ふるさとでもないのに

大塚博堂

ふるさとでもないのに

作詞:藤公之介
作曲:大塚博堂
発売日:1994/11/02
この曲の表示回数:19,583回

ふるさとでもないのに
山ふところの 小さな駅に
ふらり降りたら 夜明けを待とう
あてもないのに 枕木踏んで
線路づたいに モヤかき分ける
見知らぬ人の 会釈を受けて
とまどいながらも なごんでしまう
ほんとの色を 取り戻せない
紫色はぼくの 心のようだ
ふるさとでもないのに
ふるさとでもないのに
こみ上げて来るのは なんだろう

遥か連なる 山はむらさき
いく筋も昇る モミ焼く煙
逃げてここまで 来たわけじゃない
理由などいらない 旅がしたくて
手ごたえのない あの毎日は
なんだったのか よくわからない
ここでこうして いることだけで
心のつかえを 流せるだろうか
ふるさとでもないのに
ふるさとでもないのに
こみ上げて来るのは なんだろう

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:PM 10:30

  1. 夢見草

    松原のぶえ

  2. 童謡・唱歌

  3. 夜に駆ける

    YOASOBI

  4. 明日の前に

    吉田拓郎

  5. まわり道

    BUZZ THE BEARS

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成