萩の宿

この曲の表示回数 7,344
歌手:

堀内美和


作詞:

下地亜記子


作曲:

岸本健介


裾の乱れを 手で押さえ
駆けてきました 逢いたくて
月に一度の 逢瀬ゆえ
命ときめく 身は燃える
花は紅色
胸に抱かれる 萩の宿

薄いお酒に 濃い情け
心酔わせる にくい人
すがる背中の あたたかさ
恋の涙もかわきます
花は紅色
灯影よりそう 萩の宿

夢は束の間 一夜だけ
あとは待つ身の 忍び草
肩にこぼれた 黒髪で
とけぬ縁を 結びたや
花は紅色
別れせつない 萩の宿
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:萩の宿 歌手:堀内美和

堀内美和の新着情報

  • 蛍舟 / ♪葦の葉かげに灯りを点す
  • 哀愁の湖 / ♪静かに静かに煙る湖に
  • 淡雪 / ♪冷たい手だねと拳を
  • 今更岬 / ♪髪ふり乱して 岩を打つ
  • きずな川 / ♪帰り支度のあなたの背中

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP