おまえに逢えて

この曲の表示回数 23,016
歌手:

川崎修二


作詞:

水木れいじ


作曲:

徳久広司


泣いたなみだの数だけは
いいことがあるはずさ ふたりの行(ゆ)く先(て)には
ちいさな春を はこぶから
名もない花が 好きという
おまえに逢えて おまえに逢えて
俺は見つけた 生きる幸せを

みんな時代のせいにして
木枯らしの路地裏で お酒に逃げてたよ
夜店で買った 鳩笛で
聞かせてくれた わらべ唄
おまえに逢えて おまえに逢えて
俺は見つけた 生きるぬくもりを

いつかおまえと故郷(ふるさと)の
漁火のあの海へ 一緒に帰ろうか
むじゃ気な寝顔(かお)で 眠るやつ
一生懸けて 守るから
おまえに逢えて おまえに逢えて
俺は見つけた 生きる灯を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おまえに逢えて 歌手:川崎修二

川崎修二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/06
商品番号:TKCA-90366
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP