試聴する

季節の中に埋もれて

この曲の表示回数 25,343
歌手:

大塚博堂


作詞:

藤公之介


作曲:

大塚博堂


耳に押しあてた 電話の向こうで
どこか寂しげに うるんだ
きみの声がする
ぼくだと気づいて きみは声を呑み
他人行儀なあいさつで
黙ってしまう
きみと別れて ぼくは
自由になれたと 思いちがいをしてたよ
きみなしでは 何ひとつ
出来はしないくせに
何か言ってくれ こみ上げてしまう
きみはあれから幸せか
泣いてはいないか……

季節がいくつも この部屋の中を
気の毒そうに のぞき込み
通り過ぎてゆく
戻っておいでと この電話口で
ささやきかけたら きみは
迷惑だろうか
きみと別れて ぼくは
若さにまかせて がむしゃらに走ったよ
きみのいない寂しさを
埋ずめられないままに
何か言ってくれ こみ上げてしまう
きみはあれから 幸せか
泣いてはいないか……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節の中に埋もれて 歌手:大塚博堂

大塚博堂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-05-26
商品番号:PHCL-2019
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP