歌詞を

ヘルプ

歌川二三子の歌詞一覧リスト

24 曲中 1-24 曲を表示
2020年3月30日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
いっしょがええなあ歌川二三子大野勝彦三浦丈明荒れる嵐にまがり坂
命ひとすじ歌川二三子水木かおる遠藤実好きになってはいけない恋に
江戸の華~野狐三次~歌川二三子歌川二三子宮川 ひろしハァードッコイ
おとうさん歌川二三子歌川二三子くにひろしあなた愛して生きるときめた
男意地~田原坂~歌川二三子歌川二三子くにひろし雨は降る降るじんばはぬれる
男の魂歌川二三子歌川二三子宮川ひろし今日は九州男児のお披露目ばい
おとこの出船歌川二三子飯塚義美五十嵐靖夫男一代大きな夢を
おまえが出番歌川二三子遠藤実遠藤実がまんをするのがサー
父娘鷹 (台詞入り)歌川二三子里村龍一岡千秋この世で一番悲しいことは
河内歌川二三子歌川二三子宮川ひろしエーさては一座の皆様へ
塩原太助物語歌川二三子歌川二三子歌川二三子ハードッコイドッコイ
女傑−島村ギン物語−歌川二三子和田健一宮川ひろし風の噂を伝便り、
人生坂歌川二三子歌川二三子三浦丈明足で踏まれて育つ麦
大祭~馬追い祭り~歌川二三子歌川二三子くにひろし神幸行列随兵と歴史受けつぐ
知覧の母 ~ホタル~歌川二三子鉄砲光三郎鉄砲光三郎昭和二十年四月七日
鶴と亀歌川二三子歌川二三子くにひろしハァー春のはじめに
花影の母歌川二三子水木かおる遠藤実妻という名を捨てても恋に
華があっての人生さ歌川二三子里村龍一岡千秋指をまるめて世間を
母灯台歌川二三子鈴木宗敏遠藤実世間の海へ明日から
二三子の鉄砲節歌川二三子鉄砲光三郎、歌川二三子鉄砲光三郎エーさては一座の皆様へ
北冬挽歌歌川二三子里村龍一岡千秋風の竜飛に夕日が
村上水軍歌川二三子歌川二三子くにひろし瀬戸内海はョー朝日に輝く
夢化粧歌川二三子神原裕次郎・池多孝春神原裕次郎・池多孝春もたれ掛かるか
夢人生歌川二三子里村龍一岡千秋色々あったねおまえさん

歌川二三子(うたがわふみこ、1952年(昭和27年)6月20日‐)は日本の演歌歌手。本名小柳ふみ子(こやなぎ ふみこ)。 wikipedia