恋やどり

この曲の表示回数 9,391
歌手:

尾鷲義人


作詞:

里村龍一


作曲:

三木たかし


夜更けの雨があがるまで
今夜はここで飲んでいたい
明かりも消えたあの部屋に
ひとりで帰る勇気もないし
酔えるほど飲めぬお酒でも
淋しいこころが急がせる

もう一度逢いたくて
想い出川を渡ります
別れても愛してる
未練が寒い恋やどり

クラスをなぞる手を止めて
冷たい雨の窓を見る
哀しみひとつ飲みほせば
あなたに今日もたどり着きます
淋しさがドアの開くたびに
あなたを探して振り返る

もう一度逢いたくて
いつもの酒場で飲んでます
あなたから逢いにきて
涙が雨になるまえに

もう一度逢いたくて
想い出川を渡ります
別れても愛してる
未練が寒い恋やどり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋やどり 歌手:尾鷲義人

尾鷲義人の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-21
商品番号:CRCN-40807
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP