火振り酒

この曲の表示回数 6,882
歌手:

野中さおり


作詞:

松井由利夫


作曲:

高野かつみ


意地の火の粉は男の花だ
風はなくても花は散る
晴れた空でも雨は降る
にぎり拳を卍に組んで
暴れ四万十男の川に
火の粉散らせて火振り酒

水をかぶった沈下橋も
嵐過ぎればまた浮かぶ
生きる区別を四万十川の
水の鏡にうつして燃える
それがいごっそ火振り酒

意地によろけりゃ後がない
夢に迷えば明日がない
男いのちの一枚岩で
天下取る気で酔おうじゃないか
月の四万十火振り酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:火振り酒 歌手:野中さおり

野中さおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-04-05
商品番号:TKCA-70613
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP