歌詞を

ヘルプ

すがあきら作曲の歌詞一覧リスト

92 曲中 1-92 曲を表示
2022年1月20日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
女の望郷津山微笑たきのえいじすがあきら汽車に乗ったらすぐそこなのに
人生みちゆき夢のれん津山微笑たきのえいじすがあきら骨身に沁みる世間の風も
播磨灘恋歌津山微笑たきのえいじすがあきらついて行っては駄目ですか
一夜夢黒川英二伊藤美和すがあきらこぼれ灯淋しい冬ざれは
命の限り黒川英二伊藤美和すがあきら山が高けりゃ谷深し
陽だまりの女黒川英二伊藤美和すがあきら落ちた涙の水たまり
命の河すがあきら新條カオルすがあきら命の河で巡り逢い
路傍の絆すがあきら新條カオルすがあきら行く手遮ぎる雨あらし
人生夢芝居すがあきら新條カオルすがあきらハァーアーまわり舞台の
とんぼり流し渡辺要たきのえいじすがあきら義理の重さに情けの深さ
新内流し渡辺要新條カオルすがあきら三味の音本手に上調子
男の夢囃子渡辺要新條カオルすがあきら桜吹雪が舞い踊ぶ門出
中之島純情川崎修二たきのえいじすがあきらビルの谷間の吹きおろし
男のにわか雨川崎修二たきのえいじすがあきら夢にはぐれて傷ついて
涙のエアポート黒川英二伊藤美和すがあきらあなたがいないこの街は
いい加減な女の流れ唄石井夕起子新條カオルすがあきら人の値打ちはまごころですと
東京えれじい黒川英二たきのえいじすがあきら読みかけの唱節ね
夕日は親父すがあきら新條カオルすがあきらポロロンポロロン
望郷夢ごよみ天龍まゆみ新條カオルすがあきら生まれながらに父ちゃんの
ふるさと演歌「花舞台」七海はるか新條カオルすがあきら灘の生一本誉れの酒が
恋待ち岬西浦愛由伊藤美和すがあきらあきらめたつもりでいても
春夏秋冬人生ごよみ濱田陽子たきのえいじすがあきら春はヨー屋根のつららも
男の街だよ大阪は水木良・KOKUZANたきのえいじすがあきら何も云うなよ目をみりゃ判る
さすらいの望郷鳥羽一郎柴田ちくどうすがあきら年齢を拾えば誰だってやけに
女の風雪内野凜子新條カオルすがあきら人目忍んで泪をこぼす
居酒屋しぐれ水木れいじすがあきら生きるつらさをくやしさを
夫婦だるま忍&すがあきら新條カオルすがあきら振り向きゃ人生がまん坂
おしどり横丁西田純子水木れいじすがあきら運の強さは眸を見りゃわかる
なみだ川水木れいじすがあきら淋しい時にはこの胸で
女・昭和川新條カオルすがあきら月に凩荒む夜は誰を忍ぶか
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
大漁錦船兵頭たかお新條カオルすがあきら波のナ――波のてっぺん
津軽・望郷子守唄兵頭たかお伊藤美和すがあきら津軽じょんから雪舞う頃か
情けのこぼれ灯山本愛新條カオルすがあきら薄い情けのこぼれ灯が
風の挽歌川崎修二たきのえいじすがあきら路地から聞こえるはやり歌
じゃんけん酒場川崎修二伊藤美和すがあきら老いも若きも男も女も
母は今でもこころの港渡辺要新條カオルすがあきらおふくろ一人が見送ってくれた
男のさすらい川崎修二伊藤美和すがあきら風だけを風だけを
男哭き黒川英二杉紀彦すがあきら思い出にしたくはなくて
凛子黒川英二新條カオルすがあきら夢にはぐれた男の前に
風の望郷川崎修二里村龍一すがあきらふるさとはふるさとは
そして…旅詩川崎修二新條カオルすがあきらおまえの純なやさしさに
酒場のかもめ水木良水木れいじすがあきら飛べる翼を持ちながら
男の旅情水木良新條カオルすがあきらお前を好きだと言えないままに
野崎情話~お光~濱田陽子新條カオルすがあきら死ぬほど好きな久松さんの
夫婦心唱濱田陽子池口恵観すがあきら前世より共に誓ったこの世人生
風の川川崎修二里村龍一すがあきら男がひとり飲む酒は酒つぐ
あかり川川崎修二坂口照幸すがあきら水の中から桜咲くように水面に
真夜中のブルース黒川英二坂口照幸すがあきら思えば小さな嘘からだった
夢グラス黒川英二円香乃すがあきら赤いネオンがまぶしくて
母はふるさと嶋三喜夫新條カオルすがあきら病に臥せった母の寝顔に
酒は男の夢しずく嶋三喜夫二代目寿三郎すがあきらやけに侘しい晩秋の酒
ダンチョネ別れ節水木良水木れいじすがあきら出逢いがあれば別れもあるさ
25時の女水木良坂口照幸すがあきらきれいな横顔曇らせて
ふるさとは遠きにありて水木良水木れいじすがあきら丘に登れば遥かに輝る
水割りグラス水木良円香乃すがあきらそんなに飲んだらダメだよ
雪国列車川崎修二坂口照幸すがあきら風の噂が今もこの身を責めるよ
神戸の夜川崎修二坂口照幸すがあきら今も変わらぬ街異国の匂い
王将物語渡辺要水木れいじすがあきら男一代将棋の駒に賭けた浪花の
露地裏のれん渡辺要新條カオルすがあきら酸いも甘いも知り尽くし
大阪恋歌黒川英二水木れいじすがあきらひっかけ橋からあと振り向けば
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
盛り場ネオン黒川英二水木れいじすがあきら小雪舞いちるすすき野の
ふるさとが聞こえる嶋三喜夫新條カオルすがあきら夕焼け横丁コップ酒
月の渡り鳥嶋三喜夫二代目寿三郎すがあきら風の吹くまま気の向くままに
大阪雨やどり川崎修二水木れいじすがあきらすねて流れてまた傷ついて
人生に乾杯川崎修二新條カオルすがあきら人生を振り向けばなつかしき
冬雨水木良和田千代子すがあきら夜更けの街を一人で歩く
泣かさんといて水木良円香乃すがあきら街に煌めく東京ネオン
男の浮世川渡辺要池田充男すがあきら寂しさ背中に貼りつけて
浪花の恋女房渡辺要新條カオルすがあきら雨の露地裏水かけ不動
島之内ブルース黒川英二水木れいじすがあきらだからだからだから
夕やけ慕情嶋三喜夫池田充男すがあきら西へかたむく夕陽の下に
男 しぐれ酒嶋三喜夫新條カオルすがあきら俺のかわりに風が哭く
夕鳴き海岸濱田陽子円香乃すがあきらあの日ここで捨てたのは
望郷月夜酒渡辺要水木れいじすがあきら忘れ忘れられよかふるさとは
人情酒場渡辺要新條カオルすがあきら所詮男の人生なんて七転八起
男 銀平しぐれ旅川崎修二新條カオルすがあきらやくざ渡世の出入りには
小浜旅情前田卓司新條カオルすがあきら遥かな時代の美しさ
越前 雪酒場松志穂美新條カオルすがあきらおちょこを重ねりゃ睫毛が
おんなの潮路松志穂美新條カオルすがあきら海峡に北の漁り火見え隠れ
人生男節渡辺要水木れいじすがあきら浮いて沈んで流されようが
うらまち川渡辺要新條カオルすがあきら誰の涙を運ぶのか
じょんがら度胸船小田司朗新條カオルすがあきら怒涛逆巻く荒らぶる海へ
酒の川小田司朗新條カオルすがあきら酒の川を流されながら
初雪草の花川崎修二新條カオルすがあきら夏の季節に咲く花なのに
北…紀行川崎修二新條カオルすがあきら北の灯りが優しくて
つれあい人生西田純子坂口照幸すがあきらついて来いよと云われた日から
男の仁義渡辺要水木れいじすがあきら咲くが花なら散るのも花よ
俺と出直そう川崎修二水木れいじすがあきらまつ毛濡らしたその理由聞けば
旅…あかり川崎修二新條カオルすがあきら俺の生まれたふるさとにゃ
旅…さすらい川崎修二新條カオルすがあきら走る夜汽車の哭き笛は
人生酒語り黒川英二新條カオルすがあきら男どうしで酌み交わす酒は
旅…みれん川崎修二新條カオルすがあきら風の寒さに振り向く旅は