花の舟

この曲の表示回数 20,294
歌手:

清水まり子


作詞:

里村龍一


作曲:

岡千秋


化粧おとせば 鏡の中に
母に似てきた 私が映る
おとぎ話しの 夢でもいいの 夢でもいいの
幾つになろうと 恋を追う
おんな悲しい 花の舟

惚れた男が 飲む酒ならば
肌で温めて あげたいものよ
涙もろくて 情けにあつい 情けにあつい
みちのく育ちの せいなのね
肌が淋しい 花の舟

風に流れる 浮雲なのね
ゆくえ見えない 女の旅路
泣いた数より いいことひとつ いいことひとつ
みつけて倖せ かみしめる
おんな死ぬまで 花の舟
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花の舟 歌手:清水まり子

清水まり子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-02-23
商品番号:GRCA-53
ガウスエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP