ゆきずりの花

この曲の表示回数 20,023
歌手:

徳久広司


作詞:

徳久広司


作曲:

徳久広司


旅の途中の駅裏酒場
堤灯がぼんやりともる頃
女がひとりで手酌酒手酌酒
ヒュルヒュルと風にまかれて
鳴いているよな縄のれん
理由がありそな横顔が
心ゆするよゆきずりの花

銚子並べてため息まじり
けだるい仕草でほつれ毛を
女は手櫛で掻き上げる掻き上げる
カタカタと窓打つ音が
胸のすき間に沁みてくる
遠く別れたあの女を
想い出させるゆきずりの花

ユラユラと間わず語らず
時を忘れて酔いしれる
一夜泊りでいたものを
旅を遅らすゆきずりの花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ゆきずりの花 歌手:徳久広司

徳久広司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP