試聴する

化石の荒野

この曲の表示回数 1,609
歌手:

しばたはつみ


作詞:

阿久悠


作曲:

萩田光雄


さめた男の胸板に
耳をあてれば聴こえて来る
すすり泣くような北風と
獣(けもの)のうなり

人は化石の街に住み
愛の欠片(かけら)を探している
時の魔術師にだまされて
心を開いて

remember 愛は血を流す
remember そんな日もあった
肌のぬくもりだけ
それだけを信じた日々が

暗い瞳に揺れ動く
白い翼の鳥の群れは
何に驚いてとび立つか
灰色の空へ

remember 愛は血を流す
remember そんな日もあった
春が訪れたと
ときめいて くちづけた日が

背中合せに眠るのは
胸がつめたく思えるから
朝のまぶしさを待ちわびて
夢さえ忘れる

人は化石の街に住み
愛の欠片(かけら)を探している
時の魔術師にだまされて
心を開いて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:化石の荒野 歌手:しばたはつみ

しばたはつみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-15
商品番号:UPCY-7141
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP