ふるさとでもないのに

この曲の表示回数 14,558
歌手:

大塚博堂


作詞:

藤公之介


作曲:

大塚博堂


山ふところの 小さな駅に
ふらり降りたら 夜明けを待とう
あてもないのに 枕木踏んで
線路づたいに モヤかき分ける
見知らぬ人の 会釈を受けて
とまどいながらも なごんでしまう
ほんとの色を 取り戻せない
紫色はぼくの 心のようだ
ふるさとでもないのに
ふるさとでもないのに
こみ上げて来るのは なんだろう

遥か連なる 山はむらさき
いく筋も昇る モミ焼く煙
逃げてここまで 来たわけじゃない
理由などいらない 旅がしたくて
手ごたえのない あの毎日は
なんだったのか よくわからない
ここでこうして いることだけで
心のつかえを 流せるだろうか
ふるさとでもないのに
ふるさとでもないのに
こみ上げて来るのは なんだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふるさとでもないのに 歌手:大塚博堂

大塚博堂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-02
商品番号:PHCL-8041
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP