火振り酒

野中さおり

火振り酒

作詞:松井由利夫
作曲:高野かつみ
発売日:1995/04/05
この曲の表示回数:11,769回

火振り酒
意地の火の粉は男の花だ
風はなくても花は散る
晴れた空でも雨は降る
にぎり拳を卍に組んで
暴れ四万十男の川に
火の粉散らせて火振り酒

水をかぶった沈下橋も
嵐過ぎればまた浮かぶ
生きる区別を四万十川の
水の鏡にうつして燃える
それがいごっそ火振り酒

意地によろけりゃ後がない
夢に迷えば明日がない
男いのちの一枚岩で
天下取る気で酔おうじゃないか
月の四万十火振り酒

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 9:30

  1. あなたが離れない

    PAMELAH

  2. うっせぇわ

    Ado

  3. 抱きしめて Destiny

    岡本夏生

  4. VENUS

    真璃子

  5. 愛を知るまでは

    あいみょん

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成