海峡

この曲の表示回数 6,602
歌手:

野中さおり


作詞:

星野哲郎


作曲:

弦哲也


死ぬか生きるか 沈むか浮くか
崖を背にした 女がひとり
渦で占う 人生は
北へ進めと しぶきも叫ぶ

来いと言われた わけでもないが
潮の香りは 男の匂い
胸に切ない 海峡の
風は女を また吸い寄せる

泣くか笑うか 祈るか待つか
暗い波間に 女はひとり
なげたコインに しあわせを
賭けて求めて 海峡わたる

汽笛ならして 行き交う船に
乗せた運命を 悔みはしない
結ぶすべなく すれちがう
愛も涙に 咲く花だから

来いと呼ばれた わけでもないが
潮の香りは 男の匂い
胸に切ない 海峡の
風は女を また吸い寄せる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡 歌手:野中さおり

野中さおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-27
商品番号:TKDA-72221
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP