日付のない日記

この曲の表示回数 6,578
歌手:

大塚博堂


作詞:

赤尾伸雄


作曲:

大塚博堂


アメ色の柱時計は
針をなくして 笑い顔で
僕に眼もくれず
知らんふりの昼さがり
壁のカレンダーは
まだ三月のままで
忘れられたことに
腹をたてては ふくれあがる
親にはぐれた小鳥のような
君をなくした一日が過ぎる

古い扇風機は
うるさい声で どなりちらし
涼しくもない風が
僕の身体を通り過ぎる
時が僕を 置きざりにして
季節が僕を 置きざりにした
時が僕を 置きざりにして
季節が僕を 置きざりにした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:日付のない日記 歌手:大塚博堂

大塚博堂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/07/01
商品番号:PHCL-1017
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP