郡上恋唄

この曲の表示回数 22,563
歌手:

野中さおり


作詞:

加藤市平


作曲:

徳久広司


郡上八幡 おんなが燃える
年に一度の 春駒おどり
旅のみやげに おまえをつれて
帰りたいよと 言った人…
逢いにいつ来る いつまた逢える
もうすぐ城山 蝉しぐれ

郡上水舟 つかった産湯
男知らずが 初めて惚れた
遠く泣くよな 笛の音聴けば
つらい別れが また浮かぶ…
あなた恋しい いつまた逢える
胸からやつれる 恋おんな

郡上祭りの ぼんぼり灯し
水に映した 契りの宿よ
袖でなみだは 拭えるけれど
忘れられない 面影が…
逢いにいつ来る いつまた逢える
もうすぐ秋風 吉田川
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:郡上恋唄 歌手:野中さおり

野中さおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/07/26
商品番号:TKCA-90128
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP