夕焼け地蔵さん

この曲の表示回数 13,270
歌手:

曽根史郎


作詞:

吉川静夫


作曲:

吉田正


泣いて泣かせて それきり逢えぬ
あの娘はお嫁に いったろか
花の廿才もヨー もうすぐ過ぎる
俺もお前も 他国の生まれ
せめて偲ぼか あの頃を。

赤い夕焼け 紅がらとんぼ
泣き虫地蔵さんに なぜとまる
遠い東京にヨー 達者でいるか
便りぐらいは 呉れてもよかろ
上り汽車見りゃ なおつらい。

一羽はぐれて 旅して帰る
雁(かり)よ故郷が 恋しかろ
林檎色づきゃヨー また想い出す
つらい別れの 段々畠
涙いろした 月が出る。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕焼け地蔵さん 歌手:曽根史郎

曽根史郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-04-27
商品番号:VICL-63732
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP