰りたい ふる里夢ん中
さすらい譜岩出和也岩出和也里村龍一徳久広司南郷達也男は初めて 愛した女(ひと)を かくしているのさ ポケットに 地図さえ持たずに 旅をして 最後は故郷に 似ている町か ひとり ひとり 誰かがひとりいればいい 孤独な夢の 道づれに  斜めに暮れゆく 都会の日暮れ 夕陽が身にしむ 風の街 探しているのは 面影の 優しいあの娘に 似ている女(ひと)か 遠い 遠い 今では遠いふる里よ 旅路の駅で しのぶ町  失くして気がつく 愛もある 振り向きゃ切ない 想い出ばかり 風に 風に 散らした夢は幾つある 明日(あした)も旅は まだ続く
さくらの頃に岩出和也岩出和也里村龍一徳久広司南郷達也寒空夜空の 星くずなのか お前も俺も あの頃も ふたりで旅する はずだった 笑顔でとなりに いるはずだった さくらさくら 桜の頃へ帰りたい 今では遠い 夢だけど  果たさず仕舞の 約束がある 返さぬままの 借りもある いつでも自分を あとまわし 苦労をかくして 癒してくれた さくらさくら 桜の頃は想い出す お前の涙 散るようで  こころの真ン中 風吹くあたり お前が今も いるようだ あの頃無理でも 今ならば 幸せ一輪 咲かせてやれる さくらさくら 桜の頃は淋し気に お前がいない 春が来る
流恋草島津悦子島津悦子里村龍一聖川湧流す涙は乾いても 淋(さみ)しい心はかくせない 星も見えない この街で あなたしかない私 あゝお酒ください あゝ寒い胸に 涙が凍る心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜(よ)は あなたを許せない  雨の小道に散る花に この世のはかなさ 知りました ひとつ拾って手に乗せりゃ 悲しみがこぼれます あゝ抱いて下さい あゝ寒い胸を ほほづえつけば流れる涙 あなたが欲しい 春はまだ遠いこの街で ひとりじゃ暮せない  あゝお酒ください あゝ寒い胸に 涙が凍る心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない
恋は女の命です香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧馬場良よせよと言われりゃ なお燃える 惚れたら半端じゃ 棄てられぬ 恋は女の命 命です 世間にそむいて 散ろうとも あなたの愛しか 見えません  冬空夜空の 星でさえ 寄り添う相手が そばにいる あなた一人を泣かせ 泣かせない 飲ませて下さい 私にも 辛さを分け合う お酒なら  夢見て一途に 生きるほど 身に沁む世間の 向い風 後に 引けない今は 今はもう 流れる川さえ ちぎれても 愛することしか 出来ません
蛍の海香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧馬場良恋の蛍か 漁り火は 闇夜(よる)の海を 点します ひとつふたつと 数えれば 七つ涙が あふれます  あなた迎えに 来てくれますか 旅の寒さに 知りました 愛の重さと 深い傷 窓をふるわす 海鳴りに 捨てた未練が 舞い戻る  明日を捜して 沖をみて 何も出来ずに いる私 忘れようと 泣いている ガラスに映る この顔が あなた迎えに 来てくれますか こぼれないよに 想い出を お酒うすめて のんでます 女ひとりじゃ 泊れない 海のホテルは 辛すぎて  あなた迎えに 来てくれますか 一度この手で 捨てたけど 今はさよなら したくない 女ごころの 漁り火か 恋はまよい火 海蛍
夢落葉渥美二郎渥美二郎里村龍一千寿二郎石倉重信この命 あなたにあげて よかったわ この心 誰にもあげた ことはない 二度と死ぬまで 恋などしない はずした指輪投げつけて 恨みを言って みたいけど 未練悲しい 夢落葉  さよならは あなたにだけは 言えません ありがとう 背中に言って 別れます うしろ向いたら 昔が見える 着がえの仕度手伝って あなたの妻を 夢みてた 遠いあの日の 夢落葉  この涙 止めてくれるの あなただけ この痛み 癒せるひとも あなただけ いくら泣いても 帰らぬものを あなたのためにした化粧 落さず今日も朝になる いのち悲しい 夢落葉
とまり木情話清水まり子清水まり子里村龍一岡千秋南郷達也裏街とまり木 男のなみだ 木枯らし背中に 吹かないで 女が男を 棄ててゆく このごろよく聞く 話だね 涙はここらで 通せんぼ 始発電車の音がする  子猫のようでも 女は恐い 心にかくした 爪がある 私がも少し 若ければ 一緒にいい夢 みれたのに 人生返らぬ ものだから 泣くだけ損だよ 飲みましょう  女も悪いし あなたも弱い 男は男の ままがいい 口では偉そに 言えるけど 色々あるのよ 私にも 世の中変わってしまったね 空缶カラコロ 夜明け前
俺とお前の数え唄岩出和也岩出和也里村龍一岡千秋一つ ひとりじゃ 風さえ寒い 二つ ふたりで 生きれば楽し 三つ 見えない 明日のことは 明日のことは 風のあたらぬ 世間の隅で 俺とお前で 暮らそうな  四つ 寄りそう 相手がいれば 五つ いつでも やり直せるさ 六つ 昔に 忘れた夢を 忘れた夢を 酒の向こうに 漕ぎだす舟で 俺とお前で 探そうな  七つ 斜目に 降りだす雨も 八つ 止まない 空などないさ 九つ 苦労は 男が背負う 男が背負う 春の陽だまり 咲く花でいい 俺とお前の 数え唄
三笠優子三笠優子里村龍一桜田誠一池多孝春風は春でもヨー 都会の春は 花も咲かない 夢ばかり せがれ せがれよ 帰って来やれ 赤い夕陽が 大地を染める 北海道で暮らそうよ 母さんとナー  嘘を書いてもヨー 字づらを見れば 辛い気持は 見通しだ せがれ せがれよ 泣いてはないか 鮭が群がり 今年ものぼる 北海道で暮らそうよ 親子してナー  みがき鰊をヨー 囲炉裏であぶり 土間で酒っこ 飲んでるよ せがれ せがれよ 帰って来やれ 純なこころが 傷つく前に 北海道で暮らそうよ 母さんとナー
赤い鴎美川憲一美川憲一里村龍一徳久広司前田俊明嘘じゃない 愛してた 信じて 背(そむ)かれる 女を悪いと 何故言うのです 海をみつめて 日が暮れる 赤い鴎は 何処へ飛ぶ …ただ一羽 夢はみないと 哭いていた …波の上  しあわせは 飾り花 わたしは 縁がない お酒の向こうへ また旅に出る 酔えば今夜も 想い出に 赤い涙が こぼれます …恋しくて 羽を濡らして 飛べないの …あなたから  赤い鴎の みる夢は 灯り揺れてる 故郷(ふるさと)の …みなと町 いつかふたりで 帰りたい …藍(あお)い海
放浪歌香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧佐伯亮螢おまえは しあわせか 生きて七日の 一生で 私もおなじよ この世の隅で 翔ぶに翔べない 籠の花 涙かさねる 放浪歌  どうせ嘘ねと 背を向けて もしかしたらと 振り返える 季節が変われば 花なら咲ける 恋に生きたい もう一度 夢ひとひらの 放浪歌  みんな夢です ひとときの 過ぎてしまった あれやこれ 涙の数より いい想い出が あれば女は しあわせよ ひとり人生路の 放浪歌
夢をかざって森進一森進一里村龍一猪俣公章困らせないでよもうこれ以上 痩せてしまうわ惚れてる限り 夢を夢を夢を飾って生きてく為に あなた一途に信じてる 裏切らないで裏切らないで わたしの恋を  あなたが笑ったその横顔を 見れば心の傷みも解ける 夢を夢を夢を飾って一人で泣いた 涙いちりん口紅の色 みんな消えますみんな消えます 重ねた肌に  こうなる筈ではなかったけれど これでいいのよ私のいのち 夢を夢を夢を飾って歩いてゆくわ 花はこぼれて散ろうとも 離れはしない離れはしない もうあなたから
初めてなんです角川博角川博里村龍一徳久公司前田俊明あなたが最初の 男じゃないけれど 最後の女に してくれますか 横なぐり 降りしきる 雨は私の 涙です 愛してる 愛してる 初めてなんです こんな気持に なったのは  霙(みぞれ)が降るよに 涙がふりしきる 目尻を濡らして ほほづえまでも 戻せない 遠い日々 傷は心に 残るけど 許してね 許してね 初めてなんです 惚れてすべてを 賭けるのは  見えない明日(あした)に 灯(あか)りを点(とも)します 私の役目は それしかないわ 駄目ならば 棄(す)てていい あなた迷惑 かけないわ 馬鹿でした 馬鹿でした 初めてなんです こんないいひと いなかった
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
迷い雪角川博角川博里村龍一徳久公司前田俊明お酒は涙の 誘(さそ)い水 酔うほど切ない 泣かせ水 私あなたのなんですか なんですか 夢も抱けずに 待ちわびる 恋は悲しい 冬の迷い雪  煙草の空箱(あきばこ) 鶴に折り 愛しいあなたへ 翔(と)ばします 忘れられても忘れない 忘れない 女ひとりで 越える冬 胸の寒さか 遠い虎落笛(もがりぶえ)  春夏逢う日を 待ち焦(こ)がれ 秋冬叶わぬ 夢見てる 私あなたのなんですか なんですか さくら舞うよに 降りしきる 冬の恋花(こいはな) 積る迷い雪
春時雨真木ことみ真木ことみ里村龍一叶弦大佐伯涼雨の水面の 木の葉舟 あれは私 身の上か 浮き沈み 流れゆく 辛い縁の 夢落葉 あなたいつまで かくれんぼ 春が春がそこまで 来てるのに  風に時雨が まじる夜は やめたお酒に 手がのびる 立ち止まる 振り返る いつも心は まよい川 あなた一人に 泣いている 揺れる揺れる灯りも この指も  川は女の うつし絵か 流れ淋しく 身にしみる この命 たどり着く そこはあなたの 胸ですか 夢を一輪 点してる 花が花が散ります 春時雨
きずな川真木ことみ真木ことみ里村龍一叶弦大佐伯涼愛するだけでは 足りない時は 心で情けの 糸を編む 花もみました 風もみた まだ続くのですか 冷たい冬は 命ゆらゆら 夢がみちづれ きずな川  顔さえ合わさぬ 喧嘩をしても 私がいつでも 負けになる 今はあなたが 花でいい ねぇ何処まで行くの 幸福(しあわせ)さがし 涙ゆらゆら 愛がみちづれ きずな川  幸せ三分に 苦労が六分 残りの一分は 風まかせ 長い夢です 人生は もう見えるでしょうか ふたりの春は 小舟ゆらゆら 命みちづれ きずな川
哀愁渥美二郎渥美二郎里村龍一弦哲也石倉重信この街を離れたら 傷が癒えますか このお酒飲みほせば 未練消えますか 風が吹く花が散る 心に雨が降る もう一度逢えたなら 忘れられそうで 今夜も想い出の 酒場で待つ私  哀しみを道連れに 生きてゆけますか 酔いどれて眠ったら 忘れられますか この街のこの小径 歩けば泣けてくる サヨナラも言わないで 夢を置いたまま いつしかこの指を 離れていった人  憎しみを胸に抱く それも愛ですか 裏切りを信じない それは何故ですか 夏が過ぎ冬が来て 涙が雪になる もう一度逢えたなら 忘れられそうで 今夜も想い出に 流れてゆく私 今夜も想い出に 流れてゆく私
夜明け前大川栄策大川栄策里村龍一弦哲也前田俊明この海を 渡ったら 傷が癒えますか このお酒 飲みほせば 忘れられますか さよならあなた ただひとり 北へ 北へ流れて ゆくわたし もう遅い 戻れない さいはて海峡 夜明け前  旅びとの 仮の宿 みなと古酒場 潮風の もがり笛 ゆれる桟橋よ 愛していると 言ったのに 二度と 二度と逢う日の ないふたり 北へゆく 船を待つ 別れの海峡 夜明け前  悲しみを 道づれに 生きてゆけますか あなたには わからない 胸の裏側を 淋しい夢を みたようで 醒めて 醒めてわびしい ほほづえよ 海猫(ごめ)が鳴く 灯がうるむ 涙の海峡 夜明け前
花の舟清水まり子清水まり子里村龍一岡千秋石倉重信化粧おとせば 鏡の中に 母に似てきた 私が映る おとぎ話しの 夢でもいいの 夢でもいいの 幾つになろうと 恋を追う おんな悲しい 花の舟  惚れた男が 飲む酒ならば 肌で温めて あげたいものよ 涙もろくて 情けにあつい 情けにあつい みちのく育ちの せいなのね 肌が淋しい 花の舟  風に流れる 浮雲なのね ゆくえ見えない 女の旅路 泣いた数より いいことひとつ いいことひとつ みつけて倖せ かみしめる おんな死ぬまで 花の舟
初恋列車氷川きよし氷川きよし里村龍一北野明伊戸のりお終着駅の 青森で 北行く船に 乗りかえりゃ しぶきがくれの 海峡に 灯り見えます 函館の 何処にあの娘は いるのやら 夜行列車で 来たんだよ 霧がかくした 初恋を 想いだしたらヨー 逢いたくて  かもめが鳴いて 翔ぶ声が 淋しく沁みる みなと町 噂たずねて 苫小牧 ひとめ逢うまで 帰れよか 何処にあの娘は いるのやら 今日も岬に 陽が落ちる 泣いて別れた 初恋を 今じゃあの娘はヨー 忘れたか  漁火ゆれる 海沿いを 面影抱いて ゆくんだよ 釧路 室蘭 行く旅は きっと明日も また続く 何処にあの娘は いるのやら 夜行列車が 仮の宿 胸にせつない 初恋が 北の果てまでヨー 呼ぶんだよ
志摩半島鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一美樹克彦焼いたアワビに からくち地酒 酔えば聞こえる 荒波太鼓 和具の大島 前浜漁港 土地の訛り なつかしい 海女のふるさと 志摩半島  白い浜木綿(はまゆう) 金毘羅山(こんぴらさん)は 四面皆海(しめんみなうみ) 心も晴れる カスリ模様の 真珠の筏 雲を燃やし 沈む陽が 忘れられない 志摩半島  惚れた相手を 船から投げる 天下御免の 潮かけ祭り 気立て荒いが 人情も熱い 一度食べて いかんかれ 海女のふるさと 志摩半島 
山陽道鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一叶弦大それじゃ行くぜと 背を向けりゃ 露地(ろじ)を小走り 後追(あとお)い泣いた 雨に追われて 船坂越えりゃ やけにお前が 胸に泌む 酒だ酒だよ こんな日は ああ街道(かいどう)に 灯(あか)りが点(とも)りゃ 旅の宿場(しゅくば)に月も顔出すヨー 山陽道  風よお前は なんで泣く 雲よ流れて 何処へ飛ぶ 俺は誠の 一文字(ひともじ)抱いて 夢があるから 夢を追う 野暮(やぼ)な野郎で ござんすが ああ吉井川 渡れば安芸路(あきじ) 西へ流れてここは男のヨー 山陽道  宇品(うじな) 小郡(おごおり) ひとり旅 ああ見上げれば 満天(まんてん)の星 遥(はる)か夜空に 夢が燃え立つヨー 山陽道
旅路川真木ことみ真木ことみ里村龍一叶弦大佐伯亮女の旅路は 冬空を 哭きながら あぁ流れゆく 夜汽車に似てる 地図さえ持たず この先を どんな夢見て 何処へゆく 教えてあなた こころ寒すぎる 旅路川  汽笛に振り向く なみだぐせ だめなこと あぁ知りながら もしやと思い 歩いてきたわ 果てしなく たどり着きたい このひとと 倖せ探す 道が遠すぎる 旅路川  小指ではじけば 消えそうな 夢ひとつ あぁ叶わずに 泣かされどうし この世の中で 信じてる あなたひとりじゃ 死なせない 愛しています 命ある限り 旅路川
女のけじめ岩出和也岩出和也里村龍一岡千秋石倉重信男がひとり 女がふたり どちらが 泣くのでしょう 三角波ですね さようなら さようなら あなたお世話に なりました 駄目と駄目と駄目と知りつつ ついてゆく 恋は私に出来ません これ以上  辛くはないと 言うのは嘘よ お酒よ お前だけ しばらく 仲良しね すがりたい すがりたい それが私の 本音です 他人(ひと)が他人が他人が聞いたら 笑うけど 憎み合うより身をひくわ わたしから  あなたに賭けた おんなの夢が 舞い散る 雨の街 傘さす 人もない 逢いたくて 逢いたくて 馬鹿な私を 恨みます せめてせめてせめてきれいに 別れたい それが女のけじめです 追わないで
花道多岐川舞子多岐川舞子里村龍一市川昭介佐伯亮いのち いのち男が 賭ける時 惚れて女は 花になる 望み一筋つらぬく道を 花で飾るも 女のつとめ 夢の土俵さ 東京は 命捨て身で ついてゆく  海で 海で育った 荒くれが 頭さげつつ 磨く牙 そばで見ている 私にゃわかる 奥歯かんでるでっかいあんた 情け涙の 東京で 苦労かさねて つかむ夢  故里を故里を出るとき 抱いてきた 意地があるから 明日がある 我慢二文字(がまんふたもじ)たすきにかけて 裏目つづきの世間を飛ばす 夢の土俵さ 東京は 風も吹くけど 花も咲く 
忘れ風鈴和田青児和田青児里村龍一徳久広司南郷達也窓の風鈴 鳴る音わびし 呼んでみたって 返らぬ女(ひと)よ 雨よ降れ降れ 想い出川に 倖せひとつ やれないで ごめんね ごめんよ 忘れ風鈴 もう泣くな  俺は今でも ひとりでいるよ 遠くなるほど 逢いたさつのる 風よ吹け吹け 散らした花に あの頃二人 若すぎた ごめんね ごめんよ 忘れ風鈴 雨ん中  酒に心が 旅する夜は いつもはじめに お前を思う 星よ散れ散れ 帰らぬ夢に 気がかりひとつ 残るけど ごめんね ごめんよ 忘れ風鈴 いつはずす
夢みれん日野美歌日野美歌里村龍一岸本健介齊藤恒夫憎いあなたが 憎めない 未練ごころが 辛すぎて 風よ想い出 呼ばないで 暗い酒場の とまり木で 今夜も淋しい 夢が夢が夢が私を 泣かせます  ドアが開くたび 振り返る 淋しがり屋の なみだ癖 いつになったら 逢えるやら 寒い都会の 片隅で 今夜も悲しい 流(はや)り流り流り唄など 聞いてます  胸のすき間に ふる雨を ふさぐ小さな 愛もない 酒よわたしを 抱きしめて 今日と昨日の まんなかで 今夜も冷たい 雨を雨を雨を見つめて 飲んでます
つくしんぼ高木和也高木和也里村龍一岡千秋前田俊明重い荷物を ひとりで背負い 涙みせずに 笑う奴 人生に疲れた 男の胸を 励まし癒して くれた奴 つくしんぼ つくしんぼ おまえは俺の いのち草  何が欲しいと 手を取り聞けば 俺のこころを くれと言う 帰る所は 何処にもなくて 俺だけ頼りに 生きる奴 つくしんぼ つくしんぼ 離せはしない おまえだけ  夜空見上げる おまえの肩に 泣いているよな 星が降る 夢も遙かな 故郷の町へ いつかは錦を 飾ろうな つくしんぼ つくしんぼ ふたりで越える 明日坂
明日坂石原詢子石原詢子里村龍一叶弦大前田俊明愛の荷車 ふたりで引いて 夢の架け橋 越えてゆく 今日は二人の 目出たい門出 飲んで一節 添えましょか 唄も祝いの 宝船  順風満帆 船出をしても やがて嵐の 海に出る 辛い時こそ 三三九度の 固い契りを おもいだせ 夢も番(つがい)の 夫婦雛  知らぬ同士で 生れてきても 赤い縁しの 鶴と亀 照る日曇る日 人生山河 ふたり揃って 花になれ 風も寿(ことほ)ぐ 明日坂
望郷新相馬花京院しのぶ花京院しのぶ里村龍一榊薫人前田俊明花は咲いても 淋しいものは 人の別れと 春の雨 会津恋しや 遠い空 帰りたくてもナー 帰れはしない 土産ばなしも ない今は ない今は  ハアー はるか彼方は 相馬の空かヨー ナンダコラヨート  雪は解けても 故郷の里は 夢も咲かない しばれ空 何度飲んだか ご免酒 飛んで行ってもナー おふくろさんは 肩ももましちゃ くれんだろ くれんだろ  いつになったら ひとこと言える かけた不幸の 詫び言葉 夜行列車の 遠あかり 今日も涙でナー 見送る酒に 汽笛ひと哭き 里ごころ 里ごころ
いのち川真木ことみ真木ことみ里村龍一叶弦大佐伯亮広いこの世で あなたの胸が つらい心の よりどころ 泣かせないでね これ以上 何もいらない あなただけ 愛を下さい 愛を下さい 命をあげる  好いた惚れたは 初めのうちで 今は情けで 結ぶひと 川は流れて 海へ着く わたし流れて 何処へ行く 愛を下さい 愛を下さい 命をあげる  夢のほそ道 小さな灯り ともし続けて 生きてゆく あなたあっての めおと道 ついてゆきます 何処だって 愛を下さい 愛を下さい 命をあげる
紅葉坂水沢明美水沢明美里村龍一岡千秋伊戸のりお忘れた事など 一日もない 今は返らぬ ひとだけど 生みの親より 深い愛 私にかけて くれた母(ひと) ごめん ごめんね  たったひとつの 恩返し 出来ずじまいの 紅葉坂  春夏秋冬 季節は変わり しぐれ身にしむ 神無月 ひとめ逢いたい こんな夜は おもかげ酒に なみだ唄 ごめん ごめんね 紅く燃えつつ 枯れていく おんな命火 紅葉坂  他人(ひと)の心配 ばかりして 静かにいつも 笑ってた  ごめん ごめんね 負けちゃ駄目よと 言う声が 風に聞こえる 紅葉坂
夜汽車桂銀淑桂銀淑里村龍一浜圭介おんなの人生は  冬空を哭いて流れる夜汽車に似てる 地図も持たずに倖せ探し 明日はどんな夢をみる 教えてあなた ああ こころが寒い  いつかは返すいのちなら 咲いて散りたい野ばらのように たった一人の男のために 女は生きて花だから 愛して欲しい ああ 舞い散る日まで  夜汽車は走る果てしなく 汽笛鳴らして浮世の川を 何を求めて何処まで行くの 私もそれは分らない いのちの限り ああ あなたと二人 
雪の花和田青児和田青児里村龍一徳久広司川村栄二いつも自分を あとまわし 俺に尽くして くれたやつ いつになったら 言えるやら 苦労かけたと 言えるやら 風花 風花 雪の花 なんでお前は 俺に咲く  生まれ故郷の 手料理で 晩のテーブル 飾るやつ 俺に逢わなきゃ 倖せを とうにつかめた はずなのに 風花 風花 なみだ花 他にいいやつ いるものを  あの日お前に 逢わなけりゃ 俺は今でも 酒びたり 惚れていながら お前には 返しきれない 借りがある 風花 風花 俺の花 いつか倖せ くれてやる
女の祭り石原詢子石原詢子里村龍一叶弦大夢の大輪 花火にのせて ドンとあげたい この空に つらい話しは やめにして のんで憂き世を わすれ舟 今日は女の 夏まつり 揃いゆかたで 華になれ  海は大漁 田畑は黄金 天の恵みの ありがたさ あんた男を あげるのも おんな器量の みせどころ 今日は女の 秋まつり 年に一度の 晴れすがた  印半天 背中できめる 粋なあんたの 恋女房 四角四面の 世間でも いつか陽がさす 露地もある 今日は女の 春まつり 風もほころぶ 花便り
望郷酒場吉幾三吉幾三里村龍一桜田誠一おやじみたいなヨー 酒呑みなどに ならぬつもりが なっていた 酔えば恋しい 牛追い唄が 口に出るのさ こんな夜は ハーヤイ  田舎なれどもサー 南部の国はヨー  風にちぎれてヨー のれんの裾を 汽車がひと泣き 北へゆく 呼べばせつない あのこの面影(かお)が 酒のむこうに 揺れるのさ ハーヤイ  酒に溺れてヨー やつれてやせた 故郷へ土産の 夢ひとつ 北はみぞれか しぐれる頃か やけにおふくろ 気にかかる ハーヤイ
望郷恋唄大川栄策大川栄策里村龍一伊藤雪彦山田年秋風にちぎれる 浮き雲見れば 北のふるさと あの町恋し 遠くなるほど つのる淋しさ 辛さに泣けてきた あなた唄って 教えてくれた 歌が呼んでる 日暮れ空  山を背にして 前みりゃ海の そんな小さな 私の故郷 夜行列車の 遠い笛の音 聞くたび想いだす 夢を追いかけ あなたと別れ 捨てた涙の 雪の町  帰りゃ近いが 帰れぬ今は 祭りばやしの 音さえつらい 早いものです 故里を離れて 何年過ぎたやら 私しゃ今夜も 都会の海で あなた偲んで 夢を漕ぐ
想愁歌尾鷲義仁尾鷲義仁里村龍一冨田梓仁悲しみの胸に 白い雪が降る 花が咲く 春来ても こころ冬の海 あなたの呼ぶ声だけが 耳から離れない 涙で別れても あなたが 私のいのち  逢いたいと想う こころ叱っても 手枕を 探す指 癖がせつないわ あなたと暮らした町を 夢でも歩いてた 泣いても遅いのね 二度とは 逢えない人よ  あなたと別れて何処に 倖せありますか 帰らぬ夢だけど この恋 忘れはしない  …忘れはしない
恋やどり尾鷲義人尾鷲義人里村龍一三木たかし夜更けの雨があがるまで 今夜はここで飲んでいたい 明かりも消えたあの部屋に ひとりで帰る勇気もないし 酔えるほど飲めぬお酒でも 淋しいこころが急がせる  もう一度逢いたくて 想い出川を渡ります 別れても愛してる 未練が寒い恋やどり  クラスをなぞる手を止めて 冷たい雨の窓を見る 哀しみひとつ飲みほせば あなたに今日もたどり着きます 淋しさがドアの開くたびに あなたを探して振り返る  もう一度逢いたくて いつもの酒場で飲んでます あなたから逢いにきて 涙が雨になるまえに  もう一度逢いたくて 想い出川を渡ります 別れても愛してる 未練が寒い恋やどり
愛にまみれたい尾鷲義人尾鷲義人里村龍一朴是春おもいで酒は涙の誘い水 酔えば会いたさあゝつのります あなたの愛にも一度まみれたい 燃えて花咲け恋花火 この胸に  忘れることが出来れば楽なのに 遠くなるほどあゝ好きな人 あなたの愛にも一度まみれたい 未練流れるおんな川 雨の夜  あなたの愛にも一度まみれたい 夢もあしたもいらないわ あなただけ
三百六十五日上杉香緒里上杉香緒里里村龍一弦哲也雨にこぼれて 舞いおちる 花の命のはかなさよ 離れたくない この指も そうよ想いは 同じです 三百六十五日 逢いたくて… あなた あなた あなたなしでは 生きられないの 一か八かの 恋を追う おんな悲しい 風の華  春の雨でも 花冷えの 夜が淋しい 残り紅 寒さしのぎに 飲むお酒 恨みたくなる こんな日は 三百六十五日 せつなくて… ほかの ほかの ほかの人など 見えない私 万に一つの 夢を見る おんな一途な 風の華  三百六十五日 恋しくて… 雨の 雨の 雨の音にも 未練がつのる 愛に命を 賭けてゆく おんな涙の 風の華
ふるさとで暮らそうよ中村美律子中村美律子里村龍一桜田誠一佐伯亮あんた涙でョー 飲む酒ならば 温めてやりたい この肌で 離ればなれで ひと冬越える 辛い暮らしは いつ終わる 雪の花が咲く ふるさとで暮らそうよ ふたりしてナー  逢いに行きたや あの山こえて  今朝のニュースじゃョー 東京も雪だ 暦は春でも 夢遠い みんな他人の 都会の隅で あんた晩めし 済んだろか 囲炉裏あたたかい ふるさとで暮らそうよ 肩寄せてナー  銭がない分ョー 私も稼ぐ この世で一度の 夫婦だろ 寝酒がわりの この一杯で 火照る体が せつないよ 汽車がよんでいる ふるさとで暮らそうよ これからはナー
おんなの春石原詢子石原詢子里村龍一水森英夫伊戸のりお他人には見えない あなたの心 惚れた私は よく見える 明日も分らぬ この世の道で たった一つの 灯りです あなたに尽して エー 悔はない  口さえきかない 喧嘩をしても 惚れた私の 負けになる 心づくしの 手料理並べ 遅い帰りを 待つ夜更け あなたの事しか エー ない私  淋しい時には あなたの膝が 今じゃ私の ふるさとよ 咲くも散るのも 沈むも浮くも ひとつ運命の ふたりです 眠れば聞こえる エー 春の音
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夢旅人木谷力木谷力里村龍一浜圭介若草恵ふるさとへ 背を向けて さすらう 男は 孤独な 旅人 淋しさに ゆき暮れ 酒を飲み お前を 求める 夜もある  こぶしで 頬の涙を 拭いながら 明日へ 果てしなく 歩く 帰れない 帰らない 男は 夢追う 旅人  星ひとつ 探せない 荒野を 男は さすらう 旅人 木枯らしの 一人寝 旅空に 浮かぶは 愛する女の名  命が 終わる時まで 明日を語り 傷めた 夢を抱き 歩く 泣くがいい 辛いなら 男は 未練な 旅人  信じた道に 命を賭けて ひとり 男は 生きてゆけ 明日も 陽が昇る 風が鳴る 男は 夢追う 旅人
よりそい坂水沢明美水沢明美里村龍一岡千秋池多孝春一に一たしゃ 二になるけれど 思いどおりに ならないわ 夢勘定 情けひとすじ 涙が重い しんどいねって 言いながら 顔を見合せ 越えてゆく よりそい坂は ふたり坂  道をひとすじ 違っただけで 憂き世からくり 浮き沈み かわり独楽 夜が明けなきゃ 見えない明日 むずかしいねって 言いながら 肩の糸くず そっととる よりそい坂は 情け坂  泣いた昔を 笑って言える そんな日も来る 生きていりゃ 生きていりゃ 夢は信じりゃ いつかは叶う がんばりましょうと 言いながら 押して押されて 越えてゆく よりそい坂は あした坂
合掌風の宿細川たかし細川たかし里村龍一叶弦大南郷達也ゆうべあなたの 夢みて泣いた 小雨そぼふる 夜明けごろ 別れていくとせ しあわせですか 一里すすんで 二里もどる あなたのこころよ 美濃の郷    きっとあなたは 許してないわ 愛をおきざり したわたし はなれてわかった 大事なひとと つらい時には おもいだす 帰れぬなみだの 日暮れ駅    風の囃子か 祭りのころは 夢で千里の 道をゆく ふるさと白川 合掌(てのひら)の宿 泣いて呼んでも もどれない 逢いたいあなたの 腕のなか    郡上のナー 八幡出てゆく時は
さすらい譜保科有里保科有里里村龍一三木たかし果てなき夢を 追いかけて 流れゆく町 風さみし 遠い他国の 夕暮れに 思う故郷の なつかしき 女は秋の ちぎれ雲 ひとつ所に 何故住めぬuh~ めぐる旅路の つれづれに しのぶ心の やるせなさ  愛しき人の 面影を 抱く夜更けの 肌寒さ 呼べど届かぬ 恋なれど 散れば切なく 痛む胸 さすらいながら 訪ねゆく 夢のみちのり 長すぎてuh~ つけた煙草の 火も細る 雨の日暮れの 港駅  女は秋の ちぎれ雲 ひとつ所に 何故住めぬuh~ つけた煙草の 火も細る 雨の日暮れの 港駅
おんなの望郷歌門倉有希門倉有希里村龍一徳久広司夢は辛(から)いし お酒は苦(にが)い ましてあんたを 偲ぶ夜は 隣りの椅子が 淋しいよ ハァー 泣いてみたってナァー ハァー 帰れないのさ 赤い爪 酔うほどせつない この胸に ひと節こぼれる 故里(くに)の唄  ハァー はるか彼方は 相馬の空かョ  きっとあんたも 酒場の隅で ひとり飲んでる 頃だろう 寒さに背中 まるくして ハァー 夢とあんたをナァー ハァー かけた秤(はかり)に 泣いている 最終列車が 遠去かる 夜更けの酒場は 雨ん中  ハァー こぶしきかせてナァー ハァー 唄う故郷の 新相馬 淋しくなるたび 想い出す あんたの心が ふる里よ
夢さすらい和田青児和田青児里村龍一徳久広司川村栄二津軽じょんがら 背中で聞いて ひとり上りの 列車に乗った あれは十八 吹雪の夜更け 今もこの胸 熱い涙がビンビとふぶく 捨てはしないさ エエ… あの日の夢は  故里を出るとき こころに決めた 夢は東京で 咲かせてみせる 泣いて戻れる 夜汽車は来ない 意地のかけらか 星のひとつにおふくろさんの 面影がまたたく エエ… 冬空夜空  道を一本 表と裏で 昇る朝日も 景色も違う 負けちゃ終わりさ 都会の海に 右に左に 揺れて揺られて夢漕ぎ返す やればやれるさ エエ… 男じゃないか
いかないで(カジマオ)渥美二郎渥美二郎里村龍一南国人みんなあげます ついて行けるなら つらい二人の 運命知りつつ 幸せ夢みていたの カジマオ カジマオ 私を捨てないで あなた一人よ 何も見えない わたしを捨てないで  雨がふります 痛むこの胸に とけて死にたい 抱いて下さい 優しい貴方の腕に カジマオ カジマオ 私を捨てないで 二度と故郷へ 帰れなくても 私は泣かないわ  夢が散ります 海の夕焼けに こんな気持じゃ 生きてゆけない 涙があふれてきます カジマオ カジマオ 私を捨てないで 春が来たって 花も咲かない あなたが いなければ  カジマオ カジマオ 私を捨てないで 春が来たって 花も咲かない あなたが いなければ
あじさい酒場坂本冬美坂本冬美里村龍一猪俣公章煙草の空箱 鶴に折り 飛ばせば涙があとを追う おもかげ横丁のとまり木で 今夜も未練とさし向かい あなたに夢注ぐ あじさい酒場  お酒にまぎらす淋しさを ゆさぶらないでよ通り雨 想い出一輪 水割りの グラスに今夜も泳がせて あなたに泣いてる あじさい酒場  出逢いも別れも 霧雨が 裏窓ながれる 夜でした 想い出かさねたこのドアに あなたの姿がみえるよで 酔うほどせつない あじさい酒場
風が吹く時も里見浩太朗里見浩太朗里村龍一小田純平前田俊明花の命か男の夢か 冬の夕陽に似ているよ 過去よおまえも酔っぱらえ 背なでもう泣くな 所詮 人生は 淋しい紙芝居 切ない想いを 花で飾ろうか  惚れていながら心をかくし 蔭で見守る恋もある 人の情けのつれなさか 肩に降る雨は 胸の悲しみを しずめて酒を飲む 男の涙は 夢のひとしずく  バカな奴でいい 痛みがわかるから 優しくなれるさ 風が吹く時も  
東海道鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一叶弦大丸山雅仁軽い野郎が もてはやされて 俺は時代の はぐれ者(もん) 鼻で笑って 憂き世を捨てりや 足も踊るよ 旅の空 野暮はよしなよ お若いの なんて次郎長 気取ってる 清水港よ 見上げる富士に 雲がわきたつ あゝゝ東海道  腕をまわして 温める胸を 濡らすあの娘の 霧しぐれ 詫びて五十九里 袋井宿よ 此処は街道 どまん中 ああだこうだと さわいでも 過ぎた昔にゃ 戻れない 旅だ旅だよ 許しておくれ 走る雨ふる あゝゝ東海道  ちょいと待ちなよ お若いの 急ぐ旅でも あるまいし 旅は道づれ この世は情け 酒はまだかよ あゝゝ東海道
華と嵐の人生さ水田かおり水田かおり里村龍一岡千秋南郷達也火の粉あびても 心の夢は 捨てはしません 半端のままで 我慢二文字 たすきにかけて あなた一人に ついてゆく 涙ひとふきエエー 華と嵐の人生さ  口と裏腹 こころは涙 渡る世間は 無情の海よ 浮くも沈むも 運命(さだめ)は一つ 一度惚れたら 惚れ通す それを承知でエエー 華と嵐の人生さ  道をひと筋 またいだだけで 変わる憂き世の 人間模様 所詮裸で 生まれた身体 何が恐くて 生きられる 苦労ひと漕ぎエエー 華と嵐の人生さ
冬鴎吉幾三吉幾三里村龍一吉幾三京建輔旅の寒さを 背中にしょって 船の時刻を 聞く女 潮風(かぜ)にさびれた 港の酒場 線路のむこうは 冬の海 想い出は 置いてゆけ 流れ着く この先に 旅を終らす 夢は無い  窓が白(しら)けて 波止場の路地に 雪がいつしか 降り積る 遠い汽笛に 振り向く女(ひと)よ 心の凍(しば)れは 解けたろか 旅びとの 淋しさが ストーブに 燃えている 港 とまり木 仮の宿  辛かろう せつなかろ 北へ行く この俺も おなじ船待つ 冬鴎  想い出は 置いてゆけ 流れ着く この先に 旅を終らす 夢は無い
こころ花山川豊山川豊里村龍一聖川湧花の咲かない この俺に 命かさねて ついて来る そんなお前の 横顔みれば かける苦労が 身を責める 負けた 負けたよ お前は俺の俺の俺の こころ花  馬鹿がつくほど 意地っぱり 涙ひとつも こぼさない 夢に疲れた 男の胸を そっといたわる いじらしさ 惚れた 惚れたよ お前は俺の俺の俺の 夢あかり  帰る故郷(まち)さえ ない俺の 今はお前が ふる里さ 辛い昨日を 振り向くよりも 明日を二人で 探そうよ 決めた 決めたよ お前は俺の俺の俺の こころ花
女の夢草紙田川寿美田川寿美里村龍一岡千秋想い出の 河に舟だせば あなたの心の 海へ着く おとぎ話の 倖せなのに 追えば夢路の 涙に溶ける 恋ははかない 紙の船  凍(い)てついた 指に息をかけ 両手で温(ぬく)めて くれたひと 遠くなるほど 命と知った 胸にあなたの いろり火ともりゃ 夢でひと夜の 旅をゆく  恋しさに 耐えるほほづえを 揺さぶる冷たい 風の音 忘れられても 忘れはしない 星の一つに あなたを思う みれん悲しい 夢落葉
中村美律子中村美律子里村龍一富田梓仁南郷達也男いのちの 仕事に生きる 道に上下は ないはずだ 人に見えない 裏側を 火の粉かぶって 支えてる 鳶の勇みは 男の誉れ 俺がやらなきゃ 誰がやる  口は建前 涙が本音 渡る憂き世の露しぐれ 足場かためる 俺たちが いなきゃこの世は お陀仏さ 鳶の血潮は 祭りの華だ 神輿かついで 練り歩く  銭が無ければ 頭をつかえ 何も無ければ 汗を出せ 風に吹かれて 飲む酒も コップ一杯 夢がある 印半纏 背中をきめて 木遣り唄って あおぐ空
おやじの酒朝田のぼる朝田のぼる里村龍一足立おさむおやじのんでるかい もう日が暮れる 山には 雪が来ただろうか 泣けばぶたれた 小さい頃が やけに恋しい 懐かしい おやじのんでるかい 今も 達者かい  おやじのんでるかい まだ おふくろに かくれて 土間の隅っこで 酔えば出てくる 自慢のタネは モテた話と しぶいのど おやじ飲んでるかい 今も 達者かい  おやじのんでるかい もう 星がふる 今年の冬は 早そうだ おやじゆずりか 今なら俺も 酒の相手に なれそうだ おやじのんでるかい やけに逢いたいな…
港町挽歌秋庭豊とアローナイツ秋庭豊とアローナイツ里村龍一杉本真人みなと町今日も 黄昏に染まり 夢を散りばめ 灯り流れる 愛があるから 生きているのよ一人でも ああ‥‥ 憎い逢いたい ろくでなし 誰も知らない 恋が泣いてる鴎とぶ港町  倖せが似合う 女になりたい あなた色した 紅が悲しい 辛い時には いつも隣りにいてほしい ああ‥‥ 忘れられない ろくでなし 風の横貌 肩に冷たいほろ酔いの港町  この町を一人 離れて 行けない いつかあなたが 帰る気がして 苦いお酒も涙まじれば甘くなる ああ‥‥ 夜が寒いよ ろくでなし 星が流れて ひとめ逢いたい 潮風の港町
最後にもう一度秋庭豊とアローナイツ秋庭豊とアローナイツ里村龍一中川博之このままで別れたら こころ残りです もう一度 結ばれて 終わりにしませんか 今ならば傷跡も 涙で消せるでしょう 逢いたさに 泣けてくる 未練という文字を 最後にもう一度 消して消して欲しいのよ  あなたにはいつだって 帰る家がある お帰りとほほえみで 迎える妻がいる 好きだけじゃわたし達どうにもなりません おそろいのこのパジャマ 羽織れば泣けてくる 女の恋ごころ あなたあなた分かってよ  悲しくはないのよと 言えば嘘になる 無理なこと知りながら 幸せ夢見てた この心これ以上 わたしは騙せない 想い出の灯が点る 港のあるホテル 最後にもう一度 あなた あなた行きたいの
きずな山川豊山川豊里村龍一弦哲也馬場良夢もやれない 男のために 尽くす真心 酒より沁みる 情け忘れた この俺に 絆(きずな)むすんで 生きるやつ 風は冷たく 吹くけれど 今はおまえの 俺でいい  辛い過去(むかし)を 可笑(おか)しく仕立て 聞かすおまえの その瞳(め)に負けた 北の育ちの せいなのか うすい肩して 意地を張り 俺を男に すると言う 可愛いおまえに 泣ける夜  時雨(しぐれ)ふる夜 ふらりと寄った 安い酒場に 咲いてた花よ 絆むすんだ 二人なら 何処からだって 出直せる おまえ次第さ この先は ついて来るのも 来ないのも
北の駅舎山川豊山川豊里村龍一叶弦大前田俊明港の風が 吹きぬける 寂(さ)びた運河の 坂の街 旅の日暮れに 行き着いた 小樽は淋しい 北の駅舎(えき)  男は胸の 片隅に 忘れられない 人がいる 涙あふれる 想い出に なぐさめられる 北の街  港の月に 照らされた 浜の酒場で ひとり飲む 都会ぐらしの 傷跡に 情けが沁みる 旅の酒  去りゆく人も 来る人も 風に背中を まるめてる 生きる運命(さだめ)は 違えども 名残がつのる 北の駅舎
すみだ川雨情森若里子森若里子里村龍一叶弦大南郷達也こぬか雨ふる 想い出まちは 心も濡れます 淋しさに 広いこの世であなたしか ない私 嘘じゃないのね この恋は 窓に聞こえる 舟音が つらい すみだ川  白い翼を 夕陽に染めて 水面をギリギリ 翔ぶカモメ 今の私をみるようで 悲しいわ 指をかむたび 泣けてくる あなた一人に 身を焦がす 夜の すみだ川  灯りかぞえて お酒に酔えば 面影ふりむく さくら橋 あなた今ごろ何処ですか 逢いたいわ 遅いでしょうか この恋は 夢がゆられて 流れゆく 雨の すみだ川  
春の雪香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧前田俊明背負う宿命の ひと枝を 折れば世間の 棘が刺す 許されぬ ふたりゆえ いのちを賭けて 結び合う 恋は風花 恋は風花 春の雪  肌にひとひら 紅い花 それはあなたの 愛の跡 咲かせない 花ならば 私と死んで くれますか 夢の名残か 夢の名残か 春の雪  月の明りで 化粧して 酔ってひと夜の 旅をゆく 夢ならば 醒めないで ひとつに溶けて 闇に舞う いのち哀しい いのち哀しい 春の雪
望郷十年香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧馬場良遠い夕陽に 哭く木枯らしが 胸であなたの 呼ぶ声になる 離れて十年 忘れはしない 想いで千里を 心が帰る あなたと言う名の 恋しい故郷(ふるさと)へ  雪のホームで かじかむ指に 息を吹きかけ 温(ぬく)めてくれた 恋しさ十年 遥かな月日 真綿が降るよに 逢いたさ積る 詫びても戻れぬ いのちの人だけど  夜行列車の 灯りの帯が 北へ流れる 蛍に見える 逢いたさ十年 冬空夜空 土産の一枚 いつの日織れる あなたと涙の 添い寝の夢むしろ
つくしんぼ岡田しづき岡田しづき里村龍一岡千秋前田俊明思い荷物を ひとりで背負い 涙みせずに 笑う奴 人生(たび)に疲れた 男の胸を 励まし癒して くれた奴 つくしんぼ つくしんぼ おまえは俺の いのち草  何が欲しいと 手を取り聞けば 俺のこころを くれと言う 帰る所は 何処にもなくて 俺だけ頼りに 生きる奴 つくしんぼ つくしんぼ 離せはしない おまえだけ  夜空見上げる おまえの肩に 泣いているよな 星が降る 夢も遥かな 故郷の町へ いつかは錦を 飾ろうな つくしんぼ つくしんぼ ふたりで越える 明日坂
霧の港町岡田しづき岡田しづき里村龍一岡千秋栗原三行想いだしたら 逢いたさつのり ひとり訪ねる 恋の町 夜空に浮かぶ 面影が 背中淋しく 振り返る しのぶお前は 何処にいる 北の釧路は 霧の港町  灯り華やぐ 末広町(すえひろちょう)で 胸のすき間に 酒を注ぐ 別れたあとで しみじみと 俺の命と 気がついた 何処で泣いてる 影ぼうし 恋の名残の 霧の港町  遠い夕陽に鴎が哭いて 街の谷間を 船が出る ぬさまい橋は 帰り道 過去に今更 戻れない 夢は煙草の うす煙り 北の釧路は 霧の港町
つくしんぼちくらひろしちくらひろし里村龍一岡千秋前田俊明重い荷物を ひとりで背負い 涙みせずに 笑う奴 人生に疲れた 男の胸を 励まし癒して くれた奴 つくしんぼ つくしんぼ おまえは俺の いのち草  何が欲しいと 手を取り聞けば 俺のこころを くれと言う 帰る所は 何処にもなくて 俺だけ頼りに 生きる奴 つくしんぼ つくしんぼ 離せはしない おまえだけ  夜空見上げる おまえの肩に 泣いているよな 星が降る 夢も遥かな 故郷の町へ いつかは錦を 飾ろうな つくしんぼ つくしんぼ ふたりで越える 明日坂  
霧の港町渥美二郎渥美二郎里村龍一岡千秋栗原三行このままで いたいのに あなたが遠ざかる 心が寒い いのちが寒い 霧の港町 涙 涙かくして 見送れば 泣きたけれゃ泣きなよと 海猫が啼く あなたがいない 明日がくるのね みんな夢の中 どうすりやいいの どうすりゃいいの 霧笛鳴らし 船が出る  愛されて いたいのに 届かぬ恋なのね 秋から冬へ 女がひとり 霧の港町 すべて すべてつくして きたけれど 欲しいなら 命だって あげたのに いいことばかりが あふれてちりじり みんな霧の中 どうすりゃいいの どうすりゃいいの 暗い波間 夢が散る  涙 涙かくして 見送れば 泣きたけりゃ泣きなよと 海猫が啼く あなたがいない 明日がくるのね みんな夢の中 どうすりゃいいの どうすりゃいいの 霧笛鳴らし 船が出る 
海峡みなと駅田川寿美田川寿美里村龍一岡千秋海峡のみなと駅 乗りつぐ船も無く 吹雪の桟橋で 旅路の朝を待つ あなじ夢みて 生きた日々 遠い悲しみ 今はもう あなたには 戻れない 海にふる雪 こころに積もれ こころに積もれ  膝掛けの一枚が あなたの愛よりも こころに温かい せつない駅灯り 冬の哭き笛 聞きながら 旅にのがれて 行く私 ただひとり 連れもなく 北へさすらう こころは鴎 こころは鴎  果てしない冬の空 あなたの住む町が 淋しい思い出が 愛しく見えてくる 違う明日に 探しつつ 地図も持たずに 何処へ行く 夜明けには 船に乗る 海の朝陽よ こころに昇れ こころに昇れ
春女房立樹みか立樹みか里村龍一蔦将包蔦将包甘えていいのよ 子供のように あなたの苦労は 私が背負う 傘のひとつに 肩寄せて 春を待ちましょ ふたりして 昨夜は優しい 母親で 今夜は女房で 抱いててあげる  心を下さい 命をあげる あにたが私を 必要ならば 酔って自分を かくしても 辛い気持ちは 目で分かる 一人でお酒に 逃げないで 今夜は女房で 愛してあげる  眠っていいのよ 私の膝で 夢なら一緒に 探してあげる 窓の下には すみだ川 雨に情けの 灯が点る 明日は可愛い 恋人で 今夜は女房で 尽くしてあげる 
おもいで酒場宇多川都宇多川都里村龍一猪俣公章小杉仁三おまえの為だと 言いながら 私を冷たく 棄てたひと 今頃どうして いるかしら 時雨がそぼ降る こんな夜は 恋しさ恋しさつのる おもいで酒場  あなたの背中に くるまって 抱かれて眠った 夜もある 別れて幾月 今日も雨 憎んでみたって 酔うほどに 涙が涙がにじむ おもいで酒場  何処かであなたも 今ごろは 一人で飲んでる 気がします も一度逢うのは 夢ですか 筏を曳いてく 船音に あの日があの日が浮かぶ おもいで酒場 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
明日の華岸千恵子岸千恵子里村龍一藤竜之介南郷達也晴れて夫婦の 祝い酒 水に流すな 行く末までも 照る日曇る日 様々だけど サァサ サァサ 若い命の幕開けだ ふたり揃って ふたり揃って 鶴になれ  風が逆巻く 明日坂(あしたざか) 愛を力に 乗り越えてゆけ 夢がでかけりゃ 谷間も深い サァサ サァサ どんと荒波蹴散らして ふたり揃って ふたり揃って 勝ちに行け  かたい絆の 契り酒 思いだすのさ 負けそうな時は 夢のかんざし 櫓漕ぎにかえて サァサ サァサ 長い人生路(たびじ)の船出だよ ふたり揃って ふたり揃って 華になれ
居酒屋 雪国岸千恵子岸千恵子里村龍一あいたかし池多孝春酒はひと肌 情けで温(ぬく)め つまみはタラコの 板わさばさみ 居酒屋 雪国は おふくろ酒場だョー モンペ姿に 訛(なま)りが沁(し)みて 今夜も故郷(こきょう)の 夢をみる  春の四月に 雪ふる故郷 夢さえしばれる 涙も凍る 居酒屋 雪国は 想い出酒場だョー 苦(にが)いお酒も 涙も知った 昔がせつなく 浮かぶのさ  煙(けむり)焼けした 天井の柱 頑固なおやじの 姿に見える 居酒屋 雪国は 夢みる 酒場だョー 故里(くに)を出る時 抱いてた意地が ホッケの開きに よみがえる
津軽挽歌岸千恵子岸千恵子里村龍一藤竜之介南郷達也雪が逆巻く 津軽の里を 今日も上りの 汽車が行く いあんたの 面影抱けば 柱の暦に 目が止まる ハアー いくら慣れてもナー ハアー 一人はせつないよ 寒さしのぎの 酒っこ飲んで 夢で今夜も エエー逢いにゆく  ビルの谷間で ふる里しのび ひとりあんたも 呑む頃か 離ればなれで ひと冬越える 侘しい暮らしは いつ終る ハアー 星が降る夜はナー ハアー あんたに逢いたいよ 津軽中里 線路の果ては 風も凍れる エエー雪の海  ハアー 雪が解ければナー ハアー こころに春が来る 桜前線 近づく頃は 汽車の音にも エエー振り返える 
遠い海峡野中さおり野中さおり里村龍一岡千秋南郷達也鴎おまえは 誰かを探し 哭いて飛ぶのか 夕陽の海を 戻るあてさえ ない男なのに 心 心焦がして 入船待てば 北の 北の岬は 冬真近  風の音にも 振り向く夜は 肩の震えに 口唇かむの 無理な夢なら 醒まして欲しい 泣いた 泣いた分だけ 心も痩せて 海に 海に凍つく 冬みれん  遠い海峡 ゆく船よりも 帰り信じて 待つ身は辛い いくら好きでも 離れていれば 駄目に 駄目になります 女の愛は 潮風も 潮風も涙の 冬港 
夢いちりん山崎友見山崎友見里村龍一市川昭介馬場良広いこの世で 誰よりも あなたが命のこの私 溺れちゃいやです お酒になんか 辛い気持ちは同じじゃないの 生きてる限り二人でいたい 夢をいちりん抱きしめて  石につまずく痛みより あなたの背中に泣けるのよ 坂みちころがる 紙風船(かみふうせん)に 何処か似ている 運命が哀し お願いだから 諦めないで 夢をいちりん 愛ひとつ  いつもあなたの影になり 尽くしてゆくのが生きがいよ 死んでもいいのよ別れる時は 他に生きてく道などないわ 明日を探す 心の隅に 夢をいちりん 飾りたい 
北半島藤あや子藤あや子里村龍一弦哲也胸の紅花(べにばな) 口あとは あなたが噛んだ 愛の傷 指でなぞれば 未練でしょうか あゝ風が涙を また誘う 北の半島 沖ゆく船も 連(つ)れにはぐれて 冬のひとり旅  惚れていながら 嘘ついて 書いた別れの 置手紙 熱いこの乳房(むね) どうすりゃ消える あゝ海猫(ごめ)が淋しく 飛ぶみなと 北の半島 夕陽に染まり これでいいわと 泣いてひとり旅  空の果てまで 続く道 歩けば過去が 消えますか 吹雪がくれに 見えない宿命(あした) あゝあなた最後と 賭けた恋 北の半島 波音まじり 細い汽笛が 泌みるひとり旅
紙の舟藤あや子藤あや子里村龍一叶弦大ひと夜の恋に 身を焦がし 女は夢で 旅をする お声だけでも ああ…… あなた聞かせてよ 幾つになっても 恋を織(お)る おんな哀しい 紙の舟  あなたの側で 淋しさを 温(ぬく)めていたい 雨の日は 酔って今夜は ああ…… あなた 甘えたい 明日が見えない 川だって おんな一途な 紙の舟  しぐれる風の 寒さより 世間の噂(くち)に 泣かされる 連れて逃げてよ ああ…… あなた何処までも 流れて水面に 溶けようと おんな夢漕(こ)ぐ 紙の舟
紀州街道鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一叶弦大北へ東へ 旅から旅へ 数えりゃ十年 ちぎれ雲 ちぎれ雲 空に突き出た 一方杉よ 今頃ひとりであいつ どうしてる やけに淋しい 旅の酒だよ ご免なすって お月さん 紀州街道 熊野川 今日も借り寝の 今日も借り寝の 腕まくら  故郷忘れた 訳ではないが 夢追う途中の 峠みち 峠みち 旅の日暮れが 心に重い いつまで続くかオレの 流れ癖 夢につまづきゃ 酒にすがって 泣けてきちゃうぜ お月さん 紀州街道 はぐれ鳥 腹で詫びてる 腹で詫びてる 親不孝  見上げりゃ背中が寒い 旅の空 風の噂も 今じゃ遠いさ 明日は何処やら お月さん 紀州街道 峠茶屋 後へ戻れぬ 後へ戻れぬ 国ざかい
浮舟の宿森若里子森若里子里村龍一岡千秋池多孝春恋の行方を 追いながら ふたり旅ゆく 忍ぶ川 何処へ行こうと あなたと生きる 夢の岸辺が あればいい 明日を水の 流れにまかす 浮舟ゆれる 月の宿  窓をゆらして 風が鳴る 溶けてはじける 紅の息 白い障子に 陽炎もえて 夢の中でも 離れない この世の外で あなた過ごす 浮舟ゆれる 花の宿  にごり川でも 碧々と いつか輝く 海へ着く 今のあなたで 私はいいの つなぐこの手が ある限り 情けで結ぶ 運命の糸よ 浮舟けむる 雨の宿 
旅詩アローナイツアローナイツ里村龍一浜圭介風の町 旅のつれづれ 灯が点りゃ 半端がらすの おいらの胸に じんと泌みるよ 湯の煙り 流れて他国の 仮の宿 今日もまた 街道すずめよ ねぐらはあるか 早くお帰り ああ日が暮れる  旅の空 人の情けと 浮き雲は 風の吹くまま 東へ西へ 旅でござんす この俺も 茜の山々 鳴いて飛ぶ 夫婦どり やくざな俺にも 昔はいたよ 胸にすがって ああ泣いた奴  北へ行く 夜行列車の 哭き笛が 遠い故郷の 想い出ゆすりゃ 旅の酒さえ 苦くなる 達者でいてくれ おふくろよ おふくろよ はぐれて三年 ちぎれて二年 今はどうして ああいるだろか
隅田秋暮色香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧日暮れに点る 川あかり 夜更けて悲しい 恋の花になる あなた…私あなたの 何んですか 待てばこの身も たそがれて 心が枯れる 隅田たそがれ 秋しぐれ  吐息も白く 肌寒く ひとりがせつない 風の舞い落葉 あなた…咲かぬ花なら 散らしてよ こころだまして これ以上 待てない私 吾妻言問(こととい) 迷い橋  流れて川は 海へ着く 私の季節は やがて冬になる あなた…恋に生きてく明日がない 屋形舟さえ 寄り添える 相手がいるわ 隅田悲しや 秋の彩
冬鴎香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧海風凍(しば)れて 吹雪く夜は お酒があなたの かわりです 冬場は沖ゆく 海猫(ごめ)が飛びます 鳴いて鳴いて 飛びます あなた帰ってヨー 翔べない私は 冬鴎 冬鴎  春など暦の うえだけで 花咲く四月に 雪がふる 夢さえ凍れて 波に散る波に散る 北の小さな みなと町です 寒い寒い 町です あなた帰ってヨー 私は真冬の 恋鴎 恋鴎  涙ハラハラ 夕陽まじりに 赤く赤く 染まるわ あなた帰ってヨー 翔べない私は 冬鴎 冬鴎
女の背中香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧おんな一人で旅する背中 他人(ひと)は悲しく見えるのでしょうか 風の音さえ心を泣かす ここは花巻 忘れ宿 あなた次第よ私のゆく道は みちのく 北上 迷い旅  花を浮かべて灯りにゆれて 何処へ流れる私の運命(さだめ) 墨絵ぼかしに暮れゆく山よ ここは追分 未練宿 あなた次第よ私のゆく道は 信濃路 浅間の ひとり旅  船の汽笛はあなたの声か 眠れないまま想い出偲ぶ ふたり出直す明日が欲しい ここは指宿 港宿 あなた次第よ私のゆく道は 鹿児島 浮島 帰り旅
雨の吾妻橋香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧つらい恋でも 愛(いと)しくて 涙こぼれる わたしの未練 小雨に煙った 吾妻橋 あなたが迎えに 来てくれるなら 傘に傘にかくれて 渡りたい  憎いあなたの 真似をして ゆうべ初めて お酒を飲んだ 本所 浅草 隅田川 離れて暮らせば 愛していても 風の風の噂に 身も嫉ける  苦労かけても 泣かせない そんなあなたの 言葉がほしい 灯(あか)りも淋しい 吾妻橋 迎えに来る日を 待ってるだけの 恋は恋は悲しい 泣かせ舟
愛いのち香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧夢のひとつと あなたがいれば 耐えて女は 生きられる 離さないでね 離れはしない あなたが星なら わたしが夜空 ふたりで生きてく 運命(さだめ)はひとつ  辛さまぎらす お酒であれば 分けて下さい わたしにも 今は風さえ 冷たいけれど あなたの涙は わたしの涙 肩寄せ生きてく 明日があるわ  生まれ育ちも 好みも違う だけど気が合う 淋しがり ゆれて流れる 世間の海で あなたが船なら わたしが港 咲かせて下さい 命のかぎり
ひとり夏祭り香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧祭り囃子が 届く頃 想い出します 遠いひと 消えてはかない 初恋の あなたどうして いるかしら ほおずき綿菓子 夏祭り 今でもあなたが 好きなまま わたし女に なりました  下駄の鼻緒が 切れかけて あなたの腕に つかまった 肩がふれ合う そのたびに 私ひとりが ほほ染めた 縁日風鈴 夏祭り 今でもあなたを 想い出し 熱くなります この胸が  浴衣紅帯 下駄ばきで 祭り人ごみ 歩きます うちわ片手に カラコロと ゆけば昔に かえります 想い出ふるさと 夏祭り あなたに会いたい もう一度 夜店ちょうちん 走馬灯
春いちりん香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧露地の花さえ 嵐に耐えて 咲いております いのちの限り 渡る世間の しのぶ坂 あなたと歩いて 行く道に 春を一輪 春を一輪 エエー 通しゃんせ  捨てたつもりの あの故里が 酔えば顔出す お酒がつらい 夜行列車の 遠あかり なみだに浮かべる 望郷に 夢をともして 夢をともして エエー くだしゃんせ  浮世舞台が ぐるりと廻りゃ 泣いた数だけ 倖せくるわ 明日を断ち切る 向かい風 凍える情けの ひと枝に 春を一輪 春を一輪 エエー 通しゃんせ
女やさかい香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧ウチがあんたに してあげられる 約束はみんな 終わったのよ 電話くれても もう出ていかん アンタに逢えば また駄目になる 悲しまないで 呼ばないで 離れていって 少しづつ ああ 今日も雨降る 両国橋に あんたの面影 目に浮かぶ 女やさかい 泣かへんけれど 女やさかい つらすぎる  あんたのあとをおいかけて東京へ来たあたし 今更こんな気持ちで 大阪へは帰れへん 東京タワーのバカヤロー  いつもあんたの 背中を見つめ かなわない夢を 描いていた なんぼ描いても 夢は夢やね ウチらはそんな もう若くない 心もあげた 身もあげた 優しい言葉 かけないで ああ ふたり歩いた 隅田の川に あしたは別れを 告げるのよ 女やさかい 泣かへんけれど 女やさかい つらすぎる 女やさかい つらすぎる
夢ほたる坂本冬美坂本冬美里村龍一猪俣公章青春のいのちを無駄にして 俺に埋れて 生きるやつ 路地裏二階の間借りの部屋で 遅い帰りの 俺を待つ お前は俺の お前は俺の こころの奥に やすらぎ点す 夢ほたる  肩身せばめて ただ一人 寒い世間に 耐えている おまえが命の半分だよと 抱けば涙で すがりつく お前は俺の お前は俺の こころの冬を 温めてくれる 夢ほたる  裏街の花屋にベゴニアの 色がこぼれて 春日和 返らぬ昔を振り向くよりも ふたり飛ぼうかもう一度 お前は俺の お前は俺の こころの空に 明日を運ぶ 夢ほたる
哀のブルース吉幾三吉幾三里村龍一吉幾三強く強く抱いてよ 身体(からだ)からだ 折れるまで 誰に何と言われても あなただけは 私のもの 冬の海峡 越えて来た私 泣きはしません 帰れなくても 何も出来ない 愛する他には  夜よ夜よ酔わせて 夢の夢の 終わりまで とても生きて行(ゆ)けないの 愛が明日(あす)が 見えないなら 情け心で 抱かないでほしい あなたなしでは あなたなしでは 春が来ようと 花さえ咲かない  情け心で 抱かないでほしい 離さないでよ 二度と私を 何も見えない あにたの他には  何も見えない あなたの他には
花ふたり岡ゆう子岡ゆう子里村龍一市川昭介池多孝春広いこの世で あなたの胸が 今じゃ私の ふる里なのよ 肩の糸くず 優しく払い 膝に甘えて 飲む夜更け 辛さ忘れて 辛さ忘れて アーアァ… 酒に浮かべる 明日橋  風の吹きよで 運命は変わる 沈む夕陽も 朝陽に変わる 愛のかんざし 一枝差して 越えてゆきます 嵐坂 おんな一輪 おんな一輪 アーアァ… あなた男に するまでは  泣いた昔を 笑って言える そんなあなたに 情けが沁みる いつか指から こぼれた夢を ふたり探して もう一度 追えば聞こえる 追えば聞こえる アーアァ… やぶれ蛇の目に 春の音
螢の海香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧馬場良恋の蛍か 漁り火は 闇夜の海を 点します ひとつふたつと 数えれば 七つ涙が あふれます  あなた迎えに 来てくれますか 旅の寒さに 知りました 愛の重さと 深い傷 窓をふるわす 海鳴りに 捨てた未練が 舞い戻る  明日を探して 沖をみて 何も出来ずに いる私 忘れようと 泣いている ガラスに映る この顔が  あなた迎えに 来てくれますか こぼれないよに 想い出を お酒うすめて のんでます 女ひとりじゃ 泊れない 海のホテルは 辛すぎて  あなた迎えに 来てくれますか 一度この手で 捨てたけど 今はさよなら したくない 女ごころの 漁り火か 恋はまよい火 海蛍
浮雲森若里子森若里子里村龍一岡千秋馬場良風と旅ゆく 浮雲に 何処か運命が 似たふたり 木の葉舟でも 私はいいの ふたり一緒の 人生ならば こころを結び 歩いてゆける あなたの杖に なりたいの  空にちぎれる 浮雲よ 泣けば日暮れの 雨になる あなた飲む酒 涙であれば 分けて下さい 私にも こころの冬に 灯りを点す あなたの愛と 生きてゆく  明日が見えない 浮雲に 命ふたつを 乗せてゆく 夢のつぼみか 雪割り草よ 春を祈って 水をやる ふたりは一人 ひとりは二人 あなたの愛が 道しるべ
北桟橋上杉香緒里上杉香緒里里村龍一弦哲也馬飼野俊一命を賭けた 恋ならば 別れに愚痴など 言うもんか 汽笛よ叫ぶな 未練じゃないよ 沖の彼方に 船影消えりゃ あなたあばよと 目をつぶる 北の桟橋は 風が涙を 拭く港  男が夢に 生きる時 女はまっ赤な 花になる 淋しさ辛さに 泣いたら負けさ 今はあなたの 後追うよりも 愛を信じて 待っている 北の桟橋は 明日に二人を つなぐ橋  心の痛さ 分かるから 何んにも言わずに 背を向ける 女の情けは 海より深い あなた男に なるためならば 恋はそれまで おあずけさ 北の桟橋は 別れ夕陽が 泣く港 
おんな節天童よしみ天童よしみ里村龍一水森英夫惚れて背負った 苦労の荷物 放り出せるか 辛さに負けて 一枚岩だよ あんたと私 愚痴をこぼせば 夢が泣く 涙ひと拭き おんな節  純(うぶ)な女は 可愛いけれど 可愛いだけでは 渡れはしない 人生浮き世は 筋書きなしだ 泥をかぶって 一筋に 男たてるも おんな節  今日は泣いても 下駄はくまでは 分かりゃしないさ 人生だから 二人で一ツの 勝ち目があれば そこに命を 賭けてゆく 華があっての おんな節
北冬挽歌歌川二三子歌川二三子里村龍一岡千秋池多孝春風の竜飛に 夕日が落ちて あんた恋しと ゴメが哭く 墨絵ぼかしの 津軽の海は やがて漁り火 船がゆく ハァ~ 沖が時化たらョー ハァ~ 火照った 躰が せつないよ あんたと唄った あいや節 寝床に響いて ひとり泣く ひとり泣く  せめてあんたの 飲む酒だけは 肌で温めて やりたいさ のぼり列車の 呼ぶ声聞けば 飛んで行きたい 雪の中 ハァ~ おんな盛りにゃョー ハァ~ ひと冬 我慢が 侘しいよ あんたが出かせぎ 行ったあと 私のこころは 冬の海 冬の海  ハァ~ 離ればなれはョー ハァ~ 今年で終りに しておくれ 雪解け季節を 夢にみて あんたの枕と 添い寝する 添い寝する
津軽望郷譜多岐川舞子多岐川舞子里村龍一伊藤雪彦丸山雅仁三味の太棹 バチ打つ音が 夢の中でも 哭き叫ぶ 津軽じょんがら 故郷の村が 吹雪まじりに 呼んでいる ハァー帰りたくてもョー ハァー帰れないんだ 神無月 私しゃ都会の 荒海で 故里へ土産の 網をひく  春が来たって 地吹雪荒れて 花が咲くのに 雪がふる 恋をしたって 明日も抱けぬ 竜飛三厩 風の村 ハァー故里を出てからヨー ハァーいくつ数えた 冬ごよみ ひと目逢いたい こんな夜は 旅に出るのさ 夢ン中  ハァー何処で生きてもヨー ハァー生まれ故郷は 忘れない 酒っこ飲むたび 口に出る 津軽じょんから 故里の唄
北の海峡上杉香緒里上杉香緒里里村龍一弦哲也前田俊明別れはしない 離れない 命と決めた 恋なのに 涙か重い 荷物をまとめ 流れて船に 乗り継げば 北の海峡 冬の中  この先生きる あてもなく ほほ打つ雪に 泣けてくる 女の夢を こわしたあなた 立てないくらい 愛してた 海よ私を 叱ってよ  旅路の果てに かすむ灯は 見えない明日か 未練火か 振り向くたびに あなたは遠く ふたたび逢える ことも無い 北の海峡 別れ波
一幕芝居桂銀淑桂銀淑里村龍一浜圭介一幕(ひとまく)芝居の 人生を 飾れる夢さえ 今はなく 倖せ失(なく)した 手のひらに 今夜もグラスが 揺れている ゆらゆら酔えば ゆらゆらと 返らぬ昔が 顔を出し 涙が耳もと 濡らす夜は はずした指輪の 跡を噛む  淋しさ支える ほほづえを 揺さぶる冷たい 雨の音 夜更けて華やぐ 街の灯(ひ)は 別れたあなたを 点(とも)しだす シトシト降れば シトシトと 小雨に未練が またまじり 今夜も酒場の とまり木が ふる里みたいに なっていた  はらはら泣けば はらはらと あなたが恋しい 酒ン中 今夜も想い出 泳がせて 幸せさがしの 夢を織る
夢人生歌川二三子歌川二三子里村龍一岡千秋色々あったね おまえさん 本当にここまで よくきたわ 遊びぐせ耐え切れず 風呂敷抱いて 夜道で泣いた 日もあった 飲んで下さい 情けの酒を 今ではみんな 今ではみんな 遠い夢  頑張りましたね おまえさん 一緒にいるのが 不思議です 陰口やうしろ指 世間の風に 泣いたわ今に みていろと 飲んで下さい こころの酒を 過ぎれば遠く 過ぎれば遠く なつかしい  これからなんです おまえさん 人生仕上げの 楽しみは 後ろなど振り向かず 新たな海へ も一度船を 出しましょか 飲んで下さい きずなの酒を 酔えば嬉しい 酔えば嬉しい 夢づくり
華があっての人生さ歌川二三子歌川二三子里村龍一岡千秋指をまるめて 世間を見れば 猫にこび売る 子ねずみばかり 見栄が七分で 生きてくよりも 誠三分を 抱いてゆけ 風に散ろうと 名を残す 華があっての  男の 男の 男の 男の人生さ  胸にかくした 男の夢を 咲かす散らすも 女の器量 銭の無いのは 心の裏に 秘めて笑顔で 惚れ通す 愛の一輪 かんざしに 華があっての  女の 女の 女の 女の人生さ  高い山ほど 谷間は深い ころげ落ちたら またはいあがれ 渡る憂き世は 切り紙細工 涙こぼせば しみになる 泣いて笑って 夜が明けて 華があっての  二人の 二人の 二人の 二人の人生さ  おもて通りの ひと筋裏は のぼる朝日も 遅れて当たる 楽を選ぶか 苦労をとるか とった苦労に 甲斐がある 我慢二文字 腹にさし 華があっての  目出たい目出たい 目出たい 目出たい人生さ
面影みれん渥美二郎渥美二郎里村龍一千寿二郎悪い人でも 別れてみれば 涙こぼれる 女のグラス 飲ませて下さい 忘れるくらい 嘘でこわれた 倖せ抱いて 雨に揺れてる 面影みれん  あんな男に どうして惚れた それは昔の 誰かに似てた 笑って下さい 女の愚痴を 傘を差してる この手を泣かす 夢の名残りの 面影みれん  苦いお酒も 涙で割れば 甘くなります 想い出川よ 明日を下さい わたしの胸に 今は他人の あのひとだけど 酔えば恋しい 面影みれん
ふたりの明日渥美二郎渥美二郎里村龍一遠藤実俺のこの胸に 二度ない春を くれたお前の その瞳(め)に負けた 寒い夜には お酒をのんで 甘えても いいんだよ 渡る世間の 雨風に 泣けば苦労の 甲斐がない  いつもわがままを 聞いてた陰で 濡れていただろ 冷たい雨に 俺を忘れて 倖せひとつ みつけたら いいものを 姉さん女房の 真似をする 可愛おまえに 泣ける夜  風に飛ばされて かさなり合った 落ち葉みたいな 俺達ふたり つらい昨日(きのう)を 振り向くよりも 幸せに なるんだよ 夢のひとつに 片寄せて 生きてゆこうな 二人して
昭和時次郎渥美二郎渥美二郎里村龍一遠藤実渡る明日(あした)に夢さえ無くて なんで出来よう みちづれに 惚れていりゃこそ 冷たく捨てて 夢を消すのも 男の恋さ 野暮な野郎で ござんすが 俺は昭和の 時次郎  別れ酒だと 知らずに飲んで 酔って甘えて 泣いた奴 風が啼くたび 遠くの町で 想い出すだろ お前のことを 半端がらすで ござんすが 俺は昭和の 時次郎  花も風吹きゃ ひとりで散るさ 啼くな未練な ほととぎす 風の冷たさ 浮世の寒さ 教えたくない お前にだけは 明日(あす)は何処(どこ)やら 雲に聞け 俺は昭和の時次郎
出逢い川渥美二郎・内海美幸渥美二郎・内海美幸里村龍一徳久広司他人どうしで 昨日(きのう)まで 違う世界で 生きていた そんな二人をこの街で めぐり逢わせた 出逢い川 これが最後の 恋にしたいね 二人の明日(あした)に乾杯を  あなた次第よ この先は ついて行くのも 決めるのも 広い都会の 片隅で 逢えてよかった よかったね これも二人の 運命なんだね 今夜は飲もうよ 夜明けまで  おとぎ話の 幸せを いつも女は夢みてる 早くお前に 逢えたなら 傷を知らずに済んでいた 夜が流れる 恋がきらめく 心がふれあう 出逢い川
つれあい金田たつえ金田たつえ里村龍一叶弦大今日も一日 お疲れさんと つける熱燗 ひと肌なさけ なみだ雨がふる 世間と言う川に 傘さして あなたと点す 夢はひとすじ 夫婦の灯り 愛が命の つれあい酒よ  風の冷たさ 浮世の辛さ 肩に重たい 振り分け荷物 追えば逃げてゆく 逃げれば追いかける 哀しみにふたりで泣いた 寒い暮らしを あなたと飾る 愛が絆の つれあい道よ  広いこの世で あなたの膝が たった一ツの 泣き場所なのよ 苦労かぞえれば 両手に余るけど 倖せよ あなたとならば 遠い夜空に ふたりで咲かす 愛のいちりん つれあい花よ
夫婦松瀬川瑛子瀬川瑛子里村龍一中村典正雪をかぶった 松の木は 惚れたあんたの 艶姿 裸一貫 つらぬく道を 飾り通すも 女のつとめ 夢の都さ この都会は いのち捨て身でついてゆく  春は暦の 上だけで 寒さ身を切る 松の開け 生れ故郷の駿河を棄てて 人生を誓ったふたりじゃないか 熱い情けを 荒海の胸に 燃やして 仰ぐ空  あんた空貫く 松ならば わたし寄り添う鶴になる 涙ちぎって惚れ抜き通す 愛は女の 手搾り酒だ ぐっと飲みほし 春を呼ぶ 夢も番いの 夫婦松
居酒屋 『藤乃』瀬川瑛子瀬川瑛子里村龍一中村典正お客さん お一人なんですか 寒いわねぇー 熱燗つけましょうか 亀戸天神 居酒屋「藤乃」 暖簾は淡い 藤の花 飲んで下さい もう一つ 少し熱めの 情けの酒を  あのひとの田舎に 咲いていた 藤の花のれんに 染めぬいて 守ってきたのよ ただ一筋に 二十と五年 雨風に ご免なさいね 愚痴だわね 何か話して お酒をつぐわ  北国は まだ雪あるんでしょう ご両親どちらも元気なの ふるさと話しを 聞かせてほしい 私も一つ いただくわ 雨が降ります 春の宵 情け下町 人好し小路
駿河男節鳥羽一郎鳥羽一郎里村龍一岡千秋駿河の海と 喧嘩をしても 牙がなければ 噛みつけぬ 笑っていろいろ この野郎 ボロ船修理して 今度こそ 勝ちに行くのさ 鼻歌まじり  斜めに切ろうと 二つに割ろと 俺の命は 虹いろだ 可愛いお前が いればこそ 男の盛りを 赤く燃え 海に互角の 勝負を挑む  嵐の夜は 龍神様に 両手合わせて 石を打つ ぶつかり転んで 這ってでも 大漁旗あげ つき進む 港駿河の ヤレ男節
夢織り酒場多岐川舞子多岐川舞子里村龍一伊藤雪彦煙草の空箱 鶴に祈り 飛ばせば涙が あとを追う 想い出を いいことばかりの 想い出を 濃い目のお酒に 泳がせて 別れに泣いてる 別れに泣いてる 夢織り酒場  時雨が落葉に 沁みる夜は 恋しさばかりが 胸に降る 想い出が 捨てなきゃいけない 想い出が こころの瞼に 焼きついて 酔うほど悲しい 酔うほど悲しい 夢織り酒場  倖せ一枚 いつ織れる あなたを探して 鶴よ飛べ 想い出に きれない情けの 想い出に 未練が涙の 河になる 初雪舞い散る 初雪舞い散る 夢織り酒場 
流恋草秋山涼子秋山涼子里村龍一聖川湧流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星も見えないこの街で あなたしかない私 あゝ お酒ください あゝ 寒い胸に 涙が凍る心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない  雨の小道に散る花に この世のはかなさ知りました ひとつ拾って手に乗せりゃ 悲しみがこぼれます あゝ 抱いて下さい あゝ 寒い胸を ほほづえつけば流れる涙 あなたが欲しい 春はまだ遠いこの街で ひとりじゃ暮せない  あゝ お酒ください あゝ 寒い胸に 涙が凍る心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない
みれん雨大川栄策大川栄策里村龍一叶弦大悪い男でも 別れて見れば みれんこぼれる 女の涙 酔わせて下さい 立てないくらい 想い出 辛すぎて 堕ちてゆきます お酒の中へ  いつか二人で 暮らせる夢が 雨に泣いてる 新宿あたり 返して下さい 私の春を この世で 貴男だけ 死んでいい程 愛したひとよ  ネオン映して 流れる川も 腕を広げて 待つ海がある 教えて下さい 忘れる術を 貴男を 諦めて 生まれ変われる 明日が欲しい
父娘鷹 (台詞入り)歌川二三子歌川二三子里村龍一岡千秋(セリフ)この世で一番悲しいことは 親との別れではないでしょうか 返れないけれど もう一度昔に戻りたいと 思う時があります どんなに貧しくても昔の方が あったかさがありました  凩の哭き笛 身に沁む夜は 雪のふる里 越後が恋し 土産話しは いつの日できる 飛んで帰って 詫びたいけれど 父親は故郷の 父親は故郷の 墓の中  父の手をひき 山道越えて 何度通った 村から村へ 泣いて一節 笑って三節 遠い涙の 幼い日々が 今はなつかし  今はなつかし あかね空  (セリフ)見えない目の中で 父はどんな夢を見ていたのでしょうか 甘い黒豆湯を倖せそうに呑んでいました あの頃は日本中が貧しい時代でした  瞼とじれば 越後の海が 根性なしだと 私を叱る 演歌は浪曲 荒海仕込 ふたり揃って 舞台へ立った 夢が命の 夢が命の 父親鷹(おやこだか) 
風群上杉香緒里上杉香緒里里村龍一桜田誠一空は晴れても 津軽の里は 龍が飛ぶよに 風が舞う 荒れる地吹雪 凍(い)てつく夜は 女子(おなご)ばかりで 貝になる ハァー あんたをナァー 夢で探しても 線路の果てはョー 白い冬の海  あんた今頃 都会の隅で たった一人の 晩めしか 遠く離れりゃ 心配ばかり 砕く心の 先に立つ ハァー 凍(しば)れてナァー 風群に耐えている 恋しい胸にョー うなる雪列車  煤(すす)け柱の 暦が変わりゃ 逢えるその日が 近くなる 鉛色した 寒空背負(しょ)って 私しゃ薪割り 風呂を焚く ハァー 寝床にナァー やがて聴こえるさ 雪解け水のョー 春の子守唄
夢夜景多岐川舞子多岐川舞子里村龍一伊藤雪彦倖せ探せば 不倖せ 冷たい憂き世の 肩しぐれ 雨よあのひと 連れて来て 遠くなるほど 恋しくて ほろりほろり ほろりほろり 想い出かなしい 夢夜景  裏街流れる 有線が 私の過去を 唄ってる あなたあの日は 夢ですか 胸のすき間に 降る雨に ぽつりぽつり ぽつりぽつり 今では傘さす 夢もない  ひと夜で帰れる ふる里が 鏡を覗るたび 遠去かる 酒よ涙を 呼ばないで 土産話しも ない今は ひゅるりひゅるり ひゅるりひゅるり 飛び乗る夜汽車も 夢ン中  
一夜雨多岐川舞子多岐川舞子里村龍一伊藤雪彦心がわりを 恨んでみても 雨が優しい 想い出泣かす 淋しさつのれば あなたが憎い 忘れるお酒 重ねるたびに 涙涙あと追う 未練の一夜雨  無理な夢だと 承知の上で 尽くし続けた 秋冬春と 拭きとる口紅 悲しさ残る 小雨にまじる 靴音ひとつ 夢の夢の中でも 探して眠れない  部屋の合鍵 グラスに投げて 今日で終りと 慕情を切るの 分かって下さい 私も辛い 他人の頃の 昔に戻る 女女なみだは 別れの一夜雨
北半島多岐川舞子多岐川舞子里村龍一市川昭介北東風まじりに 海鳴りが 時化て海峡 船もない 帰らぬあなたを 岬で待てば 雪がひとひら ほほに舞う 北の半島 冬真近  風にさらされ 灯がゆれる 古い酒場の 波止場道 お銚子二本で すぐ泣く癖は 居ないあなたの せいですか 寒さしのぎの 愛を注ぐ  なまり色した雪雲が 胸の底まで 暗くする 離れて淋しい 夢追うよりも 未練捨てたい この海に 心乱れる 北半島 
男華香田晋香田晋里村龍一美樹克彦若草恵気っぷの良さが 売りもんだい 河岸じゃおいらが 一番若衆 筋金入りだぜ 男伊達 惚れたあの娘に ゴム長姿 カッコ悪くてよ 見せられないけどよ 俺は築地の一心太助 女なんて目じゃないぜ  命を賭けた 奴もいる 無理に散らした 別れもあるさ それでも見果てぬ 夢を追う 情け六分に 度胸が三分 残り一分でよ 男は決まるのさ 俺は築地の一心太助 涙なんて見せないぜ  負けても弱音 吐くもんかい 道をゆずって 勝つのが男 見た目じゃ見えない 人の価値 裸一貫 やるだけやるさ 恋も祭りもよ 花捧かつぐのさ 俺は築地の一心太助 お前なんて目じゃないぜ
花しぐれ伍代夏子伍代夏子里村龍一水森英夫馬場良心添えても 命まで 添える緑の 無いふたり 抱いて下さい 祈れるほど 泣いて貴方を 忘れます 私は涙の 涙の花しぐれ  苦(にが)いお酒も 酔うほどに 涙まじれば 甘くなる 夢よ夢です 倖せは 傷になる程 泣かされた 貴方を今でも 今でも憎めない  忘れられても 忘れない 恋が未練な 雨になる 濡れてゆきます 今夜から 傘をたむける 人もない  私は咲かない 咲かない花しぐれ
望郷列車水田竜子水田竜子里村龍一岡千秋丸山雅仁夜行列車の 灯りの帯が 今日も鉄橋 越えてゆく 細い警笛 肌身に沁みて 胸に淋しさ 走ります ハァー ふるさと 恋しいよ ハァー 帰れは しないけど 私しゃ涙の 都会の海で 故郷へ土産のョー 夢を漕ぐ  つくり話で 手紙を書けば 指が震えて 進まない 耐えてしのんで また書き直す ひとり暮らしの 部屋の隅 ハァー あのひと どうしてる ハァー もうすぐ 寒い冬 呼んでみたって 帰れぬ今は 飛び乗る 夜汽車もョー 夢ン中  ハァー 夢など 捨てたらョー ハァー こころは 楽なのに 泣いて帰れば ふた親泣かす 涙で見上げるョー あかね空
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 拝啓、俺たちへ
  3. 毎日
  4. 金太の大冒険
  5. ビリーヴ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. hanataba
  5. 永久 -トコシエ-

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×