釧路の駅でさようなら

この曲の表示回数 12,903
歌手:

水森かおり


作詞:

吉川静夫


作曲:

豊田一雄


いつも貴女(あなた)が つけていた
口紅いろの 赤い灯が
晩歌の街に 滲む頃
霧笛の音も 泣くような
釧路の駅でさようなら
ああ さようなら

なみださしぐみ 振り返る
アカシヤ並木 花がちる
いつまた逢える 君なのか
手と手をかたく 握りしめ
釧路の駅でさようなら
ああ さようなら

さらば無事でと 身を寄せる
二人をはなす 夜の汽車
いのちの炎 燃やしつつ
海ある町よ さいはての
釧路の駅でさようなら
ああ さようなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:釧路の駅でさようなら 歌手:水森かおり

水森かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-27
商品番号:TKCA-73030
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP