ひとり薩摩路

この曲の表示回数 77,657
歌手:

水森かおり


作詞:

下地亜記子


作曲:

弦哲也


春は桜の 薩摩路を
行けば涙が こぼれます
あなたを忘れる 旅なのに
いつまで未練に 泣くのでしょうか…
ここは 出水の 鶴の里
頬を濡らして 雨が降る

待つか奪うか 別れるか
雲の流れに 聞いてみる
心にしまった 恋ならば
誰にも邪魔など されないでしょう…
ひとり 指宿 枕崎
波が想い出 つれてくる

秋は紅葉の 薩摩路へ
ふたり旅する はずでした
うしろを見ないで 歩いたら
私の明日に 逢えるでしょうか…
日暮れ 鹿児島 桜島
あなた恋しと 風が泣く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり薩摩路 歌手:水森かおり

水森かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-04
商品番号:TKCA-90200
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP