野中さおりの歌詞一覧リスト  51曲中 1-51曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
51曲中 1-51曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛してブギウギたかが女と 云うけれど 女いなけりゃ この世は闇よ 神代の昔は 天照大神(アマテラス) 男ひとりじゃ なんにも出来ぬ 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン  男嫌いと いう噂 好きなお方にゃ 可愛くなれる 若さじゃあの娘(こ)に 負けるけど 色気三分(さんぶ)に 愛嬌七分(しちぶ) 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン  今日の髪型 綺麗だね なんであのひと 気づいてくれぬ 女を夢中に させといて 罪なひとです 気まぐれ蝶々 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン  惚れた男に 磨かれて そうよ女は キラリと光る 幸せばかりじゃ ないけれど 苦労した分 笑顔の花が 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁たかが女と 云うけれど 女いなけりゃ この世は闇よ 神代の昔は 天照大神(アマテラス) 男ひとりじゃ なんにも出来ぬ 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン  男嫌いと いう噂 好きなお方にゃ 可愛くなれる 若さじゃあの娘(こ)に 負けるけど 色気三分(さんぶ)に 愛嬌七分(しちぶ) 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン  今日の髪型 綺麗だね なんであのひと 気づいてくれぬ 女を夢中に させといて 罪なひとです 気まぐれ蝶々 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン  惚れた男に 磨かれて そうよ女は キラリと光る 幸せばかりじゃ ないけれど 苦労した分 笑顔の花が 三味線(しゃみ)で今宵は 唄って踊る 愛してブギウギ 愛してブギウギ トチチリシャンシャン
秋螢 -あきほたる-一人旅して 来たはずなのに いつか未練と二人連れ… 一軒宿の 湯舟の窓に 季節はずれの 秋螢 恋の残り火 消せないままの 私を見るよで つらくなる  思い出すのは 良(い)いことばかり 思い切ろうと つとめても… お前も同じ 叶わぬ恋に きっと身を灼(や)く 秋螢 聴いて呉(く)れるか 女の愚痴を 私の心が 読めるなら  愛にさよなら 出来ない内は どこへ行こうと 同じこと… 一軒宿へ 哀しみ置いて 旅に出るやら 秋螢 胸の未練火 涙で消して 私も笑顔で 発(た)つつもり野中さおり木下龍太郎徳久広司丸山雅仁一人旅して 来たはずなのに いつか未練と二人連れ… 一軒宿の 湯舟の窓に 季節はずれの 秋螢 恋の残り火 消せないままの 私を見るよで つらくなる  思い出すのは 良(い)いことばかり 思い切ろうと つとめても… お前も同じ 叶わぬ恋に きっと身を灼(や)く 秋螢 聴いて呉(く)れるか 女の愚痴を 私の心が 読めるなら  愛にさよなら 出来ない内は どこへ行こうと 同じこと… 一軒宿へ 哀しみ置いて 旅に出るやら 秋螢 胸の未練火 涙で消して 私も笑顔で 発(た)つつもり
後追い三味線後を追うなと 薄情がらす 闇にひと声 月夜に三声(みこえ) すがりつかせぬ 道中合羽 糸も切れそな 三味線抱いて 泣いてまた越す おんな坂  末(すえ)はこうよと 承知のはずが 惚れた弱みの この未練酒 酔えば恋しさ 悲しさつのる 可愛いがられた むかしはむかし いまは涙の 流れ島  帯も結ばず 黒髪とかず 逢えぬ日数(ひかず)を 指折るばかり 神も仏も この世になけりゃ 合わしますまい この両の手を 三味も知らない おんな旅野中さおり吉川静夫吉田正後を追うなと 薄情がらす 闇にひと声 月夜に三声(みこえ) すがりつかせぬ 道中合羽 糸も切れそな 三味線抱いて 泣いてまた越す おんな坂  末(すえ)はこうよと 承知のはずが 惚れた弱みの この未練酒 酔えば恋しさ 悲しさつのる 可愛いがられた むかしはむかし いまは涙の 流れ島  帯も結ばず 黒髪とかず 逢えぬ日数(ひかず)を 指折るばかり 神も仏も この世になけりゃ 合わしますまい この両の手を 三味も知らない おんな旅
あなたが好きだからあなたが好きだから 気づいて欲しくって 意地悪をしてみたの ごめんなさいね あなたはいつだって 気づかないふりして やきもちを妬かせるの ホントにずるいひと イヤ イヤ イヤイヤよ イヤ イヤ イヤイヤよ つらい思いは もうイヤよ…… あなたがいなければ 明日は来ないから お願いよ よばにいて 心配だから  あなたの笑顔には やすらぎ感じるの 陽だまりに包まれた 匂いがするの あなたと一緒なら なんにも恐くない 甘えてもいいでしょう やさしいその胸に ダメ ダメ ダメダメよ ダメ ダメ ダメダメよ よそ見なんかは しちゃダメよ…… あなたについてゆく 私が見えますか 手を伸ばす指先を 離さないでね  スキ スキ スキスキよ スキ スキ スキスキよ こんな気持ちは 初めてよ…… あなたに愛されて 生きてゆけるのなら それだけで倖せよ わかって欲しい野中さおり徳久広司徳久広司南郷達也あなたが好きだから 気づいて欲しくって 意地悪をしてみたの ごめんなさいね あなたはいつだって 気づかないふりして やきもちを妬かせるの ホントにずるいひと イヤ イヤ イヤイヤよ イヤ イヤ イヤイヤよ つらい思いは もうイヤよ…… あなたがいなければ 明日は来ないから お願いよ よばにいて 心配だから  あなたの笑顔には やすらぎ感じるの 陽だまりに包まれた 匂いがするの あなたと一緒なら なんにも恐くない 甘えてもいいでしょう やさしいその胸に ダメ ダメ ダメダメよ ダメ ダメ ダメダメよ よそ見なんかは しちゃダメよ…… あなたについてゆく 私が見えますか 手を伸ばす指先を 離さないでね  スキ スキ スキスキよ スキ スキ スキスキよ こんな気持ちは 初めてよ…… あなたに愛されて 生きてゆけるのなら それだけで倖せよ わかって欲しい
天の川恋歌恋に焦がれて 鳴く蝉(せみ)の 哀れさ感じて 引いた口紅(べに) うすい袷(あわせ)の 帯を解(と)き 抱かれた私は 愚かでしょうか 夜空にかかる 天の川 次の逢瀬は いつですか あした あさって しあさって それとも逢っては いけない恋ですか  窓の向こうの 螢火(ほたるび)を あなたは無邪気に 手ですくう いのち短い ひと夏を 一途に燃えたい 螢のように 夜空にかかる 天の川 胸の涙が 見えますか ひとつ ふたつと またみっつ このまま儚く 散りゆく夢ですか  夜空にかかる 天の川 胸の涙が 見えますか ひとつ ふたつと またみっつ このまま儚く 散りゆく夢ですか野中さおり仁井谷俊也徳久広司南郷達也恋に焦がれて 鳴く蝉(せみ)の 哀れさ感じて 引いた口紅(べに) うすい袷(あわせ)の 帯を解(と)き 抱かれた私は 愚かでしょうか 夜空にかかる 天の川 次の逢瀬は いつですか あした あさって しあさって それとも逢っては いけない恋ですか  窓の向こうの 螢火(ほたるび)を あなたは無邪気に 手ですくう いのち短い ひと夏を 一途に燃えたい 螢のように 夜空にかかる 天の川 胸の涙が 見えますか ひとつ ふたつと またみっつ このまま儚く 散りゆく夢ですか  夜空にかかる 天の川 胸の涙が 見えますか ひとつ ふたつと またみっつ このまま儚く 散りゆく夢ですか
いなせだね…ちゃきちゃき江戸っ子 あのひとは 喧嘩早くて 向こう見ず おまけに祭りが 大好きで 春は神田で 神輿を担ぎ 秋は深川 木遣りを唄う 印半纏 気負い肌 あぁいなせだね… <いなせだね…> 町の小娘(むすめ)に モテすぎて 嫉妬(やきもち)やいてちゃ 身がもたぬ  門前仲町の 若旦那 芸ごと遊びにゃ 目がなくて 勘当されよと へっちゃら 小唄・端唄は まだ序の口で 三味に踊りと なんでもござれ 髷(まげ)も小粋な 男伊達 あぁいなせだね… <いなせだね…> たまにゃしっぽり 濡れたいと 思っているのに べらんめえ  鳶(とび)の組頭(かしら)の 辰五郎さん 纏(まとい)を振るのは 仕事でも おんなを振ったら 怖いわよ いろは・め組と 数々あれど 恋の火消しは おとといおいで 江戸を預かる 立ち姿 あぁいなせだね… <いなせだね…> 役者みたいな 横顔に おきゃんなあの娘(こ)も ひと目惚れ野中さおり仁井谷俊也徳久広司南郷達也ちゃきちゃき江戸っ子 あのひとは 喧嘩早くて 向こう見ず おまけに祭りが 大好きで 春は神田で 神輿を担ぎ 秋は深川 木遣りを唄う 印半纏 気負い肌 あぁいなせだね… <いなせだね…> 町の小娘(むすめ)に モテすぎて 嫉妬(やきもち)やいてちゃ 身がもたぬ  門前仲町の 若旦那 芸ごと遊びにゃ 目がなくて 勘当されよと へっちゃら 小唄・端唄は まだ序の口で 三味に踊りと なんでもござれ 髷(まげ)も小粋な 男伊達 あぁいなせだね… <いなせだね…> たまにゃしっぽり 濡れたいと 思っているのに べらんめえ  鳶(とび)の組頭(かしら)の 辰五郎さん 纏(まとい)を振るのは 仕事でも おんなを振ったら 怖いわよ いろは・め組と 数々あれど 恋の火消しは おとといおいで 江戸を預かる 立ち姿 あぁいなせだね… <いなせだね…> 役者みたいな 横顔に おきゃんなあの娘(こ)も ひと目惚れ
海鳴りの宿あなたの写真 引き裂けば 指先ヒリヒリ 痛みます 女心の 涙の海に 恋しさつらさ… ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 吹き荒れる 思い出ひとつ 捨てるたび 逢いたくなります 海鳴りの宿  月日を重ね 愛しても いつしか二人に すきま風 女心を 揺さぶるように 悔しさつらさ… ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 吹き荒れる 未練に染まる この胸が 飛沫(しぶき)に濡れます 海鳴りの宿野中さおり麻こよみ徳久広司丸山雅仁あなたの写真 引き裂けば 指先ヒリヒリ 痛みます 女心の 涙の海に 恋しさつらさ… ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 吹き荒れる 思い出ひとつ 捨てるたび 逢いたくなります 海鳴りの宿  月日を重ね 愛しても いつしか二人に すきま風 女心を 揺さぶるように 悔しさつらさ… ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 吹き荒れる 未練に染まる この胸が 飛沫(しぶき)に濡れます 海鳴りの宿
越前おんな舞い~竹ものがたり編雪がとぎれた 東の空に 涙ひと刷毛(はけ) 眉(まゆ)の月 捨ててしまえば 忘れるはずの 恋の影絵が 袂(たもと)に重い いいえ 昔は昔 今は今 越前恋舞い おんな舞い  ~竹の人形 ゆうぜん着せて 月の夜道を里帰り さて里帰り~  竹の香りに 胸つまらせて 風は紫 雪紬(ゆきつむぎ) 愛(いと)し糸ひく 若狭(わかさ)の里は 今は瞼(まぶた)に 住むだけなのに いいえ 昔は昔 今は今 越前風舞い おんな舞い  「風が泣きながら 竹の林を走るたび 身を切るような この淋しさ… その昔 紫式部も 二度と帰るすべもない 都の空に 想いを馳(は)せながら この風の音に 涙の袂を 噛みしめたことでしょう。 恋に生きるか 芸に死ぬか わたしも 竹の葉が身をよじるように 幾夜も 幾夜も なやみました 苦しみました。 そして知りました ひとつの心に ふたつの夢は、抱けないことを…」  竹の一節(ひとふし) 女の三月(みつき) つなぎ合わせて 春を待つ 縋(すが)りつくほど 遠のくものを なぜに消えない こころの根雪 いいえ 昔は昔 今は今 越前竹舞い おんな舞い野中さおり松井由利夫岡千秋雪がとぎれた 東の空に 涙ひと刷毛(はけ) 眉(まゆ)の月 捨ててしまえば 忘れるはずの 恋の影絵が 袂(たもと)に重い いいえ 昔は昔 今は今 越前恋舞い おんな舞い  ~竹の人形 ゆうぜん着せて 月の夜道を里帰り さて里帰り~  竹の香りに 胸つまらせて 風は紫 雪紬(ゆきつむぎ) 愛(いと)し糸ひく 若狭(わかさ)の里は 今は瞼(まぶた)に 住むだけなのに いいえ 昔は昔 今は今 越前風舞い おんな舞い  「風が泣きながら 竹の林を走るたび 身を切るような この淋しさ… その昔 紫式部も 二度と帰るすべもない 都の空に 想いを馳(は)せながら この風の音に 涙の袂を 噛みしめたことでしょう。 恋に生きるか 芸に死ぬか わたしも 竹の葉が身をよじるように 幾夜も 幾夜も なやみました 苦しみました。 そして知りました ひとつの心に ふたつの夢は、抱けないことを…」  竹の一節(ひとふし) 女の三月(みつき) つなぎ合わせて 春を待つ 縋(すが)りつくほど 遠のくものを なぜに消えない こころの根雪 いいえ 昔は昔 今は今 越前竹舞い おんな舞い
越前おんな舞い春の名残りか 二ひら三ひら 襟に舞いこむ 雪の花 夢の灯りを 覗いただけで 涙 幕切れ 紅殼格子(べにがらごうし) いいえ 昔は昔 今は今  越前花舞い おんな舞い  「竹の人形 ゆうぜん着せて 月の夜道を里帰り さて里帰り」  恋の着くずれ 乱れたままじゃ 芸の細道 迷うだけ 花のいのちも 加賀友禅(かがゆうぜん)も 情け手ざわり あとひく未練 いいえ 昔は昔 今は今 越前夢舞い おんな舞い  竹の林が 波打つたびに うしろ振りむく 意気地なし 噛んだ小指に にじんだ紅が 生きる支えの 扇の要 いいえ 昔は昔 今は今 越前雪舞い おんな舞い野中さおり松井由利夫岡千秋池多孝春春の名残りか 二ひら三ひら 襟に舞いこむ 雪の花 夢の灯りを 覗いただけで 涙 幕切れ 紅殼格子(べにがらごうし) いいえ 昔は昔 今は今  越前花舞い おんな舞い  「竹の人形 ゆうぜん着せて 月の夜道を里帰り さて里帰り」  恋の着くずれ 乱れたままじゃ 芸の細道 迷うだけ 花のいのちも 加賀友禅(かがゆうぜん)も 情け手ざわり あとひく未練 いいえ 昔は昔 今は今 越前夢舞い おんな舞い  竹の林が 波打つたびに うしろ振りむく 意気地なし 噛んだ小指に にじんだ紅が 生きる支えの 扇の要 いいえ 昔は昔 今は今 越前雪舞い おんな舞い
女将一代おんな細腕 夢八文字に 意地と真実を 結んだ 結んだ襷 女将一代 苦労の水で 涙とかして 引く紅に こめた念願は ただひとつ  男勝りが 男に負けて 愚痴をこぼせば 世間が 世間が笑う 女将一代 表と裏の 使い分けには 馴れてるが 消すに消せない 屈折もある  女手染めの 命の花は 咲くも散らすも 明日に 明日に賭ける 女将一代 塩瀬の帯を 締めて弱気を 虫封じ 嵐踏み越え 生きて行く野中さおり松井由利夫岡千秋南郷達也おんな細腕 夢八文字に 意地と真実を 結んだ 結んだ襷 女将一代 苦労の水で 涙とかして 引く紅に こめた念願は ただひとつ  男勝りが 男に負けて 愚痴をこぼせば 世間が 世間が笑う 女将一代 表と裏の 使い分けには 馴れてるが 消すに消せない 屈折もある  女手染めの 命の花は 咲くも散らすも 明日に 明日に賭ける 女将一代 塩瀬の帯を 締めて弱気を 虫封じ 嵐踏み越え 生きて行く
奥山椿赤く咲いても 実らぬままに 雨に散りゆく 奥山椿 ふたりのさだめを 見るようで 濡れた袂(たもと)に また涙… あなた忘れに 来た宿で 手紙を書くのは みれんでしょうか  つれはひと汽車 遅れて来ると 嘘で答えて 呑(の)みほすお酒 山鳩ホロホロ 啼(な)く窓も 暮れていつしか 舞う小雪… 酔って乱れて 甘えたら 可愛い女に なれたでしょうか  なんで今さら 湯上り化粧 ひとり旅なら ひとり寝ならば 身をひくだけでは 終らない 恋もあります この世には… 夢でいいから 抱かれたい 私はいけない 女でしょうか野中さおり水木れいじ徳久広司丸山雅仁赤く咲いても 実らぬままに 雨に散りゆく 奥山椿 ふたりのさだめを 見るようで 濡れた袂(たもと)に また涙… あなた忘れに 来た宿で 手紙を書くのは みれんでしょうか  つれはひと汽車 遅れて来ると 嘘で答えて 呑(の)みほすお酒 山鳩ホロホロ 啼(な)く窓も 暮れていつしか 舞う小雪… 酔って乱れて 甘えたら 可愛い女に なれたでしょうか  なんで今さら 湯上り化粧 ひとり旅なら ひとり寝ならば 身をひくだけでは 終らない 恋もあります この世には… 夢でいいから 抱かれたい 私はいけない 女でしょうか
おひまなら来てねおひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 本当に一人よ 一人で待ってんの 酒場の花でも 浮気なんかいやよ 来てね来てね 本当に来てよネ  おひまなら来てよネ 私せつないの 知らない 意地悪 女は惚れたら 何にもいらないの 私の負けなの みんなあんたに上げる 来てね来てね 本当に来てよネ  おひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 電話じゃ言えない 大事な話しなの 死ぬほど好きなの これが本当の恋よ 来てね来てね 本当に来てよネ野中さおり枯野迅一郎遠藤実おひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 本当に一人よ 一人で待ってんの 酒場の花でも 浮気なんかいやよ 来てね来てね 本当に来てよネ  おひまなら来てよネ 私せつないの 知らない 意地悪 女は惚れたら 何にもいらないの 私の負けなの みんなあんたに上げる 来てね来てね 本当に来てよネ  おひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 電話じゃ言えない 大事な話しなの 死ぬほど好きなの これが本当の恋よ 来てね来てね 本当に来てよネ
おりおりの酒髪をおろして 足袋を脱ぐ 女ごころが まだ迷う 愛に背(そむ)かれ 何度も泣いた こんなわたしで いいのでしょうか おりおりの酒に 夢を見て そっと拭き取る 濡れた紅  花を散らせた 春の風 月をかくした 秋の雲 何が怖いの この先ずっと ぼくがいるよと 肩抱くあなた おりおりの酒に 夢を見て 枕明かりを 消す夜更け  右手つないで 歩く道 やがて芽吹きの 冬木立 思いかよわせ 寄り添うひとの 日向みたいな 男の匂い おりおりの酒に 夢を見て 帯を解きます 花の宿野中さおり高林こうこ徳久広司丸山雅仁髪をおろして 足袋を脱ぐ 女ごころが まだ迷う 愛に背(そむ)かれ 何度も泣いた こんなわたしで いいのでしょうか おりおりの酒に 夢を見て そっと拭き取る 濡れた紅  花を散らせた 春の風 月をかくした 秋の雲 何が怖いの この先ずっと ぼくがいるよと 肩抱くあなた おりおりの酒に 夢を見て 枕明かりを 消す夜更け  右手つないで 歩く道 やがて芽吹きの 冬木立 思いかよわせ 寄り添うひとの 日向みたいな 男の匂い おりおりの酒に 夢を見て 帯を解きます 花の宿
おんなの浮世絵洗い髪をといて 薄絹(うすぎぬ)の 着物肩にはおり 口紅(べに)をひく 乳房(むね)の奥に眠る 揚羽蝶(あげはちょう) 羽根をそっと開き 舞い上る 染井吉野(そめいよしの)の桜(はな)の春 茜空(あかねぞら)から暮れゆく秋も… あなた色に染めて 染めて 染めぬいて 初心(うぶ)よ一途よ いのちがけ おんなの浮世絵  蚊帳(かや)の中でふたり 枕辺(まくらべ)の 迷い蛍(ぼたる)みつめ 身をよせた 伽羅(キャラ)の香(こう)をたいて 瞳(め)をとじて 聴いた恋の歌の 懐かしさ ほんの三十路(みそじ)は宵(よい)の口(くち) ダメね四十路(よそじ)の純情なんて… あなた待って泣いて 泣いて 泣きぬれて 馬鹿よ不埒(ふらち)よ いのちがけ おんなの浮世絵  こころ空蝉(うつせみ)聞く夏も 窓の紅葉(もみじ)に雪舞う冬も… あなた色に染めて 染めて 染めぬいて 初心(うぶ)よ一途よ いのちがけ おんなの浮世絵野中さおり水木れいじ徳久広司丸山雅仁洗い髪をといて 薄絹(うすぎぬ)の 着物肩にはおり 口紅(べに)をひく 乳房(むね)の奥に眠る 揚羽蝶(あげはちょう) 羽根をそっと開き 舞い上る 染井吉野(そめいよしの)の桜(はな)の春 茜空(あかねぞら)から暮れゆく秋も… あなた色に染めて 染めて 染めぬいて 初心(うぶ)よ一途よ いのちがけ おんなの浮世絵  蚊帳(かや)の中でふたり 枕辺(まくらべ)の 迷い蛍(ぼたる)みつめ 身をよせた 伽羅(キャラ)の香(こう)をたいて 瞳(め)をとじて 聴いた恋の歌の 懐かしさ ほんの三十路(みそじ)は宵(よい)の口(くち) ダメね四十路(よそじ)の純情なんて… あなた待って泣いて 泣いて 泣きぬれて 馬鹿よ不埒(ふらち)よ いのちがけ おんなの浮世絵  こころ空蝉(うつせみ)聞く夏も 窓の紅葉(もみじ)に雪舞う冬も… あなた色に染めて 染めて 染めぬいて 初心(うぶ)よ一途よ いのちがけ おんなの浮世絵
海峡死ぬか生きるか 沈むか浮くか 崖を背にした 女がひとり 渦で占う 人生は 北へ進めと しぶきも叫ぶ  来いと言われた わけでもないが 潮の香りは 男の匂い 胸に切ない 海峡の 風は女を また吸い寄せる  泣くか笑うか 祈るか待つか 暗い波間に 女はひとり なげたコインに しあわせを 賭けて求めて 海峡わたる  汽笛ならして 行き交う船に 乗せた運命を 悔みはしない 結ぶすべなく すれちがう 愛も涙に 咲く花だから  来いと呼ばれた わけでもないが 潮の香りは 男の匂い 胸に切ない 海峡の 風は女を また吸い寄せる 野中さおり星野哲郎弦哲也桜庭伸幸死ぬか生きるか 沈むか浮くか 崖を背にした 女がひとり 渦で占う 人生は 北へ進めと しぶきも叫ぶ  来いと言われた わけでもないが 潮の香りは 男の匂い 胸に切ない 海峡の 風は女を また吸い寄せる  泣くか笑うか 祈るか待つか 暗い波間に 女はひとり なげたコインに しあわせを 賭けて求めて 海峡わたる  汽笛ならして 行き交う船に 乗せた運命を 悔みはしない 結ぶすべなく すれちがう 愛も涙に 咲く花だから  来いと呼ばれた わけでもないが 潮の香りは 男の匂い 胸に切ない 海峡の 風は女を また吸い寄せる 
籠の鳥十年一緒に 暮らしても こころ通わぬ 男(ひと)もいる たった一度の しのび愛 忘れられない 恋もある 逢いたくて逢えなくて あふれる涙 女…哀しい 籠の鳥  やさしい男に 添い寝して ほかの男を 想う夜 罪と世間に 云われても 肌に消えない あの温(ぬく)み 恋しさにせつなさに この身も細り 焦がれ啼きする 籠の鳥  誰かに隠せば 隠すほど 熱い情念(ほのお)は 燃えあがる 今日も愛しい あの胸に 強く抱かれる 夢をみる ときめいてゆらめいて 月みる窓辺 女…翔べない 籠の鳥野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁十年一緒に 暮らしても こころ通わぬ 男(ひと)もいる たった一度の しのび愛 忘れられない 恋もある 逢いたくて逢えなくて あふれる涙 女…哀しい 籠の鳥  やさしい男に 添い寝して ほかの男を 想う夜 罪と世間に 云われても 肌に消えない あの温(ぬく)み 恋しさにせつなさに この身も細り 焦がれ啼きする 籠の鳥  誰かに隠せば 隠すほど 熱い情念(ほのお)は 燃えあがる 今日も愛しい あの胸に 強く抱かれる 夢をみる ときめいてゆらめいて 月みる窓辺 女…翔べない 籠の鳥
勘太郎月夜唄影か柳か 勘太郎さんか 伊那は七谷 糸ひく煙り 棄てて別れた 故郷の月に 偲ぶ今宵の ほととぎす  形(なり)はやくざに やつれていても 月よ見てくれ 心の錦 生れ変わって 天竜の水に うつす男の 晴れ姿  菊は栄える 葵(あおい)は枯れる 桑を摘む頃 逢おうじゃないか 霧に消え行く 一本刀(がたな) 泣いて見送る 紅(べに)つつじ野中さおり佐伯孝夫清水保雄影か柳か 勘太郎さんか 伊那は七谷 糸ひく煙り 棄てて別れた 故郷の月に 偲ぶ今宵の ほととぎす  形(なり)はやくざに やつれていても 月よ見てくれ 心の錦 生れ変わって 天竜の水に うつす男の 晴れ姿  菊は栄える 葵(あおい)は枯れる 桑を摘む頃 逢おうじゃないか 霧に消え行く 一本刀(がたな) 泣いて見送る 紅(べに)つつじ
霧の宿川の狭霧が 深くなる つらい別れも 近くなる 見てはいけない おんなの夢は 伊豆の湯舟の 上り湯で 洗いながした 筈なのに 人目を避ければ 避けるほど 恋が身を灼く 離れ宿 湯の香移り香 静寂の中で 肩に残した 歯のあとを 指でおさえて 瞼ですがる 雨戸締めても すき間から 来てはいけない 朝が来る 駅へ行かずに いつものように 町のはずれの 踏切りで 影を追います いつまでも 野中さおり松井由利夫岡千秋丸山雅仁川の狭霧が 深くなる つらい別れも 近くなる 見てはいけない おんなの夢は 伊豆の湯舟の 上り湯で 洗いながした 筈なのに 人目を避ければ 避けるほど 恋が身を灼く 離れ宿 湯の香移り香 静寂の中で 肩に残した 歯のあとを 指でおさえて 瞼ですがる 雨戸締めても すき間から 来てはいけない 朝が来る 駅へ行かずに いつものように 町のはずれの 踏切りで 影を追います いつまでも 
郡上恋唄郡上八幡 おんなが燃える 年に一度の 春駒おどり 旅のみやげに おまえをつれて 帰りたいよと 言った人… 逢いにいつ来る いつまた逢える もうすぐ城山 蝉しぐれ  郡上水舟 つかった産湯 男知らずが 初めて惚れた 遠く泣くよな 笛の音聴けば つらい別れが また浮かぶ… あなた恋しい いつまた逢える 胸からやつれる 恋おんな  郡上祭りの ぼんぼり灯し 水に映した 契りの宿よ 袖でなみだは 拭えるけれど 忘れられない 面影が… 逢いにいつ来る いつまた逢える もうすぐ秋風 吉田川野中さおり加藤市平徳久広司丸山雅仁郡上八幡 おんなが燃える 年に一度の 春駒おどり 旅のみやげに おまえをつれて 帰りたいよと 言った人… 逢いにいつ来る いつまた逢える もうすぐ城山 蝉しぐれ  郡上水舟 つかった産湯 男知らずが 初めて惚れた 遠く泣くよな 笛の音聴けば つらい別れが また浮かぶ… あなた恋しい いつまた逢える 胸からやつれる 恋おんな  郡上祭りの ぼんぼり灯し 水に映した 契りの宿よ 袖でなみだは 拭えるけれど 忘れられない 面影が… 逢いにいつ来る いつまた逢える もうすぐ秋風 吉田川
ゲイシャ・ワルツあなたのリードで 島田もゆれる チーク・ダンスの なやましさ みだれる裾(すそ)も はずかしうれし 芸者ワルツは 思い出ワルツ  空には三日月 お座敷帰り 恋に重たい 舞い扇 逢わなきゃよかった 今夜のあなた これが苦労の はじめでしょうか  あなたのお顔を 見たうれしさに 呑んだら酔ったわ 踊ったわ 今夜はせめて 介抱してね どうせ一緒にゃ くらせぬ身体(からだ)  気強くあきらめ 帰した夜は 更けて涙の 通り雨 遠く泣いてる 新内(しんない)流し 恋の辛さが 身にしみるのよ野中さおり西条八十古賀政男あなたのリードで 島田もゆれる チーク・ダンスの なやましさ みだれる裾(すそ)も はずかしうれし 芸者ワルツは 思い出ワルツ  空には三日月 お座敷帰り 恋に重たい 舞い扇 逢わなきゃよかった 今夜のあなた これが苦労の はじめでしょうか  あなたのお顔を 見たうれしさに 呑んだら酔ったわ 踊ったわ 今夜はせめて 介抱してね どうせ一緒にゃ くらせぬ身体(からだ)  気強くあきらめ 帰した夜は 更けて涙の 通り雨 遠く泣いてる 新内(しんない)流し 恋の辛さが 身にしみるのよ
恋路砕ける波の ざわめきは あなたの吐息か 囁きか ただ待つだけの つらい恋 無理に断ち切り 来たものを あ‥あなた 女の迷い火 チロチロ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度  書いては破く 別れ文 こぼれる未練の 涙文字 震える指が この肌が あなた欲しがる 岬宿 あ‥わたし 女の残り火 ユラユラ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度  眠れぬままに 開ける窓 闇また闇の 北の海 愛したぶんの 深さだけ 胸の痛みが また疼く あ‥あなた 女の命火 チリチリ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度野中さおり麻こよみ弦哲也桜庭伸幸砕ける波の ざわめきは あなたの吐息か 囁きか ただ待つだけの つらい恋 無理に断ち切り 来たものを あ‥あなた 女の迷い火 チロチロ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度  書いては破く 別れ文 こぼれる未練の 涙文字 震える指が この肌が あなた欲しがる 岬宿 あ‥わたし 女の残り火 ユラユラ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度  眠れぬままに 開ける窓 闇また闇の 北の海 愛したぶんの 深さだけ 胸の痛みが また疼く あ‥あなた 女の命火 チリチリ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度
故宮恋唄海を渡れば いにしえの町 おもいで連れて ひとり旅 アカシア並木 大通り あなたと過ごした 頃が舞い戻る 逢いたい 逢えない 故宮恋唄 石畳  まるで墨絵が にじんだように 遥かに霞む 昆明湖 あきらめ切れず 断ち切れず 恋しい思いが 胸をしめつける 心が淋しい 故宮恋唄 絹の雨  誰が弾くやら 胡弓の音が 泣けよとばかり 身に沁みる 離れて千里 夢はるか 焦がれる私が あなたみえますか 逢いたい 逢えない 故宮恋唄 風が舞う 野中さおりたきのえいじ弦哲也若草恵海を渡れば いにしえの町 おもいで連れて ひとり旅 アカシア並木 大通り あなたと過ごした 頃が舞い戻る 逢いたい 逢えない 故宮恋唄 石畳  まるで墨絵が にじんだように 遥かに霞む 昆明湖 あきらめ切れず 断ち切れず 恋しい思いが 胸をしめつける 心が淋しい 故宮恋唄 絹の雨  誰が弾くやら 胡弓の音が 泣けよとばかり 身に沁みる 離れて千里 夢はるか 焦がれる私が あなたみえますか 逢いたい 逢えない 故宮恋唄 風が舞う 
さいはて酒場“ダメね ダメね 私ってだめなのね…”  恥を捨てれば 恥知らず 義理を捨てれば ろくでなし 惚れたあの人 素敵に見えた こんなはずでは なかった恋よ 親のなげきを 胸で聴く 風と潮騒 さいはて酒場  家を失くした こすずめが 心細げに 枝で啼く 忘れきれない 思い出くれて どこへ去(い)ったか あの人消えた 親の小言と 冷や酒が しみてくるよな さいはて酒場  愛だ恋だと えがく夢 所詮まぼろし 夢ん中 ひとつ狂えば 真も嘘に 変わる月日の 哀しいさだめ 親は帰れと 云うだろが 帰れないのよ さいはて酒場  “ダメね ダメね 私ってダメなのね…”  船の霧笛は 里ごころ 遠いふるさと 港町 酒でいのちを けずって生きて 思い悩んだ 季節もあった 親の情けも 欲しいけど 夢は捨てない さいはて酒場野中さおり塚本さとい徳久広司丸山雅仁“ダメね ダメね 私ってだめなのね…”  恥を捨てれば 恥知らず 義理を捨てれば ろくでなし 惚れたあの人 素敵に見えた こんなはずでは なかった恋よ 親のなげきを 胸で聴く 風と潮騒 さいはて酒場  家を失くした こすずめが 心細げに 枝で啼く 忘れきれない 思い出くれて どこへ去(い)ったか あの人消えた 親の小言と 冷や酒が しみてくるよな さいはて酒場  愛だ恋だと えがく夢 所詮まぼろし 夢ん中 ひとつ狂えば 真も嘘に 変わる月日の 哀しいさだめ 親は帰れと 云うだろが 帰れないのよ さいはて酒場  “ダメね ダメね 私ってダメなのね…”  船の霧笛は 里ごころ 遠いふるさと 港町 酒でいのちを けずって生きて 思い悩んだ 季節もあった 親の情けも 欲しいけど 夢は捨てない さいはて酒場
島田のブンブン夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りごころが 騒ぎだす 今日は祇園か 先斗町 三味に太鼓に 鳴物ばやし ぬる燗ふくんで ひと節はァ  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい気分  時計の針が クルリとまわりゃ 遊びごころが 疼きだす いまごろ新地か 三ノ宮 ピアノギターに マイクを握り ワイン片手に 得意のあの歌を  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい気分  女ごころに しっぽり触れりゃ 帰したくない あ…帰れない  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい気分  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい調子野中さおり田口洋山田一平夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りごころが 騒ぎだす 今日は祇園か 先斗町 三味に太鼓に 鳴物ばやし ぬる燗ふくんで ひと節はァ  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい気分  時計の針が クルリとまわりゃ 遊びごころが 疼きだす いまごろ新地か 三ノ宮 ピアノギターに マイクを握り ワイン片手に 得意のあの歌を  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい気分  女ごころに しっぽり触れりゃ 帰したくない あ…帰れない  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい気分  誰が呼んだか 島田のブンブン 今夜もちょいと ご機嫌さん 誰が名づけた 島田のブンブン ずいぶん いい調子
三味でダンスを踊っておねがい お座敷だって あなたと踊れば すてきなクラブ ひと目見てから 好きなの好きよ うーんうーん せつないこの気持 踊って踊って 三味でダンスを  踊っておねがい 島田もとって 女はよわいの やさしいひとに 忘れられなく させてよさせて うーんうーん うれしいこの気持 踊って踊って 三味でダンスを  踊っておねがい まだよさないで ふたりになるまで こうしていてね 燃えるわたしが わかるのわかる うーんうーん 泣きたいこの気持 踊って踊って 三味でダンスを野中さおり藤間哲郎白石十四男踊っておねがい お座敷だって あなたと踊れば すてきなクラブ ひと目見てから 好きなの好きよ うーんうーん せつないこの気持 踊って踊って 三味でダンスを  踊っておねがい 島田もとって 女はよわいの やさしいひとに 忘れられなく させてよさせて うーんうーん うれしいこの気持 踊って踊って 三味でダンスを  踊っておねがい まだよさないで ふたりになるまで こうしていてね 燃えるわたしが わかるのわかる うーんうーん 泣きたいこの気持 踊って踊って 三味でダンスを
白い駅舎(えき)私も泣いて あなたも泣いて 見送る夜明けの 冬の駅舎 世間を捨てて すべてを捨てて ついて行きたい ひとなのに… 涙 涙 涙凍えて 雪になれ  いつかはつらい 別れが来ると わかっていました はじめから あなたがくれた 思い出抱いて 生きて行きます この町で… 夢も 夢も 夢も散り散り 雪が舞う  忘れて欲しい 私のことは 雪に埋める 恋ひとつ 二人の心 引き裂くように 汽笛ひと声 汽車が出る… 涙 涙 涙隠して 雪よ降れ野中さおり麻こよみ弦哲也桜庭伸幸私も泣いて あなたも泣いて 見送る夜明けの 冬の駅舎 世間を捨てて すべてを捨てて ついて行きたい ひとなのに… 涙 涙 涙凍えて 雪になれ  いつかはつらい 別れが来ると わかっていました はじめから あなたがくれた 思い出抱いて 生きて行きます この町で… 夢も 夢も 夢も散り散り 雪が舞う  忘れて欲しい 私のことは 雪に埋める 恋ひとつ 二人の心 引き裂くように 汽笛ひと声 汽車が出る… 涙 涙 涙隠して 雪よ降れ
十三夜河岸(かし)の柳の 行きずりに ふと見合せる 顔と顔 立止まり 懐しいやら 嬉しやら 青い月夜の 十三夜  夢の昔よ 別れては 面影ばかり 遠い人 話すにも 何から話す 振袖(ふりそで)を 抱いて泣きたい 十三夜  空を千鳥が 飛んでいる 今更泣いて なんとしょう さよならと こよない言葉 かけました 青い月夜の 十三夜野中さおり石松秋二長津義司河岸(かし)の柳の 行きずりに ふと見合せる 顔と顔 立止まり 懐しいやら 嬉しやら 青い月夜の 十三夜  夢の昔よ 別れては 面影ばかり 遠い人 話すにも 何から話す 振袖(ふりそで)を 抱いて泣きたい 十三夜  空を千鳥が 飛んでいる 今更泣いて なんとしょう さよならと こよない言葉 かけました 青い月夜の 十三夜
瀬戸の夕凪逢えますか この街で あなた探して 降りた駅 だるま夕陽に 抱かれて燃える 紅い 紅い 紅い海です おんな泣かせの 瀬戸の夕凪  あの日から ねぇあなた 独りぼっちの わたしです みれん奏(かな)でる 琴弾浜(ことひきはま)の 風が 風が 風が切ない なみだ降ります 瀬戸の夕凪  海鳥(うみどり)よ 伝えてよ 待って焦がれて いるよって せめても一度 お前が好きと 抱いて 抱いて 抱いて下さい あなた恋しい 瀬戸の夕凪野中さおり垣見幸伸武野良伊戸のりお逢えますか この街で あなた探して 降りた駅 だるま夕陽に 抱かれて燃える 紅い 紅い 紅い海です おんな泣かせの 瀬戸の夕凪  あの日から ねぇあなた 独りぼっちの わたしです みれん奏(かな)でる 琴弾浜(ことひきはま)の 風が 風が 風が切ない なみだ降ります 瀬戸の夕凪  海鳥(うみどり)よ 伝えてよ 待って焦がれて いるよって せめても一度 お前が好きと 抱いて 抱いて 抱いて下さい あなた恋しい 瀬戸の夕凪
宗谷海峡鴎が啼(な)いて 日暮れになって 岬はたたずむ 人影(ひと)もない ここから先は 宗谷海峡 女の旅路の 行き止まり さよならあなた お別れします やっと心が 決まったの ひとりで生きると つぶやけば 海が…海が… 海が哭(な)きます  シベリアおろし ひゅるひゅる吹いて 女のこころに 冬が来る 凍える胸で 樺太(サハリン)見つめ 明日(あした)は東京に 帰ります どんなにあなた 愛していても ふたり一緒に 暮らせない 涙で想い出 指折れば 夢が…夢が… 夢が散ります  さよならあなた お別れします やっと心が 決まったの ひとりで生きると つぶやけば 海が…海が… 海が哭(な)きます野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁鴎が啼(な)いて 日暮れになって 岬はたたずむ 人影(ひと)もない ここから先は 宗谷海峡 女の旅路の 行き止まり さよならあなた お別れします やっと心が 決まったの ひとりで生きると つぶやけば 海が…海が… 海が哭(な)きます  シベリアおろし ひゅるひゅる吹いて 女のこころに 冬が来る 凍える胸で 樺太(サハリン)見つめ 明日(あした)は東京に 帰ります どんなにあなた 愛していても ふたり一緒に 暮らせない 涙で想い出 指折れば 夢が…夢が… 夢が散ります  さよならあなた お別れします やっと心が 決まったの ひとりで生きると つぶやけば 海が…海が… 海が哭(な)きます
夕月海峡月があなたの 面影つれて 私を泣かせに 来るのです 潮風(かぜ)よ飛沫(しぶき)よ 教えてよ 恋の捨てかた 忘れかた 夕月海峡… なぜに 今更 今更 恋しがる  空は日暮れて 薄むらさきに 傷痕(きずあと)みたいな 月が出る 鴎つたえて あの人に 今もこんなに 好きですと 夕月海峡… 涙 あふれて あふれて とまらない  月をお酒に 浮かべて飲めば 願いが叶うと 言った人 未練想い出 捨てたなら 強く生きます ひとりでも 夕月海峡… 明日(あす)は 出直す 出直す 船に乗る野中さおり下地亜記子徳久広司丸山雅仁月があなたの 面影つれて 私を泣かせに 来るのです 潮風(かぜ)よ飛沫(しぶき)よ 教えてよ 恋の捨てかた 忘れかた 夕月海峡… なぜに 今更 今更 恋しがる  空は日暮れて 薄むらさきに 傷痕(きずあと)みたいな 月が出る 鴎つたえて あの人に 今もこんなに 好きですと 夕月海峡… 涙 あふれて あふれて とまらない  月をお酒に 浮かべて飲めば 願いが叶うと 言った人 未練想い出 捨てたなら 強く生きます ひとりでも 夕月海峡… 明日(あす)は 出直す 出直す 船に乗る
津軽恋人形お岩木山(いわきやま)から 紅葉の帯が 里にひろがりゃヨー 津軽の冬は もう近い 逢いたいなあ 逢いたいな あの人に 涙ぐませて 日が昏れて エーーーヤーェ  リンゴの花にネ 想いをこめて 書いて出してもヨー ちぎれた夢の 片便り 逢いたいなあ 逢いたいな あの人に 渡り鳥さえ 帰えるのに エーーーヤーェ  両親にも言えない 心の痛み せめて地蔵さんヨー やさしく抱いて 恋人形 逢いたいなあ 逢いたいな あの人に 噛んだ袂で 鈴が鳴る エーーーヤーェ 野中さおり松井由利夫弦哲也お岩木山(いわきやま)から 紅葉の帯が 里にひろがりゃヨー 津軽の冬は もう近い 逢いたいなあ 逢いたいな あの人に 涙ぐませて 日が昏れて エーーーヤーェ  リンゴの花にネ 想いをこめて 書いて出してもヨー ちぎれた夢の 片便り 逢いたいなあ 逢いたいな あの人に 渡り鳥さえ 帰えるのに エーーーヤーェ  両親にも言えない 心の痛み せめて地蔵さんヨー やさしく抱いて 恋人形 逢いたいなあ 逢いたいな あの人に 噛んだ袂で 鈴が鳴る エーーーヤーェ 
天竜下ればハー 天竜下れば ヨー ホホイノ サッサ しぶきに濡れてヨ 咲いたさつきに エー 咲いたさつきに 虹の橋 ホンニ アレハサノ 虹の橋  ハー 伊那の夕空 ヨー ホホイノ サッサ あの片しぐれヨ 明日は下りじゃ エー 明日は下りじゃ 笠ほしや ホンニ アレワサノ 笠ほしや  ハー 筏つないだ ヨー ホホイノ サッサ 藤蔓(づる)さえもヨ 切れりゃ気になる エー 切れりゃ気になる 夫婦岩(めおといわ) ホンニ アレワサノ 夫婦岩(めおといわ)野中さおり長田幹彦中山晋平ハー 天竜下れば ヨー ホホイノ サッサ しぶきに濡れてヨ 咲いたさつきに エー 咲いたさつきに 虹の橋 ホンニ アレハサノ 虹の橋  ハー 伊那の夕空 ヨー ホホイノ サッサ あの片しぐれヨ 明日は下りじゃ エー 明日は下りじゃ 笠ほしや ホンニ アレワサノ 笠ほしや  ハー 筏つないだ ヨー ホホイノ サッサ 藤蔓(づる)さえもヨ 切れりゃ気になる エー 切れりゃ気になる 夫婦岩(めおといわ) ホンニ アレワサノ 夫婦岩(めおといわ)
遠い海峡鴎おまえは 誰かを探し 哭いて飛ぶのか 夕陽の海を 戻るあてさえ ない男なのに 心 心焦がして 入船待てば 北の 北の岬は 冬真近  風の音にも 振り向く夜は 肩の震えに 口唇かむの 無理な夢なら 醒まして欲しい 泣いた 泣いた分だけ 心も痩せて 海に 海に凍つく 冬みれん  遠い海峡 ゆく船よりも 帰り信じて 待つ身は辛い いくら好きでも 離れていれば 駄目に 駄目になります 女の愛は 潮風も 潮風も涙の 冬港 野中さおり里村龍一岡千秋南郷達也鴎おまえは 誰かを探し 哭いて飛ぶのか 夕陽の海を 戻るあてさえ ない男なのに 心 心焦がして 入船待てば 北の 北の岬は 冬真近  風の音にも 振り向く夜は 肩の震えに 口唇かむの 無理な夢なら 醒まして欲しい 泣いた 泣いた分だけ 心も痩せて 海に 海に凍つく 冬みれん  遠い海峡 ゆく船よりも 帰り信じて 待つ身は辛い いくら好きでも 離れていれば 駄目に 駄目になります 女の愛は 潮風も 潮風も涙の 冬港 
度胸人生男涙を噛みしめて 怒るばかりが能じゃない 意地で生きぬくこの俺だけど 無理を通せば情けが絡む 度胸人生 あえて修羅場の道を行く  義理の為ならこの命 捨てる運命のにごり水 酒と女にゃ目がない俺も 濡れてすがれば涙がほろり 度胸人生 ないてくれるな夜の風  命張っての生きざまも 可愛いあいつがいるかぎり 何処で嵐の呼ぶ声きけど 男一文字後には退けぬ 度胸人生 義理に竿差し生きるのさ野中さおり富田洋行高野かつみ池多孝春男涙を噛みしめて 怒るばかりが能じゃない 意地で生きぬくこの俺だけど 無理を通せば情けが絡む 度胸人生 あえて修羅場の道を行く  義理の為ならこの命 捨てる運命のにごり水 酒と女にゃ目がない俺も 濡れてすがれば涙がほろり 度胸人生 ないてくれるな夜の風  命張っての生きざまも 可愛いあいつがいるかぎり 何処で嵐の呼ぶ声きけど 男一文字後には退けぬ 度胸人生 義理に竿差し生きるのさ
名瀬の恋風名瀬の港に 南風(はえ)吹く頃は はぐれ鴎も 戻るのに 波の彼方に 船かげ見えりゃ もしやもしやと 心が騒ぐ 名瀬の恋風 おんな風  またの逢瀬(おうせ)を 誓った夜を 何で忘りょか サネン花 あなた好みの 黒髪梳(す)けば 潮の匂いが 肌身に沁みる 名瀬の恋風 おんな風  待てば海路の 日和(ひより)もあるわ 逢える日がくる きっと来る 命燃やした あなたの肩に 掛けて泣きたい 大島つむぎ 名瀬の恋風 おんな風野中さおりせとさだし井上たけし伊戸のりお名瀬の港に 南風(はえ)吹く頃は はぐれ鴎も 戻るのに 波の彼方に 船かげ見えりゃ もしやもしやと 心が騒ぐ 名瀬の恋風 おんな風  またの逢瀬(おうせ)を 誓った夜を 何で忘りょか サネン花 あなた好みの 黒髪梳(す)けば 潮の匂いが 肌身に沁みる 名瀬の恋風 おんな風  待てば海路の 日和(ひより)もあるわ 逢える日がくる きっと来る 命燃やした あなたの肩に 掛けて泣きたい 大島つむぎ 名瀬の恋風 おんな風
夏雪草逢いに行(ゆ)きたい 行(い)ったら駄目と 心に私が ふたりいる 夏雪草 夏雪草… 白い花びら 日陰で咲いて それでも「しあわせ」 花 言葉 まるで私ね 似たふたり  冬が私で あなたが夏ね かじかむ寒さに 慣れてるの 夏雪草 夏雪草… 胸がこんなに 熱く燃えてる 誰にも言えない もどかしさ 夢を持たない 一年草  恋の花なら 咲きたいけれど 恋には咲けない 花もある 夏雪草 夏雪草… ふたりいっしょに 居るだけでいい こころに花が 咲いてます 枯らさないでね ねぇあなた野中さおり万城たかし徳久広司南郷達也逢いに行(ゆ)きたい 行(い)ったら駄目と 心に私が ふたりいる 夏雪草 夏雪草… 白い花びら 日陰で咲いて それでも「しあわせ」 花 言葉 まるで私ね 似たふたり  冬が私で あなたが夏ね かじかむ寒さに 慣れてるの 夏雪草 夏雪草… 胸がこんなに 熱く燃えてる 誰にも言えない もどかしさ 夢を持たない 一年草  恋の花なら 咲きたいけれど 恋には咲けない 花もある 夏雪草 夏雪草… ふたりいっしょに 居るだけでいい こころに花が 咲いてます 枯らさないでね ねぇあなた
涙じゃないわ忘れてあげる 忘れてあげる 恋は通り雨 言い訳も なぐさめも あなたも 忘れてあげる せめて灯りを消してから 背中を向けて 頬を濡らした このひとしずく 涙なんかじゃないわ  追いかけないわ 追いかけないわ みんな旅人ね 逃げてゆく 遠ざかる あなたを 追いかけないわ 痛いくらいにこの耳を ふさいでみても 夜に消えてく 足音だけが 何故か聞こえて来るの  返してあげる 返してあげる 夢はシャボン玉 思い出も 幸せも あなたに 返してあげる 淋しがりやはいつだって 強がり上手 指にこぼれた このひとしずく 涙なんかじゃないわ野中さおりやしろよう伊藤雪彦忘れてあげる 忘れてあげる 恋は通り雨 言い訳も なぐさめも あなたも 忘れてあげる せめて灯りを消してから 背中を向けて 頬を濡らした このひとしずく 涙なんかじゃないわ  追いかけないわ 追いかけないわ みんな旅人ね 逃げてゆく 遠ざかる あなたを 追いかけないわ 痛いくらいにこの耳を ふさいでみても 夜に消えてく 足音だけが 何故か聞こえて来るの  返してあげる 返してあげる 夢はシャボン玉 思い出も 幸せも あなたに 返してあげる 淋しがりやはいつだって 強がり上手 指にこぼれた このひとしずく 涙なんかじゃないわ
二度惚れ小唄花の隅田(すみだ)の 川風に 河岸(かし)の柳もネー ゆれてゆらゆら ふたり連れ 人の恋路をネー 邪魔をしたくは ないけれど したくなるよな おぼろの月に うつす俤(おもかげ) ただひとつ 女ごころの 黄八丈(きはちじょう) 帯をほどいて 欲しいのに エー きっと きっと きっと きっと きっと きっと 逢いに来て  好きと言いたい すがりたい そればできればネー 胸のつかえも おりるのに 羽(はね)を濡らしてネー 都鳥(みやこどり)さえ しっぽりと 粋(いき)で勇肌(いなせ)で ちょいとつめたくて うしろ姿が また良くて 寝てはまぼろし 夢うつつ こんな想いに させた人 エー きっと きっと きっと きっと きっと きっと 逢いに来て  どこのお人か 知らないが 野暮はおよしよネー 石を投げれば 波が立つ 土手を八丁ネー まわり道して 馬道(うまみち)へ 格子造(こうしづく)りの 二階を見れば 渋いあの声 木遣(きや)り節 わたしゃ二度惚れ 三度惚れ いつかいいこと 待乳山(まっちやま) エー きっと きっと きっと きっと きっと きっと 逢いに来て野中さおり松井由利夫岡千秋丸山雅仁花の隅田(すみだ)の 川風に 河岸(かし)の柳もネー ゆれてゆらゆら ふたり連れ 人の恋路をネー 邪魔をしたくは ないけれど したくなるよな おぼろの月に うつす俤(おもかげ) ただひとつ 女ごころの 黄八丈(きはちじょう) 帯をほどいて 欲しいのに エー きっと きっと きっと きっと きっと きっと 逢いに来て  好きと言いたい すがりたい そればできればネー 胸のつかえも おりるのに 羽(はね)を濡らしてネー 都鳥(みやこどり)さえ しっぽりと 粋(いき)で勇肌(いなせ)で ちょいとつめたくて うしろ姿が また良くて 寝てはまぼろし 夢うつつ こんな想いに させた人 エー きっと きっと きっと きっと きっと きっと 逢いに来て  どこのお人か 知らないが 野暮はおよしよネー 石を投げれば 波が立つ 土手を八丁ネー まわり道して 馬道(うまみち)へ 格子造(こうしづく)りの 二階を見れば 渋いあの声 木遣(きや)り節 わたしゃ二度惚れ 三度惚れ いつかいいこと 待乳山(まっちやま) エー きっと きっと きっと きっと きっと きっと 逢いに来て
博多川雨に打たれて 身を染める 咲いて七日の 萩の花 添えぬ運命の ふしあわせ ふしあわせ 何故に私に つきまとう あなた偲んで 泣いてます 紅も悲しい 博多川  橋のたもとに 佇めば やがて中州に 冬がくる まぶた閉じれば 写し絵に 写し絵に 浮かぶひと夜の 隠れ宿 せめても一度 抱きしめて ひとり淋しい 博多川  焦がれ泣きする その度に 傘を持つ手が 重くなる 夢の篝火 消さないで 消さないで 結び直して この縁 肌があなたを 恋しがる ついて行きたい 博多川  野中さおりたきのえいじ岡千秋石倉重信雨に打たれて 身を染める 咲いて七日の 萩の花 添えぬ運命の ふしあわせ ふしあわせ 何故に私に つきまとう あなた偲んで 泣いてます 紅も悲しい 博多川  橋のたもとに 佇めば やがて中州に 冬がくる まぶた閉じれば 写し絵に 写し絵に 浮かぶひと夜の 隠れ宿 せめても一度 抱きしめて ひとり淋しい 博多川  焦がれ泣きする その度に 傘を持つ手が 重くなる 夢の篝火 消さないで 消さないで 結び直して この縁 肌があなたを 恋しがる ついて行きたい 博多川  
陽だまり坂うしろ向いたら 雨あらし 無理に笑えば また転ぶ また転ぶ 誰も背中は 見えぬから ついてゆきます 後ろから よいしょ よいしょ よいしょと 歩きましょ 冬の木漏れ日 陽だまり坂を  石につまづく 日があれば 肩を貸してね ねぇあなた ねぇあなた なんど苦労を 背負っても 捨てはしません 夢だけは よいしょ よいしょ よいしょと 歩きましょ 風もうたた寝 陽だまり坂を  晴れてばかりの 人生じゃ 花も咲かずに 枯れるだけ 枯れるだけ 雨が降るから 虹がでる まるでふたりの 明日みち よいしょ よいしょ よいしょと 歩きましょ 待てば春くる 陽だまり坂を野中さおり万城たかし徳久広司南郷達也うしろ向いたら 雨あらし 無理に笑えば また転ぶ また転ぶ 誰も背中は 見えぬから ついてゆきます 後ろから よいしょ よいしょ よいしょと 歩きましょ 冬の木漏れ日 陽だまり坂を  石につまづく 日があれば 肩を貸してね ねぇあなた ねぇあなた なんど苦労を 背負っても 捨てはしません 夢だけは よいしょ よいしょ よいしょと 歩きましょ 風もうたた寝 陽だまり坂を  晴れてばかりの 人生じゃ 花も咲かずに 枯れるだけ 枯れるだけ 雨が降るから 虹がでる まるでふたりの 明日みち よいしょ よいしょ よいしょと 歩きましょ 待てば春くる 陽だまり坂を
火振り酒意地の火の粉は男の花だ 風はなくても花は散る 晴れた空でも雨は降る にぎり拳を卍に組んで 暴れ四万十男の川に 火の粉散らせて火振り酒  水をかぶった沈下橋も 嵐過ぎればまた浮かぶ 生きる区別を四万十川の 水の鏡にうつして燃える それがいごっそ火振り酒  意地によろけりゃ後がない 夢に迷えば明日がない 男いのちの一枚岩で 天下取る気で酔おうじゃないか 月の四万十火振り酒 野中さおり松井由利夫高野かつみ池多孝春意地の火の粉は男の花だ 風はなくても花は散る 晴れた空でも雨は降る にぎり拳を卍に組んで 暴れ四万十男の川に 火の粉散らせて火振り酒  水をかぶった沈下橋も 嵐過ぎればまた浮かぶ 生きる区別を四万十川の 水の鏡にうつして燃える それがいごっそ火振り酒  意地によろけりゃ後がない 夢に迷えば明日がない 男いのちの一枚岩で 天下取る気で酔おうじゃないか 月の四万十火振り酒 
白夜忘れてください わたしのことは 風の噂も 追わないで ひとりの旅の いで湯の宿が 今は哀しい かくれ場所 あぁ 立待月が みつめるばかり  そんなにわたしを 苦しめないで 酔えば意地(こころ)が 乱れます あなたと暮す いゝ夢ばかり 壊れそうです 女です あぁ 眠れぬまゝに しらじら朝が  歩いてゆきます 今日からひとり 強く生きます あの町で 紅葉(もみじ)に染(そ)まる おんなの宿に 今朝(けさ)は蜩(ひぐらし) 泣くばかり あぁ 相々傘も これからひとり野中さおり小金井一正弦哲也桜庭伸幸忘れてください わたしのことは 風の噂も 追わないで ひとりの旅の いで湯の宿が 今は哀しい かくれ場所 あぁ 立待月が みつめるばかり  そんなにわたしを 苦しめないで 酔えば意地(こころ)が 乱れます あなたと暮す いゝ夢ばかり 壊れそうです 女です あぁ 眠れぬまゝに しらじら朝が  歩いてゆきます 今日からひとり 強く生きます あの町で 紅葉(もみじ)に染(そ)まる おんなの宿に 今朝(けさ)は蜩(ひぐらし) 泣くばかり あぁ 相々傘も これからひとり
ふたりの港泣いて 泣いて見送る あの船は あなた奪った 憎い船 憎い船 帰してください わたしの恋を 呼べば叫べば ひゅるひゅると なぐり吹雪が アーァ 黒髪ちらす…  ふたり ふたりいてさえ 寒いのに 捨てて行かれた 雪みなと 雪みなと 帰してください 私の恋を 想いとどかぬ くやしさが 指の先から アーァ ころがり落ちる…  好きな 好きなあなたが 望むなら 髪も切ります やせもする やせもする 帰してください わたしの恋を 生きてゆけない 一人では ここは春待つ アーァ ふたりの港…野中さおり池田充男伊藤雪彦池多孝春泣いて 泣いて見送る あの船は あなた奪った 憎い船 憎い船 帰してください わたしの恋を 呼べば叫べば ひゅるひゅると なぐり吹雪が アーァ 黒髪ちらす…  ふたり ふたりいてさえ 寒いのに 捨てて行かれた 雪みなと 雪みなと 帰してください 私の恋を 想いとどかぬ くやしさが 指の先から アーァ ころがり落ちる…  好きな 好きなあなたが 望むなら 髪も切ります やせもする やせもする 帰してください わたしの恋を 生きてゆけない 一人では ここは春待つ アーァ ふたりの港…
野暮天さんうわさ雨降る あなたと私 なのに濡れずに ひとり傘 じれったいねぇ 野暮天さん 粋な小唄か 都々逸(どどいつ)で 惚(ほ)の字にさせたい 恋ごころ アー スイッチョネ  化粧なおして 紅筆ひいて 待てば啼きます 夜明け鳥 そんなもんですネー  七日逢えなきゃ この身も痩せる 夜の門前仲町(もんなか) 灯(ひ)もうるむ じれったいねぇ 野暮天さん 好いた弱みの 深情け 無理など言いたい わがままも アー スイッチョネ  逢えば嬉しや 抱いてもくれる 来ないあなたの 気がしれぬ そんなもんですネー  月も朧(おぼろ)な 隅田の川を たまの逢瀬の 屋形船 じれったいねぇ 野暮天さん 酒はほろ酔い 波にゆれ したいのあなたを 膝まくら アー スイッチョネ アー スイッチョネ野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁うわさ雨降る あなたと私 なのに濡れずに ひとり傘 じれったいねぇ 野暮天さん 粋な小唄か 都々逸(どどいつ)で 惚(ほ)の字にさせたい 恋ごころ アー スイッチョネ  化粧なおして 紅筆ひいて 待てば啼きます 夜明け鳥 そんなもんですネー  七日逢えなきゃ この身も痩せる 夜の門前仲町(もんなか) 灯(ひ)もうるむ じれったいねぇ 野暮天さん 好いた弱みの 深情け 無理など言いたい わがままも アー スイッチョネ  逢えば嬉しや 抱いてもくれる 来ないあなたの 気がしれぬ そんなもんですネー  月も朧(おぼろ)な 隅田の川を たまの逢瀬の 屋形船 じれったいねぇ 野暮天さん 酒はほろ酔い 波にゆれ したいのあなたを 膝まくら アー スイッチョネ アー スイッチョネ
雪国恋人形藍染めぼかしの 雪のれん 加賀友禅の 衿に降る 冬の金沢… おんながひとり 夢にさまよう 恋人形 汚(けが)れを知らぬ 花の我が身は 愛しい人と あぁ咲くいのち  日めくり暦は 春なのに こおろぎ橋は ぼたん雪 冬の金沢… おんながひとり 夢もおぼろな 恋人形 一途に燃える 片恋(こい)の灯りが なみだの宿で あぁ細くなる  紅がら格子に 九十九小路(つづらみち) 雪降りやまず 足袋を凍(さ)す 冬の金沢… おんながひとり 夢にはぐれた 恋人形 寒さを凌(しの)ぐ 旅の衣は 恋ひとすじの あぁこころ糸野中さおり万城たかし岡千秋池多孝春藍染めぼかしの 雪のれん 加賀友禅の 衿に降る 冬の金沢… おんながひとり 夢にさまよう 恋人形 汚(けが)れを知らぬ 花の我が身は 愛しい人と あぁ咲くいのち  日めくり暦は 春なのに こおろぎ橋は ぼたん雪 冬の金沢… おんながひとり 夢もおぼろな 恋人形 一途に燃える 片恋(こい)の灯りが なみだの宿で あぁ細くなる  紅がら格子に 九十九小路(つづらみち) 雪降りやまず 足袋を凍(さ)す 冬の金沢… おんながひとり 夢にはぐれた 恋人形 寒さを凌(しの)ぐ 旅の衣は 恋ひとすじの あぁこころ糸
雪すみれ女ごころの 切なさは たとえば冬の 北の駅 雪の花 白い花 おもいでの花 抱けばなおさら 儚いものを いつか来る春 待ちわびる ……雪すみれ  逢えるはずない 人なのに それでもすがる 恋の花 くちびるに おくれ毛に 涙の胸に 凍りついてる 花びらだから せめて咲かせて もう一度 ……雪すみれ  雪にかくれた 遠い春 ほころぶ夢の 糸ざくら 花しずく 恋しずく 心のしずく 散らせたくない 蕾のままで 想いひそかに 揺れて咲く ……雪すみれ野中さおり松井由利夫岡千秋猪股義周女ごころの 切なさは たとえば冬の 北の駅 雪の花 白い花 おもいでの花 抱けばなおさら 儚いものを いつか来る春 待ちわびる ……雪すみれ  逢えるはずない 人なのに それでもすがる 恋の花 くちびるに おくれ毛に 涙の胸に 凍りついてる 花びらだから せめて咲かせて もう一度 ……雪すみれ  雪にかくれた 遠い春 ほころぶ夢の 糸ざくら 花しずく 恋しずく 心のしずく 散らせたくない 蕾のままで 想いひそかに 揺れて咲く ……雪すみれ
湯の華慕情吹雪の夜に バスに乗り 雪山こえて いでゆの宿よ おんな心を 湯舟にそめて ぬくもりひと夜の 肌恋し 山間の雪紅葉 定山渓  湯煙り匂う 恋の華 あなたを追って 湯の街しぐれ 慕いひとすじ 頬よせあって しぐれの涙に 仮の宿 湯の華に咲いた恋 定山渓  みぞれがまじり 華が舞う 根雪も白く 流れて消える 所栓勝てない おんなの春を 淋しさあなたに 身をなげた 月明り霧に舞う 定山渓野中さおり小島哲高野かつみ池多孝春吹雪の夜に バスに乗り 雪山こえて いでゆの宿よ おんな心を 湯舟にそめて ぬくもりひと夜の 肌恋し 山間の雪紅葉 定山渓  湯煙り匂う 恋の華 あなたを追って 湯の街しぐれ 慕いひとすじ 頬よせあって しぐれの涙に 仮の宿 湯の華に咲いた恋 定山渓  みぞれがまじり 華が舞う 根雪も白く 流れて消える 所栓勝てない おんなの春を 淋しさあなたに 身をなげた 月明り霧に舞う 定山渓
夢かんざし桜吹雪が 十和田の湖(うみ)に 舞えばみちのく 故郷(こきょう)は春だ 帰ろうかなあって 思う夜(よ)は 都会の暮らしに 泣けてくる 父母(おや)も知らない やつれた胸に しのぶ津軽の あかね空  ハァ~アア… 花は咲いても 悲しいものは 人の別れと エエ…風の笛  寒さしのぎに 覚えたお酒 何度飲んだか 涙でうめて 逢いたいなあって 思う日が 瞼に吹雪いて 積もるけど 涙みやげに 帰れはしない 桜花咲く ふる里へ  淋しいなあって 思う夜(よ)は 枕にまつりの 音がする いつになったら 夜汽車に乗れる 夢を一輪 かんざしに野中さおり里村龍一岡千秋南郷達也桜吹雪が 十和田の湖(うみ)に 舞えばみちのく 故郷(こきょう)は春だ 帰ろうかなあって 思う夜(よ)は 都会の暮らしに 泣けてくる 父母(おや)も知らない やつれた胸に しのぶ津軽の あかね空  ハァ~アア… 花は咲いても 悲しいものは 人の別れと エエ…風の笛  寒さしのぎに 覚えたお酒 何度飲んだか 涙でうめて 逢いたいなあって 思う日が 瞼に吹雪いて 積もるけど 涙みやげに 帰れはしない 桜花咲く ふる里へ  淋しいなあって 思う夜(よ)は 枕にまつりの 音がする いつになったら 夜汽車に乗れる 夢を一輪 かんざしに
夜汽車は北へあなたとふたりで 帰ってゆきます おんなじ故郷(ふるさと) あの町へ 憧(あこが)れて暮らした 東京で 夢さえ掴めず 泣いてたあの夜 あなたにめぐり逢い こころを決めました さようなら街の灯(ひ)よ… 夜汽車は北へ  寒くはないかと あなたは外套(コート)を わたしに掛けるの この肩に 過ぎ去った季節の 想い出は 涙と一緒に 忘れりゃいいと やさしくいたわって 背中を抱き寄せる さようなら街の灯(ひ)よ… 夜汽車は北へ  眠れぬ車窓(まど)には 映っているのよ かわらぬ笑顔が 懐かしく 雪国の小さな 駅に着き 生まれて育った あの山河(やまかわ)と あなたの夢ひとつ ささえて生きてゆく さようなら街の灯(ひ)よ… 夜汽車は北へ野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁あなたとふたりで 帰ってゆきます おんなじ故郷(ふるさと) あの町へ 憧(あこが)れて暮らした 東京で 夢さえ掴めず 泣いてたあの夜 あなたにめぐり逢い こころを決めました さようなら街の灯(ひ)よ… 夜汽車は北へ  寒くはないかと あなたは外套(コート)を わたしに掛けるの この肩に 過ぎ去った季節の 想い出は 涙と一緒に 忘れりゃいいと やさしくいたわって 背中を抱き寄せる さようなら街の灯(ひ)よ… 夜汽車は北へ  眠れぬ車窓(まど)には 映っているのよ かわらぬ笑顔が 懐かしく 雪国の小さな 駅に着き 生まれて育った あの山河(やまかわ)と あなたの夢ひとつ ささえて生きてゆく さようなら街の灯(ひ)よ… 夜汽車は北へ
別れの桟橋あのひとの あの船を まるで隠すよに 霧が濃くなる 港町 せめて一日 あと一夜(いちや) そばで甘えて いたいのに 別れの桟橋 涙の銅鑼(どら)が鳴る  縋(すが)りたい 縋れない 恋のやるせなさ むせぶ霧笛が また泣かす 遠い旅路に 疲れたら どうぞ帰って この町に 別れの桟橋 みれんの波しぶき  倖せな 想い出が そうよ波のよに 寄せて返して 渦をまく 出来るものなら この胸に 錨(いかり)おろして 欲しかった 別れの桟橋 今夜は眠れない野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁あのひとの あの船を まるで隠すよに 霧が濃くなる 港町 せめて一日 あと一夜(いちや) そばで甘えて いたいのに 別れの桟橋 涙の銅鑼(どら)が鳴る  縋(すが)りたい 縋れない 恋のやるせなさ むせぶ霧笛が また泣かす 遠い旅路に 疲れたら どうぞ帰って この町に 別れの桟橋 みれんの波しぶき  倖せな 想い出が そうよ波のよに 寄せて返して 渦をまく 出来るものなら この胸に 錨(いかり)おろして 欲しかった 別れの桟橋 今夜は眠れない
忘れ雪寄り添うふたりの 肩に舞う 春の淡雪 牡丹雪 どんなに好きでも 愛していても 逆らえないのね 運命(さだめ)には 「さよなら言ってよ あなたから」 これが最後の 忘れ雪  この手に触れれば 溶ける雪 そんな果敢(はか)ない 恋でした この次この世に 生まれてきたら この手に抱きしめ 離さない 「今日から他人ね わたし達」 二度と逢えない 忘れ雪  ひとりで去ってく その背中 雪が後追う 縋(すが)りつく あなたを愛した 想い出あれば 明日(あした)という日に 生きられる 「幸せだったわ ありがとう」 夢が散るよな 忘れ雪野中さおり仁井谷俊也徳久広司丸山雅仁寄り添うふたりの 肩に舞う 春の淡雪 牡丹雪 どんなに好きでも 愛していても 逆らえないのね 運命(さだめ)には 「さよなら言ってよ あなたから」 これが最後の 忘れ雪  この手に触れれば 溶ける雪 そんな果敢(はか)ない 恋でした この次この世に 生まれてきたら この手に抱きしめ 離さない 「今日から他人ね わたし達」 二度と逢えない 忘れ雪  ひとりで去ってく その背中 雪が後追う 縋(すが)りつく あなたを愛した 想い出あれば 明日(あした)という日に 生きられる 「幸せだったわ ありがとう」 夢が散るよな 忘れ雪
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照