歌詞を

ヘルプ

吉川静夫作詞の歌詞一覧リスト

86 曲中 1-86 曲を表示
2019年10月18日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
女のためいき前川清吉川静夫猪俣公章死んでもお前を離しはしない
島のブルース野村美菜吉川静夫渡久地政信奄美なちかしや蘇鉄のかげで
青春のパラダイス東京大衆歌謡楽団吉川静夫福島正二晴れやかな君の笑顔やさしく
ひとり酒場で細川たかし吉川静夫猪俣公章ひろい東京にただ一人泣いて
島のブルース水森かおり吉川静夫渡久地政信奄美なちかしゃ蘇鉄のかげで
十九の春神楽坂浮子吉川静夫清水保雄好いちゃいけない好かれない
札幌シャンソン竹山逸郎・服部富子吉川静夫服部良一青い封筒の鈴蘭栞秘めて懐かし
銀座物語黒沢明とロス・プリモス吉川静夫平川浪竜西も東も銀座は銀座
ひとり酒場で八代亜紀吉川静夫猪俣公章ひろい東京にただ一人泣いて
池袋の夜八代亜紀吉川静夫渡久地政信あなたに逢えぬ悲しさに
運河のある町鶴田浩二吉川静夫利根一郎夜の悪魔が忘れたような
東京ブルース鶴田浩二吉川静夫吉田正酒場横丁を横目で抜けりゃ
流れの旅路清水博正吉川静夫上原げんと紅いマフラーをいつまで振って
落葉しぐれ三山ひろし吉川静夫吉田正旅の落葉がしぐれに濡れて
池袋の夜水森かおり吉川静夫渡久地政信あなたに逢えぬ悲しさに
女のためいき森進一吉川静夫猪俣公章死んでもお前を離しはしない
初めての出航曽根史郎吉川静夫豊田一雄今日は嬉しい出航日海は
看板娘の花子さん曽根史郎吉川静夫豊田一雄花子さん花子さん年は十八
夕焼け地蔵さん曽根史郎吉川静夫吉田正泣いて泣かせてそれきり逢えぬ
夕月船頭さん曽根史郎吉川静夫豊田一雄葦の葉陰のよりきり泣くじゃない
僕の東京地図曽根史郎吉川静夫吉田正赤い灯も青い灯も夜霧の中に
グッド・バイ東京曽根史郎吉川静夫吉田正あの娘と泣いたあの街も
淡路の千鳥曽根史郎吉川静夫吉田正波にゆられて水藻にすがり
キャラバン哀歌曽根史郎吉川静夫利根一郎遠い喇麻塔の灯が見える
異国に祈る竹山逸郎吉川静夫吉田正雪の曠野の空に呼ぶ
泣くなタムタム竹山逸郎吉川静夫松井八郎街の灯り街の霧濡れて哀し
国境の船唄竹山逸郎吉川静夫吉田正磯の千鳥か身は浮舟の
国境に咲く花竹山逸郎吉川静夫松井八郎鈴の音たよりに越える国境よ
ロマンス航路竹山逸郎・平野愛子吉川静夫中山晋平霧にかくれる東京の空に別れ
津軽夜曲古都清乃吉川静夫吉田正あなたの熱いおもいでが
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
島のブルース青江三奈吉川静夫渡久地政信奄美なちかしゃ蘇鉄のかげで
小樽の灯青江三奈吉川静夫渡久地政信暗いこの世を手さぐりで
ああ洞爺丸渡辺はま子吉川静夫清水保雄あらしのなかに泣き叫ぶ
愛染月夜渡辺はま子・宇都美清吉川静夫吉田正花のいろさえさみしい春に
お俊恋唄島津亜矢吉川静夫佐々木俊一女は恋に生きるもの憎らしい
後追い三味線島津亜矢吉川静夫吉田正負けるものかと云いながら
お俊恋唄榎本美佐江吉川静夫佐々木俊一忍び泣きしてからだもやせて
流れの旅路橋幸夫吉川静夫上原げんと紅いマフラーをいつまで振って
流れの船唄橋幸夫吉川静夫吉田正葦の葉かげによしきり鳴いて
青春のパラダイス岡晴夫吉川静夫福島正二晴れやかな君の笑顔やさしく
追分月夜三門順子吉川静夫草笛圭三江差恋しや追分月夜
わかれ酒三沢あけみ吉川静夫渡久地政信女の歓喜
島のブルース三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ吉川静夫渡久地政信奄美なちかしゃ蘇鉄のかげで
東京シャンソン岡晴夫吉川静夫上原げんとあの娘スターかニュー・フェイス
流れの旅路津村謙吉川静夫上原げんと紅いマフラーをいつまで振って
釧路の駅でさようなら水森かおり吉川静夫豊田一雄いつも貴女がつけていた
後追い三味線野中さおり吉川静夫吉田正後を追うなと薄情がらす
女の岬森進一吉川静夫猪俣公章恋のつらさに泣くよりも
雨の郷愁松島詩子吉川静夫山口俊郎雨が静かに降る宵は青いオーム
潮来育ち古都清乃吉川静夫吉田正橋のたもとの茶山花の
初恋笠古都清乃吉川静夫吉田正あなたひとりに情立て通し
恋のかぞえ唄古都清乃吉川静夫吉田正一つ一目で相惚れて二つ
佐渡育ち古都清乃吉川静夫吉田正島のつばきとこのわたし紅く
雨の道頓堀古都清乃吉川静夫吉田正あんたとわてが泣くさかい
長良川夜曲古都清乃吉川静夫吉田正死ぬも生きるもいっしょにと
和歌山ブルース古都清乃吉川静夫吉田正逢いたい見たいすがりたい
新潟ブルース古都清乃・三島一郎吉川静夫吉田正青い柳も赤い灯も
おばこマドロス野村雪子吉川静夫吉田正赤いジャケツに潮かぜうけて
そろばんチャチャチャトニー谷吉川静夫大村能章ソロバンパチパチはじいちゃ
落葉しぐれ五木ひろし吉川静夫吉田正旅の落葉がしぐれに濡れて
後追い三味線榎本美佐江吉川静夫吉田正後を追うなと薄情がらす
島のブルース田端義夫吉川静夫渡久地政信奄美なちかしゃ蘇鉄のかげで
長崎の夜金沢明子吉川静夫渡久地政信雨がそぼ降るオランダ坂を
落葉しぐれ三浦洸一吉川静夫吉田正旅の落葉がしぐれに濡れて
釧路の駅でさようなら三浦洸一吉川静夫豊田一雄いつも貴女がつけていた
さすらいの恋唄三浦洸一吉川静夫吉田正星のない夜はしみじみ哀し
国境のバラライカ竹山逸郎吉川静夫松井八郎バラライカあゝバラライカ
流れの船唄竹山逸郎吉川静夫吉田正葦の葉かげによしきり鳴いて
熱き泪を竹山逸郎吉川静夫東辰三散りゆく花にくれないの
霧の中の女平野愛子吉川静夫吉田正霧にかくれていつまでも
サラリーマン悲歌森繁久彌吉川静夫松井八郎一人手酌の屋台の酒に
石松道中唄森繁久彌吉川静夫松井八郎肩で飲み屋の暖簾を分けりゃ
池袋の夜青江三奈吉川静夫渡久地政信あなたに逢えぬ悲しさに
長崎ブルース青江三奈吉川静夫渡久地政信逢えば別れがこんなにつらい
おばこ船頭さん野村雪子吉川静夫吉田正おばこナーおばこ船頭さんは
花の十九よ さようなら藤本二三代吉川静夫吉田正雨が降る降る湖畔の道で
串本育ち古都清乃吉川静夫吉田正潮の岬は男の岬
女の波止場森進一吉川静夫猪俣公章別れはしないはなれない
ひとり酒場で森進一吉川静夫猪俣公章ひろい東京にただ一人
天龍育ち古都清乃吉川静夫吉田正あなたに逢えたうれしさに
若狭夜曲古都清乃吉川静夫千葉毅白い小さな風蘭の花が咲いて
すっとび野郎橋幸夫吉川静夫平川浪竜すっ飛びすっ飛びすっ飛び
おとこ花おんな花三沢あけみ吉川静夫遠藤実あなた命と決めてから
長崎未練青江三奈吉川静夫渡久地政信恋がもたらした女のこころ
花のロマンス航路曽根史郎吉川静夫利根一郎赤い花束こころに抱いて
神戸の夜森進一吉川静夫猪俣公章あなたとわたしを逢わせてくれた