下地亜記子作詞の歌詞一覧リスト  218曲中 1-218曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
218曲中 1-218曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
きずな酒八神舞子八神舞子下地亜記子桧原さとし猪股義周私あなたの 影法師 そばに寄り添い 生きてきた 憂世七坂 七曲り ついてゆきます つらくても ほほえみで……ほほえみで ほろり酔いたい きずな酒  何もいらない これ以上 あなた元気で あればいい つらい時には 飲みましょう ぬくもりが……ぬくもりが ほろり嬉しい きずな酒  もしも次の世 出会っても 共に生きたい もう一度 支えられたり 支えたり 夢をあなたと 育てたい 春風に……春風に ほろり吹かれて きずな酒
ふるさと太鼓大江裕大江裕下地亜記子原譲二南郷達也天に届けよ ふるさと太鼓 バチが火を吹く 汗が飛ぶ 明日(あす)へ踏み出す 祭りだよ 日本列島 北から南 祈る幸せ 末広(すえひろ)に  男魂(いのち)の ふるさと太鼓 聞けば力が 湧いてくる 苦労涙を はねのけて 日本列島 四季折々に 愛と笑顔の 花よ咲け  どんと響けよ ふるさと太鼓 大漁豊作 願い打ち 夢だ元気だ 根性だ 日本列島 津々浦々に 未来(あす)に希望(のぞみ)の 虹が出る
なみだの純情北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也南郷達也どこの誰にも 渡しはしない 別れる時は 死ぬ時よ いつも隣(となり)に いさせてね 胸のほころび 縫(ぬ)わせてね 灰になるまで 枯れるまで なみだの純情 ついてゆく  嬉し涙も この世にあると 教えてくれた あなたです 苦労ばかりの 明日(あした)でも いいの泣かない 悔やまない 灰になるまで 枯れるまで なみだの純情 ついてゆく  髪のひと筋 指先までも あなたにあげた 女です 心ささえて 夢抱いて 愛をつらぬき 生きてゆく 灰になるまで 枯れるまで なみだの純情 ついてゆく
令和・風流屋形船島津悦子島津悦子下地亜記子弦哲也南郷達也ハァー 粋でいなせな あなたに惚れて 情け深川 熱い仲 野暮は言うまい 流れのままに 恋は櫓(ろ)まかせ 櫂(かい)まかせ 春は桜に 夏花火 秋は時雨に 冬の月 エェ… 屋形船とは 屋形船とは 風流だね  ハァー 稽古帰りの 川端やなぎ つのる逢いたさ 恋衣 人目しのんで 夜道をかけりゃ からむ裳裾(もすそ)が 邪魔をする 春は桜に 夏花火 秋は時雨に 冬の月 エェ… 屋形船とは 屋形船とは 風流だね  ハァー 心うばった あなたが憎い 夢を見させて なお憎い 別れ惜しめば 夜風が沁みる 頬(ほほ)に名残の ほつれ髪 春は桜に 夏花火 秋は時雨に 冬の月 エェ… 屋形船とは 屋形船とは 風流だね
夢一筋島津悦子島津悦子下地亜記子山崎剛昭南郷達也夢のためなら 我慢もできる 夢のためなら 耐えてもいける 人と生まれて きたからは 飛ばなきゃならない 空がある 燃えて行(ゆ)け行(ゆ)け 燃えて行け行け 夢一筋に  夢があるから また起き上がる 夢があるから くじけはしない 転ぶそのつど でっかくなる 根性試練の 雪だるま 賭けてぶつかれ 賭けてぶつかれ 夢一筋に  夢はかならず この手で掴む 夢はかならず 叶えてみせる 茨道だと わかっていても 行(ゆ)かなきゃならない 明日がある 退くな止まるな 退くな止まるな 夢一筋に
男富士鏡五郎鏡五郎下地亜記子山崎剛昭南郷達也富士のお山と 約束したぜ 俺もなるんだ 日本(にっぽん)一に 骨が折れよと 身が裂かれよと 放すもんかよ この夢は 峰の白雪 光り輝く 男富士  胸をたたけば ホコリもでるが 嘘や遊びで 女は抱かぬ 惚れたおまえを しっかり守り 明日(あす)はこの手で 春を呼ぶ 夕陽真っ赤に 命燃え立つ 男富士  雪は流れて 大河となって 人はもまれて 希望(のぞみ)を咲かす 腹で泣いても 弱音は吐かぬ いつか大きな 鷹(たか)になる 雄姿(ゆうし)凜(りん)りん 空にそびえる 男富士
命つきるとも美月はるか美月はるか下地亜記子徳久広司矢野立美海峡(うみ)を渡れます 宇宙(そら)さえ飛べるのよ あなた奇跡を 信じられますか たとえば引き裂かれ 離れ離れでも 心すぐそばに いつも感じるの 女の恋は 涙とひきかえ だけど女に 生まれたことを 悲しいなんて 思わない こんなにも 幸せだから FOREVER FOREVER 命つきるとも FOREVER FOREVER 愛は永遠(とこしえ)に  満ちては欠けてゆく 欠けてはまた満つる 月の輪廻(りんね)の めぐる不思議さよ たとえばもう一度 生まれ変わっても きっと出逢えるわ きっと見つけてね こんなに辛い 哀しい恋でも 私あなたを 愛したことを 不幸だなんて 思わない 何度でも めぐり逢いたい FOREVER FOREVER 命つきるとも FOREVER FOREVER 愛は永遠(とこしえ)に  FOREVER FOREVER 愛は永遠(とこしえ)に
大和路真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明「空蝉(うつせみ)のあはれ写(うつ)せし水桶(みずおけ)は 揺(ゆ)るる恋唄(こいうた)とほく響きて」  山(やま)の辺(べ)の道 空青く 緑の苔むす 秋篠寺(あきしのでら) あなた忘れの 旅なのに ついてくるのね 想い出が 故郷(ふるさと)じゃないのに 大和路は 哀しい時に 来たくなる  さえずる鳥も 野の花も 茶店ののれんも 暖かい 揺れる川面に 浮かぶ顔 そっと消します 手を入れて 故郷(ふるさと)じゃないのに 大和路は 瀬音が母の 声になる  飛鳥(あすか)の里の 碑(いしぶみ)に 刻んだ恋歌 身に沁みる 花の淋しさ はかなさが わかる女に なりました 故郷(ふるさと)じゃないのに 大和路は 涙を捨てに 来たくなる
わすれ酒中村美律子中村美律子下地亜記子岡千秋南郷達也未練心は 涙で流す 恋の傷あと お酒でふさぐ 酔って酔って酔いしれ 夜空を見れば 浮かぶあなたの あの笑顔 ひとり酒 みれん酒 あぁ…わすれ酒  せめて人並み ぬくもりひとつ あれば他には 望まぬものを どうせどうせ遊びの 恋ならあなた なぜに酔わせた 惚れさせた ひとり酒 みれん酒 あぁ…わすれ酒  女ひとりが 生きてくつらさ 男なんかに 判りはしない 夢の夢の中では 優しいあなた 胸に抱かれて 眠りたい ひとり酒 みれん酒 あぁ…わすれ酒
ふるさと太鼓北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二伊戸のりお天に届けよ ふるさと太鼓 バチが火を吹く 汗が飛ぶ 明日(あす)へ踏み出す 祭りだよ 日本列島 北から南 祈る幸せ 末広(すえひろ)に  男魂(いのち)の ふるさと太鼓 聞けば力が 湧いてくる 苦労涙を はねのけて 日本列島 四季折々に 愛と笑顔の 花よ咲け  どんと響けよ ふるさと太鼓 大漁豊作 願い打ち 夢だ元気だ 根性だ 日本列島 津々浦々に 未来(あす)に希望(のぞみ)の 虹が出る
伊豆しぐれ北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也南郷達也胸の中まで 瀬音を立てて 泣いて流れる おんな川 消えたあの人 追いかけて さがせば未練の 水しぶき 天城(あまぎ) 湯ヶ島(ゆがしま)… 肌に 肌に冷たい あぁ…伊豆しぐれ  旅の酒場の 盛り塩さえも 軒(のき)のしずくに 溶けてゆく 夢も小さな 倖せも 幻みたいに 消えてゆく 河津(かわづ) 修善寺(しゅぜんじ)… 泣いて 泣いているよな あぁ…伊豆しぐれ  好きになったら 戻れはしない 抱いて下さい もう一度 差(さ)して重たい なみだ傘 回せば想い出 また疼(うず)く 下田(しもだ) 松崎(まつざき)… うしろ うしろ髪ひく あぁ…伊豆しぐれ
夫婦桜鏡五郎鏡五郎下地亜記子山崎剛昭南郷達也大寒(おおさむ)小寒(こさむ)の 冬の日も 暦(こよみ)の先には 春がある 負けたり泣いたり 転(ころ)んだり いろいろあるけど ええやないか おまえと二人で 夫婦桜を 咲かそうな  「愚痴(ぐち)も云わんと ようここまでついてきてくれたな 今は感謝 感謝や ありがとうな」  哀しい過去なら 二つ三つ 誰もが心に 抱いている 傷あと優しく いたわって 信じて生きれば ええやないか 今夜は飲もうな 夫婦桜も 春支度(はるじたく)  散る花 咲く花 枯れる花 明日は明日の 風が吹く やるだけやったら その後は 運命(さだめ)にまかせりゃ ええやないか おまえと歩こう 夫婦桜の 咲く道を
じょんがら挽歌氷川きよし氷川きよし下地亜記子宮下健治丸山雅仁船も見えない 鴎も飛ばぬ 波は砕けて しぶき飛ぶ すすり泣くのは 未練か夢か ぐずる海鳴り じょんがらか 風 風 風 風 風よ吹け 風花 風舞い 風波 おまえが 呼んでいる 今も好きだよ 死ぬほど好きさ 男じょんがら 風挽歌  無駄にさせたね 女の春を 詫びて済むよな ことじゃない ひとり酒場で 地酒をあおり 胸のじょんがら ひとり聞く 雪 雪 雪 雪 雪よ降れ 雪雲 雪空 雪暗(ぐ)れ おまえが 遠くなる 涙投げつけ 恨んでおくれ 男 身を引く 雪挽歌  雪 雪 雪 雪 雪よ降れ 雪雲 雪空 雪暗(ぐ)れ おまえが 遠くなる 命震える 想い出凍る 男じょんがら 雪挽歌
バイオレットムーン北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子花岡優平猪股義周誰を恨(うら)んでも 仕方ないじゃない 季節が少し 変わっただけね いくら磨(みが)いても そうよこの恋は ダイヤになんか なれやしないわ 遠ざかる あなたの背中 もう他の女(ひと) さがしているわ  バイオレットムーン 哀しみ色に バイオレットムーン 心染める バイオレットムーン せめて優しく バイオレットムーン 私を包んで  赤いヒール脱(ぬ)ぎ 歩くアスファルト 都会の孤独 体に沁(し)みる 涙流すには とっておきの場所 ホテルのプールサイド 浮かぶ満月 サヨナラの 一言だけで もう他の場所 振り向きもせず  バイオレットムーン 哀しみ色に バイオレットムーン 心染める バイオレットムーン せめて優しく バイオレットムーン 私を包んで  バイオレットムーン せめて優しく バイオレットムーン 私を包んで
涙に抱かれて石原詢子石原詢子下地亜記子徳久広司南郷達也二度と恋など 出来ない程に 傷あと残して 消えてゆく人 男は空ゆく 鳥のよに 自由に飛び立つ 振り向きもせず 泣きましょう 泣きましょう 涙で想い出 流すまで 泣きましょう 泣きましょう 涙に抱かれて 眠るまで  命いちずに 信じていたの 優しい約束 甘いくちづけ 愛などうたかた 夢なんて 男と女は せつないものね 飲みましょう 飲みましょう お酒で哀しみ 流すまで 飲みましょう 飲みましょう お酒に抱かれて 眠るまで  泣きましょう 泣きましょう 涙に抱かれて 眠るまで 飲みましょう 飲みましょう お酒に抱かれて 眠るまで 
若狭の海八木裕子八木裕子下地亜記子徳久広司石倉重信罪な恋です 地獄を見ても いいえ泣かない 悔やまない あなたひとりの ためだけに 生きているよな 女です くいなく生きたい どこまでも 若狭哀しい 日本海  胸に抱かれて 優しくされりゃ みんな忘れる 苦労など 通う情けの しのび酒 白い水仙 揺れて咲く あなた恋しと 泣く海が 若狭せつない 日本海  せめて今夜は 楽しい夢を 見せて下さい 夜明けまで いくら逢瀬(おうせ)を 重ねても 添えるあてない やるせなさ あなたひとすじ いつまでも 若狭淋しい 日本海
回り舞台さ人生は八木裕子八木裕子下地亜記子徳久広司石倉重信よい日 悪い日 くりかえし 浮世からくり 夢芝居 今日は雨でも 嵐でも いつか陽のさす 春が来る まわって まわって まわって まわって 回り舞台さ アンアアンアンアン 人生は  他人(ひと)の倖せ 妬(ねた)んでも 飛んでこないわ 青い鳥 胸の弱気を 振り切って 決めたこの道 まっしぐら まわって まわって まわって まわって 回り舞台さ アンアアンアンアン 人生は  苦労我慢の 積み重ね 夢は涙で 磨かれる 待てば大きな 花が咲く きっと出番の 幕が開く まわって まわって まわって まわって 回り舞台さ アンアアンアンアン 人生は
夢花火花咲里佳花咲里佳下地亜記子乙田修三鈴木英明男度胸は 誰にも負けぬ どんと当たれば 飛ぶ火の粉 命真っ赤に 燃やした男(ひと)に 惚れて尽くして ついて行く あなた…あなた… 夜空を焦がした 夢花火  泣いちゃ駄目だと 叱ってくれて 涙ぬぐって くれる男(ひと) すがる背中が 情けが熱い 離さないでね いつまでも あなた…あなた… 二人で見上げる 夢花火  男一途(いちず)の 夢打ち上げて いつかこの世の 華(はな)になる 胸に抱いた 望みが叶う 春が来ますね きっと来る あなた…あなた… 夜空を彩(いろど)る 夢花火
歌あればこそ花咲里佳花咲里佳下地亜記子乙田修三鈴木英明桜舞い散る 花の春 恋に出逢って 燃えた夏 生きるつらさを 知った秋 夢にはぐれた 寒い冬 泣いたり笑ったり 迷ったり 振りかえれば でこぼこ道ばかり 歌あればこそ 哀しみも 歌あればこそ 耐えられた 歌あればこそ 私は生きる 明日に愛をこめて……  涙降る日も 雪の日も 歌い続けて きた私 熱いまなざし 優しさで いつも支えて くれた人 あなたがいる限り いつまでも 命燃やし この道ひとすじに 歌あればこそ ふれ合えた 歌あればこそ この歓(よろこ)び 歌あればこそ 私は生きる 明日に愛をこめて…… 歌あればこそ 私は生きる 明日に愛をこめて……
夜明けのチャチャチャ真木柚布子真木柚布子下地亜記子樋口義高吉川さくら懲りないものね 男の人は すぐに大空 飛びたがるの チャチャチャ ねぇ 今夜は朝まで あなた 踊り明かしましょうね いつか旅に飽きたら きっと帰って 来てよ いやよ いやよ いやよ 強く 強く 抱いて 哀しい夜明けが もうすぐやってくるわ チャチャチャ  私がいつも 待ってることを どうぞお願い 忘れないで チャチャチャ ねぇ今夜は 酔わせて 瞳とじて 踊っていたい 愛しながら 別れる 恋は罪な まぼろし いやよ いやよ いやよ 強く 強く 抱いて 哀しい夜明けが もうすぐやってくるわ チャチャチャ  ねぇ今夜は 優しく 涙そっと拭(ぬぐ)って欲しい 他の女(ひと)に 飽きたら すぐに戻って きてよ いやよ いやよ いやよ 強く 強く 抱いて 哀しい夜明けが もうすぐやってくるわ チャチャチャ
夕紅海峡真木柚布子真木柚布子下地亜記子大戸ひろし吉川さくら空よ海よ 潮風よ 忘れさせてよ あの人を 想い出捨てに 来たはずが 涙をひろう 北の旅 夕陽かなしく 未練に染まる 夕紅海峡  空よ海よ 潮風よ 噂だけでも 届けてよ 男は鴎 きまま鳥 女は赤い 曼珠沙華(まんじゅしゃか) しぶき舞い散る 女ひとりの 夕紅海峡  空よ海よ 潮風よ どうか逢わせて あの人に 日暮れの岬 あかね雲 淋しさばかり つのります あなた恋しい 追って行きたい 夕紅海峡
揚羽蝶花咲ゆき美花咲ゆき美下地亜記子弦哲也川村栄二灯(あか)り落せば 枕辺(まくらべ)で 白い吐息が 蝶になる 倖せもどきの 熱い日は 夢幻(ゆめ)か現(うつつ)か うたかたか 逢いたいよ…恋しいよ… 淋しいよ… 私(あたし)なみだの 私なみだの 揚羽蝶  そばにあなたが いなければ どうせ死んだも 同じこと この世も命も 惜しくない 追って行きたい 人でした 逢いたいよ…恋しいよ… 淋しいよ… 私なみだの 私なみだの 揚羽蝶  女心の 奥の奥 燃える情念(おもい)の 夜叉(やしゃ)が住む ぬくもり欲しがる 未練火が あなたさがして 宙(ちゅう)に舞う 逢いたいよ…恋しいよ… 淋しいよ… 私なみだの 私なみだの 揚羽蝶 私なみだの 私なみだの 揚羽蝶
愛の不死鳥北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子花岡優平猪股義周哀しみ溢れたら 泣けばいい 涙はいつの日か 乾くはず 冷たい氷雨に 翼 打たれても 嘆きの矢じりが 翼 射抜いても 不死鳥よ 振り向かず 甦れ 舞い上がれ 心に愛と 歌と 夢がある限り 不死鳥よ 大空に高く翔べ  哀しいことばかり 続かない 楽しいことばかり 続かない 明日を信じて 笑顔 なくさずに 季節はめぐって やがて 春が来る 不死鳥よ 赤々と 火のように 鮮やかに 心に愛と 歌と 夢がある限り 不死鳥よ 大空に燃えて翔べ  不死鳥よ 振り向かず 甦れ 舞い上がれ 心に愛と 歌と 夢がある限り 不死鳥よ 大空に高く翔べ
だめな私梓夕子梓夕子下地亜記子宮路オサム山口順一郎そして別れ そして涙 そして悲しく 洗い髪に冷たい あなたの噂 骨のずいまで しみてる愛を 忘れることなど できないわ あぁ あなたなしでは あなたなしでは だめなだめな だめなだめな だめな私  そして一人 そして未練 そして想い出 明日は何を支えに 生きればいいの 夢を見させて 優しい夢を ぬくもり欲しがる 胸の傷 あぁ あなたなしでは あなたなしでは 生きて生きて 生きてゆけない だめな私  そして小雨 そして飲んで そして淋しく 枕もとのお酒に すがって泣くの 恋のいた手を いじめるように 夜風が小窓を たたく夜 あぁ あなたなしでは あなたなしでは だめなだめな だめなだめな だめな私
人生夢桜原田悠里原田悠里下地亜記子岡千秋前田俊明夢という名の 根を張って 空に大樹(たいじゅ)の 葉を伸ばす しょせん短い 人の世ならば 望みひとすじ やり通す 桜 咲け咲け 七重(ななえ)に八重(やえ)に 命 咲け咲け 艶(あで)やかに  女恋すりゃ 命がけ 燃えて抱かれて 花になる 添えぬ人だと 承知で惚れた 泣いて尽くすも 悔いはない 桜 咲け咲け 七重に八重に 命 咲け咲け 艶やかに  寒さこらえて 冬を越す 人は踏まれて 強くなる 雨の降る日も 苦労の時も 笑顔千両で 春を待つ 桜 咲け咲け 七重に八重に 命 咲け咲け 艶やかに
白雪草GOLD LYLIC増位山太志郎GOLD LYLIC増位山太志郎下地亜記子徳久広司南郷達也抱けばはかなく 散りそうな 細い襟足 涙ぐせ こんな男に 根を下ろし ついてくるのか どこまでも 白雪草 白雪草 俺にもたれて 咲く花よ  もっと器用に 生きれたら らくな暮らしも できるのに 今日の苦労の つぐないに きっとやりたい こもれ陽を 白雪草 白雪草 路地のかたすみ 咲く花よ  雨が降るから 伸びる草 闇があるから 開く花 つらい暮らしの その先に 春が来るわと 笑うやつ 白雪草 白雪草 明日(あす)を信じて 咲く花よ
奥能登しぐれ増位山太志郎増位山太志郎下地亜記子徳久広司南郷達也行くも帰るも 日本海 輪島 千里浜(ちりはま) 波しぶき 泣いていないか 倖せだろか… おまえ思えば 逢いたくて 胸に冷たい 奥能登しぐれ  愛し合っても 添えぬ女(ひと) なぜに結べぬ 紅い糸 泣いていないか 倖せだろか… 窓に愛しい 面影が 揺れて哀しい 奥能登しぐれ  恋が残した 傷あとは いつになったら 消えるやら 泣いていないか 倖せだろか… 恋路海岸 湯の宿で 飲めば未練の 奥能登しぐれ
上州恋風水森かおり水森かおり下地亜記子伊藤雪彦伊戸のりお赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮れ道 ほんのささいな 行き違い 恋の終わりは 儚くもろい 今でもあなたが 好きですと 上州恋風 伝えて欲しい  石の階段 宿の下駄 手をとり合った 伊香保町 まるで夢二の 絵のように 丘に咲いてた ゆうすげの花 想い出ばかりが よみがえる 上州恋風 浮雲ひとつ  強く生きろと 云うように 一声鳴いて 鳥が行く レンガ造りの 製糸場 一度ふたりで 来てみたかった 心に面影 抱きしめて 上州恋風 ひとりの旅路
薔薇のほほえみ有沢美智子有沢美智子下地亜記子花岡優平前田俊明人はみな哀しみに 転びながら 涙の向こう側 倖せさがす 人はみな傷あとを 胸に抱いて 優しさを探す旅人 嘆かない くじけない 朝が来れば また陽は昇る くちびるに 愛の歌を 心には 薔薇の花を この大地に咲かせたい ほほえみの花を  苦しみも裏切りも 過ぎてゆけば すべてが想い出に 愛しく変わる いつの日も前を見て 生きて行けば 幸せはきっと来るはず 雨あがり 虹も出る 冬の後に また春が来る くちびるに 愛の歌を 心には 薔薇の花を この大地に咲かせたい ほほえみの花を  くちびるに 愛の歌を 心には 薔薇の花を この大地に咲かせたい ほほえみの花を
倖せふたりづれ有沢美智子有沢美智子下地亜記子乙田修三前田俊明背中の糸くず 取りながら あなたの後から ついてゆく こんな小さな 喜びを 私は待って いたのです 一人より二人 一人より二人 笑顔が嬉しい 倖せふたりづれ  一人じゃ重たい 荷物なら お願い半分 背負わせて 同じ夢見て 寄り添って あなたの邪魔に ならぬよに 一人より二人 一人より二人 ぬくもり嬉しい 倖せふたりづれ  北風冷たい 冬の日も もうすぐ春来る 花は咲く 風邪をひくよと 肩を抱く あなたの腕の あたたかさ 一人より二人 一人より二人 明日が嬉しい 倖せふたりづれ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
オランダ坂たくみ稜たくみ稜下地亜記子徳久広司矢田部正長崎…夜霧が せつなく流れ 迎えに来たのに あなたは居ない 待たせてごめんと この腕に 強く 強く 強く 強く抱きたかったよ… 濡れた石畳 鐘の音(ね)が響く 想い出の オランダ坂よ  長崎…きらめく 港の灯かり あなたはどこかで 倖せだろか 噂をたよりに さがしても 風が 風が 風が 風が胸で泣くだけ… 異人屋敷から 胡弓(こきゅう)の調べが 懐かしい オランダ坂よ  長崎…小雨が淋しく煙る ひとりじゃ哀しい 港の夜更け 女の短い 花どきを 待って 待って 待って 待って無駄にさせたね… 白いジャスミンの 花の咲く道よ 想い出の オランダ坂よ
わかれ雨たくみ稜たくみ稜下地亜記子徳久広司矢田部正涙がくしの 女傘(おんながさ) くるり回せば 想い出ゆれる あんな情なし 冷たい男(ひと)に なんでこうまで 惚れて 惚れて 惚れたのか 胸にしんしん… おんな泣かせの わかれ雨  信じすぎたの バカなのね 嘘も本当も あなたは上手 女房きどりで 尽くしたあの日 夢を見させて 捨てた 捨てた 捨てた男 未練しんしん… おんな泣かせの わかれ雨  何度寝返り 打ったやら 眠れないのよ 窓打つ風に あなたお願い わがまま聞いて 寒い心を 抱いて 抱いて 抱きしめて 命しんしん… おんな泣かせの わかれ雨
しぐれ坂真木柚布子真木柚布子下地亜記子南郷孝南郷達也飲んで忘れる 恋ではないわ 泣いて憎める 人じゃない この髪 この指 やつれた肩に かして下さい 情けの灯り 未練 溜息 しぐれ坂  哀しいものね 女って… いつになったらあの人を 忘れられるの 雨よ お願い あの人を連れてきて…  教えなければ 知らないものを 何故に教えた ぬくもりを 儚(はかな)い縁(えにし)の 哀しさつらさ 燃えたあの日が せつなく浮かぶ 灯影 想い出 しぐれ坂  嘘が七分(しちぶ)で 真実(まこと)が三分 甘い言葉で 抱いた人 信じて夢見て 尽くした後の 胸に冷たい 涙の雨よ 夜風 おくれ毛 しぐれ坂
花いちもんめ杜このみ杜このみ下地亜記子桧原さとし伊戸のりお嫌(きら)い憎(にく)いは 好きよと同じ いやよいやよは いいのと同じ 女心は 転(ころ)がる手まり 惚れて泣いて 泣いて燃えて 恋はせつない 夢おぼろ  行きはよいよい 千里も一里 逢えず戻れば 一里も千里 取られたくない 花いちもんめ 惚れて泣いて 泣いて燃えて ついてゆきたい どこまでも  帯は裂(さ)けても 心は裂けぬ 逢えぬ人でも あなたが欲しい 落ちて点々(てんてん) 真っ赤な椿(つばき) 惚れて泣いて 泣いて燃えて 咲いて乱れて 夢うつつ
九頭竜川GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし下地亜記子五木ひろし前田俊明大河(たいが)もたどれば 滴(しずく)から 心の旅路も 一歩から 二度とない 人生だから 悔いなく生きたい ひとすじに あぁ…故郷の 九頭竜川よ 明日(あした)に向かって 流れゆけ  白山連峰(はくさんれんぽう) 光る残雪(ゆき) この俺見送り 朔風(かぜ)が吹く 二度とない 人生だから やらねばならない 夢がある あぁ…故郷の 九頭竜川よ 清らに雄々しく 流れゆけ  心のたてがみ 震わせて 希望という名の 旅に出る 二度とない 人生だから 命を燃やして ひとすじに あぁ…故郷の 九頭竜川よ 大海(たいかい)めざして 流れゆけ
行っちまいな!朝倉由美子朝倉由美子下地亜記子近江孝彦伊戸のりおいいよ気にせず 消えてゆきなよ 別れの予感は 感じていたわ サヨナラなんて 慣っこだから 哀しみだまして 生きてゆけるわ 優しげな言葉など 罪つくりだからさ 行っちまいな 捨てっちまいな がらくたみたいに まとめてさ 行っちまいな 消えっちまいな 涙であんたが 見えないうちに  そうね恋など 淡い幻 気まぐれ心を かすっただけね お酒と歌と 想い出あれば つらさもかわして 生きてゆけるわ どしゃ降りになりそうな 空模様だからさ 行っちまいな 捨てっちまいな 吸殻みたいに つぶしてさ 行っちまいな 消えっちまいな 涙であんたが 見えないうちに  行っちまいな 捨てっちまいな 紙クズみたいに 丸めてさ 行っちまいな 消えっちまいな 涙であんたが 見えないうちに
泣いて大阪北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也前田俊明女泣かせの 通り雨 やむ気なさそに 降り続く 捨てる恋なら 夢ならば なんで優しく 抱いたのよ 酔って大阪 泣いて大阪 あなたが あなたが にくい  女恋すりゃ 初心(うぶ)になる 惚れて信じて 尽くしたの つらい仕打ちの わかれ傷 なんで黙って 消えたのよ 酔って大阪 泣いて大阪 あなたが あなたが ほしい  女ひとりの なみだ酒 飲めば恋しさ つのります 夫婦(めおと)気どりの あの暮らし なんで忘れて 生きられる 酔って大阪 泣いて大阪 あなたが あなたが いのち
流れ雲北山たけし北山たけし下地亜記子原譲二丸山雅仁沈む夕陽を 懐(ふところ)に入れて 寒い心を 温(あたた)める 明日(あす)は何処(いずこ)か 旅の空 運命(さだめ)の風と ともに 男は 男は 男はさすらい 流れ雲  すまぬ許せと あの人に詫(わ)びて 熱い情けに 背を向ける どうせ ぬくもり やすらぎは 俺には遠い 夢か 男は 男は 男はさすらい 流れ雲  うしろ見ないで 弱音など吐かず 命ひとすじ 生きてゆく 砂を噛むよな 淋しさを 隠して今日も ひとり 男は 男は 男はさすらい 流れ雲
梓川北山たけし北山たけし下地亜記子原譲二丸山雅仁瀬音さやけき さえずる小鳥 浮き雲ゆれる 男は哀しい 旅人か あ…時は移れど 悠々(ゆうゆう)と 流れも清(すが)しい 梓川  白い野の花 面影浮かぶ あの人今も 倖せだろうか 気にかかる あ…時は移れど 永々(えいえい)と 流れも優しい 梓川  たどる小道に そよ風わたる 過ぎ行く季節 想い出心に 抱きながら あ…時は移れど 堂々(どうどう)と 流れもゆたかな 梓川
人生天国島津悦子島津悦子下地亜記子弦哲也前田俊明そうさ人生 夢まつり かつぐ命の 大神輿(おおみこし) 七つ転んで また起きて 徳利(とくり)まくらに 我慢酒 人生天国 笑えば天国 前向き 上向(うわむ)き 飲もうじゃないか…  捨てる神ありゃ 拾う神 泣いちゃいけない 男なら 真実(まこと)いちずに 歩いたら 明日(あす)に希望(のぞみ)の 花も咲く 人生天国 笑えば天国 前向き 上向き 歌おうじゃないか…  どうせこの世は 一度きり いいさやりたい ことをやれ 花も嵐も 踏み越えて 道はひとすじ どこまでも 人生天国 笑えば天国 前向き 上向き 生きようじゃないか…
べらんめえ島津悦子島津悦子下地亜記子弦哲也前田俊明ちょいとおきゃんで 器量(きりょう)よし 口の悪さが 玉に傷 惚れて焦がれた 人なのに 好きと言えずに 意地を張る さぁさぁ さぁさぁ 野暮はおよしよ べらんめえ 切った啖呵(たんか)に エェ…花が散る  どこで借りたか この蛇の目 傘の出どころ 気がもめる 噂聞いては またほろり 逢えぬ今宵の おぼろ月 さぁさぁ さぁさぁ 野暮はおよしよ べらんめえ 恋は女の エェ…泣きどころ  いやなお方の 口説きより 惚れたあんたの 無理が好き たとえ添えない 運命(さだめ)でも 逢える明日が あればいい さぁさぁ さぁさぁ 野暮はおよしよ べらんめえ 浮世夜風に エェ…切る啖呵
港のリリー北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子樋口義高馬飼野俊一からっぽの胸の中 夕陽が染める あの人は バスに乗り 街に消えて行った しぶきに打たれ 私はひとり ワルだよね ワルだよね こんなに泣かせて セピア色の 波止場町 日が暮れて 銀の指輪 捨てられないで 握りしめるの 鴎と泣き濡れる 港のリリー  風のよに雲のよに 流されながら 悲しみを積み重ね 今日もひとり生きる これから誰を 頼りにするの バカだよね バカだよね こんなに愛して 忘れないわ あの笑顔 あの匂い 恋は不思議 いいことばかり 想い出させる 今夜も酔いしれる 港のリリー  セピア色の 波止場町 日が暮れて 銀の指輪 捨てられないで 握りしめるの 鴎と泣き濡れる 港のリリー
助六さん真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明金糸銀糸(きんしぎんし)の うちかけに 黒塗り高下駄(たかげた) 八文字(はちもんじ) 花のお江戸の 吉原で おいらん道中 揚巻太夫(あげまきたゆう) 助六さんチョイト 助六さん どうした風の 吹きまわし 惚れたあんたに エェ 口説(くど)かれた 恋も桜も パッと咲いた こいつは春から こいつは春から 縁起(えんぎ)がいいわいなぁ  千両万両 積まれても お足(あし)じゃあ なびかぬ 意気と張り 惚れた弱みの 何とやら 主(ぬし)さんひとりに 命をかける 助六さんチョイト 助六さん うつつか夢か 幻か 一緒に逃げよと エェ 口説(くど)かれた 恋も桜も パッと咲いた こいつは春から こいつは春から 縁起がいいわいなぁ  助六さんチョイト 助六さん 江戸紫((えどむらさき)の 男伊達(おとこだて) ほろ酔い気分で エェ 口説(くど)かれた 恋も桜も パッと咲いた こいつは春から こいつは春から 縁起がいいわいなぁ
なごり月真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明篝火(かがりび)よりも 胸の火の 燃える想いを 何としよう 丸窓あければ なごり月 明日(あす)は笑顔で 見送るからと 泣いてすがった 腕まくら  どこかへ逃げて 下さいと 何故(なぜ)に言えよう 私から 雲間(くもま)に隠れる なごり月 梳(と)かすほつれ毛 湯上がり化粧 これが最後の 紅一夜(べにひとよ)  満(み)つれば欠ける 月に似て 恋の短さ はかなさよ 川面(かわも)に浮かんだ なごり月 掬(すく)い取れない 倖せひとつ なみだ流れる 未練川
アモーレ・ミオ山口かおる山口かおる下地亜記子樋口義高矢田部正愛は命よ あなたがすべてよ 愛しても愛しても 愛し足りない あなたがいないと この世が闇になる 涙の海に 沈んでしまう 私ひとりじゃ 生きて行けないわ アモーレ アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 永遠(とわ)に続く恋よ 命は薔薇色 アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 死ぬほど愛して…  甘いくちづけ 優しいささやき 夢の中 酔わされて 吐息乱れて ふたつの心が ひとつに溶け合えば 頬よせ合える 時があるなら 何もいらない 何も望まない アモーレ アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 熱く恋に堕ちて 命は薔薇色 アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 死ぬほど愛して…  アモーレ アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 永遠に続く恋よ 命は薔薇色 アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 死ぬほど愛して…
はぐれ花山口かおる山口かおる下地亜記子樋口義高矢田部正逃げる男を 裸足(はだし)で追った あれはどしゃぶり 雨の夜 命まるごと 燃やした恋も さめりゃ終わりが やってくる 花は咲いても いつか散る しょせん女は はぐれ花  耳に冷たい 涙のしずく 泣いてめざめた 夜明け前 人の住む世も 男の胸も 凍(こお)りつくよな 薄情(うすなさ)け 花は咲いても いつか散る 日陰(ひかげ)そだちの はぐれ花  紅を差(さ)しても 心は晴れぬ もって生まれた 不幸ぐせ ひとりぼっちの 淋しさ抱いて 意地で支えて 飲むお酒 花は咲いても いつか散る 夢も哀しい はぐれ花
風流恋吹雪上杉香緒里上杉香緒里下地亜記子徳久広司あんな奴 どこがいいかと 訊(たず)ねる人に どこが悪いと 聞き返す デモネ あいつどこまで 本気やら 遊び心が チラリホラリと 見え隠れ 野暮はおよしよ 逢いたくて 着物はしょって いそいそと あ‥どうせ恋など お花見気分 桜みたいにチョイと 咲かせておくれな エエ恋吹雪  「妬(や)きはしません つらいも承知(しょうち) もてるあなたに惚れた罰(ばち) エェつらいよね」  罪な人 ぎゅっと抱きしめ 夢中にさせて ひやり冷たい 横顔よ デモネ 粋(いき)な流し目 あの笑顔 骨のずいまで ユラリグラリと 首ったけ 恋は女の やせ薬 胸のまん中 キュンとなる あ‥どうせ恋など お花見気分 燃えて焦がしてチョイと 散らせておくれな エエ恋吹雪  「想っているだけ 想って欲しい 無理な願いじゃないものを エェせつないね」  あ‥どうせ恋など お花見気分 燃えて焦がしてチョイと 散らせておくれな エエ恋吹雪
今日より明日へ… おれの道北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二笑われて 教えられ たたかれて あぁ強くなる 雨風(あめかぜ) 嵐の 苦労道 いばら道 耐えながら 涙で磨(みが)く 俺の道  ひとすじの 決めた道 ただ一途(いちず) あぁ今日も行く どこかで誰かに 助けられ 守られて 支えられ 恩と情けの 人の道  冬越せば 春近し 夜(よ)は明(あ)ける あぁ陽は昇る つまずきゃ何度も 起き上がり この命 赤々と 歩いて行こう 俺の道
夜半の風北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二南郷達也おまえと最後に 別れたあの日 涙まじりの 茶碗酒(ちゃわんざけ) そしてひと夏 過ぎた秋 おまえ今頃 どこにいるのやら 窓を叩(たた)いた 夜半(よわ)の風 あぁ 今一度 逢いたいなぁ  揃(そろ)いの浴衣(ゆかた)で 歩いた浜辺 よせて返した 波の音 細い肩先 あの笑顔 おまえ一人で 泣いていないかと 沖の霧笛(むてき)に 夜半の風 あぁ 今一度 逢いたいなぁ  粉雪(こなゆき)舞い散る この身が寒い 酒を呑(の)む手が ふと止まる いつも支えて くれたやつ おまえいたから 耐えてこれたのさ 想い振り向きゃ 夜半の風 あぁ 今一度 逢いたいなぁ
東京迷い猫小田純平小田純平下地亜記子小田純平矢田部正あんた今から 帰るから バカな女(やつ)だと 許してね あんな男に くどかれ惚れて どうかしてたよ ドジだよね やけに今夜は… やけに今夜は 冷えるから あんたとお酒 飲みたいよ あたし 東京 迷い猫  あんた今から 帰るから 開けておいてね ドアの鍵 ビルの谷間を さまよい歩きゃ 空でカラスが 笑ってる 霙(みぞれ)まじりの… 霙(みぞれ)まじりの 雨の街 邪険(じゃけん)にしないで 凍(こご)えるよ あたし 東京 迷い猫  あんた今から 帰るから 何も聞かずに 抱いてよね ひとつふたつは 殴(ぶ)ってもいいよ 水に流して チャラにして 勝手気ままで… 勝手気ままで 悪いけど あんたの膝(ひざ)が 恋しいよ あたし 東京 迷い猫  あんたとお酒 飲みたいよ あたし 東京 迷い猫
へのへのもへじ小田純平小田純平下地亜記子小田純平矢田部正外はどしゃ降り 雨の町 心ずぶ濡れ なみだ酒 夢の片袖 置いたまま あなた何処かへ かくれんぼ 二人でボトルに 書いた顔 へのへのもへじ へのへのもへじ へのへのもへじが 泣いている  いつも一緒に 来た店で 元のひとりに 戻り酒 笑顔優しさ ぬくもりは 夜の向こうに かくれんぼ おまえに似てると 言ったやつ へのへのもへじ へのへのもへじ へのへのもへじが 淋しがる  胸に未練の 水たまり ゆらり揺らして 夜更け酒 離さないよと 言ったのに 恋はまぼろし かくれんぼ 今夜も酔っ払い しちゃったね へのへのもへじ へのへのもへじ へのへのもへじが 恋しがる  へのへのもへじが 泣いている
命まるごと北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也南郷達也肩の薄さよ うなじの細さ 苦労ばかりで すまないね 何もやれない 俺なのに あなたでなけりゃと すがりつく 倖せが 倖せが きっとくる 命まるごと 預けたい  小雪舞い散る 浮世の隅で 無口同士が 肌よせる 胸に哀しい 傷を持つ やさしいおまえの 思いやり 倖せが 倖せが きっとくる 命まるごと 預けたい  夢を語れる おまえがいれば おとこ心は 癒される ふたり笑顔で 支え合い 咲くまで待とうか 桜花 倖せが 倖せが きっとくる 命まるごと 預けたい
ふるさと忍冬真木ことみ真木ことみ下地亜記子岩上峰山南郷達也水いろ手袋 頬寄せて 遠いふるさと しのびます 冬に命の 根を伸ばす 庭に咲いてた 白い花 心こごえて しばれても 母の花です ふるさと忍冬(すいかずら)  不倖に負けず 嘆かずに 強く優しく 生きてゆく いつか一緒に 倖せに 蕾ふくらむ 春を待つ 心こごえて しばれても 命よせあう ふるさと忍冬  「愛の絆」が花言葉 熱いぬくもり 忘れない いつも笑顔で いたならば きっといい日が やってくる 心こごえて しばれても 母の花です ふるさと忍冬
俺に咲く花真木ことみ真木ことみ下地亜記子岩上峰山南郷達也花びらみたいな ほほ笑み浮かべ 心に明かりを 灯すやつ あなたと出逢えて よかったと 胸に甘える いじらしさ 俺に咲く花 泣かせるやつだよ  支えてやらなきゃ 倒れるような 夜風に揺れてる 白い花 涙を見せない 意地っ張り わざとはしゃいで ついてくる 俺に咲く花 散らしはしないよ  倖せはぐれの 似たもの同士 小さな夢見て 肩よせる つまずきばかりの 人生も 待てば陽もさす 春も来る 俺に咲く花 愛しいやつだよ
港ひとり石原詢子石原詢子下地亜記子四方章人丸山雅仁港坂道 カラコロと 下駄を鳴らして 桟橋へ 春だというのに 吐息が凍る あなた恋しい 日暮れ前 港ひとり 逢いたくて…逢いたくて やるせないよな 波の音  恨むことなど できません 今もこんなに 好きだから 積木細工の 倖せだって そばに居れたら 良かったの 港ひとり 逢いたくて…逢いたくて あなた偲んで 潮風(かぜ)が泣く  空と海とを 染めながら 未練夕陽が 燃えあがる いのち捧げて 尽くしたかった 女心が 見えますか 港ひとり 逢いたくて…逢いたくて 今日も待ってる 女です
おんな雨石原詢子石原詢子下地亜記子四方章人前田俊明傘もささずに 追いかけた あの日も小雨の 夜でした 雨よ…雨 雨 未練心を 流してよ ひとり歩けば 想い出が 浮かぶ涙の 水たまり  泣くのおよしと 抱きしめた あなたのその手が 恋しいの 雨よ…雨 雨 つれて来ないで 哀しみを 電話なるたび さわぐ胸 窓の夜風が 身に沁みる  思い切る気で 飲むお酒 酔うほど逢いたく なるばかり 雨よ…雨 雨 せめて夜更けは 降らないで 肩のすき間が 寒すぎて 眠れないのよ 独りでは
奥志摩の宿水田竜子水田竜子下地亜記子水森英夫前田俊明しぶき舞い散る 鴎がさわぐ 泣けとばかりに 潮風(かぜ)が吹く ひとり身を引く わかれ旅 まるで真珠の 涙のような ここは英虞湾(あごわん) 奥志摩の宿  舟が沖ゆく 想い出うねる 夢のなごりが 身を揺らす 忘れられない あの人を 呼べば霧笛(むてき)が せつなく鳴いて 波切(なきり) 浜島(はまじま) 奥志摩の宿  波が岸うつ 海女笛(あまぶえ)しみる 胸が痛がる 恋しがる 明日(あす)の当てない 迷い旅 おんな心の 未練が燃えて 夕陽哀しい 奥志摩の宿
泣いてジェラシー北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子樋口義高猪股義周ないものねだりしても 叶う訳などないわ もう二度と 戻らない 熱い愛の あの日々 街であなたを見たわ 綺麗な女(ひと)と一緒 おもわず隠れて…泣いて 泣いてジェラシー あなたの他に 愛せなくて 抜け殻だけを 抱きしめる 私ひとりが 黄昏の中 泣いて 泣いてジェラシー  モネの絵 今も壁に 飾っているのかしら 愛し合う 歓びに こころ染めた あの部屋 恋は移り気なのね もう違う女(ひと) 窓に 映しているのね…泣いて 泣いてジェラシー 恨んでなんか いないけれど まだ倖せは 祈れない 私ひとりが 黄昏の中 泣いて 泣いてジェラシー  あなたの他に 愛せなくて 抜け殻だけを 抱きしめる 私ひとりが 黄昏の中 泣いて 泣いてジェラシー
なみだ百年北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也南郷達也あなた忘れて 生きるには きっと百年 かかります この肌この手が まだ覚えてる 優しいぬくもり あの笑顔 つらいのよ…つらいのよ 泣いて泣いて 泣いて泣いて なみだ百年 忘れない  あんな男と 強がりを 言ったそばから 逢いたがる ふたりでいたから 明日(あした)があった 一生一度の 恋でした つらいのよ…つらいのよ 泣いて泣いて 泣いて泣いて なみだ百年 忘れない  あなた解かって くれますか 女心の 哀しさを お酒にすがって ならべる愚痴を 笑っているよな 夜の雨 つらいのよ…つらいのよ 泣いて泣いて 泣いて泣いて なみだ百年 忘れない
炎のタンゴ山内惠介山内惠介下地亜記子水森英夫伊戸のりお赤いドレスを 肩までずらし 黒い巻き毛が 妖(あや)しく揺れる たった一目(ひとめ)で 弾けた火の粉 奇跡みたいな めぐり逢い 魅(み)せられて 酔いしれて 命燃やし 心こがす 愛してタンゴ 炎のタンゴ  空に満月 真紅(しんく)のワイン 今宵ふたりで 朝まで踊る 君のすべては もう僕のもの 他の誰にも 渡さない 魅(み)せられて 酔いしれて 命燃やし 心こがす 愛してタンゴ 炎のタンゴ  熱いくちづけ 吐息も甘く 恋のステップ 夢色ダンス 薔薇の花びら ベッドに散らし 君を抱きしめ 離さない 魅(み)せられて 酔いしれて 命燃やし 心こがす 愛してタンゴ 炎のタンゴ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おもろい夫婦鏡五郎&島津悦子鏡五郎&島津悦子下地亜記子宮下健治南郷達也笑顔千両(せんりょう) 声万両(まんりょう) やきもち妬くのが 玉にきず 浮名流して 酔いしれて あんたはほんまに あかんたれ 浮世漫才 泣き笑い くされ縁(えん)でも 味(あじ)なもの おもろい おもろい おもろい夫婦やな  「怒ったらあかんがな 怒ったらべっぴん台無しや…」 「またうまいこと云うて 今日はその手に乗らへんで…」  故郷(くに)も育ちも 違うのに 気が合う ウマ合う 肌が合う 飲めば財布が 空(から)になる 似た者同士の お人好し 割れたお鍋(なべ)に とじ蓋(ぶた)で ふたり合わせて 丁度いい おもろい おもろい おもろい夫婦やな  今日が駄目でも 明日がある おまえは黙って ついて来る 捨(す)てる神ありゃ 拾(ひろ)う神 極楽トンボの ふたりづれ 口は悪いが 優しくて 苦労するのも 嬉しくて おもろい おもろい おもろい夫婦やな
風流夢見舟鏡五郎&島津悦子鏡五郎&島津悦子下地亜記子宮下健治南郷達也河岸(かし)の柳に 夜風がからむ 情け深川 忍び舟 稽古帰りの 三味線抱いて 逢いに行きます いそいそと 春の桜(はな) 夏の蛍に 秋の月 肌をよせあう チョイト冬の雪 エェ…風流だネ エェ…夢見舟  幼馴染(おさななじみ)が 出逢って燃えて 引くに引けない 仲になる いいの噂も 七十五日 ままよどうなろ かまわない 春の桜(はな) 夏の蛍に 秋の月 徳利並べて チョイト冬の雪 エェ…風流だネ エェ…夢見舟  好きと言わせた おまえが悪い 抱いたこの手が なお悪い 逢えば嬉しい 別れはつらい 頬に名残りの 恋しぐれ 春の桜(はな) 夏の蛍に 秋の月 絆むすんで チョイト冬の雪 エェ…風流だネ エェ…夢見舟
しまなみ海道山口かおる山口かおる下地亜記子樋口義高矢田部正瀬戸の海原(うなばら) 夕陽に染まる 潮風(かぜ)にちぎれる 波しぶき 島と島とを つなぐ橋 なぜに結べぬ 我が恋は しまなみ海道 燧灘(ひうちなだ) かえらぬ夢を 捨てる海  船は出てゆく 想い出乗せて 日暮れ桟橋 鴎(とり)が啼く 指が凍える 恋しがる 肩がぬくもり さがしてる しまなみ海道 大三島(おおみしま) みかんの花が 咲く宿よ  瀬戸の小島が 朝日に光る 胸のすき間に 差す陽ざし 頬の涙が かわいたら 明日(あす)の倖せ さがします しまなみ海道 因島(いんのしま) 出直すための 旅じたく
朝霧高原山口かおる山口かおる下地亜記子樋口義高矢田部正腕を広げて 迎えてくれる 富士のお山よ 泣かせて欲しい どんなに真心 尽くしても 愛の終わりは 来るものね あなた…あなた…あなたが 今も恋しい 朝霧高原  覚めてしまえば 他人に戻る 縁(えにし)はかない 男と女 根雪を集めた 白糸(しらいと)の 滝は未練の 水しぶき 涙…涙…涙が 霧になります 朝霧高原  富士を横ぎり 舞い飛ぶ鳥よ 何をさがしに 行くのでしょうか 女は区切りを つけなけりゃ 歩き出せない 明日(あした)へと ひとり…ひとり…ひとりで 風に吹かれる 朝靄高原
夜叉真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也桜庭伸幸燃やす嫉妬(しっと)の 二文字(ふたもじ)を 書けば哀しい 女へん 梳(と)かす黒髪 炎となって 帰る男を 焼きつくせ あなたのためなら 華にもなれる あなたのためなら 夜叉(やしゃ)にもなれる こがれる こがれる想い 恋ゆえに  強く抱かれりゃ 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 嘘をつかれりゃ 鬼あざみ 熱き涙よ 蛍となって 胸に忍(しの)んで ついて行け あなたのためなら 華にもなれる あなたのためなら 夜叉(やしゃ)にもなれる せつなく せつなく耐える 恋ゆえに  あなたのためなら 華にもなれる あなたのためなら 夜叉(やしゃ)にもなれる 命を 命をかけた 恋ゆえに
はっぴーサンバ真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也桜庭伸幸オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…  雨の日風の日 嵐の日 人生いろいろ あるけれど 泣いてクヨクヨ 生きるより 涙をふいて 歩きましょう 私が歌えば はっぴーはっぴー あなたが笑えば はっぴーはっぴーはっぴー オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…  明るい笑顔が ある限り 輝(かがや)く明日(あした)が やって来る 空に七色 虹も出る 夜明けが来れば 陽は昇る 私が歌えば はっぴーはっぴー みんなで踊れば はっぴーはっぴーはっぴー オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…  私が歌えば はっぴーはっぴー あなたが笑えば はっぴーはっぴーはっぴー オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…
岩木川佐々木新一佐々木新一下地亜記子宮下健治南郷達也津軽平野をョー ふたつに分けて 北に流れる 岩木川 おやじ今頃 囲炉裏端 するめを肴に あぐら酒 あぁ‥‥故里はョー 哀しい時に 想うもの  根雪押しのけョー 草っこが芽吹く 流れのどかな 岩木川 野風 たんぽぽ ヤマメとり 兄貴と遊んだ あの川原 あぁ‥‥思い出はョー せつない時に 浮かぶもの  風に舞い散るョー リンゴの花が 水面(みなも)彩る 岩木川 日暮れ あぜ道 よされ節 小さな背中の あの匂い あぁ‥‥おふくろはョー 淋しい時に 恋(こ)うるもの
ほの字酒謝宛君謝宛君下地亜記子伊藤雪彦南郷達也捜していたのよ この倖せを あなたに出逢えて よかったわ 涙より道 回り道 無駄じゃなかった 嬉しいわ 惚れて惚れられ より添って ふたり ほの字の ほの字酒  冷たい世間の 雨風(あめかぜ)耐えて ぬくもり重ねて ゆきましょう 湯気(ゆげ)の向こうで 揺れている 春が呼んでる 待っている 惚れて惚れられ 酔いしれて ふたり ほの字の ほの字酒  ひとりじゃ渡れぬ 涙の川も あなたがいるから 越えられる 夢が望みが 叶(かな)うまで 苦労一緒に 背負(せお)わせて 惚れて惚れられ 注(つ)ぎ注がれ ふたり ほの字の ほの字酒
浪花化粧上杉香緒里上杉香緒里下地亜記子徳久広司南郷達也思い切れない あなたのことは 道頓堀川(かわ)の流れが 止まっても 春だというのに 寒すぎる 泣いてこぼした 涙の跡(あと)を 浪花化粧で かくす夜  狭い部屋でも 大きく見える ひとり暮らしの やるせなさ 抱かれたあの日の 嬉しさも みんな知ってる 女の鏡 浪花化粧の ほつれ髪  夢を預けて 水掛不動(みずかけふどう) 祈る女を 濡らす雨 小さな倖せ なぜ遠い 肩を落とした 蛇の目傘(じゃのめ)の中で 浪花化粧が 忍び泣く
近松門左衛門原作「夕霧阿波鳴渡」より 夕霧島津亜矢島津亜矢下地亜記子村沢良介いやよいやです もう待つなんて 待てば命の 炎(ひ)が細る これが習いか 身の因果 少し泣いても いいですか… 恋は 恋は… こんなに 何故つらい …つらい  この夕霧のために恋しい伊左衛門様は 勘当されて流浪(るろう)の身。 今頃どうしておいでやら… 何度も文(ふみ)を送っても 音沙汰なしとは、 あまりにもつれない仕打ち。恨みにござんす。 逢えぬつらさに煩(わずろ)うて これこのようにやつれ果てて… 夕の… 夕の… 命あるうちに どうぞ逢いに来てくださんせ… 伊左衛門様…  髪もほどけて 涙も散って 明日も見えない 運命川(さだめがわ) 何処へ流れる おんな舟 袖にすがって いいですか… 夢は 夢は 儚(はかな)く 何故消える …消える  この夕霧をまだ花魁(おいらん)と思うてか… そなた様とは 二世(にせい)を誓(ちこ)うた夫婦(みょうと)でありんす。 たとえ離れて暮らそうと 心はひとつ 身はひとつ。 共に死のうと言うてくだしゃんすなら 夕は… 夕は… 喜んで ついて行(ゆ)くものを…  かたい契りも 夢まぼろしか 諸行無常の 鐘の音 せめて添いたい 浄土(じょうど)では 少し泣いても いいですか… おんな おんな 倖せ 何故遠い …遠い
越佐海峡~恋情話真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明女恋すりゃ 千里も一里 逢いに行きたや 今すぐに 死ぬも生きるも 一緒と言った あなたの心が 道しるべ 越佐海峡 佐渡は四十九里 波の果て  燃える篝火 鬼太鼓(おんでこ)おどり 胸に灯した 夢あかり 忘れられない 想い出乗せて 今夜も漕ぎ出す たらい舟 越佐海峡 月も凍える 小木港(おぎみなと)  啼いているのは 鴎か風か いいえ私の こがれ泣き 添えぬ人なら 逢うのもつらい 逢えずに暮らせば 尚つらい 越佐海峡 恋の荒海 日本海
大阪ブギウギ真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明あんな男は くれてやる うちは泣かへん 負けへんで 七色ネオンが 道頓堀の 川面で揺れてる 踊ってる 大阪ブギウギ ブギウギ歌えば 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 桜(はな)は散っても 何度も咲いて 恋も咲く咲く 夢も咲く咲く ブギウギ 大阪ブギウギ  こんな女は おらへんで 後で泣くのは あんたやで 言い寄る男は 掃くほどいてる そのうちセレブや 玉の輿 大阪ブギウギ ブギウギ歌えば 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く うちは浪花の マドンナやから 恋も咲く咲く 夢も咲く咲く ブギウギ 大阪ブギウギ  大阪ブギウギ ブギウギ歌えば 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 桜(はな)は散っても 何度も咲いて 恋も咲く咲く 夢も咲く咲く ブギウギ 大阪ブギウギ  猫もしゃくしもブギウギ 女もカンナもブギウギ ブギウギ歌えば みな楽しい
めおと道桂竜士桂竜士下地亜記子岡千秋池多孝春肩の薄さよ 手の細さ 抱けば儚く 消えそうな わざと可愛い 馬鹿になり 俺にやすらぎ くれるやつ 離さない 離さない ふたりで生きよう めおと道  何もいらない 一緒なら 熱い心が あればいい 飾り文句は 言えないが せめてやりたい ぬくもりを 抱きしめて 抱きしめて 幸せさがそう めおと道  やせたようだね 前よりも 無理はよしなよ 甘えろよ 花の咲く日は 遅いけど 春を呼ぶよな その笑顔 いつまでも いつまでも おまえと歩こう めおと道
恋雨みれん北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也南郷達也命あずけた 恋でした 惚れて尽くした はずでした 傘もささずに 今日もまた あなた捜して ひとり泣く わかれ雨 なみだ雨 みれん雨 お願い優しさ もう一度  バカな女で いいのです 添(そ)えぬ男(ひと)でも いいのです 悪いところは 直すから あなた帰って この胸に わかれ雨 なみだ雨 みれん雨 ぬくもり下さい もう一度  飲んで流せる 恋じゃない 酔って忘れる 男(ひと)じゃない 眠れないから つらいから せめて今夜は 降らないで わかれ雨 なみだ雨 みれん雨 あなたに逢いたい もう一度
あばれ船沖田真早美沖田真早美下地亜記子市川昭介馬場良海が牙(きば)むきゃ 血汐が燃える 男度胸の 北漁場 たかが嵐さ 荒波しぶき 弱音吐くほど 柔(やわ)じゃない 命捨て身の あばれ船  どうせ浮世の 短い命 天にまかせて 舵(かじ)を取る 木端(こっぱ)小舟と あなどる波に 負けてたまるか 意地くらべ 風に歯向(はむ)かう あばれ船  背中(せな)に刺(さ)すよな 怒涛のムチも 何の痛かろ 冷たかろ 男なりゃこそ 避けてはゆけぬ どんと荒海 乗り越えて 大漁呼込む あばれ船
素敵な関係真木柚布子&北川裕二真木柚布子&北川裕二下地亜記子弦哲也前田俊明お酒飲みたく なったなら 小さな酒場で 肩よせる 洒落(しゃれ)たジョークに 酔ったなら 一夜(ひとよ)のときめき 夢ゲーム 遊びならいいわ 遊びならいいよ 傷つけ合うのは いやじゃない 追わない 聞かない 恨(うら)まない 泣かない 妬(や)かない すがらない 恋は魚ごころ 水ごころ 素敵な 素敵な 素敵な関係  不良っぽいのが たまらない 心を裸に されそうね その気ありそで なさそうで 謎(なぞ)めく笑顔が ミステリー 遊びならいいわ 遊びならいいよ 慰め合えれば いいじゃない 優しさ ぬくもり 熱い胸 ささやき 頬よせ 甘い夜 恋は魚ごころ 水ごころ 素敵な 素敵な 素敵な関係  遊びならいいわ 遊びならいいよ 傷つけ合うのは いやじゃない 追わない 聞かない 恨(うら)まない 泣かない 妬(や)かない すがらない 恋は魚ごころ 水ごころ 素敵な 素敵な 素敵な関係
京都で出逢って京都で別れて真木柚布子&北川裕二真木柚布子&北川裕二下地亜記子弦哲也前田俊明祇園夜桜 一目で惚れて 八坂 木屋町 恋の町 燃えてくらくら 大文字 そして…こうして…こうなって… 女ごころは 嵐山(あらしやま) ほんに本気よ 先斗町(ぽんとちょう) 京都で出逢って 京都で別れて もうこれっきり これっきり サヨウナラ  抱いて三条 焦がれて四条 肩を寄せ合う ねねの道 想いゆらゆら 高瀬川 そして…こうして…こうなって… 男ごころは 河原町 明日をさがして 嵯峨野路へ 京都で出逢って 京都で別れて もうこれっきり これっきり サヨウナラ  そして…ああして…こうなって… 女ごころは 嵐山 ほんに本気よ 先斗町 京都で出逢って 京都で別れて もうこれっきり これっきり サヨウナラ
涙の翼北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子樋口義高馬飼野俊一雨上がり街路樹が 涙を溜めている 肩を滴(しずく)に濡らし 歩くたそがれの街 想い出さがしているの… お馬鹿さんよね 私たち もしも涙に翼 あるならすぐに 逢いたい慕(おも)い どうぞ 伝えて欲しい あの人を 連れて来て 涙の翼  傷ついて傷つけて 別れた二人なら 今もこんなに好きで 泣いて苦しまないわ 大人の振りしていたの… お馬鹿さんよね 私たち もしも涙に翼 あるならすぐに 愛した日々を どうぞ 届けて欲しい あの人を 連れて来て 涙の翼  もしも涙に翼 あるならすぐに 逢いたい慕い どうぞ 伝えて欲しい あの人を 連れて来て 涙の翼
富士山音頭佐々木新一佐々木新一下地亜記子宮下健治南郷達也ハァー 春の富士山 残雪輝(ひか)り 日の本一の 晴れ姿 (アソレ) 松の緑に (アチョイト) 桜吹雪 37(みな)さん76(なろう)よ 倖せに (ソレ) 富士山音頭で 倖せに (サテ) 倖せに  ハァー 夏の富士山 涼風吹けば うなじに揺れる ほつれ髪 (アソレ) 空に希望の (アチョイト) 虹が出る 37(みな)さん76(なろう)よ 倖せに (ソレ) 富士山音頭で 倖せに (サテ) 倖せに (ソレ)  ハァー 秋の富士山 茜に染まる 紅葉(もみじ)で山も 燃えている (アソレ) 湖(みず)に浮かんだ (アチョイト) 宝船 37(みな)さん76(なろう)よ 倖せに (ソレ) 富士山音頭で 倖せに (サテ) 倖せに (ハイ)  ハァー 冬の富士山 あなたと二人 見上げて拝む ご来光 (アソレ) つもる情けに (アチョイト) 積もる雪 37(みな)さん76(なろう)よ 倖せに (ソレ) 富士山音頭で 倖せに (サテ) 倖せに  ハァー 駿河・静岡 山梨・甲府 どこから眺(み)ても 日本一 (アソレ) 夢はでっかく (アチョイト) 末広に 37(みな)さん76(なろう)よ 倖せに (ソレ) 富士山音頭で 倖せに (サテ) 倖せに
月が笑ってる氷川きよし氷川きよし下地亜記子宮下健治月が 月が 月が笑ってる 哀しくなったら 歌って歩こうよ 淋しくなったら 一緒に歩こうよ 星も光ってる 花も咲いている あぁ…心が痛い日も クヨクヨしちゃダメと 月が 月が 月が笑ってる  月が 月が 月が笑ってる 一人じゃないのさ 誰かが見ているよ 人みな何処かで 汗かき生きている 春はいつか来る 夢はいつか咲く あぁ…くちびる噛みしめて 夜空を見上げれば 月が 月が 月が笑ってる  明日に向かって 一緒に歩こうよ きっと幸せに きっと逢えるだろ あぁ…涙の向こう側 何かが待っている 月が 月が 月が笑ってる
さすらい北岬氷川きよし氷川きよし下地亜記子宮下健治海が牙むく 暴れてうねる 心凍てつく 飛沫(しぶき)が跳ねる 尽くしてくれた あの女(ひと)を 泣かせてばかりの 罰(ばち)あたり ヒュルヒュルヒュル ヒュルヒュル 潮風泣きじゃくる ひとりさすらい 北岬  海を茜に 夕陽が染める 俺を叱って 哭(な)く海鳥よ 肩先すぼめ 淋しげに 待ってるだろうな 今もなお ヒュルヒュルヒュル ヒュルヒュル おまえの呼ぶ声か ひとりさすらい 北岬  海よ吼(ほ)えるな 雄叫びあげて 男未練が また目を覚ます 死ぬほど惚れた 女(ひと)なのに 倖せやれない 意気地なし ヒュルヒュルヒュル ヒュルヒュル 想い出からみつく ひとりさすらい 北岬
夕顔藤あや子藤あや子下地亜記子小野彩川村栄二あなたをどんなに 愛しているか 心を切れば わかるでしょう 明日なんかは いらないわ どうせ身に相(あ)う 人じゃない 帯を解き 紅を拭き 目を閉じて 夢の中 長い黒髪 乱れるほどに あなたもっと…あなたもっと 私 夜咲く夕顔の花  指から背中へ あなたの愛が 心に熱く おちてゆく 燃えて散るのが 運命(さだめ)なら 悔いはしません 泣かないわ はかなきは 花の露 満月(つき)さえも 欠けてゆく 爪の先まで 色づくままに あなたもっと…あなたもっと 私 一夜の夕顔の花  つらい浮き世を 忘れるほどに あなたもっと…あなたもっと 私 炎の夕顔の花
ふたり静泉ちどり泉ちどり下地亜記子野崎眞一伊戸のりお心の傷なら この俺が 治してやるよと 抱いた人 あなたの優しい 笑顔をのせた 重さが嬉しい ひざ枕 ふたり静の 花のよに 春を待ちます 夢抱いて  生まれた時から 出逢えると 決まっていたよな 気がします 今まで流した 涙の露が 倖せ咲かすと 信じたい ふたり静の 花のよに 風に吹かれて 生きてゆく  日陰で咲いてる 白い花 不器用な二人に 似てますね 大きな夢より 身の丈ほどの 小さな喜び あればいい ふたり静の 花のよに そっと身を寄せ ついてゆく
北の浜唄真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明涙も別れも 知りぬいた はぐれ鴎が 飛ぶ港 南部鉄瓶(なんぶてつびん) 立つ湯気(ゆげ)に 情けがからむ 浜酒場 男と女が 酔いしれて 古びたラジオが 恋唄流す 波がザンブラ 拍子(ひょうし)とり 風は三味線(しゃみ)の音(ね) 泣きじゃくる  お酒は地酒の 辛口(からくち)で 遠い汐鳴り 聞いて飲む こころ凍(しば)れる こんな夜は 唇さむい 肌さむい 男と女が 海になり 背中にもたれて 恋唄歌う 雪がしんしん 降り積もり 花もなければ 船もない  男と女が 酔いしれて 古びたラジオが 恋唄流す 波がザンブラ 拍子(ひょうし)とり 風は三味線(しゃみ)の音(ね) 泣きじゃくる
美唄の風GOLD LYLIC真木柚布子GOLD LYLIC真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明人生は 涙と笑顔の 繰りかえし つまずいて 転(ころ)んだり 迷子(まいご)になったり だけど泣かない くじけない 心には 愛がある 歌がある 緑の大地に 渡る風が 涙を優しく ぬぐってくれる あぁ 山よ川よ 花よ鳥よ 美しい美唄(びばい) 私のふるさと  人生は 哀しく切なく 愛(いと)しくて 誰もみな 傷あとを 隠して生きてゆく だけど苦しみ だけじゃない 心には 夢がある 歌がある 空知(そらち)の平野(へいや)に 渡る風が 明るい未来を 運んでくれる あぁ 空よ月よ 光る星よ 美しい美唄 私のふるさと  緑の大地に 渡る風が 涙を優しく ぬぐってくれる あぁ 山よ川よ 花よ鳥よ 美しい美唄 私のふるさと
一陣の風氷川きよし氷川きよし下地亜記子宮下健治伊戸のりお夕陽赤く燃えて 荒野を染める 鳥は空をめざし 花は光めざす 人生という名の デコボコ道を 人は明日をめざし 生きてゆく 一陣の 風が吹き荒れて 向かい風 行く手 はばんでも 立ち止まるな 振り向くな 振り向くな アァ…  凛と光る月が 荒野を照らす 冬の凍(い)てた空に キラリ寒(かん)の北斗 想い出す愛しい あなたの顔を 今は誰のものか 唇は 一陣の 風が吹き荒れて 試すよに 胸を叩いても 立ち止まるな 振り向くな 振り向くな アァ…  一陣の 風が吹き荒れて 果てもなく 道は遠いけど 立ち止まるな 振り向くな 振り向くな アァ…
命炎市川由紀乃市川由紀乃下地亜記子宮下健治丸山雅仁愛の深さと くらべたら 浅いものです この海は 義理のためなら 女も捨てる 情(じょう)なしあんたに 惚れとおす 抱かれて炎(ひ)となる 波涛(なみ)となる 女ひとすじ あぁ…命がけ  くれと言うなら なにもかも みんな預けて ついてゆく 修羅(しゅら)も苦労も あんたとひとつ 地の果て 地の底 どこまでも 抱かれて炎となる 風となる 女ひとすじ あぁ…命がけ  好きになったら ただ一途(いちず) 尽くしぬくのが 女(ひと)の道 死ぬも生きるも 嵐の海も 笑顔で越えます 忍びます 抱かれて炎となる 華となる 女ひとすじ あぁ…命がけ
旅路の雨北山たけし北山たけし下地亜記子徳久広司思い切る気で 来たものを 今でも未練が 通せんぼ 淋しさこらえて いたなんて 気づいてやれない 俺だった 男ひとりの 港町 旅路の雨が 身を責める  しぶき砂浜 捨て小舟 おまえを呼ぶよに かもめ鳴く どの道行っても 歩いても 想い出ばかりが 追ってくる 男ひとりの 港町 旅路の雨が また泣かす  墨絵ぼかしの 夕闇に おまえの姿が 目に浮かぶ こんなに愛して いたなんて 別れてはじめて 分かったよ 男ひとりの 港町 旅路の雨に 花が散る
港みれん谷本知美谷本知美下地亜記子徳久広司南郷達也恋は引き潮 涙は満ち潮 哀しく見送る 桟橋よ 別れ出船に 振る雨は おんな吐息の 泣かせ雨 忘れたいのに…忘れられない… 港みれんの 波しぶき  白い鴎が あなたをさがして 日暮れの浜辺を 啼いて飛ぶ おんな一人の 淋しさを どうぞわかって 行かないで 忘れたいのに…忘れられない… 港みれんの 漁火よ  風に揺れてる 椿の花さえ ひとつの小枝に 咲くものを あなた信じて 待ったなら いつか来ますか 恋の春 忘れたいのに…忘れられない… 港みれんの 浮き明かり
あした あした またあした嶺陽子嶺陽子下地亜記子桧原さとし伊戸のりお泣いたり 笑ったり そして迷ったり 私を彩る 想い出たちよ 楽しいだけの 人生なんてないわ つまずきのない 人生なんてないわ 愚かさや失敗を 胸に刻んで まあ いいかと 生きて行く かこ かこ かこ かこ 過去は過去 あした あした あしたに ウッ フッ フッ  世の中 面白く そして不思議よね 別れがあるから やり直せるの 夢見るたびに 淋しさひとつ覚え 出逢いのたびに 優しさひとつ覚え 過ぎた日の足音は 風に伝えて まあ いいかと 忘れてく かこ かこ かこ かこ 過去は過去 あした あした あしたに ウッ フッ フッ  想い出を積み重ね いつも笑顔で まあ いいかと 歩いてく かこ かこ かこ かこ 過去は過去 あした あした あしたに ウッ フッ フッ  かこ かこ かこ かこ 過去は過去 あした あした あしたに ウッ フッ フッ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
日本列島たずね旅大江裕大江裕下地亜記子原譲二南郷達也唄は聞き真似 踊りは見真似 惚れっぽいのは 親ゆずり 好いたあの娘(こ)は 札幌小樽 風のみちのく 加賀の国 ハァーそれっきり つれないよ 日本列島 あの娘たずねて エー 西東  呼んでみたとて 儚いものよ 夢を願いの 流れ星 花の上総(かずさ)と 伊勢路を廻り 浪花だんじり 奈良京都 ハァーそれっきり くやしいよ 日本列島 あの娘たずねて エー 西東  恋はすぐには 止められないよ 明日(あす)はどの空 どこの町 瀬戸の島々 関門海峡(かんもん)越えて 博多 熊本 桜島 ハァーそれっきり せつないよ 日本列島 あの娘たずねて エー 西東
女のみれん北川裕二北川裕二下地亜記子弦哲也南郷達也あなたのそばで 暮らせたら 何もいらない 欲しくない どれだけ泣けば この思い 遠いあなたに 届くのか 酔って今夜も 女のみれん 惚れた私を 惚れた私を 捨てないで  あなたの笑顔 優しさを なんで忘れて 生きられる 信じて今も 待っている つらい真心(こころ)を わかってよ ひとり淋しい 女のみれん 惚れた私を 惚れた私を 捨てないで  あなたの胸で 眠りたい 抱いて下さい もう一度 心に灯(とも)す 恋あかり どうぞお願い 消さないで 浮かぶ面影 女のみれん 惚れた私を 惚れた私を 捨てないで
ふたり咲き北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二南郷達也三々九度の 盃は 俺とおまえの 門出酒 ないないづくしが 振り出しで よくぞここまで ああ 来たものだ いつまでも どこまでも よろしく頼むな ふたり咲き  四角い膳の 焼き魚 湯呑み茶碗に 夫婦(めおと)箸 小さな切り身を 選り分けて 俺に差し出す ああ 思いやり あたたかい その笑顔 結んだ縁(えにし)の ふたり咲き  心にいつも 熱い夢 抱けば幸せ きっと来る 肩よせ 寄り添い 信じ合い 生きて行こうな ああ これからも 離れずに 離さずに 明日(あした)の坂道 ふたり咲き
旅なかば北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二南郷達也春まだ遠い 北国は 野に咲く花の 色もない どこまで行っても 続く道 運命(さだめ)背負って ひとり行く 振り向かず 明日(あした)へと 風に吹かれて 旅なかば  荒野(あれの)を染める 陽の色は 心を映す 陽炎(かげろう)か 男は誰にも 見せられぬ そんな背中が あるものさ 芒野(すすきの)に 鳥が飛ぶ 風に吹かれて 旅なかば  時には強い 獅子のように 時には花の 優しさで 焦らずめげずに 飾らずに 生きて行こうか 無理をせず 寒空に 白い月 風に吹かれて 旅なかば
雨の思案橋真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明夜の丸山 紅(あか)い灯(ひ)ゆれて おんな泣かせの 雨が降る 手摺(てす)りにもたれて ため息ついて 来ないあなたを 待ちわびる 行(ゆ)こか戻ろか 思案橋 どうする どうなる あぁ…なみだ恋  愛の証(あかし)に あなたがくれた 後生(ごしょう)大事な 簪(かんざし)よ 別れを惜しんで 見返(みかえ)り柳 肩に甘えて すがりつく 行(ゆ)こか戻ろか 思案橋 どうする どうなる あぁ…なみだ恋  異人屋敷に 流れる胡弓(こきゅう) 雨の長崎 忍(しの)び坂(ざか) 昨夜(ゆうべ)も今夜(こんや)も 夜通し泣いて 港霧笛も もらい泣き 行(ゆ)こか戻ろか 思案橋 どうする どうなる あぁ…なみだ恋
薔薇の涙沢田正人沢田正人下地亜記子樋口義高伊戸のりおこらえても こらえても しのび泣く この心 散ってゆく 散ってゆく 一輪の 花びらよ 恋ははかない 紅(あか)い夢 振り向けば煌(きら)めく ああ熱い日々 あ…街灯り 灯る黄昏よ あ…恋しくてたまらない 哀しい 逢いたい せつない… 想い出の部屋に降る 薔薇の涙よ  別れても 別れても 愛さずに いられない 抱きしめて 抱きしめて もう一度 その胸に 時間(とき)の流れに 残されて いつまでもあなたを ああ忘れない あ…ローズティー ひとり飲みながら あ…淋しくてたまらない 哀しい 逢いたい せつない… 想い出の部屋に降る 薔薇の涙よ  あ…街灯り 灯る黄昏よ あ…恋しくてたまらない 哀しい 逢いたい せつない… 想い出の部屋に降る 薔薇の涙よ
夕月海峡野中さおり野中さおり下地亜記子徳久広司丸山雅仁月があなたの 面影つれて 私を泣かせに 来るのです 潮風(かぜ)よ飛沫(しぶき)よ 教えてよ 恋の捨てかた 忘れかた 夕月海峡… なぜに 今更 今更 恋しがる  空は日暮れて 薄むらさきに 傷痕(きずあと)みたいな 月が出る 鴎つたえて あの人に 今もこんなに 好きですと 夕月海峡… 涙 あふれて あふれて とまらない  月をお酒に 浮かべて飲めば 願いが叶うと 言った人 未練想い出 捨てたなら 強く生きます ひとりでも 夕月海峡… 明日(あす)は 出直す 出直す 船に乗る
砂漠に雨が降る如く北山たけし北山たけし下地亜記子杉本眞人矢野立美乾いた心を 癒すのは おまえの笑顔と あたたかさ 人に言えない 古傷も まるごと包んで くれるやつ 砂漠に雨が 降る如く 心にしみる 思いやり  人より哀しい 生い立ちが そんなに優しく させるのか 同じ色した 夢を見て 木洩れ日みたいな 膝まくら 砂漠に雨が 降る如く 心に春の 風が吹く  おまえに出逢って 知ったのさ 明日(あす)への希望(のぞみ)と 生き甲斐を ビルの谷間の 片すみで 命を寄せ合う 女(ひと)がいる 砂漠に雨が 降る如く 心を濡らす まごころよ
さくら月夜真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也前田俊明あの人 吉野(よしの)の 千本桜(せんぼんざくら) 姿よけれど チョイト 木が多い その気ありそで なさそうで 女心を ユラリともてあそぶ エェ…お月さん お月さん エ…女はつらい つらいネ 恋は儚い 夢桜 サァ チョイサ チョイサ  浮気な鶯(うぐいす) 梅の木焦(じ)らし わざと隣の チョイト 桃(もも)で啼(な)く 粋(いき)な船宿 柳河岸(やなぎがし) 逢えば甘えて ホロリと夢見酒 エェ…お月さん お月さん エ…女はつらい つらいネ 恋は一夜の 夢花火 サァ チョイサ チョイサ  ぞっこん惚れたと 言われてのぼせ 燃えた心に チョイト 春の風 野暮はおよしよ その先は 嘘と本音が チラリと見え隠れ エェ…お月さん お月さん エ…女はつらい つらいネ 恋は桜の 夢吹雪 サァ チョイサ チョイサ
息子へ落合博満落合博満下地亜記子大川健喧嘩もしろよな たまになら 殴(ぶ)たれて男は 強くなる 女は泣かすな いじめるな 友達つくれよ 本を読め そうさ男はいつでも サムライだから 負けてもいいから 頑張れよ 頑張れよ  フッ君「パパもママを泣かすなよ!!」  たとえオモチャを こわしても 地球は汚(けが)すな 木は折るな 自然を愛して 外へ出ろ 心はいつも 旅をしろ そうさ男はいつでも サムライだから 優しさ強さを なくすなよ なくすなよ  フッ君「パパもなくすなよ!!」  ポッケの中の ビー玉を 大事にしろよな いつまでも キラキラ輝く その夢を 捨てるな放(な)げるな くじけるな そうさ男はいつでも サムライだから 負けてもいいから 頑張れよ 頑張れよ  フッ君「パパも頑張れよ!!」
夫婦善哉鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子久保進一南郷達也遊び呆(ほう)けて 行き着く先は やっぱりおまえの 胸の中 金も甲斐性も ない人やけど あんた優しい あかんたれ すまんなぁ しゃあないなぁ 夫婦善哉 人生泣き笑い  「お蝶 そんなに怒りなや 浮気なんかしてへんがな… わいには おまえしか おらへんのや 本当(ほんま)やでえ…」 「柳吉はん 帰るとこ よう忘れへんかったなぁ… ようやく貯めたお金やのに… 今度という今度は 愛想(あいそ)も尽きたわ もう…知らん…」  こんな男と 出逢うてなけりゃ 倖せみつけて いただろに 下手(へた)な芝居に またほだされて 惚れた弱みの くされ縁(えん) すまんなぁ しゃあないなぁ 夫婦善哉 人情夢しぐれ  「うちは奥さんになろうなんて思てまへん うちの力であんさんを 一人前の男にしたら本望や…きっと してみせまっさかいなぁ」 「そ そんな意地張らんかてええがな わいは今の気楽な暮らしが 性(しょう)に合(おう)とんのや… どや なんぞ旨(うま)いもんでも 食いに行こか…」  意地だ義理だと 並べるよりも 暢気(のんき)におもろう 生きりゃええ 浮かれトンボの あんたと二人 両手合わせる 法善寺 すまんなぁ しゃあないなぁ 夫婦善哉 浪花の恋あかり
寒紅梅氷川きよし氷川きよし下地亜記子杜奏太朗凍てつく空に 凛(りん)と咲く 花にも似たよな たおやかさ 心が傷つく そんな日は いつも笑顔で 包んでくれた 梅の木みたいに 優しく香る あなたがいたから 生きられた  寒さに耐えた 小枝ほど 明日(あす)には大きな 実を結(むす)ぶ 冷たい雨降る この都会(まち)で 夢という名の 根っこを伸ばす 梅の木みたいに 凛々(りり)しく咲けと あなたの言葉が 道しるべ  寒紅梅の 散る小径(こみち) 幾年(いくとせ)変わらぬ 風の色 心配かけたね 待たせたね 肩の薄さに 目がしら潤(うる)む 梅の木みたいに 一途(いちず)に生きた あなたをあなたを 守りたい
浮雲道中氷川きよし氷川きよし下地亜記子伊藤雪彦伊戸のりおあれに見えるは 浅間山 こっち向いたら 富士の山 浮世双六 賽(さい)の目まかせ 俺も浮雲 風まかせ おっと泣いちゃあ いけねえぜ 石の地蔵さん 笑ってる エ…笑ってる  あの娘今頃 どうしてる とうに十九は 過ぎたろに 深山峠(みやまとうげ)の 茶店の娘 紺のかすりと 花えくぼ おっと泣いちゃあ いけねえぜ 空でトンビが 輪を描いた エ…輪を描いた  祭囃子の 笛太鼓 ゆれる提灯(あかし)の 盆踊り どうせ流れの 浮雲道中 他人(ひと)の笑顔が 目にしみらぁ おっと泣いちゃあ いけねえぜ まるいお月さん 見てござる エ…見てござる
冬の月氷川きよし氷川きよし下地亜記子杜奏太朗伊戸のりお男がひとり 泣く時は 胸に木枯し 吹く夜更け ヒュルリヒュルリと 風が哭く はるか故郷を 偲びつつ 空を見上げりゃ 冬の月  男がひとり 酔う時は 夢の苦さが しみる夜 ヒュルリヒュルリと 風が哭く 君の面影 想い出し 月に淋しさ 打ち明ける  男が旅に 出る時は 季節はずれの 港町 ヒュルリヒュルリと 風が哭く はるか故郷の 空遠く 冴(さ)えてふるえる 冬の月
別府航路上杉香緒里上杉香緒里下地亜記子岡千秋南郷達也倖せさがせば なぜかしら いつも不幸と めぐり逢う だめになるのね 尽くすほど ひとり別れて 故郷(こきょう)へ帰る 別府航路の 船が出る 涙凍(こご)える 夜の海  波間に想い出 浮き沈み 胸のすき間に 霧が降る いいの責めない うつり気は 揺れる漁火 しぶきの甲板(デッキ) 別府航路の 夜は更けて 未練なだめて 膝を抱く  緑の小鳥が 右ひだり 夜明け間近の 瀬戸の海 夢と倖せ 抱きしめて いつかあなたと 来るはずだった 別府航路の 着く港 啼(な)いて迎える かもめ鳥
雪挽歌松原のぶえ松原のぶえ下地亜記子弦哲也桜庭伸幸こらえきれずに しのび泣く 胸の寒さよ せつなさよ 恋にそむかれ ただ独(ひと)り 何を頼りに 生きればいいの 外は粉雪(こなゆき) 心は吹雪(ふぶき) 冬の海峡 女哀しく 爪を噛む  闇(やみ)に尾を引く 灯台よ 夢をともして この胸に たとえ嘘でも 気やすめの 手紙ください 優しさ添えて 外は粉雪 心は吹雪 夜の海峡 吐息まじりの ひとり言  指に素肌に 黒髪に 逢えぬつらさが からみつく あなた教えて 未練火を どこで消したら いいのでしょうか 外は粉雪 心は吹雪 冬の海峡 女震えて 眠れない
鴎の港中条きよし中条きよし下地亜記子井上慎之介前田俊明群れから一羽 はぐれた鴎 夕陽に向かって 啼(な)いている ざんぶら ひゅるひゅる ざんぶらこ ここは見知らぬ 港町  心が寒い 体が寒い しぶきに打たれりゃ なお寒い ざんぶら ひゅるひゅる ざんぶらこ ここは春待つ 港町  ひとりがつらい 夢見りゃつらい 男と女は なおつらい ざんぶら ひゅるひゅる ざんぶらこ ここは鴎の 港町
柳川雨情山内惠介山内惠介下地亜記子水森英夫伊戸のりお愛しても 愛しても 愛し足りない 君だった 離れても 離れても 忘れられない いつまでも 白秋(はくしゅう)道路に 咲いている 野菊にかさなる あの笑顔 柳川 掘割 川くだり うしろ姿が 君に似ている 傘をさす女(ひと)よ  愛しても 愛しても 何もやれない 僕だった 悔やんでも 悔やんでも 戻れないのさ あの日には 有明海から 吹く風が 二人の想い出 連れてくる 今頃どうして いるだろか 日暮れ間近の 町はむらさき 雨の城下町  愛しても 愛しても 二度と逢えない 君だけど 倖せを 倖せを 旅の空から 祈ってる 松涛園屋敷(しょうとうやしき)の 庭さきで 交した約束 還(かえ)らない すべては儚い 夢の中 涙まじりの こぬか雨降る 町に灯がともる
港ブルース逢川まさき逢川まさき下地亜記子伊藤雪彦伊戸のりお命かけても 尽くしてみても 泣いて別れる 恋もある 涙 涙海鳴り 未練のしぶき 胸に恋しさ つきささる 霧が流れる 港のブルース  恋の想い出 グラスに溶かし 飲めば身にしむ 苦い酒 熱い 熱いくちづけ かわしたあの日 どうせ儚い まぼろしか 星も見えない 港のブルース  あんな女と 強がり言えば 心 くちびる 凍りつく 夢の 夢のぬけがら 淋しく抱けば 潮風(かぜ)の冷たさ 切なさよ 霧笛哀しい 港のブルース
五右衛門さん青戸健青戸健下地亜記子宮下健治鈴木英明金襴(きん)のどてらで 仰ぐ空 何をクヨクヨ 小(ちい)せえことさ 絶景かな イヤ 絶景かな 絶景かな 天下盗(と)る気で チョイト また騙(だま)されて 五右衛門さんは エェ…お人好し  花のお江戸の 浅草寺 明日は箱根か 三条河原(さんじょうがわ)か 絶景かな イヤ 絶景かな 絶景かな 古今東西 チョイト 現われ消えて 五右衛門さんは エェ…頼もしや  浮世 世直し 大掃除 見栄を捨てなきゃ 世間は見えぬ 絶景かな イヤ 絶景かな 絶景かな 渡る雁(かり)がね チョイト 故里(ふるさと)恋し 五右衛門さんは エェ…しのび泣き
祝盃青戸健青戸健下地亜記子宮下健治鈴木英明昇る朝日が 黄金(こがね)に染まる 今日は嬉しい 賀寿(がじゅ)の宴(えん) 苦労千里の 道越えて さてもめでたや 皆々様よ 長寿(ちょうじゅ)祝いの 盃を 盃を  やる木こん木の 命の枝に 刻む年輪 咲かす花 松は栄えて 菊薫(かお)る さてもめでたや 皆々様よ 長寿祝いの 手拍子を 手拍子を  親は子に継(つ)ぎ 子は孫に継(つ)ぎ 家内繁盛 鈴なりに 鯛(たい)に鮑(あわび)に 海老(えび)ひらめ さてもめでたや 皆々様よ 長寿祝いの 笑顔酒 笑顔酒
雪岬かつき奈々かつき奈々下地亜記子桜田誠一海は灰色 雪まじり 鳴いて鴎が 風に舞う 恋のつらさを 哀しみを ちぎり捨てても なおさらに… あゝ 想い出させる 雪岬 あゝ あなた恋しい 雪岬  すがりついても くだけ散る 夢ははかない 白い波 甘い言葉に 優しさに 燃えてすごした あの夜よ… あゝ ひとり淋しく 雪岬 あゝ 涙こぼれる 雪岬  胸をさすよに 吹く海風(かぜ)に 未練心が つのります 逢えば泣かせる 人だけど 熱いささやき ぬくもりが… あゝ 忘れられない 雪岬 あゝ 命凍(こご)える 雪岬
出世船かつき奈々かつき奈々下地亜記子桜田誠一船のどてっ腹 蹴とばす波を 意地でのりきる 人生航路 浮世荒海 根性しめて エンヤどっと 夢抱いてコラ エンヤどっと まっしぐら 明日へ漕ぎ出すョー 出世船  希望(のぞみ)ひとすじ 賭けてる馬鹿が いなきゃ世の中 淋しじゃないか 霙(みぞれ)まじりの 薄情しぶき エンヤどっと くぐり抜けコラ エンヤどっと まっしぐら 苦労 ガマンのヨー 出世船  今は雑魚(ざこ)でも いつかは大魚(たいぎょ) 勇気まけん気 やる気が燃える ワカシ イナダに ワラサにブリと エンヤどっと 夢そだてコラ エンヤどっと まっしぐら 命勝負のヨー 出世船
オロロン岬北山たけし北山たけし下地亜記子大谷明裕呼んで 呼んでみたって 届かない どうせ還(かえ)らぬ 遠い人 男未練を からかうように 鳴いて舞い飛ぶ 海鳥よ 北の最果(さいは)て 焼尻島(やぎしり) 天売島(てうり) オロロン オロロン オロロン岬  嘘を 嘘をつく気は なかったが 何もやれずに 終わったね きっと倖せ 掴(つか)んでくれと 祈る夕空 陽が沈む 波が鞭打(むちう)つ 切り立つ断崖(いわ)よ オロロン オロロン オロロン岬  揺れる 揺れるフェリーに ひとり乗る かすむ島影 凍る海 おまえみたいな 優しい女(ひと)に めぐり逢えない もう二度と 明日は留萌(るもい)か 宗谷(そうや)の海か オロロン オロロン オロロン岬
北陸本線山川豊山川豊下地亜記子乙田修三粉雪肩に 舞い散る駅を 人目忍んで 乗る列車 おまえを泣かせた つぐないは いつかかならず 返してみせる 窓辺に揺れる 日本海 二人で落ちる 北陸本線  素足(すあし)のままで 震えるおまえ 抱けばすがって すすり泣く 誰にもやらない 離さない 指の先まで もう俺のもの 鉛(なまり)色した 日本海 涙も凍(こお)る 北陸本線  トンネルいくつ 抜ければ会える 遠い小さな 倖せに 地図にもないよな 港町 夢を重ねて 暮らしてゆこう さか巻く波の 日本海 明日(あした)へ走る 北陸本線
紅吹雪真木柚布子真木柚布子下地亜記子樋口義高桜庭伸幸たとえば阿修羅の 明日でも たとえば離れて 生きようと あなたは私の 光です この愛死ぬまで 忘れない 恋しい人の 倖せを 心ひとすじ 祈りたい 燃えて…燃えて…燃えて 吹雪 地吹雪 紅吹雪… 雪よ降れ降れ 命しんしん 雪よ降れ  たとえば地の果て 海の底 たとえば血を吐き 泣こうとも 涙の鎖を ひきずって 蛇身(じゃしん)となっても 愛し抜く 簪(かんざし)よりも 着物より 熱い想い出 あればいい 燃えて…燃えて…燃えて 吹雪 地吹雪 紅吹雪… 女咲け咲け 命めらめら 染めて咲け  燃えて…燃えて…燃えて 吹雪 地吹雪 紅吹雪… 雪よ降れ降れ 命しんしん 雪よ降れ
ふられ上手真木柚布子真木柚布子下地亜記子樋口義高桜庭伸幸壊れたヒール ぶらさげて 追いかけるよな がらじゃない 本気にさせて まいらせといて いつも男は 消えてゆく 逢いたい…逢えない… 泣きたい…ほんのちょっぴり 飲みたい…酔いたい…カッコ悪いかな あぁ…哀しいね 私 意地っ張り ふられ ふられ上手だね  今度はマジに 惚れていた 信じて夢を 見ていたよ かけひきなしで 愛してみても 男心は シャボン玉 逢いたい…逢えない… 泣きたい…ほんのちょっぴり 飲みたい…酔いたい…カッコ悪いかな あぁ…バカだよね 私 お人好し ふられ ふられ上手だね  逢いたい…逢えない… 泣きたい…ほんのちょっぴり 飲みたい…酔いたい…カッコ悪いかな あぁ…哀しいね 私 意地っ張り ふられ ふられ上手だね
淡墨桜石原詢子石原詢子下地亜記子徳久広司下へ下へと 根を伸ばし 雨風(あめかぜ) 嵐に 耐えて立つ 優しく清く しなやかな 母によく似た その姿 あの故郷(ふるさと)の 山里で 凛(りん)と咲いてる 淡墨桜  夢は枯れない 散らさない 待つほど大きく 育てます 哀しい時も ほほえみを 胸に咲かせて 生きてゆく 無口な母の 面影が 花に重なる 淡墨桜  泣いた分だけ 倖せが 必ず来るよと 母の声 根雪は溶けて 川になる 蕾(つぼみ)開(ひら)いて 夜は明ける 私の春も きっと来る 咲けよ匂えよ 淡墨桜
夜明け坂伍代夏子伍代夏子下地亜記子弦哲也凍る根雪(ねゆき)の その下で 私の倖せ 春を待つ 人を信じて 傷ついて 転(ころ)ぶ涙の 水たまり まさかまさかの 坂道登りゃ もうすぐ夜明けの 陽が昇る  めぐり合わせの ふしあわせ いつでも哀しい 役まわり 笑うことさえ つらい日を つくり笑顔で 耐えてきた まさかまさかの 坂道だけど もうすぐ夜明けの 鳥が飛ぶ  ままにならない この世でも 捨ててはいません 夢だけは 後ろ見ないで 歩いたら いつか出会える 倖せに まさかまさかの 坂道越えりゃ もうすぐ夜明けの 春が来る
藤十郎の恋鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子西條キロク池多孝春聞いてくだされ この胸のうち 秘めて幾年(いくとせ) せつない恋よ 女心に 火をつけ燃やす 甘い言葉の 愛しさ憎さ 鴨川(かも)の川風 祇園の夜風 嘘が彩(いろど)る 恋ざんげ  お梶どの 嘘や偽りで この様なことが打ち明けられようか… わしが二十歳、そなたが十六の祇園祭の夜 出会(でお)うた時から 一日も忘れた日はない 心が焼けるように 恋焦がれていたのじゃ… この想い 哀れと思うてくだされ…のう お梶どの… 藤十郎様…それはみな本心かえ あなたは京歌舞伎 当代随一の 誉れも高い立役者。それが人妻の私のような者を好いて下さるとは… あぁ…でも それが真実(まこと)ならば 梶は三国一の果報者…嬉しゅうございます…  人目逃れの 離れの座敷 女泣かせの 偽(いつわ)り芝居 妻という名も 操(みさお)も捨てて ついてゆきたい 地獄へなりと そっと吹き消す 絹行燈(きぬあんどん)よ 闇に溶けゆく 恋ざんげ  あ…許して下され 不義密通は天下のご法度。 とんでもない事を言うてしまった… 心の奥に隠して 耐えて忍んできたものを…忘れて下され お梶どの… 何を今更 もう私の心は後戻りできませぬ たとえ水火(すいか)の苦しみも 死出の三途の道なりと 梶は藤十郎様とならば厭(いと)いませぬ… どうぞ抱いてくださりませ…  芸のためなら命もかける 恋もしかける 涙も流す たとえ嘘でも 恨みはしない 夢の一夜(ひとよ)が 冥途(めいど)の土産(みやげ) 響く拍子木(ひょうしぎ) 散る夕ざくら 罪な花道 恋ざんげ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おしどり道中鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子西條キロク池多孝春富士のお山が 雪白粉(ゆきおしろい)で 笑って見送る 東海道 好きなあなたと 手に手を取って お伊勢参りの 青い空 相惚(あいぼ)れ おか惚れ ひと目惚れ おしどり道中 えェ…ふたりづれ  三保(みほ)の松原(まつばら) 潮風うけて 輪を描くトンビも 夫婦旅 波の華散る 遠州灘の 沖に白帆(しらほ)の 船が行く 相惚れ おか惚れ ひと目惚れ おしどり道中 えェ…ふたりづれ  長脇差(どす)じゃ斬れない 絆の糸を 心に結べば 春の風 虹がまたいだ 天竜川に 唄が流れる 花が咲く 相惚れ おか惚れ ひと目惚れ おしどり道中 えェ…ふたりづれ
天狼星山本譲二山本譲二下地亜記子弦哲也前田俊明冬枯れの 荒野の空に 碧(あお)く凛々(りり)しく 光る銀河よ 天浪星 見上げてひとり 来た道を 振り返る 男には 捨ててはならぬ ものがある 男には 燃えねばならぬ 時がある 煌(きらめ)き 輝(かがや)け あの星のように 涙をぬぐって 夢を抱け  死ぬことも 厭(いと)わぬほどの 熱き情熱(おもい)に 命焦(こ)がして 天浪星 見上げてひとり あの女(ひと)を 想い出す 愛だけで 生きては行けぬ この世でも 愛なくて 生きてく甲斐が 何処にある 煌(きらめ)き 輝(かがや)け あの星のように 優しき眼差(まなざ)し 降りそそげ  男には 捨ててはならぬ ものがある 男には 燃えねばならぬ 時がある 煌(きらめ)き 輝(かがや)け あの星のように 涙をぬぐって 夢を抱け 涙をぬぐって 夢を抱け
浪曲劇場「森の石松」米倉ますみ米倉ますみ下地亜記子桧原さとしお人よしだと 笑われようと 馬鹿は死ななきゃ 直らない 森の石松 世渡り下手で 嘘やお世辞は まっぴらごめん 富士の白雪 茶の香り 清水港の いい男  石松「呑みねぇ呑みねえ、寿司を喰いねぇな、寿司を。 江戸っ子だってねぇ」 江戸っ子「神田の生まれよ」 石松「そうだってねえ、お前さん、ばかに詳しいようだから ちょいと聞くんだけど、次郎長の子分が大勢ある中で、 一番強ぇのは、誰だか知ってるか?」 江戸っ子「そりゃ、知ってらい」 石松「誰が強ぇ?」 江戸っ子「まず何と言っても大政でしょうねえ」 石松「あ、やっぱり…あの野郎、槍使いやがるからねぇ。 二番目は誰だい?」 江戸っ子「小政だね」 石松「あいつは居合い抜きで手が早ぇから。三番目は?」 江戸っ子「大瀬半五郎] 石松「奴は利口だからねぇ。四番目は?」 江戸っ子「増川の仙石衛門」 石松「出てこねぇよ、おい。いやな野郎に会っちゃったなあ… けどまぁ五番には俺より他はねぇからなぁ…五番目は誰だい?」 江戸っ子「法印大五郎」 石松「六番は?」 江戸っ子「追分の三五郎」 石松「七番は?」 江戸っ子「尾張の大野の鶴吉」 石松「八番は?」 江戸っ子「尾張の桶屋の吉五郎」 石松「九番は?」 江戸っ子「美保の松五郎」 石松「十番は?」 江戸っ子「問屋場の大熊」 石松「この野郎…やいっ、お前あんまり詳しかねぇなぁ、清水一家で 強ぇのを、誰かひとり忘れてやしませんかってんだよ」 江戸っ子「清木一家で強ぇと言やぁ、大政に小紋、大瀬半五郎、 遠州森のい…あっすまねえ、『い』の一番に言わなきゃならねぇ 一番強ぇのを忘れていた、大政だって小牧だってかなわねえ、 遠州森の石松。、これが一番…強ぇにゃ強ぇが、あの野郎は 人間が馬鹿だからねぇ」  義理と人情と 度胸は負けぬ 肩で風きる 東海道 森の石松 女にゃ弱い おっと涙は まっぴらごめん わざとつれなく 背を向ける 清水港の いい男
よさこい時雨永井みゆき永井みゆき下地亜記子水森英夫酒の優しさ ぬくもり借りて 飲めば未練が またつのる 待って待たされ 播磨屋橋(はりまやばし)に 立てば涙の 雨が降る あなた恋しい よさこい時雨  鳴子(なるこ)鳴らせど 心は寒い 恋の夢漕ぐ 人もない 待って待たされ あなたを呼べば 灯(あか)りちらちら 桂浜(かつらはま) 月も隠れる よさこい時雨  浮世涙を 集めたような 瀬音(せおと)哀しい 鏡川(かがみがわ) 待って待たされ 夜更けのつらさ 夢を枕に 忍び泣き 春はいつ来る よさこい時雨
想い出小樽山内惠介山内惠介下地亜記子水森英夫前田俊明追ってはいけない 君を追いかけ ここまで来たけど 帰ります 涙ぼかしの 黄昏(たそがれ)は 胸にざわざわ 未練風 想い出小樽 運河のほとり 二度とあの日に もう戻れない  港を背にして 坂を登れば 君住むあの町 霧の中 一度もつれて しまったら ほどけないのか こころ糸 想い出小樽 運河にひとり レンガ倉庫に 鐘の音(ね)ひびく  別れて知ったよ 君の優しさ 男は愚かで 臆病さ 忘れきれない 人だけど 明日をさがして 歩く町 想い出小樽 運河のあかり 水面(みず)に面影 哀しく浮かぶ
明石海峡水森かおり水森かおり下地亜記子森川龍伊戸のりおあれは塩屋(しおや)か 須磨(すま)の灯か 私を呼ぶよに 揺れている 風がひゅるひゅる 泣く夜は ぬくもり欲しいと 海も泣く 命の綱(つな)の この恋を 待って背伸びの 待って背伸びの 明石海峡  ひとり波音 聞きながら もうすぐ二度目の 秋が来る 胸にしとしと 降る雨が 恋しさせつなさ つれてくる 想い出だけを 抱きしめて 待ってたたずむ 待ってたたずむ 明石海峡  しぶき岩打つ 淡路島 あなたはいつ来る いつ帰る 涙はらはら 頬濡らし 淋しさばかりが 凍りつく 今夜は夢で 逢えますか 待って哀しい 待って哀しい 明石海峡
雪次郎鴉香田晋香田晋下地亜記子宮路オサム酒と女と 喧嘩が好きで ひとつおまけに お人好し 出世かみしも パラリと脱いで 羽もないのに 旅鴉 みぞれ舞い散る 甲州路 肩で風切る 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン直らねぇ  元(もと)をただせば 侍(さむらい)くずれ 野暮でござんす 言うじゃねぇ 可愛あの娘(こ)の 情けを蹴(け)って 捨てた故郷 両親(おや)の顔 脇差(どす)を抱き寝の 東海道 泣けてきやんす 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン直らねぇ  人の値うちを 表面(うわべ)で決める そんな世間は まっぴらさゆすり集(たかり)は 見棄(みす)てておけぬ 男一匹 暴れ旅 明日は木曽路か 中仙道 草鞋(わらじ)まかせの 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン直らねぇ オソマツ!!
手酌酒香田晋香田晋下地亜記子岸本健介惚れちゃいけない 人でした 見てはいけない 夢でした 命まるごと 信じてた 信じてた 馬鹿よバカバカ 馬鹿なのね 馬鹿でした 女心の傷あとに 流す涙の 手酌酒  離さないよと 抱いた人 燃えて酔わせて 消えた人 男心も 知らないで 知らないで 馬鹿よバカバカ 馬鹿なのね 馬鹿でした にくい嘘さえ 恋しくて 未練悲しい 手酌酒  飲めば尚さら つらくなる 酔えば 逢いたく なるばかり 二度と帰らぬ恋なのに 恋なのに 馬鹿よバカバカ 馬鹿なのね 馬鹿でした 女ひとりの 淋しさに すがる夜更けの 手酌酒
想い出つゆ草谷本知美谷本知美下地亜記子朝月廣臣石倉重信愛の命の 儚(はかな)さもろさ いつしか心は すれちがい 別れましょうか やり直そうか ひとり旅路の 迷い道 想い出つゆ草 咲いている なぜか恋しい 母の胸  「一度結んだ 絆の糸は 大事になさいね いつまでも」 嫁ぐ日母が 優しく言った 言葉今でも 忘れない 想い出つゆ草 咲いている 遠い故郷が 浮かびます  憎さ愛しさ 行ったりきたり やっぱりあなたに 帰りたい 涙の雨や 苦労の風に 耐えて女は 花になる 想い出つゆ草 咲いている 家路急げば 月あかり
あなたがいたから千花有黄千花有黄下地亜記子聖川湧若草恵哀しみに うちひしがれて 生きるのが せつない夜は いつもあなたを 想い出す 明るい笑顔 優しい言葉 何気ない一言で 元気になれた あなたがいたから 今日までこれた あなたがいたから 明日(あした)があるの  迷い道 さまよいながら 転んでは 傷つき泣いた だけどあなたと 出逢えたわ 愛する心 教えてくれた 花よりも星よりも 綺麗なものを あなたのおかげで この夢抱いて あなたのおかげで 歩いてゆける  私を信じ 支えてくれた ありがとう永遠(えいえん)に 忘れはしない あなたがいたから 今日までこれた あなたがいたから 明日(あした)があるの
さくら草千花有黄千花有黄下地亜記子聖川湧若草恵涙で明日(あした)が 見えないほどに こんなに愛して いたなんて あの日は儚(はかな)い まぼろしか ふたたび還(かえ)らぬ 夢ですね あなたを忘れない 心に春を くれた人 さくら草咲く 田島が原で もう一度 出逢いたい  薄紅色した スカーフ巻いて 歩けば恋しさ 溢れます 季節がどんなに 流れても 変わらぬ愛だと 信じてた 心のすれちがい 遅すぎたのね 気づくのが さくら草咲く あの日の小径(こみち) 想い出に 吹く風よ  「希望」の花言葉 抱きしめながら 待ちたいの さくら草咲く 田島が原で もう一度 出逢いたい
雨の修善寺水森かおり水森かおり下地亜記子弦哲也伊戸のりお何処へ流れる 桂川(かつらがわ) 人の心も 流れて変わる 私がひとり 身を引けば あなたは楽に なるのでしょうか 雨の修善寺 涙こぼれる 楓橋(かえでばし)  そばにあなたが いたならば 窓の景色も 色づくものを 蛍火揺れる 夕暮れは 人恋しさに 泣くのでしょうか 雨の修善寺 風に笹の音(ね) 竹の道  眠れないから つらいから 胸の痛手を 夜風でぬぐう 女の意地を 強がりを 愚かと他人(ひと)は 笑うでしょうか 雨の修善寺 涙夜通(よどお)し 降りやまず
恋する街角~スペシャルバージョン山内惠介山内惠介下地亜記子水森英夫夜の札幌 すすき野しぐれ 男はゆきずり 女は傘をさす 夢待ち通り 夢はしご どこか気が合う 肌が合う 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  花の東京 サカスにヒルズ 男は弱虫 女は泣き虫で 夢待ち通り 夢もよう ミッドタウンの 夜は更けて 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  名古屋盛り場 住吉 錦 男は陽気で 女は意地っ張り 夢待ち通り 夢はしゃぎ 恋は瑠璃色 バラの色 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  雨の大阪 道頓堀(とんぼり)あかり 男は熱燗 女は水割りで 夢待ち通り 夢酒場 夜に泣く人 笑う人 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  博多那珂川(なかがわ) 中洲の屋台 男は照れ屋で 女は思いやり 夢待ち通り 夢さがし 明日に咲く花 揺れる花 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角
風来抄(ふうらいしょう)氷川きよし氷川きよし下地亜記子杜奏太朗石倉重信恋も涙も 想い出も 男は背中に 隠して生きる 灯(あか)りともれば 酒もよし 酔えば人(ひと)恋(こ)う 歌もよし 飾らず 無理せず 俺らしく 風に吹かれて 行こうじゃないか  つらい過去(むかし)の 傷あとは 誰にもあるのさ 二(ふた)つや三(みっ)つ 器用なんかじゃ ないけれど 情け交わして 生きようか 優しく 楽しく あたたかく 風と語らい 行こうじゃないか  夢を追いかけ 追いつけず 季節がいくつも 追い越してゆく いいさ時代に 流されず 古い男で いるもよし 飾らず まっすぐ 俺らしく 風の吹くまま 行こうじゃないか
港子守歌藤あや子藤あや子下地亜記子小野彩はよ寝ろ泣かんで おろろんばい おろろん おろろん おろろんばい  鴎(とり)の数より なお多い 涙ため息 哀しみよ 騒がないでね 海鳴りよ 遠い想い出 目を覚ます はよ寝ろ泣かんで おろろんばい おろろん おろろん おろろんばい 風よ歌って 子守歌 港子守歌(みなとこもりうた)  熱い口づけ 恋しいの 灼けた素肌が 恋しいの あなたに逢いたい 今すぐに 夜更けぐずるか 恋心 はよ寝ろ泣かんで おろろんばい おろろん おろろん おろろんばい 海よ歌って 子守歌 港子守歌(みなとこもりうた)  はよ寝ろ泣かんで おろろんばい おろろん おろろん おろろんばい 波よ歌って 子守歌 港子守歌(みなとこもりうた)
恋する街角GOLD LYLIC山内惠介GOLD LYLIC山内惠介下地亜記子水森英夫伊戸のりお夜の札幌 すすき野しぐれ 男はゆきずり 女は傘をさす 夢待ち通り 夢はしご どこか気が合う 肌が合う 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  名古屋盛り場 住吉 錦 男は陽気で 女は意地っ張り 夢待ち通り 夢はしゃぎ 恋は瑠璃色 バラの色 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  雨の大阪 道頓堀(とんぼり)あかり 男は熱燗 女は水割りで 夢待ち通り 夢酒場 夜に泣く人 笑う人 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角  博多那珂川 中洲の屋台 男は照れ屋で 女は思いやり 夢待ち通り 夢さがし 明日に咲く花 揺れる花 惚れたね ほの字だね ホッホー 惚れたね ほの字だね ホッホー 恋する街角
寿 契り酒石原詢子石原詢子下地亜記子徳久広司南郷達也めでためでたの 夫婦の門出 命重ねる 金屏風 人生苦労を 分け合って きっと幸せ 咲かせます 祝い寿(ことぶき) 契り酒  今は幼い 番(つがい)の鳥も いつか大空 飛んで舞う 見ていて下さい 温かく きっと幸せ 咲かせます 祝い盃 契り酒  枝は栄えて 末広がりに 夢を大事に 育てます 哀しい時ほど 支え合い きっと幸せ 咲かせます 祝い高砂(たかさご) 契り酒
祭り囃子氷川きよし氷川きよし下地亜記子大谷明裕前田俊明故郷(くに)を出る時 送ってくれた 幼なじみの 笑顔が浮かぶ 夕陽 せせらぎ 魚釣り 風と遊んだ 故郷(ふるさと)は 祭り囃子が 聞こえる頃か…  夜なべしながら 母さんが 書いてくれたか 優しい便り 花火 綿アメ 盆踊り 夢に出てくる 故郷(ふるさと)は 祭り囃子が 聞こえる頃か…  いつか気がつきゃ 父さんの 十八番(おはこ)演歌を ふと口ずさむ 蚊遣(かや)り 涼風(すずかぜ) 月あかり ホタル飛びかう 故郷(ふるさと)は 祭り囃子が 聞こえる頃か…
杏の花咲く里氷川きよし氷川きよし下地亜記子桧原さとし石倉重信赤い夕陽に 綿雲ひとつ はるかな山並み 鎮守(ちんじゅ)の森よ 杏の花の 咲く丘を 夢に見るたび 泣けてくる あぁ…故里は 哀しい時に 想うもの  濡れた瞳が 優しく浮かぶ 倖せだろうか 独りだろうか 杏の花の 咲く丘で 君にサヨナラ 言ったっけ あぁ…故里は 淋しい時に 想うもの  清きせせらぎ 雪解(ゆきど)け水よ 父母(ちちはは)いもうと 元気だろうか 杏の花の 咲く丘に いつか帰ろう 帰りたい あぁ…故里は せつない時に 想うもの
おけさ海峡上杉香緒里上杉香緒里下地亜記子岡千秋伊戸のりおおけさ踊りに 鬼太鼓(おんでこ)が つらい心に しみとおる あなた あなた恋しや 遠い空 せめて夢でも 逢いたいよ 風が震える 佐渡海峡  黄花かんぞう 咲く頃に きっと帰ると 言った人 いつに いつになったら その胸で 泣いて甘える 夜が来る 海に名を呼ぶ 佐渡海峡  紺の絣(かすり)に 菅笠(すげがさ)で 送り迎えの たらい舟 女 女心も 届かない 佐渡は四十九里 波しぶき 未練海鳴り 佐渡海峡
命散らせて梅沢富美男梅沢富美男下地亜記子井上現血の色よりも なおまだ紅(あか)い 罪の香りの 寒椿 火より激しく 雪より白く 愛し合っても 何故(なぜ)許されぬ 北上川の風よ吹け吹け、雪よ降れ降れ 命、いのち散らせて……恋よ咲け  よろけて倒れ 抱きかかえられ 二人寄り添う 雪荒野(こうや) 笑顔浮かべて 手に手をとって 明日は夫婦(めおと)さ あの世とやらで 北上川の風よ吹け吹け、雪よ降れ降れ 命、いのち散らせて……恋よ咲け  契(ちぎ)りの酒か 末期(まつご)の水か 命からめて 口うつし 朱(あか)いしごきで 結(むす)んだ身体(からだ) 紅(あか)い絆で 結んだ心 北上川の風よ吹け吹け、雪よ降れ降れ 命、いのち散らせて……恋よ咲け
だるま人生小宮恵子小宮恵子下地亜記子乙田修三日蔭育ちの 小さな枝も 千両万両の 実をつける あんた負けたら すねたらあかん 辛抱我慢で 起きるんや だるま根性で だるま根性で 春を呼べ  銭がもの言う 世の中やけど うちにはあんたが 宝です 恋も人情も ソロバンづくじゃ 熱い心は わからへん だるま坂道 だるま坂道 情け道  いつか来る来る あんたの出番 苦労は明日(あす)への かけ橋や 夢を捨てたら 投げたらあかん そばにうちかて ついてます だるま人生 だるま人生 二人づれ
雪次郎鴉宮路オサム宮路オサム下地亜記子宮路オサム酒と女と 喧嘩が好きで ひとつおまけに お人好し 出世かみしも パラリと脱いで 羽もないのに 旅鴉 みぞれ舞い散る 甲州路 肩で風切る 雪次郎 バカは死ななきゃ アアン…アン 直らねぇ  元をただせば 侍くずれ 野暮でござんす 言うじゃねぇ 可愛あの娘(こ)の 情けを蹴って 捨てた故郷 両親(おや)の顔 脇差(どす)を抱き寝の 東海道 泣けてきやんす 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン 直らねぇ  人の値うちを 表面(うわべ)で決める そんな世間は まっぴらさ ゆすり集(たかり)は 見棄(みす)てておけぬ 男一匹 暴れ旅 明日は木曽路か 中仙道 草鞋(わらじ)まかせの 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン 直らねぇ  オソマツ!!
泣きぼくろ松原のぶえ松原のぶえ下地亜記子市川昭介南郷達也捨ててゆくなら 優しさなんて 胸に残して ゆかないで あなた寒いわ 心が肌が せめて逢いたい もう一度 想い出 溜息 涙酒 未練哀しい 泣きぼくろ  つらい別れが 教えてくれた 男心の 裏表 あなた答えて あの優しさは その場限りの 嘘ですか 気まぐれ たわむれ 薄情け 濡れて哀しい 泣きぼくろ  憎さ三分(さんぶ)に 愛しさ七分(しちぶ) 忘れられない 身がつらい あなた欲しいの あのぬくもりが 夢の中でも 恋しがる 独り寝 ぬけがら ほつれ髪 運命(さだめ)哀しい 泣きぼくろ
男一代市川由紀乃市川由紀乃下地亜記子市川昭介胸でうず巻く 命の炎 抱いていばらの 道をゆく 苦労冷や飯 奥歯で噛んで 耐えろ 希みが叶うまで 男一代 夢よ咲け  度胸生きざま 覚悟のほどは 腑抜けなんかにゃ わかるまい 死んだつもりで やるだけやれば いつかでっかい 実もなるさ 男一代 花と咲け  勝って驕るな 負けても泣くな 円い月夜も 一夜きり 蔭に日向に 汗水流す 根性ひとつが 切り札さ 男一代 明日に咲け
越前恋吹雪市川由紀乃市川由紀乃下地亜記子市川昭介吠えるよに 波が逆巻く 押しよせる 涙が凍る 日本海 薄い縁の あの人の 優しいぬくもり 想い出す ひゅーんひゅーん 胸が泣く ひゅーんひゅーん 肌が泣く 雪の越前 恋吹雪  身をこがし 心燃やした ときめきは 幻ですか 夢ですか 一生一度の 恋なのに 冷たい運命の 別れです ひゅーんひゅーん 胸が泣く ひゅーんひゅーん 肌が泣く 雪の越前 恋吹雪  忘れられたら 恨めたら 明日をさがして ゆけるのに ひゅーんひゅーん 胸が泣く ひゅーんひゅーん 肌が泣く 雪の越前 恋吹雪
度胸花市川由紀乃市川由紀乃下地亜記子市川昭介丸い世間を 四角に生きて 人に抗(さから)う ヘソ曲がり 馬鹿と言わりょと 笑わりょと 胸に根を張る 心意気 男 根性で 夢咲かす 度胸花  たかが恋だろ 男じゃないか 未練涙は おかしいぜ 人の値うちは 心だと わかる女が きっといる ここは一番 辛抱さ 度胸花  スルメ噛むよに 苦労を噛んで 生きてゆくのが 男だぜ 浮世雨風 あればこそ 枝も栄える 葉も繁る 笑顔千両で 明日(あす)をよぶ 度胸花
縁(えにし)鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子徳久広司この川を この川を 越えれば待ってる 倖せが 苦労かけたな 泣かせたな いいえ今さら 水くさい 春の風 秋しぐれ 冬の雪 めぐる年月 幾山河 縁結んで ふたり旅  この山を この山を 越えれば向こうに 灯がともる つなぐこの手の ぬくもりが あれば笑顔で 生きられる 春の風 秋しぐれ 冬の雪 耐えて寄り添い 信じ合い 縁はなさず ふたり旅  この坂を この坂を 越えれば明日が 見えてくる 涙 痛みを 分け合って いつか花咲く その日まで 春の風 秋しぐれ 冬の雪 浮世かたすみ 夢抱いて 縁ひとすじ ふたり旅
雪のみちゆき 梅川・忠兵衛鏡五郎&真木柚布子鏡五郎&真木柚布子下地亜記子久保進一たとえ死のうと 嘲笑(わらわ)れようと 引くに引けない 恋の意地 つらい浮世の 哀しい運命(さだめ) あなたいりゃこそ 耐えられた 梅川… 忠さま… 揺れる紅(あか)い灯(ひ) しのび泣く  『察(さっ)しはついていようが あの金は届け ねばならぬ預かり金 その封印(ふういん)を切った からには命がないのは知れた事… あのように衆人(みな)の前で恥かかされて は男の一分(いちぶ)がたたず…梅川 わいと 一緒に死んでくれるか…』 『かんにんして下さんせ いとしい忠さま を罪人(とがにん)にしたのも みんなこの私ゆ え‥ 命など なんで惜しい事がありま しょう 金(かね)が仇(かたき)の世の中で 主(ぬし)さんだけ が わてのもの 一緒に死ねるなら本望(ほんもう) 嬉しいわいなぁ…』  花は散っても 根元に還(かえ)る 人は還れぬ 死出の旅 恨みますまい この世のことは みんな儚い 夢の夢 梅川… 忠さま… 急ぐ大和路(やまとじ) 凍る空  『死ぬる身に心残りはないけれど 忠さ まの親父様(おやじさま)に一目逢(お)うて お詫びがし たかった…さだめしこの梅川を恨みに 思うていられるにちがいない…』 『そなたの母御(ははご)とて同じこと 先立つ不 孝はあの世とやらで詫びもしょう… さぁ さ急げ 追っ手に見つかり引き離されて は一大事 離れまいぞえ なぁ梅川』  吹雪く荒野(あれの)で よろけて倒れ 息を殺して 肌寄せる どうぞ許して 私の咎(とが)を これが今生(こんじょう)の お別れか 梅川… 忠さま… 雪のみちゆき 鳥が啼く
ひとり薩摩路GOLD LYLIC水森かおりGOLD LYLIC水森かおり下地亜記子弦哲也前田俊明春は桜の 薩摩路を 行けば涙が こぼれます あなたを忘れる 旅なのに いつまで未練に 泣くのでしょうか… ここは 出水の 鶴の里 頬を濡らして 雨が降る  待つか奪うか 別れるか 雲の流れに 聞いてみる 心にしまった 恋ならば 誰にも邪魔など されないでしょう… ひとり 指宿 枕崎 波が想い出 つれてくる  秋は紅葉の 薩摩路へ ふたり旅する はずでした うしろを見ないで 歩いたら 私の明日に 逢えるでしょうか… 日暮れ 鹿児島 桜島 あなた恋しと 風が泣く
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
小紅の渡し真木柚布子真木柚布子下地亜記子神島万嵯緒南郷達也瀬音かなしい 小紅の渡し 風が冷たく 肌を刺す 離さないでね この指を あなた死ぬまで 一緒です 命はひとつ 恋ひとつ 揺れて寄り添う 長良川  後ろ髪引く 小紅の渡し 母に不幸の 手を合わす 人の噂や 白い目に 耐えて暮らすか 妹よ 命はひとつ 恋ひとつ 捨てる故郷 長良川  川を横切る 小紅の渡し 苦労承知の 向こう岸 踏まれ踏まれて 生きようと いつか二人に 花も咲く 命はひとつ 恋ひとつ きしむ櫓の音 長良川
越中恋歌真木柚布子真木柚布子下地亜記子神島万嵯緒南郷達也踊る輪の中 秘かに抜けて 忍び逢う身に 胡弓が沁みる つらさ承知で 惚れたのだから いいのよ いいのよ 泣いてもいいの 越中おわらの 風の盆  桜吹雪の 花びら受けて ふたり歩いた 松川べりよ 胸に恋の火 灯したあの日 いいのよ いいのよ 散る日が来ても 越中風舞い 城下町  明日の運命も 女の夢も みんな預けて あなたにすがる 港 漁火 泣く波の音 いいのよ いいのよ ぬくもりだけで 越中しぐれの 氷見の宿
迷い蛍石原詢子石原詢子下地亜記子四方章人前田俊明やせたねと…あなた肩を抱く 優しさに…わたし涙ぐむ 咲いてはかなく 散ってゆく 今宵(こよい)かぎりの 夢一夜 燃える未練火 迷い蛍が 蚊帳(かや)の中  しんしんと…夜が深くなる 忍び泣く…雨よ せせらぎよ めぐり逢うのが 遅すぎた 恋の運命(さだめ)の にくらしさ 抱いて下さい 迷い蛍が 身を焦(こ)がす  わがままは…あなた困らせる 言えません…みんな捨ててとは 別れたくない 二人でも つらい夜風が 引き離す 闇(やみ)にただよう 迷い蛍が 乱れ舞う
春待さくら草松原のぶえ松原のぶえ下地亜記子岡千秋伊戸のりお泣いちゃいけない くじけちゃダメよ 転べば起きましょ 何度でも 苦労に負けたら 明日(あす)はない 花よ咲け咲け 命の限り つらいの つらいの飛んでゆけ 飛んでゆけ おんな夢みる さくら草  お人好しだと 笑われようと 信じてゆきたい 人の世を 誰にもあるのよ 傷あとは 花よ咲け咲け 浮世の隅で 痛いの 痛いの飛んでゆけ 飛んでゆけ 耐えて忍んだ さくら草  夢を支えに 歩いてゆけば いつかは倖せ きっと来る 涙は明日(あした)の 邪魔になる 花よ咲け咲け 心の庭に 弱虫 泣き虫 飛んでゆけ 飛んでゆけ つぼみ春待つ さくら草
裏町川上杉香緒里上杉香緒里下地亜記子徳久広司惚れちゃならない 人を好く 女の弱さよ 哀しさよ 信じて夢見て また泣かされて うしろ見送る 倖(しあわ)せばかり 路地の灯(ひ)揺れてる 裏町川よ  言えば誰かを 傷つける 言わねば心が 張り裂ける あなたがいけない 訳ではないの 忘れられない 私が悪い 夜風が身にしむ 裏町川よ  人の心と 川の水 流れてしまえば 戻らない はかない浮世の 哀しさ抱けば いつか身につく 諦(あきら)めぐせよ 三日月浮かべた 裏町川よ
長崎夜曲水森かおり水森かおり下地亜記子杜奏太朗伊戸のりおあなた待ちましょか 探(さが)しましょうか 迷う心の 思案橋 共にふた冬 過ごした人が 手紙ひとつも ない別れ さようなら さようなら さようなら 涙 出島の 長崎夜曲  飲んで酔いましょか 恨みましょうか 想い出したら つらい恋 薄いガラスの ビードロ吹けば ポンと哀しい 音がする さようなら さようなら さようなら 涙 丸山 長崎夜曲  ひとり泣きましょか 忘れましょうか 鐘が鳴ります 大浦天主堂(てんしゅどう) 置いてゆくなら 出てゆくのなら 未練ばかりを なぜ残す さようなら さようなら さようなら 涙 坂道 長崎夜曲
鹿児島パラダイス水森かおり水森かおり下地亜記子東天晴伊戸のりお桜島 錦江湾 霧島 指宿 枕崎 よか 青空 湯けむり 連絡船よ 女なら 花になれ 西郷どんかて 見てござる よか 笑顔と情けと 意地と情熱(ねつ) 「花は霧島 煙草は国分 燃えて上がるは オハラハー 桜島」 おやっとさあ つらか時 大きな海見て 風になれ よか鹿児島パラパラ パラダイス  種子島 屋久島に 奄美の諸島に ヨロン島 よか 輝く太陽 珊瑚の海よ 男なら やり通せ 転べば何度も 起き上がれ よか 苦労が男を 磨くのさ 「見えた見えたよ 松原越しに 丸に十の字のオハラハー 帆が見えた」 おやっとさあ つらか時 よかにせ おごじょも みなおいで よか 鹿児島パラパラ パラダイス  薩摩半島 開聞岳 大隈半島 佐多岬 よか オレンジ鉄道 明日に走る 女なら 夢をもて 翼を広げて 飛び上がれ よか 出水の空には 鶴が舞う 「可愛がられて 寝た夜もござる 泣いて明かしたオハラハー 夜もござる」 おやっとさあ つらか時 夜空を見上げて 星になれ よか 鹿児島パラパラ パラダイス  よか 鹿児島パラパラ パラダイス
門出酒廣瀬倖廣瀬倖下地亜記子神島万瑳緒鈴木英明嫁ぐ娘が お酌をすれば わざとつれなく 横を向く 嬉しさ七分に 淋しさ三分 わかりますとも あなたの気持ち 父娘しみじみ 門出酒  熱で火照った お前を抱いて 雪の夜道を 走ったわ 想い出いくつも 心をよぎる よくぞここまで 育ってくれた 涙こらえる 門出酒  梅に鶯 似合いの二人 ついて行くのよ 尽くすのよ 心を結んで 肩抱き合って 二人三脚 転ばぬように 祈る幸せ 門出酒
さすらい純情黒川英二黒川英二下地亜記子岡千秋若草恵心の荒野に 夕陽が沈む 俺を叱って 哭くカモメ 別れた あの日の お前の泣き顔 嗚呼… 風が頬打つ しぶき胸打つ 涙が凍る さすらい純情 ながれ旅  夢さえやれずに 許しておくれ きっと掴めよ 倖せを 季節がいくつも 変わってゆくけど 嗚呼… 夏の夜風に 秋の日暮れに おまえを慕(おも)う さすらい純情 はぐれ旅  港の酒場の きしんだ椅子で 詫びて悔やんで 呑む酒よ 霧笛はお前の 呼ぶ声 泣く声 嗚呼… 冬の霙(みぞれ)に 春の嵐に いのちが痛む さすらい純情 ひとり旅
花吹雪・恋吹雪鹿島ひろ美鹿島ひろ美下地亜記子杜奏太朗野中雄一ひゅるる ひゅるひゅると 闇を裂いて 外は虎落笛 素肌を刺す風よ 哀しく別れたあの日 帰らぬ人よ 胸が泣く 空が泣く 命がやせる めぐる季節の その中で 耐えて咲いてる おんな花 花吹雪 恋吹雪… 逢いたいの あなた  ちらり ちらちらと 燃える灯り あれは町の灯か 未練の篝火か 瞼を閉じれば浮かぶ あなたの笑顔 髪が泣く 指が泣く 心が寒い ついてゆきたい どこまでも すがりつきたい その胸に 花吹雪 恋吹雪… 逢いたいの あなた  はらり はらはらと 雪のように 名残り惜しむように 散りゆく桜花 ひとりじゃダメなの私 ぬくもり欲しい すすり泣く しのび泣く あふれる涙 月も朧の 非毛氈 抱いて抱かれる 夢を見る 花吹雪 恋吹雪… 逢いたいの あなた
木遣り恋唄南かなこ南かなこ下地亜記子弦哲也川村栄二鳥の鳴くまで 待たせておいて 来ないあの人 チョイと 憎い 恋は女の 泣きどころ 惚れた弱みの 何とやら 情け深川 裏木戸開けりゃ 顔を出すのは エ… 月ばかり エンヤラヤー エンヤラヤー エンヤラ ヤレコノセー サノセー アレワサ エンヤラヤー  生まれ深川 新木場育ち 粋なあの人 チョイと 素敵 恋は女の 泣きどころ 甘い言葉にキュンとなる 木遣り若衆 纏を振って 消しておくれよ エ… 胸の火事  おぼろ月夜の 桜の下で ぎゅっと抱かれて チョイと 嬉し 恋は女の 泣きどころ 夢と知りつつ また燃える 寝てる茶柱 無理やり立てて 願いかけては エ… ついほろり エンヤラ エンヤラ エンヤラヤー エンヤラ ヤレコノセー サノセー アレワサ エンヤラヤー
浅草パラダイス氷川きよし氷川きよし下地亜記子東天晴伊戸のりお花が咲き 花に酔う お江戸の名残りの 仲見世は ホラ 今宵も更けゆく 提灯(あかし)に揺れて ウキウキと カラコロと 駒下駄鳴らして 石畳 アァ 今宵も あなたに逢いにゆく どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ ソィヤ…ソィヤ…ソィヤ… 雷門 浅草寺(せんそうじ) 馬道 千束(せんぞく) 花川戸 あぁ 浅草パラパラ パラダイス  ほおずきに 朝顔に 年の瀬 羽子板 酉(とり)の市 ホラ 二人でひとつの 願かけましょか 夢を見て 恋をして ときめく命が ほとばしる アァ 倖せさがして 花やしき どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ ソィヤ…ソィヤ…ソィヤ… てやんでえ べらんめえ 人情が自慢の 江戸っ子だい あぁ 浅草パラパラ パラダイス  パッと咲き パッと散る 玉屋と鍵屋の 大花火 ホラ 夜空が燃えるよ 心も躍(おど)る 寄りそって ささやいて 言問橋(ことといばし)から柳橋 アァ 夜風に吹かれて 六区(ロック)まで どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ ソィヤ…ソィヤ…ソィヤ… 紙吹雪 汗しぶき 神輿(みこし)にサンバに 人の波 ああ 浅草パラパラ パラダイス ああ 浅草パラパラ パラダイス
いつもみんなで手をつなごう氷川きよし氷川きよし下地亜記子大谷明裕矢野立美昇る朝日を 迎えに行くよ 翼を広げた 鳥たちが 地球はひとつ 世界はひとつ 太陽(ひかり)はひとつ 夢ひとつ 大事に大事に 育て合い 今日はみんなで 手をつなごう  つらい時には 励まし合って 嬉しい時には 歌おうよ 微笑みいっぱい 優しさいっぱい 緑がいっぱい 花いっぱい 大事に大事に 分け合って 明日もみんなで 手をつなごう  愛と力と 勇気があれば 誰にも幸せ やって来る 地球はひとつ 未来はひとつ 願いはひとつ 夢ひとつ 大事に大事に 守り合い いつもみんなで 手をつなごう いつもみんなで 手をつなごう
夏子の海峡氷川きよし氷川きよし下地亜記子大谷明裕石倉重信東の海峡 カモメが飛んだ 子午線(しごせん)越えれば 君住む島だ 明るくまぶしい その笑顔 あの日の別れを 悔やんでいるんだよ 涙 流れて 波の上 夏子 夏子 夏子の海峡  北の海峡 飛沫(しぶき)が跳(は)ねて 大橋渡れば 茜(あかね)に染まる 岬に咲いてる 水仙に 優しい面影 今でも想い出す 渚(なぎさ) 鳴く鳥 啼く風よ 夏子 夏子 夏子の海峡  西の海峡 うず潮さわぐ 逢いたい気持ちも せつなくうねる 倖せだったら 帰るけど やつれていたなら この手で抱きしめる 泣いて 名を呼ぶ 波の音 夏子 夏子 夏子の海峡
心がわり香田晋香田晋下地亜記子岸本健介伊戸のりお惚れて 信じて 尽くして 泣いた 恋のはかなさ 女のつらさ おまえと死ぬまで 一緒だなんて… 嘘よ嘘うそ 嘘よ嘘うそ 嘘でした 嘘でまるめて アバヨで捨てた 心がわりの 憎い人  せめてお酒で まぎらせましょうか 酔って淋しさ 隠しましょうか 花嫁姿が 見たいだなんて… 嘘よ嘘うそ 嘘よ嘘うそ 嘘でした 嘘でまるめて その気にさせた 心がわりの 悪い人  女心を いじめるような 雨が降る降る 未練の雨が おまえが最後の 女だなんて… 嘘よ嘘うそ 嘘よ嘘うそ 嘘でした 嘘でまるめて ホロリとさせた 心がわりの 罪な人
くれない海峡水田かおり水田かおり下地亜記子伊藤雪彦南郷達也泣いて焦がれて あきらめて 旅路の海に 捨てる恋 ねぇあなた 少し恨んでいいですか 未練血の色 にじませて くれない海峡 あぁ…陽が燃える  忘れられない 想い出が 波間に揺れて また浮かぶ ねぇあなた 抱いて下さい もう一度 何処へ帰るか 鴎鳥 くれない海峡 あぁ…潮風が啼く  せめてお願い 夢の中 優しく涙 拭きに来て ねぇあなた 心きりりと軋みます 恋の残り火 凍らせて くれない海峡 あぁ…陽が沈む
かなこの祭だワッショイ南かなこ南かなこ下地亜記子弦哲也桜庭伸幸あばれ神輿の お通りだ 練り合え 揉み合え 担ぎ出せ 笛だ太鼓だ 踊りだ唄だ 夢を背負って まっしぐら 日本列島 北から南 祭だワッショイ  祭だワッショイ  祭は日本の魂だよ  (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ)  笑顔千両 薄化粧 晒しに隠した 白い肌 紅のはち巻き そろいの法被 命ときめく はじけ飛ぶ  日本列島 四季折々に 祭だワッショイ 祭だワッショイ 祭は明日への祷りだよ (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ)  花火 かがり火 松明だ 真っ赤に燃えてる 胸の火よ 情熱だ根性だ 度胸だ意地だ 負けず嫌いの 血潮が騒ぐ 日本列島 西から東 祭だワッショイ 祭だワッショイ 祭は心の故郷だ (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ) ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ)
かなこの浜っ娘ソーラン南かなこ南かなこ下地亜記子弦哲也たかしまあきひこヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン 意地のたすきに 情けの法被(はっぴ) 燃えろ胸の火 あかあかと (ドッコイショ ドッコイショ) 愛嬌ばかりじゃ 生きては行けぬ 女度胸だ 根性だ (ハードッコイショ ドッコイショ)  体そらして 身をくねらせて 跳(は)ねて弾(はじ)けて 舞い踊れ(ドッコイショ ドッコイショ) 天下御免の YOSAKOI ソーラン 沖の鴎も 宙がえり (ハードッコイショ ドッコイショ)  ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン 浜の女子(おなご)は白粉(おしろい)いらぬ 銀の鱗(うろこ)で 肌光るチョイ ヤサエ エンヤサーノ ドッコイショ ハードッコイショ ドッコイショ  つらい憂(う)き世を よいしょと越えて どんと漕ぎ出せ 荒海へ (ドッコイショ ドッコイショ) 泣いていたんじゃ 明日は見えぬ 夢だ元気だ サァ踊れ (ハードッコイショ ドッコイショ) ドッコイショ ドッコイショ ドッコイショ ドッコイショ…
しぐれ道北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二蔦将包いつか来る春 来ない春 待ってさがして 夜が更ける ぬくもりに めぐり逢いたい 寒さこらえて 呑む酒よ ほろり…ほろり 涙しぐれ道  冬の梢に 残り葉が すがりついてる 震えてる 人の世の つらさ切なさ 胸に木枯らし 肩に雪 ほろり…ほろり 涙しぐれ道  雨があがれば 虹の橋 濁り川にも 浮かぶ月 いつの日か 細い路地にも 夢の花咲く 時もある ほろり…ほろり 涙しぐれ道
夢盃岡ゆう子岡ゆう子下地亜記子影山時則夢の一文字 心に抱いて 門出嬉しい 夫婦雛 交わす契りの 三三九度に 浮かぶ笑顔の 祝い酒 めでためでたの 夢盃よ  苦労七坂 峠を超えて 育て咲かせた 紅の花 嫁ぐ娘の 花嫁姿 涙かくした 親ごころ 祝唄もめでたい 夢盃よ  夫婦若松 寄り添いながら 一生末代 睦まじく 祈る幸せ 末広がりに 枝は栄えて 天までも 縁めでたい 夢盃よ 
お梅哀歌真木柚布子真木柚布子下地亜記子西條キロク雪が舞い散る 浜町河岸を つらい運命が 通せんぼ 欺すつもりは なかったけれど 恋の未練が 夜叉にする お梅 血染めの 蛇の目傘  巳之さん堪忍しておくれー 最初から欺すつもりじゃなかったんだ… でも大夫とは どうしても別れられない… あぁ…巳之さん、お前一人を死なせやしない 大夫の襲名披露が終わったら、 きっときっと梅も後から行くから… どうぞ許しておくれ…  罪の重さに 身を凍らせて 逃れやつれた 乱れ髪 せめてあなたの 夢晴れ舞台 一目見させて たのみます お梅 せつない 除夜の鐘  大夫、女房と呼んで下さって…梅は幸せ者です。 波に千鳥のあの艶姿、あの拍手、 あぁ…これでもう思い残すことはない… 津の国屋ァ…津の国屋ァ…  涙かくして 門出の切火 あなた見送る 楽屋口 妻と呼ばれた この幸せを 抱いて死ねれば それでいい お梅 はかなく 散る命
夢宵酔水田竜子水田竜子下地亜記子岸本健介泣いちゃダメだと 抱かれても 涙が何故か 止まらない せつなくなるほど 幸福なのよ 今夜は飲みましょ 情け酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 頬よせ肩よせ 春を待つ  やんちゃ坊主が そのまんま 大人になった 純な人 世渡り下手でも いいのよいいの 今夜は飲みましょ 縁酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 明日の向こうに 春が来る  冬の長さに やせた夢 これから一緒に 育てるの 心の傷あと さらりと捨てて 今夜は飲みましょ 忘れ酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 優しく咲かせる 春の花
浅草パラダイス渡辺ひろ美渡辺ひろ美下地亜記子東天晴桜庭伸幸花が咲き 花に酔う お江戸の名残りの 仲見世は ホラ 今宵も更けゆく 提灯(あかし)に揺れて ウキウキと カラコロと 駒下駄鳴らして 石畳 アァ 今宵も あなたに逢いにゆく どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ あ…あ…あ…  雷門 浅草寺 馬道 千束 花川戸  あぁ 浅草パラパラ パラダイス  ほおずきに 朝顔に 年の瀬 羽子板 酉の市 ホラ 二人でひとつの 願かけましょか 夢を見て 恋をして ときめく命が ほとばしる アァ 倖せ さがして花やしき どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ あ…あ…あ…  てやんでえ べらんめえ 人情が自慢の 江戸っ子だい あぁ 浅草パラパラ パラダイス  パッと咲き パッと散る 玉屋と鍵屋の 大花火 ホラ 夜空が燃えるよ 心も躍る 寄りそって ささやいて 言問橋(ことといばし)から柳橋 アァ 夜風に 吹かれて六区まで どうせこの世は 夢ん中  泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ あ…あ…あ…  紙吹雪 汗しぶき 神輿にサンバに 人の波 あぁ 浅草パラパラ パラダイス あぁ 浅草パラパラ パラダイス
宝船真木柚布子真木柚布子下地亜記子西條キロク前田俊明富士に白波 朝日を浴びて 今日はめでたい 二人の門出 人生海原 まっしぐら どんと漕ぎ出せ 初航路 祝い寿 宝船  心重ねて 舵取り合って 浮世苦労の 荒海越える たとえ嵐が こようとも 夫婦絆は ほどけない 華は寿 宝船  恵比寿大黒 七福神の 千両万両の 笑顔が積荷 空につがいの 鶴が舞う 海にゃ孫亀 親子亀 夢は寿 宝船  
高瀬川真木柚布子真木柚布子下地亜記子市川昭介南郷達也息をはずませ 裳裾(もすそ)を乱し 駆けて来ました 逢いたくて 泣いても やせても つらくても あなた あなた いいのです くぐる格子戸 奥座敷 雨の木屋町 高瀬川  忍ぶふたりの 恋路を照らす 迷い蛍が 蚊帳の中 夢でも 嘘でも 遊びでも あなた あなた いいのです 軒のすだれに 雨の音 燃える雪洞(ぼんぼり) 高瀬川  帰り支度の 西陣帯(にしじんおび)を 絞めりゃいややと ぐずります 涙も 噂も 人の目も あなた あなた いいのです どうせ儚い 浮世舟 揺れて流れる 高瀬川
対馬海峡GOLD LYLIC対馬一誠GOLD LYLIC対馬一誠下地亜記子沢しげと丸山雅仁空よ海よ 風よ雲よ あいつの噂を 知らないか 探しに来たのさ はるばると 逢いたい 逢いたい お前に逢いたいよ 玄海荒波 対馬海峡 霧笛が咽ぶよ  山よ川よ 森よ花よ あいつは今でも 独りかい 倖せだったら 帰るけど 逢いたい 逢いたい も一度逢いたいよ 鴎が群れ飛ぶ 対馬海峡 夕陽が沈むよ  霧よ波よ 鳥よ船よ あいつを探して くれないか 離しはしないさ もう二度と 逢いたい 逢いたい 今すぐ逢いたいよ 星降る小島よ 対馬海峡 漁火揺れるよ
月夜酒北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二蔦将包酒は辛口 冷酒で 肴は窓辺の おぼろ月 心の傷あと なだめて呑めば やけに恋しい ぬくもりが 命ゆらゆら 命ゆらゆら 月夜酒  便り開ければ 故郷(ふるさと)の 海鳴り聞こえる 身に沁みる 男も泣くのさ かくれて泣くさ 涙薄めて ひとり酔う 命ゆらゆら 命ゆらゆら 月夜酒  月にのぞかれ 苦笑い 不器用な生き方 まわり道 いいんだ人生 まだこれからさ 風に吹かれて 歩こうか 命ゆらゆら 命ゆらゆら 月夜酒
ゆきずり物語香西かおり・松井昌雄香西かおり・松井昌雄下地亜記子乙田修三前田俊明ひとり同士 港酒場 肩にふれた 出会いとときめき ワイングラス 身の上話 はかない夢が 似合う夜 ちょっと無口な男と ちょっと淋しい女の ゆきずり ゆきずり ゆきずり物語  白いコート 腕をからめ 濡れて歩く 小雨の街角 寒い心 いたわり合える 優しい仕草 甘い夜 ちょっとすねてる女と ちょっと疲れた男の ゆきずり ゆきずり ゆきずり物語   港ホテル 灯り消して 燃えて夢に 堕ちてゆくわ 恋は不思議 ぬくもりだけで 信じてゆける 熱い夜 ちょっとテレてる男と ちょっと微笑む女の ゆきずり ゆきずり ゆきずり物語
夢勝負氷川きよし氷川きよし下地亜記子高橋明男伊戸のりお博多山笠 追い山ならし 汗が飛び散る 血潮(ち)が騒ぐ 明日に向かって 弾けろ跳ねろ 男人生 命の祭り 度胸ひとつで 燃え上がれ オイッサ オイッサ  意地のつっぱり 人情(なさけ)の涙 胸にどんと巻く 心意気 惚れちゃいけない 泣かせちゃならぬ 男人生 一本勝負 ほろり夜風が 身にしみる オイッサ オイッサ  朝だ夜明けだ 一番笠だ 力ぎりぎり 駆け上がれ 夢を担いで 弾けろ跳ねろ 男人生 命の祭り 根性ひとつで まっしぐら オイッサ オイッサ
なみだ川鏡五郎鏡五郎下地亜記子四方章人前田俊明川面に揺れる かがり火は 女心の 残り火か これが最後の 恋一夜(ひとよ) たとえ死んでも 忘れない 鵜飼(うかい)い木曾川 なみだ川  枕の下の せせらぎを 聞いて眠れぬ せつなさよ せめて今夜は 夜明けまで 甘えさせてね 抱きしめて 未練木曾川 なみだ川  あなたとならば どこまでも 苦労七瀬(ななせ)も 越えられた 噂しぶきに 身をもまれ 手漕(てこ)ぎ笹舟(ささぶね) どこへゆく 別れ木曾川 なみだ川 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
しのび酒真木柚布子真木柚布子下地亜記子山崎剛昭一度結んだ 絆の糸は 離れていたって ほどけない あなたひとすじ 待つ身には 夜風がつらい 噂がつらい 恋しさこらえ ひとり飲む ほろり泣かせる しのび酒  いつか一緒に 暮らせる夢が 心の支えよ 命です あなたいつ来る いつ帰る 涙が揺れる 思い出揺れる 信じていても せつなくて ほろり泣かせる しのび酒  末は夫婦と 誓ったからは 誰にもこの肌 許さない あなたわかって 淋しさを ぬくもり欲しい 優しさ欲しい おちょこに浮かぶ 面影が ほろり泣かせる しのび酒
あの娘は行っちゃった氷川きよし氷川きよし下地亜記子水森英夫前田俊明あの娘は行っちゃった 倖せも行っちゃった 夕陽背おって 出てゆく船で 夢をさがして 西東 噂たよりに たずね旅 風がひゅんひゅん 泣く夜は 命ひゅんひゅん 淋しがる 波止場 函館 はぐれ雲 さすらい港町  サヨナラ言っちゃった 強がりを言っちゃった マジでぞっこん 惚れてたくせに 沖のカモメが 輪を描いて 馬鹿なこの俺 笑ってる 波がざんぶら うねる日は 未練ざんぶら 騒ぎ出す 夜霧 横浜 酔いしれて さすらい港町  あの娘は行っちゃった 想い出も行っちゃった 恋の漁火も 悲しく消えた あの日交わした 約束を 捨てて今ごろ どこの空 風がひゅんひゅん 胸を打ちゃ 心ひゅんひゅん 恋しがる 涙 長崎 長い夜 さすらい港町
涙の果てに北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子三木たかし若草恵ひと冬を泣き暮らし 涙も枯れた頃 友達がからかうの 綺麗(きれい)になったよと 徒(いたずら)に戯(たわむ)れに 恋したのじゃないから 悔やまない恨まない 熱い日々が愛しい 涙の中から 探し出したのは それは感謝(こころ) それは笑顔 あなたに出逢えて……よかった  幸福(しあわせ)は優しさが 運んでくるものと 昔なら気付かずに 誰かを傷つけた この世には無駄な事 ひとつだってないのね 哀しみも苦しみも 恋の終わり別れも 涙の向こうに 揺れてる想い出 愛の深さ 愛の真実(まこと) あなたに出逢えて……よかった  涙のしずくが 教えてくれたの 明日の希望 明日の勇気 あなたに出逢えて……よかった
曽根崎しぐれ渡辺ひろ美渡辺ひろ美下地亜記子深谷昭凍えて冬越す 野の花だって  いつかきっと蕾の 開く時がくる お初天神 両手を合わせ おみくじ引いたら 末吉や ぼちぼち行きましょ 相合傘で 春の風呼ぶ 曽根崎しぐれ    路地裏あかりが 小雨ににじむ ちょっと一本熱燗 飲んで行きましょか 愚痴を言うより ほろ酔い気分 明日の倖せ 信じましょう ぼちぼち歩けば 何かに出逢う 肩を寄せ合う 曽根崎しぐれ    根もなし名もなし ないないづくし いいのいいの大きな 夢があるやない あんた負けたら 投げたらあかん うちかて後ろに ついてます ぼちぼち二人の 出番も近い 浪花人情 曽根崎しぐれ
俺の道北島三郎北島三郎下地亜記子原譲二鈴木操笑われて 教えられ たたかれて あぁ強くなる 雨風 嵐の 苦労道 いばら道 耐えながら 涙で磨く 俺の道  ひとすじの 決めた道 ただ一途 あぁ今日も行く どこかで誰かに 助けられ 守られて 支えられ 恩と情けの 人の道  冬越せば 春近し 夜は明ける あぁ陽は昇る つまずきゃ何度も 起き上がり この命 赤々と 歩いて行こう 俺の道 
酔うだけ酔わせて香田晋香田晋下地亜記子岸本健介前田俊明カスリ傷では なかったの 死ぬほどやせたの 悩んだの 淋しさせつなさ 哀しさを まぎらわす夜の ひとり酒 酔うだけ酔わせて 泣くだけ泣かせて 花から花への 憎い人  甘い想い出 ぬくもりで 抱かれたあの日が 胸をさす こんなに惚れさせ 燃えさせて 面影浮かぶ しのび酒 酔うだけ酔わせて 泣くだけ泣かせて 花から花への 罪な人  男心の 気まぐれを 信じた私が 馬鹿でした 恋などしないわ もう二度と 涙かつらい わかれ酒 酔うだけ酔わせて 泣くだけ泣かせて 花から花への 悪い人
お出かけチャチャ安倍里葎子・KINYA安倍里葎子・KINYA下地亜記子美樹克彦(チャチャンゴ!) いつまでシャワーを浴びてるの  どこ洗うのよ 遅いわね おおきなお世話よ 放っといて あんたもお化粧 長いわよ 小ダヌキみたいよ その目張り あんたもルージュが ケバいわよ  早くしてよ まだ三十分あるわよ グズねえ いやねぇ 厚化粧 もう…せかさないで  チャチャチャと おしゃれして チャチャチャと 華やかに チャチャチャと ときめいて 出かけましょう かの女と  かれ女の チャチャチャで メイク・ラブ・ハント  グズグズしてると いい男がいなくなっちゃう  言っとくけどねぇ 私が 目をつけた男に手を出さないでよ  冗談でしょ それはあんたじゃない  大じょうぶよ 私は面喰いなんだから あんたとちがって 失礼ね 本当に失礼 この服 あの靴 その帽子 シルクの下着 どれにしよう またまた いつもの悪いクセ  鏡の前で ファッションショー ヒドインみたいよ そのドレス なんとかしなさい レーズンパイ  十分前よ くつ下伝染しちゃった 誰も見てやしないわよ もう…静かにしてよ  チャチャチャと おしゃれして チャチャチャと 華やかに チャチャチャと ときめいて 出かけましょう かの女と  かれ女の チャチャチャで メイク・ラブ・ハント  ねぇあんた性格キツイんだから もっと優しい色の服が いいんじゃない? おだまり…ツン… もう 怒らないで  チャチャチャと おしゃれして チャチャチャと 華やかに チャチャチャと ときめいて 出かけましょう かの女と  かれ女の チャチャチャで メイク・ラブ・ハント  ねぇ ねぇ あの人タイプ あら あんなのがいいの? あたしはあっちだわ いやだ 趣味悪い 放っといて…
愛したいの北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子野田晴稔人はみな 独りでは 生きてはゆけない 淋しさ そっと 笑顔にかえて 明日(あす)をさがす 春が来て冬が来て あなたと出逢って 涙さえ輝いた 希望の彩に 永遠に変わらぬ心を 信じたい いついつまでも 夢のほとりで 静かに手を重ね 優しい季節(とき)の 流れるまま 愛したいの  ありふれた 出来事に 溢れるときめき こんなに人を愛せるなんて 思わなかった 遠い空 倖せを さがしに行くけど 歓びは ほらそこに 胸の中に 何もいらない あなたと哀しみを 分けあいながら 夢のほとりで いたわり許し合い 優しい季節(とき)の 流れるまま 愛したいの  永遠に変わらぬ心を 信じたい いついつまでも 夢のほとりで 静かに手を重ね 優しい季節(とき)の 流れるまま 愛したいの 愛したいの
おしろい天使長保有紀長保有紀下地亜記子徳久広司南郷達也両親の都合で 生まれおち 家の都合で 身を売られ おきまり通りの 色街ぐらし 泣いてばかりじゃ つらいだけ 倖せしなけりゃ 嘘だけよ損さ どん底天使 おしろい天使  天国 天国で さあ笑え 天国 天国で さあ笑え  天国 天国で さあ笑え 天国 天国で さあ笑え  浪花曽根崎 暮六ツの 鐘と一緒に 泣く肌よ 真っ赤な着物きて 口紅さして 膝をくずした 小夜格子 男の極楽 女の地獄 どん底天使 おしろい天使  天国 天国で 乱れ床 天国 天国で 夢に酔う  天国 天国で 乱れ床 天国 天国で 夢に酔う  お酒に三味の音 お世辞の太鼓 どん底天使 おしろい天使  天国 天国で さあはしゃげ 天国 天国で さあ笑え  天国 天国で さあはしゃげ 天国 天国で さあ笑え
かげろう藤あや子藤あや子下地亜記子円広志桜庭伸幸夜もすがら 泣き明かし 髪までも 痩せてゆく 不憫だと 思うなら 今すぐに 逢いに来て ただ戯れに 愛した訳じゃないの 寒さしのぎに 抱かれた訳じゃないのに  なぜなぜ なぜなぜ はかないの あれも夢 それも夢 教えてあなた 恋はかげろう つかの間の幻  淋しきは 宴のあと 酔いざめの ほろ苦さ 哀しきは 恋のあと 爪あとが 身を責める 愛しさ憎さ 体の中を走って 瞳そらした あなたを追えば虚しい  なぜなぜ なぜなぜ 切ないの ちらちらと ちらちらと 答えてあなた 恋はかげろう つかの間の幻  なぜなぜ なぜなぜ はかないの あれも夢 それも夢 教えてあなた 恋はかげろう つかの間の幻
そばにおいで松島アキラ松島アキラ下地亜記子水島正和川村栄二幸せ欲しいなら 俺を捨てて行け おまえの泣き顔に わざと背を向けた 涙まじりの 雨の夜 傘もささずに 立っている 馬鹿なヤツさ 馬鹿なヤツさ 風邪をひくじゃぁ ないか… そばにおいで そばにおいで 濡れた体を 温めてあげるから  死ぬまで一緒よと 別れないわよと おまえは頬よせて 胸にすがりつく 淋しがりやで 泣き虫が いつも笑って 耐えている 馬鹿なヤツさ 馬鹿なヤツさ こんな男に惚れて… そばにおいで そばにおいで もっとわがまま 言ったっていいんだぜ  少しばかりの 酒に酔い わざとおどけて はしゃいでる 馬鹿なヤツさ 馬鹿なヤツさ これで幸せなんて… そばにおいで そばにおいで 二度とおまえを 泣かさない離さない
夢月夜藤あや子藤あや子下地亜記子小野彩深澤順三日逢わねば 千粒の 涙が心に 溢れます 夜毎やせてく 月に似て 恋のつらさに 細る胸 あなた… あなた抱いて下さい 夢月夜  命重ねて 恋枕 情けの絆 結びます 濡れたほつれ毛 からませて 姿 映した 水鏡 あなた… あなた燃えて下さい 夢月夜  寒さこらえて 咲く花を せつなく散らせる 夜の風 春は名のみの 冷たさに 忍び泣いてる 瀬の音よ あなた… あなた愛を下さい 夢月夜
AGAIN藤あや子藤あや子下地亜記子小野彩若草恵涙と歓びの 振り子のように 恋はいつだって 哀しみを連れてくる 帰らぬあなたは 今頃どこに 窓に枯葉色の 想い出揺れるだけ  AGAIN 愛よ戻れ ひび割れた この胸に AGAIN そしてあなた 激しく抱きしめて 熱く吹き荒れた 愛の嵐 もう一度 もう一度…  ひとつの幸せと めぐり逢うために 人はいくつもの 哀しみを集めるの 出逢いのあの日の ときめきさえも 季節は魔法のように 心を変えてゆく  AGAIN 愛よ戻れ 凍てついた この胸に AGAIN そしてあなた 涙を拭きに来て 熱く吹き荒れた 愛の嵐  もう一度 もう一度…  AGAIN 愛よ戻れ ひび割れた この胸に AGAIN そしてあなた 激しく抱きしめて 熱く吹き荒れた 愛の嵐 もう一度 もう一度…
雪舞い長保有紀長保有紀下地亜記子岡千秋雪よ雪よ やまないで… 哀しい運命を 白く白く塗りかえて 雪よ雪よ やまないで… 二人の足跡 消して消して積もるまで 一夜二夜の 夫婦でも  添えて嬉しい 隠れ宿 すぐに溶けてく 粉雪は ままにならない あ…恋のよう 涙が雪になる 吐息が風になる しんしんと しんしんと 胸に雪が舞う  誰も誰も 止めないで… 心の炎を 熱く熱く燃やすまで 誰も誰も 止めないで… しばしの倖せ せめてせめてもう少し 恋の絆を 裂くように 山が鳴ります 木が吼える 寒い憂き世で ただひとり 頼る支えは あ…あなただけ 涙が雪になる 吐息が風になる しんしんと しんしんと 胸に雪が舞う  涙が雪になる 吐息が風になる しんしんと しんしんと 胸に雪が舞う
吉野伝説長谷川治代長谷川治代下地亜記子大本恭敬前田俊明これが今生の 別れなら いっそ死なせて その胸で 行く手さえぎる 恋吹雪 肌が涙が 凍ります あぁ…散りにけり かの夢は あぁ…消えにけり かの人は 忍び泣くよに はらはらと はらはらと 吉野奥山 雪が舞う  吉野山 峯の白雪踏みわけて 入りにし人の あとぞ恋しき  たとえ地の果て あの世まで ついてゆきたい どこまでも すがる衣を 引き裂いて 恋の関所が 邪魔をする あぁ…散りにけり かの花は あぁ…消えにけり かの星は 夢か幻 はらはらと はらはらと 吉野奥山 雪桜が舞う
恋花火永井みゆき永井みゆき下地亜記子弦哲也誰かの身代わり それもいい 憂さのはけぐち それもいい あなたのそばに いられたら 後で泣こうと 悔やまない  どのみち短い この世なら 恋に生きたい 鮮やかに ふたり一緒に 火傷して 灰になるまで 堕ちてゆく 弾ける 飛び散る 燃えて溶けてく 儚く せつなく 美しく 夜空を彩る 恋花火  ほつれ毛揺らせる 川風に ふっと涙が こぼれます 窓辺にもたれ 肌よせて 酔って火の酒 口移し  一途な想いを ときめきを 散らさないでね 消さないで 恋はうたかた 幻か 瞼閉じれば 夢になる 弾ける 飛び散る 燃えて溶けてく 儚く せつなく 美しく 夜空を彩る 恋花火  どのみち短い この世なら 恋に生きたい 鮮やかに ふたり一緒に 火傷して 灰になるまで 堕ちてゆく 弾ける 飛び散る 燃えて溶けてく 儚く せつなく 美しく 夜空を彩る 恋花火
しぐれの港細川たかし細川たかし下地亜記子和泉友大南郷達也胸の漁火 哀しく灯る 北の港は 今日も雨 あなた あなた あなた私を 忘れたの… 夢でもいいわ 嘘でもいいわ もう一度逢いたい しぐれの港  遠い波間に 面影浮かぶ 未練心を たたく潮風 鴎 鴎 鴎鳴くなよ つらいから… 夢でもいいわ 嘘でもいいわ すがって泣きたい しぐれの港  凍る指先 息吹きかけて 背伸びして見る 桟橋よ 涙 涙 涙こらえて 春を待つ… 夢でもいいわ 嘘でもいいわ 帰って下さい しぐれの港 
もどっておいでよ唐木淳唐木淳下地亜記子叶弦大今泉敏郎もどっておいでよ 独りでいるのなら も一度この都会で 倖せさがそうよ 哀しみ覚えた 今の二人なら 優しくなれるだろ きっとおたがいに そうさ…そうさ もどってくるんだよ  今度は離さない  もどっておいでよ 淋しい夜だから 本当は泣き虫の おまえが気がかりさ 季節がいくつも 通り過ぎたけど 愛しい慕いなら 今も変わらない だから…だから もどってくるんだよ 心のゆりかごへ  もどっておいでよ 過去など気にせずに 心の傷跡を いたわり合いたいね 涙をひろって 耐えて生きるより 微笑抱きしめて 夢を語ろうよ いいさ…いいさ もどってくるんだよ もうすぐ春が来る
浮草岡ゆう子岡ゆう子下地亜記子松浦孝之いくら真心 尽くしても 情け通わぬ 恋もある すがる瀬もなく 岸もなく たどりつけない 倖せあかり おんな浮草 夢をさがして 明日を待つ  しょせん女は いつの世も ひとりさまよう 根なし草 つらい恋しい 想い出に 泣けば未練が 川面にゆれる おんな浮草 希望捨てない いつまでも  惚れて 振られて また惚れて 浮いて沈んで 流れゆく にごり川でも 嵐でも いつか出ますね 陽のさす海に おんな浮草 春はいつ来る いつ逢える
恋千鳥小野由紀子小野由紀子下地亜記子徳久広司沖は荒海 佐渡の島 ここは越後の 港町 赤い椿の 花びらが 風に誘われ 散る日暮れ まだ忘れない… まだまだ恋しい 未練ひと鳴き 恋千鳥  いつも 倖しあわせ さがすたび 何故か不幸と めぐり逢う 夜を震わす 海鳴りを 聞けばあなたを 想い出す まだ忘れない… まだまだ恋しい 心乱れる 恋千鳥  あなた 錨が 重すぎて 動けないのよ 一人では 何処へ逃げたら 隠れたら 胸の傷跡 消せるやら まだ忘れない… まだまだ恋しい 夢にはぐれた 恋千鳥
たんぽぽ石川さゆり石川さゆり下地亜記子加藤将貫南郷達也こんな哀しい 別れでも 恨みはしません 好きだから たんぽぽの たんぽぽの 綿毛みたいな 恋でした 風に吹かれて 飛ばされて 着いたところは 涙町  人を裏切り 泣かすより 信じて傷つく 方がいい たんぽぽの たんぽぽの 花の可愛さ あたたかさ つらい時ほど 微笑を 胸に飾って 夢を抱く  凍る根雪の その下に 私の倖せ かくれんぼ たんぽぽの たんぽぽの 花の咲く日は もう間近 歌を忘れた 唇 に いつか染めたい 春の紅
晴れ姿芦屋雁之助芦屋雁之助下地亜記子松浦孝之慕(おも)いひとすじ つらぬいて やっと夫婦の 金屏風 若い二人の ゆく末を 皆さん よろしゅう 頼みます 大安吉日 晴れ姿  親に孝行と 思うなら いつも仲よく むつまじく 夢を育てて 信じ合い その手で倖せ つかむのさ 明日(あした)に飛び立つ 晴れ姿  女守るが 男なら 蔭で尽くすが 女だよ 苦労山坂 二人づれ 忘れてくれるな 思いやり 一生一度の 晴れ姿
雪次郎鴉(サーフィン・ヴァージョン)香田晋香田晋下地亜記子宮路オサム酒と女と 喧嘩が好きで ひとつおまけに お人好し 出世かみしも パラリと脱(ぬ)いで 羽もないのに 旅鴉 みぞれ舞い散る 甲州路 肩で風切る 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン直らねぇ  元(もと)をただせば 侍(さむらい)くずれ 野暮でござんす 言うじゃねぇ 可愛あの娘(こ)の 情けを蹴(け)って 捨てた故郷 両親(おや)の顔 脇差(どす)を抱き寝の 東海道 泣けてきやんす 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン直らねぇ  人の値うちを 表面(うわべ)で決める そんな世間は まっぴらさ ゆすり集(たかり)は 見棄(みす)てておけぬ 男一匹 暴れ旅 明日は木曽路か 中仙道 草鞋(わらじ)まかせの 雪次郎 バカは死ななきゃ アンア…アン直らねぇ サンキュー!!
ひとり寝香田晋香田晋下地亜記子杉原さとし池多孝春涙 想い出 ぬくもり 未練 みんなあなたの 置土産(おきみやげ)です 今夜も 今夜も ひとり寝の 夢に出てきて 泣かせて消える 女いじめの 悪い人  つらい運命(さだめ)に もてあそばれて 何を支えに 生きたらいいの 今夜も 今夜も ひとり寝の 肩のすき間が あなたを呼ぶの 抱いて下さい もう一度  甘い言葉を あの優しさを 忘れさるには 百年かかる 今夜も 今夜も ひとり寝の 広い枕が 涙で重い 酒よ酔わせて ねむらせて
夢の華角川博角川博下地亜記子飯田譲沖で揺れてる あの漁火は 女心の 哀しみか 千にひとつも 添えない運命 知っていながら また燃える あ……あなた 恋は一夜の 夢の華  そろい浴衣で 肩よせ歩く 風に甘える おくれ髪 胸にすがって お酒に酔って せめてつらさを 忘れたい あ……あなた 恋は優しい 夢の華  明日の別れを 思えばつらい 遠い海鳴り しのび泣く 涙ひとすじ 湯舟にかくし 流す背中の いとしさよ あ……あなた 恋はせつない 夢の華 
小夜しぐれ香西かおり香西かおり下地亜記子岸本健介南郷達也ぽつり灯(とも)った 路地あかり 傘を持つ手に ひとしずく あなた恋しや 恋しやあなた 朝な夕なに 面影しのぶ 待って待って 待ってやつれて待ちわびて 胸に降る降る 小夜しぐれ  袖にかくした 涙つぶ どこに捨てたら いいのやら 恋は哀しや 哀しや恋は 見せてくれない 優しい夢は 酔って酔って 酔ってこがれて酔いしれて 胸に降る降る 小夜しぐれ  ひとり枕の 寒い夜は もしやもしやの 風の音 命せつなや せつなや命 せめて届けて ぬくもりひとつ 泣いて泣いて 泣いて忍(しの)んで泣き濡れて 胸に降る降る 小夜しぐれ
足摺岬山川豊山川豊下地亜記子やまかわ豊潮風(かぜ)をよけ合い 身をよせて 夫婦海鵜(うみう)が 春を待つ 女一人じゃ 哀しい冬に あなたどうして 帰ってくれぬ 岩を打つ波しぶき 恋しくてつらいけど あなた待ちます あなた待ちます 足摺岬  紅(あか)い椿の 咲き匂う あの日歩いた 岬道 忘れられない 優しい声で 泣いちゃダメだと 叱って欲しい この恋が命です この愛が支えです あなた待ちます あなた待ちます 足摺岬  浮き雲よとどけてね この胸に春の夢 あなた待ちます あなた待ちます 足摺岬
路地あかり藤あや子藤あや子下地亜記子山口ひろし前田俊明あ…… 傘をかたむけ 急ぐ身の 裾(すそ)に舞い散る 濡れ落葉 バカな女と 言われても 待っているのよ あの人が 雨に 雨に 雨ににじんだ 路地あかり  あ…… 恋のぬけ道 水たまり よけて通れば はねる泥 肌をさすよな 噂でも いいのあなたが いる限り おんな おんな おんな心の 路地あかり  あ…… せめて見させて 夢の中 交わす情けの 契(ちぎ)り酒 忍ぶ恋でも 命です つくし抜きたい ひとすじに 来世(あす)を 来世(あす)を 来世(あす)をともして 路地あかり
おんな日本海日野美歌日野美歌下地亜記子岸本健介海鳴りよ 何を泣く命をしぼり 木枯しよ 何処へ行く道づれもなく 死ぬ日まで 忘られぬ 恋も 恋もあることを 初めて知ったここは日本海 想い出よ なぜ何故 女ひとりを なぜ泣かす  雪空よ 何を待つ 涙をためて 水仙よ 誰に咲く寒さに耐えて あの人と もう一度 めぐり めぐり逢えるなら 夢でもいいわ ここは日本海 想い出よ なぜ何故 女ひとりを なぜ泣かす  荒波よ 何歌う別れの歌か 海鳥よ 何思うはぐれて一羽 ぬくもりも 優しさも すがる すがる人もなく 凍てつく心 ここは日本海 想い出よ なぜ何故 女ひとりを なぜ泣かす 
門出唄芦屋雁之助芦屋雁之助下地亜記子松浦孝之池多孝春夫婦盃 結んだ絆 めでた目出度の 華の宴 さあさ皆様 お手拍子 鏡開きの 祝い酒 鶴が酌すりゃ 亀が呑む 明日は末広 明日は末広 門出唄  花もはじらう 美男と美女の ほんに似合いの 夫婦雛 さあさ皆様 お手拍子 野暮な説教 抜きにして 若い二人に はなむけの 祝詞がわりの 祝詞がわりの 門出唄  夢は咲く咲く 七重に八重に 心一重の 花が咲く さあさ皆様 お手拍子 下手も訛も 悪声も 祝い心で ご容赦を 贈る笑顔の 贈る笑顔の 門出唄  富士に若松 七福神に 黄金錦の 宝船 さあさ皆様 お手拍子 祝い太鼓も にぎやかに 舞うは伊勢海老 こうのとり 目出度ずくしの 目出度ずくしの 門出唄
能登の海綾世一美綾世一美下地亜記子伊藤雪彦岬おろしが 肌を刺す 霙まじりの 能登の海 沖で群れ飛ぶ 鴎さえ 話相手が あるものを なぜに なぜに なぜに なぜにひきさくの 恋の運命の 哀しさよ  道をたずねる 人もない 季節はずれの 能登の海 女泣かせの 想いでが 波のまにまに また浮かぶ 涙 涙 涙 涙こらえても 忘れられない 面影よ  肩に舞い散る 波の花 鉛色した 能登の海 めぐり逢う日は もう二度と ないと思えば 尚つらい あなた あなた あなた あなた恋しいの 女心の せつなさよ
こんな女と暮らしたい梅沢武夫梅沢武夫下地亜記子井上現たとえば かすかな包丁の 音で 目覚める 朝がいい 髪をきりりと 結いあげて 薄い化粧に 濃い笑顔 古い男と 言われても こんな女と 暮らしたい  たとえば 季節の花を活け 調度ほどよい 燗の酒 酔がまわれば 膝まくら 愛の羽織を かける人 古い男と 言われても こんな女と 暮らしたい  たとえば 二人でいる時は 馬鹿を笑える そこつさと すねて甘える 可愛さに 涙みせない いじらしさ 古い男と 言われても こんな女と 暮らしたい  たとえば 帰りの遅い時 みかん色した 家の灯と 直ぐに入れる 風呂のお湯 古い男と 言われても こんな女と 暮らしたい
あばれ船貴華しおり貴華しおり下地亜記子市川昭介海が冴むきゃ血汐が燃える 男度 胸の 北 漁場 たかが 嵐さ 荒波しぶき 弱音吐くほど柔じゃない 命捨て身の あばれ船  どうせ浮世の 短い命 天にまかせて 舵を取る 木端小舟とあなどる波に 負けてたまるか意地くらべ 風に歯向かう あばれ船  背中の刺すよな 怒涛のムチも 何の痛かろ 冷たかろ 男なりゃこそ避けてはゆけぬ どんと荒海 乗り越えて 大漁呼込む あばれ船
よろしくお伝え下さい中幸矢中幸矢下地亜記子宮路オサムお友達なら きっと分るでしょう 私とあの人 似合わないことが 五つ年上 こんな過去 明日の重荷に なるだけよ どこかへ消えたと あの人に よろしく伝えて 下さいますか よろしく伝えて 下さいますか  お友達なら 彼をよろしくね 誰かがいないと ダメな人だから 酔ってけんかを しないでね 裸なんかで 寝ないでね 元気でいてねと あの人に よろしく伝えて 下さいますか よろしく伝えて 下さいますか  お友達なら どうぞお願いよ 見つけてあげてね もっといい女を いつも話してくれた夢 叶うその日が くることを 祈っているわと あの人に よろしく伝えて 下さいますか よろしく伝えて 下さいますか  
夢見鳥原田ゆかり原田ゆかり下地亜記子岸本健介女心も 知らないで 雨に消えてく うしろ影 せめても一度 もう一度 抱いてよあなた ダメねダメね いやねいやね 泣けてくるほど 惚れたのよ 夢から夢へ 夢から夢へ あなたきまぐれ 夢見鳥  逢えぬせつなさ 恋しさに 指の先まで やせました せめて電話のひとつでも かけてよあなた 飲んで酔って 酔って浮かれ 今日もどこかの 止まり木か 夢から夢へ 夢から夢へ あなたきまぐれ 夢見鳥  涙 溜息 まぜて飲む 弱い女の ひとり酒 せめて淋しい雨の夜は 逢いたいあなた 咲くも花ね 散るも花ね 恋の運命は つらいのね 夢から夢へ 夢から夢へ あなたきまぐれ 夢見鳥
大勝負原田ゆかり原田ゆかり下地亜記子水森英夫為せば成る成る 為さねば成らぬ どんとやりぬけ 男なら 腹におさめた 大きな夢を 捨ててたまるか ぶち当たれ 意地だ根性だ 大勝負  惚れていりゃこそ 笑顔のままで 俺のあとから ついて来る おまえ泣かせた 苦労の借りは きっと返すぜ 倍にして 夢だ真実だ 大勝負  先を行く奴ァ おそれはせぬが 胸の弱気が こわいのさ くやし涙は 拳にかくし 命燃やすぜ 勝つまでは 忍だ我慢だ 大勝負
萩の宿堀内美和堀内美和下地亜記子岸本健介裾の乱れを 手で押さえ 駆けてきました 逢いたくて 月に一度の 逢瀬ゆえ 命ときめく 身は燃える 花は紅色 胸に抱かれる 萩の宿  薄いお酒に 濃い情け 心酔わせる にくい人 すがる背中の あたたかさ 恋の涙もかわきます 花は紅色 灯影よりそう 萩の宿  夢は束の間 一夜だけ あとは待つ身の 忍び草 肩にこぼれた 黒髪で とけぬ縁を 結びたや 花は紅色 別れせつない 萩の宿
川口松太郎 原作「明治一代女」より お梅哀歌真木柚布子真木柚布子下地亜記子西條キロク雪が舞い散る 浜町河岸を つらい運命が 通せんぼ 欺すつもりは なかったけれど 恋の未練が 夜叉にする お梅 血染めの 蛇の目傘  (セリフ)巳之さん 堪忍しておくれ! 最初から欺すつもりじゃなかったんだ… でも大夫とはどうしても別れられない… あぁ…巳之さん、お前一人を死なせやしない 大夫の襲名披露が終わったら、 きっときっと 梅も後から行くから… どうぞ許しておくれ…  罪の重さに 身を凍らせて 逃れやつれた 乱れ髪 せめてあなたの 夢晴れ舞台 一目見させて たのみます お梅 せつない 除夜の鐘  (セリフ)大夫、女房と呼んで下さって… 梅は幸せ者です。 波に千鳥のあの艶姿、あの拍手、 あぁ…これでもう思い残すことはない… 津の国屋ァ… 津の国屋ァ…  涙かくして 門出の切火 あなた見送る 楽屋口 妻と呼ばれた この幸せを 抱いて死ねれば それでいい お梅 はかなく 散る命
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 娘に…
  3. 366日
  4. 冬の灯
  5. Act-Show

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×