新宿恋物語

この曲の表示回数 10,290
歌手:

大塚博堂


作詞:

藤公之介


作曲:

大塚博堂


話のはじめは 新宿通り
伊勢丹前の曲がり角
歩行者天国の 人波の中で
出会いがしらに あいつと触れた
ほんのはずみで その細い肩に
なぜだか 魅かれてしまったのでした

話はつづいて 角筈あたり
三越裏のカフェテラス
小さなテーブルに 差し向かいで
身の上話に 涙が落ちた
ほんのはずみで その夜のうちに
あいつを抱いて しまったのでした

話はかわって 柏木あたり
西向きの古い アパートの部屋
あいつの好みの 家具も揃えて
二人の暮らしが はじまっていた
ほんのはずみが ほんとになって
あいつを愛し はじめたのです

話の終わりは 新宿駅で
始発のホームに ただ一人
にがい思い出を 一つ背負って
旅立つあいつを 見送ったのです
ほんのはずみで 朝もやの中に
涙が二つ 落ちてきました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:新宿恋物語 歌手:大塚博堂

大塚博堂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/07/01
商品番号:PHCL-1017
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP