初雪草の花

この曲の表示回数 9,460

夏の季節に 咲く花なのに
誰が名付けた 初雪草よ…
おまえの笑顔 重なるような
清く咲いてる 可憐花
愛が一輪 暖かい ああ 俺だけの花だよ

明日(あす)の見えない 夜露に耐えて
つよく生きてる 一年草よ…
淋しく消える その身を想い
頬をおまえも 濡らすのか
白いうなじが 愛しいよ ああ 俺だけの花だよ

空に綿雪 舞いとぶ頃に
枯れる宿命(さだめ)の 初雪草よ…
やさしく香る まごころひとつ
どんな花より きれいだよ
命一輪 支えたい ああ 俺だけの花だよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:初雪草の花 歌手:川崎修二

川崎修二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/06
商品番号:TKCA-90366
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP