×

岸本健介作曲の歌詞一覧リスト  127曲中 1-127曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
127曲中 1-127曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
海峡の雪夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介私の夢が 消えてゆく 船の明かりも 波に消えてゆく ひとり海峡 見送る寂しさを 知っているのか 濡れかもめ 愛の深さに 哭くばかり 心に吹き込む 風が‥雪になる  ひとりの冬は 寒すぎる 想い届かぬ 北の港町 息を吹きかけ 両手をかざしても 燃やす暖炉の 頼りなさ 雪が深々 降るばかり 海峡岬は 今日も‥冬の色  あなた私の 命の恋塒(ねぐら) 飛んでゆきたい ゆかれない 追ってゆけない 波の果て 翼も涙も 凍る‥雪の海
綾子ONDO~夢を着飾る蝶になれ夏木綾子夏木綾子岸本健介岸本健介右手左手 パっと手を出せば 花が咲きます この舞台 夢を着飾る 蝶になれ さあさ皆さん ご一緒に ソレ 綾子ONDOに のせまして ア、チョイと 心ひとつに ソレ シャンとシャシャンと 手拍子を  今日の出逢いに 感謝を込めて 天に響けと 唄います 綾子演歌の イキのよさ  さあさ皆さん ご一緒に ソレ 綾子ONDOに のせまして ア、チョイと 心ひとつに ソレ シャンとシャシャンと 手拍子を  雨や嵐を エンヤコラ越えて 演歌人生 まっしぐら 宇宙(そら)に煌く 星になれ  さあさ皆さん ご一緒に ソレ 綾子ONDOに のせまして ア、チョイと 心ひとつに ソレ シャンとシャシャンと 手拍子を  笑顔千両で お届けします 夢と希望の 綾子節 声の限りに 唄いましょ  さあさ皆さん ご一緒に ソレ 綾子ONDOに のせまして ア、チョイと 心ひとつに ソレ シャンとシャシャンと 手拍子を
なさけ舟唄岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介ゆらり流れる 川もある 石ころばかりの 川もある こんな小さな 舟だけど 流れてゆきます ふたりして 命つないだ 舫(もや)い舟 絆結んで なさけ舟唄  桜舞い散る 川もある 木枯らし泣いてる 川もある 悔いはしません 悔やまない あなたがいるから 辛くない 夢の水棹(みざお)に 手を添えて 心重ねて なさけ舟唄  瀬音やさしい 川もある 深くて淀(よど)んだ 川もある 木(こ)の葉みたいな 舟だけど あなたとふたりで どこまでも 水に浮かべた 花のよに 明日(あす)へ流れる なさけ舟唄
VIVA VIVA 演歌岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介聴いてください このひと節を 夢と希望を お届けします 愚痴をこぼせば きりないこの世 後ろ振り向きゃ 夢がない VIVA VIVA 演歌 VIVA VIVA 演歌 VIVA 演歌 演歌(うた)があるから 頑張れる ガンバれる  雨に打たれて 草木も伸びる 苦労しなけりゃ 明日は来ない 涙ふり捨て 歩いて行こう 雨が上がれば 虹も出る VIVA VIVA 演歌 VIVA VIVA 演歌 VIVA 演歌 演歌があるから 頑張れる ガンバれる  生きてゆくのは しんどいけれど ここが我慢の しどころですよ 歌で繋がる 心と心 そうよ絆を 大切に VIVA VIVA 演歌 VIVA VIVA 演歌 VIVA 演歌 演歌があるから 頑張れる ガンバれる
天草ひとり夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介想い出ばかり 訪ねる旅は 今日で終わりに 終わりにします 島を繋いだ 五橋の空を 鴎一羽が 啼いて飛ぶ まるで私の 寂しさ知って 泣いてくれてる 天草ひとり  両手に余る 幸せくれた 数えきれない 優しさくれた そんなあなたは 添えない人と 言って聞かせた 旅なのに 今もあなたを また恋しがる なみだ旅です 天草ひとり  寄せくる波よ 哀しみつれて 沖へ流して 流してほしい 弱い私を 叱ってくれる 﨑津教会 鐘の音 未練ごころを 波間に捨てて 帰る潮路は 天草ひとり
雨の堂島川岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介傘を持つ手の 袂(たもと)を濡らす 雨は涙の みれん糸 夜の大阪 堂島川に 捨てて流した 恋なのに なんで今夜も 私を泣かす 降る雨に しのび泣く おんな傘  羽根を濡らした 堂島すずめ 飛んでゆけない 向こう岸 追えば逃げてく しあわせばかり 雨の向こうに 消えてゆく 想慕(おもい)はかない 恋はうたかた 降りしきる 雨に泣く 涙傘  ネオン浮かべた 涙の川は みれん心の 水鏡 濡れて大阪 八百八橋 渡り切れない 渡れない 傘の重さに 今夜も泣いて 独りきり 帰ります おんな傘
しぐれ舟岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介思い切る瀬を 夜雨がたたく そうよ今夜も 雨降りやまず 恋の名残りを 惜しむよに 胸に 胸に もどり雨 濡れて流れる 流れる舟は おんな哀しい しぐれ舟  雨がさえぎる 叶わぬ恋よ たどり着けない あなたの岸辺 川は水かさ 増すばかり なんで なんで じゃまをする 揺れて漂う 漂う舟は なさけ流離(さすら)う しぐれ舟  みれん思い出 涙を乗せて 明日(あす)は何処(いずこ)か 流れるままに あなた優しさ くれた街 遠く 遠く なるばかり 夢に零(こぼ)れた 零れた舟は おんなひとりの しぐれ舟
対馬情歌岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介島のあいだを 吹き抜ける 風が時化(しけ)を呼ぶ 沖は逆巻く 波やろうね あんた案じて 浜に出る 対馬海峡 船を出しゃ 命捨て身で かからんと 波に呑まれて 砕け散る 負けんとよ 負けんとね  風がおさまりゃヨー あんたは帰る 無事を願って 朝を待ちゃ 遠い島影 船灯(ふなあか)り ハァ ヨイサ ハァ ヨイセ  陸(おか)に上がれば ほろ酔いで 五合徳利(ごんごうどっくり)を 日がな一日 枕して ごろ寝うたた寝 舟を漕ぐ 対馬海峡 網を捲(ま)きゃ きりり男の 顔になる そんなあんたに 惚れちょったい 負けんとよ 負けんとね  対馬海峡 荒波を どんと乗り越え 舵をきる あんたその腕 見せんばね 負けんとよ 負けんとね
あじさい雨情~令和版夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介紫色に 染めながら 何度も色を 変えて行く こんな小さな 花びらだって 雨の重さに 耐えて咲く あじさいは あじさいは まるでおまえの ようだねと 微笑(わら)うあなたが そばにいる  ひと雨ごとに 色をつけ ひと雨ごとに 散ってゆく そんな儚い 運命(さだめ)でいても そうよけなげに 咲いている あじさいは あじさいは あなた好きだと 言った花 散らしたくない わたしです  色鮮やかに ひそやかに 生命(いのち)を萌やし 雨に咲く こころ重ねて 寄り添いながら 空に向かって 凛(りん)と咲く あじさいは あじさいは 明日の幸せ 運ぶ花 夢を叶えて くれる花
人生夢一歩夏木綾子夏木綾子近藤秀彦岸本健介ぐっと握った 拳の中で 夢をあたため 生きてきた 憂き世嵐に たたかれ踏まれ 名無し草にも 意地がある 汗と涙を 道連れに 今はがまんの 道を往く 人生夢一歩  待っていたって 歩いちゃ来ない 夢は自分で 掴むもの いつか誰かが 教えてくれた 一歩一歩の 足跡を 花にするのも しないのも 志(こころ)ひとつで 決まるのさ 人生夢一歩  遥か山坂 望みは高く 夢を心に 越えて行く 後ろ向くなよ 振り向くじゃない 一歩踏み出す その先に 夢を彩る 虹も出る 明日を信じて 道を往く 人生夢一歩
高麗の月三条摩耶三条摩耶新條カオル岸本健介幾星霜(いくせいそう)の 世紀(じだい)を越えて 月は見て来た… 宮女(くんにょ)の涙 あゝ 人知れず 命の恋に 堕(お)ちてく私は 罪ですか 遠き祷(いの)りが 凍空(いてぞら)に 今も聞こえる… 高麗の月  振り向きゃ同じ 恋景色(さだめ)が揺れる 輪廻転生(りんねてんしょう)… 解けない現世(うきよ) あゝ 何度でも 命の限り あなたと生きたい 私です 愛の祷(いの)りに 月しずく 明日(あす)へ誘(いざな)う… 高麗の月  あゝ あなただけ 探しに来たの 三千世界(さんぜんせかい)の 灯りです 熱き魂(こころ)の 呈才舞(チョンジェム)に 遥(はる)か輝く… 高麗の月
アリラン海峡三条摩耶三条摩耶岸本健介岸本健介暗くて深い 海峡はるか 他国のひとに捧げた この愛ひとすじに 引き返せない この恋なのに なんで なんで 泣かすのよ アリラン アリラン 涙の海峡 船が往く  結んだはずの 絆の糸が 凍てつく風にまかれて 心に絡(から)みつく 春まだ遠い 岬は今日も 雪が 雪が 千切れ飛ぶ アリラン アリラン 涙の海峡 夕陽(ひ)が落ちる  思い出だけに 生きてくよりは この身を海に沈めて あなたを忘れたい 引き返せない この恋だから あなた あなた 行かないで アリラン アリラン 涙の海峡 船が往く
木曽の雨夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介深山しぐれが 霙に変わり 秋の終わりを 知らせます 恋の忘れ路 ひとりの旅路 あなた忘れの 旅なのに 今も 今も 心が揺れる なんで泣かせる みれんの木曽の雨  バスを乗り継ぎ 山合の町 今日の泊りは 馬籠宿 格子造りの 家並が続く 雨の坂道 石畳 ひとり ひとり 思い出ばかり 濡れて哀しい みれんの木曽の雨  雨にけむった 木曽川沿いに 点(とも)る灯影(ほかげ)の たよりなさ 人の情けが 恋しい夜は 宿の女将の 優しさに ほろり 涙 涙が染みる 心濡らすな みれんの木曽の雨
倖せあげるさ夏木綾子夏木綾子久住昭吾岸本健介ないないづくしの この俺なのに 愚痴もこぼさず ついてくる すまないね すまないね 苦労ばかりの おまえの肩に 春よこい 春よこい いつかおまえに 倖せあげるさ  紙でこさえた 紙縒(こより)の指輪 はしゃぐおまえが いじらしい 泣かせるね 泣かせるね 明日の夢さえ 見えないけれど 春よこい 春よこい きっとおまえに 倖せあげるさ  春を待ってる 蕾(つぼみ)が好きと そっとおまえは つぶやいた うれしいね うれしいね 心優しい おまえの胸に 春よこい 春よこい 両手いっぱい 倖せあげるさ
春待ち便り川中美幸川中美幸荒木とよひさ岸本健介苦労を苦労と 思わない かあさんゆずりの 女のまごころ あの人本当は 弱虫だから 惚れたぶんだけ 惚れたぶんだけ 優しくなれる かあさん かあさん 心配しないでね きっと春には 春には帰るから  くちびる噛むより 笑いましょう しあわせいつでも 心にあるはず あの人ひとりじゃ 気がかりだから 尽くすだけでも 尽くすだけでも 後悔しない かあさん かあさん 遠くで見ていてね きっと春には 春には帰るから  手紙に泣きごと 書いたのは 心のどこかで 甘えていました あの人お酒も ぷっつりやめて 生まれ変わって 生まれ変わって 仕事もしてる かあさん かあさん も少し待っててね きっと春には 春には帰るから
おんな望郷歌夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介声も 声も ちぎれて凍る 十三(とさ)の湊(みなと)は 雪また雪ん中 親にはぐれて 幾冬越えた 破れ三味線 流れ旅 よされ…よされ 撥(ばち)が哭く 風に追われて アンア… おんなの望郷歌  夢を 夢を 探してみても 行く手遮(さえぎ)る 地吹雪雪あらし 痛む指先 かじかむ心 息を吹きかけ 春を待つ よされ…よされ 空が哭く 思い届けよ アンア… おんなの望郷歌  窓に 窓に 明かりが点(とも)りゃ ひとりさすらう この身が辛すぎる こんな運命(さだめ)を 恨むじゃないと 胸に聞こえる 母の声 よされ…よされ 山が哭く 津軽恋しや アンア… おんなの望郷歌
夢は果てなく夏木綾子夏木綾子岸本健介岸本健介夢は果てなく 山河を駆けて 明日という日を ひたすらめざす 人は生まれて 傷つき泣いて 生きてく事の 喜びを知る 人生愛があれば 生きてゆけるわ あゝ泣くがいい あゝ泣くがいい 泣いて涙枯れて 明日をめざせ  流れ彷徨(さすらう) 旅人たちも 長い旅路に 疲れた時は 遠い故郷 偲んで歌う 歌はやさしい 母の子守歌 人生歌があれば 生きてゆけるわ あゝ泣くがいい あゝ泣くがいい 泣いて涙枯れて 明日をめざせ  人生愛があれば 生きてゆけるわ あゝ泣くがいい あゝ泣くがいい 泣いて涙枯れて 明日をめざせ 泣いて涙枯れて 明日をめざせ
ソウルの恋三条摩耶三条摩耶新條カオル岸本健介アリラン アリラン アラリヨ  あなたが 好きでした …そして この街も 別れを決めた日 ひとりで泣いた ワインを含めば 尚更に… 誰かに心が 傾きながら あなたは黙って 旅へと消えた ソウルの恋よ 私の恋よ… 忘れは…忘れは… 忘れはしない  あなたを 憎めない …それが 哀しくて ほんとにやさしい 想い出ばかり 宝石みたいに きらめいて… 幸せ今でも 咲いてるように 街では明るく ふる舞う私 ソウルの恋よ 私の恋よ… 忘れは…忘れは… 忘れはしない  最後の夜です 漢江<ハンガン>見つめ あなたと呼んだら 溢れる涙 ソウルの恋よ 私の恋よ… 忘れは…忘れは… 忘れはしない  あなた あなた あなた サラン サランヘ
ヨコハマ・レイニーブルー三条摩耶三条摩耶岸本健介岸本健介通り雨です 元町あたり 軒に駆け込む うしろ影 どこか似たような あなたの背中 追えば消えてく 雨の中 あの夜も こんな夜 街の灯りも せつなく 泣いてるみたい ヨコハマ・レイニーブルー ヨコハマ・レイニーブルー 港…ヨコハマ… 傘もささずに 本牧あたり あなたの噂 探してる  夢の続きを 見せてよあなた それは儚い 夢ですね 恋は大人の パズルのようね 私ひとりじゃ 解けないわ 思い出が 泣いている マリンタワーも せつなく 泣いてるみたい ヨコハマ・レイニーブルー ヨコハマ・レイニーブルー 濡れて…ヨコハマ… 船の灯りが 夜明けに消える 私の恋も 消えてゆく  あの夜も こんな夜 街の灯りも せつなく 泣いてるみたい ヨコハマ・レイニーブルー ヨコハマ・レイニーブルー 港…ヨコハマ… 傘もささずに 本牧あたり あなたの噂 探してる
金沢しぐれ夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介めぐり逢わせの この恋を めぐる季節が 引き離す 面影(かげ)を映して 暮れなずむ 犀川に… 雨が散らした 春紅葉 涙を誘うな 金沢しぐれ  ふたり歩いた 片町を そぞろ歩けば 思い出す 遠いあの日の 優しさに 泣けてくる… 今は淋しい ひとり傘 思い出濡らすな 金沢しぐれ  紅(べん)がら格子のこぼれ灯が 揺れる心を 染めてゆく 傘をかしげて 見上げれば しぐれ月… 泣いているよに 濡れそぼる あなたが恋しい 金沢しぐれ
海鳴り情歌夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介やけに海鳴り 咆える夜は あんたが 恋しかね 沖で今ごろ ひと仕事 終えてゴロ寝か おとこ酒 東シナ海 あばれ海 船を呑む様な 波じゃろね ひとり待つ身も つらいとよ さみしかね さみしかね 男のあんたにゃ わからんやね  時化の晴れ間に 星ひとつ 見えたら呼んでよね 指を数えて 指を噛む 女ごころの 涙だよ 東シナ海 おとこ海 たまにゃ女子(おなご)の 胸になれ 肌の寒さを 抱きしめて 恋しかね 恋しかね 男のあんたにゃ わからんやね  東シナ海 あばれ海 船を呑む様な 波じゃろね ひとり待つ身も つらいとよ さみしかね さみしかね 男のあんたにゃ わからんやね
眉山の雨夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介雲間隠れの 十六夜月が 泣いているよに 雨を呼ぶ 捨てたつもりの 恋なのに なんであの人 待ちわびる 泣かせないでね 眉山の雨よ  肌に冷たい 秋風そよぎ 浴衣たためば 涙雨 今もあなたを 信じたい 紅の一筆 忘れない 泣かせないでね 眉山の雨よ  夢のあとさき 浮かべて今日も ゆらり流れる 吉野川 水に漂う 遠い日の 愛の名残を 惜しむよに 夏がゆきます 眉山はしぐれ
おしどり港夏木綾子・橘ゆうじ夏木綾子・橘ゆうじ中葉正信岸本健介一つの盃 おまえと交わす それがふたりの 絆です 明日へ漕ぎ出す 夫婦舟 越えて行こうよ うず潮の海 夢が灯りの 港町 阿波は鳴門のヨー おしどり港  凪でも時化ても 漁場の船を いつも見守る 海の神 網を下して 空を見りゃ 涙さらって 幸せ掴む 星が流れる 港町 阿波は鳴門のヨー おしどり港  うず巻く荒波 苦労は覚悟 越えて行けます ふたりなら 二人三脚 演歌舟 風にひらめく 大漁旗を 照らす灯台 港町 阿波は鳴門のヨー おしどり港
雪舞い桜夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介愛の行方を たずねてみても 思い叶わぬ さだめの恋よ はらはら舞い散る 桜のように 雪が夜空に 舞うばかり 遠いあなたを 追わないで… 風に散りゆく 雪舞い桜  夜の帳(とばり)に 小雪をはらう 傘の音にも 胸(こころ)が騒ぐ ゆらゆら面影 涙で滲む つのる慕(おも)いは 誰のせい 来ないあなたを 待ちわびる おんな哀しい 雪舞い桜  萌えてひと夜の 桜となって そっと抱かれた あの日の夢よ はらはら泣いても すがれぬ恋に みれん心が 咽(な)くばかり 恋が散る散る 桜(はな)のよに 咲いて消えゆく 雪舞い桜
浪花の母 ~25周年バージョン~夏木綾子夏木綾子泉俊輔・岸本健介岸本健介わずか一才乳飲み子を 抱いて夜汽車に飛び乗った あてもないまま浪花の地 声をかけられ情けに触れて ここで…も一度生きると決めた 母と娘の物語  女房子供を 泣かせるような そんな亭主は いらんとゆうて 辛い涙を 笑顔に隠し 屋台ひきひき 帰り道 通天閣見上げて 言わはった 浪花の母ごころ  お母ちゃんの口ぐせやった。 「男やったら通天閣みたいに、 ドーンとかまえて天下取る気できばらなあかん。 そやけど女は違うで…好きな人に可愛いがってもろて、一生添いとげる、 これが一番幸せなんや…お母ちゃんのまねせんといてな。」  私(うち)のこの手で お母ちゃんだけは 何が何でも 守ってみせる やっと苦労が 花咲きかけて 母娘(おやこ)暖簾を 出せました 道頓堀あたりに ゆれている 浪花の夢あかり  元気だけが取り柄やゆうてた、お母ちゃんが、ほんま、 あっけのう逝(い)ってしまはった。苦しい息の中、 「あんなお父ちゃんやったけど、お父ちゃんにはお父ちゃんなりの 夢があったんや。 それをわかってあげへんかったお母ちゃんも悪かったんや。 あんたに淋しい思いさしたなぁ… 許してな。」 そうゆうてこぼさはったお母ちゃんの涙は忘れへん。  情に泣いても 貧乏に泣くな 母の教えが こころの支え 今日は泣いても 泣いてもええか 両手合わせる ご命日 お母ちゃん見ててや 私(うち)のこと 浪花で生きてゆく
由布院霧の宿夏木綾子夏木綾子柳沼悦子岸本健介朝霧深い 山あいに 湯の香漂う なみだ宿 恋のさだめを 隠すよに 霧が静かに 流れゆく 思い断ち切る この旅なのに あなた恋しい 由布院霧の宿  桜の花が 匂い立つ あの日別れの 御幸(みゆき)橋 耳をすませば さらさらと かすか聞こえる せせらぎは おんな心の 哀しみでしょうか 泣いているよな 由布院霧の宿  はらりと落ちる 濡れ紅葉 恋の終わりを 知りました 流れ過ぎゆく 季節(とき)の中 私ひとりが 立ち止まる みれん心の 切なさ辛さ 泣いて一夜の 由布院霧の宿
ホロスコープ~あなたの星座~榊原郁恵榊原郁恵吉岡治岸本健介あらっぽいきっとあいつは 牡羊座(おひつじざ) すねっぽい甘ったれやは 牡牛座(おうしざ)タイプ あきっぽいシティーボーイは 双子座(ふたござ)で 泡っぽい蟹座(かにざ)生まれは しつこいかもね ダイナミックな 獅子座(ししざ) 内気(シャイ)な恋なら 乙女座(おとめざ) ホロスコープ ホロスコープ ねらいさだめて迷う迷う アアアアゆらゆら アアアアゆらゆら 苦っぽいさめたあなたは天秤座(てんびんざ) 毒っぽいそこが魅力のサソリが 誘う  マンガチックな 射手座(いてざ) まじめ専科は 山羊座(やぎざ) ホロスコープ ホロスコープ ねらいさだめて負ける負ける アアアアふらふら アアアアふらふら 水っぽい彼はたんぱく 水瓶座(みずがめざ) 夢っぽい魚座(うおざ)あたりが ぴったしですか
ソウルの雨三条摩耶三条摩耶新條カオル岸本健介はじめて会っても 懐(なつ)かしく 涙の滲む 人でした 私のこころの 哀しみを やさしく包む 人でした…… 雨 雨…… ソウルの雨 きらいじゃないのに 別れた恋に 街も泣いて くれたのですか さようなら さようなら アンニョンヒケセヨ  誰かが傷つく 幸せは ふたりにきっと 似合わない あなたが一番 つらい時 支えてくれた 女(ひと)でしょう…… 雨 雨…… 東京も雨 あなたの涙の 匂いがするわ 街も泣いて くれたのですか ありがとう ありがとう カムサハムニダ  雨 雨…… ソウルの雨 きらいじゃないのに 別れた恋に 街も泣いて くれたのですか さようなら さようなら アンニョンヒケセヨ ……アンニョンヒケセヨ
夜鳴く…かもめ夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介うしろ髪ひく 最終汽笛 あなた港に わたしは船に 暗い波間の 灯台灯り 明日の行方を 照らしてよ みれん心に 振り返りゃ 行くな行くなと 夜鳴く…かもめ  誰に想いを 寄せては返す 波の音さえ わたしを泣かす 好きなだけでは 添えない恋と そっと身を引く 北航路 冬の名残りか 雪になる 行くな行くなと 夜鳴く…かもめ  襟に吹き込む 冷たい風が 肌を射すよに この身に沁みる 凍えそうです ひとりの潮路 心細さに 震えます 決めたこころが また揺れる 行くな行くなと 夜鳴く…かもめ
浮草ふたりづれ夏木綾子・葡萄園玉助夏木綾子・葡萄園玉助瀬戸内かおる岸本健介酔ったふりして おまえをそっと 抱けば折れそな うすい肩 悔いはしません あなたに逢えて つらくないかい 私大丈夫 こころひとつに 寄り添いながら どこへ 流れる 浮草ふたりづれ  過ぎた昨日は 振り向かないと おまえ小さく 微笑んだ 北の夜風が 水面を揺らす 寒くないかい 私大丈夫 思い重ねて いたわりあって 今日も 流れる 浮草ふたりづれ  生まれ育ちは 違っていても どこか身の上 似たふたり 遠い灯りは しあわせ灯り 俺でいいのか 私大丈夫 夢と言う名の 岸辺を探し 明日へ 流れる 浮草ふたりづれ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雨がたり夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介しのび降るよな 夜雨がポツリ 軒を伝って こぼれます おんな心の 涙でしょうか 窓の向こうの 小走り姿 追えば空似の うしろ影 雨よ… 雨々 もう泣かさないで  二度と泣かない つもりで飲んだ にがいお酒が また泣かす 夢をひとりで 見るのはつらい なんで今夜も 思い出連れて 会いに来るのよ 夢にまで 雨よ… 雨々 もう泣かさないで  別れせつない 名残りの雨に 濡れて重たい ひとり傘 薄い縁と あきらめましょか そっとつぶやく おんなの胸に 降るはみれんの 路地しぐれ 雨よ… 雨々 もう泣かさないで
逢いたいナ夏木綾子夏木綾子近藤秀彦岸本健介胸にたたんだ 心の傷を 酒で温める 雨の夜 グラス揺らせば 浮かんで消える にすがった あの涙 逢いたいナお前に… 抱いてやりたい もう一度  風の噂にゃ 故郷追われ ひとり海峡 越えたとか 俺と逢わなきゃ 生まれた町で 違う人生 あったろに 逢いたいナお前に… 抱いてやりたい 薄い肩  なんであいつを ひとりにしたと 弱い心を 叩く雨 今度この世に 生まれて来ても きっとお前を さがすだろ 逢いたいナお前に… 抱いてやりたい もう一度
袖摺坂原田悠里原田悠里つじ伸一岸本健介傘をかしげて 上(のぼ)りかけたら 下りて来たのが あのひとでした 袖摺坂(そですりざか)は 出逢い坂 うす紅色に こころも染まり やさしいおんなに なってゆく そんな そんな気がして 結ぶ帯  他人(ひと)に話せば 幸(ゆめ)が消えそで そっと仕舞って おきたいのです 袖摺坂(そですりざか)の 花は恋 ほかには何にも いらないけれど うなじに触れてる 指先は ずっと ずっと私の ものですね  袂(たもと)濡らして 泣いてた頃に 戻らないよに 祈っています 袖摺坂(そですりざか)に 忍び雨 注(さ)されつ注(さ)しつ ほんのり酔って このまま甘えて いたくなる 雨が 雨が止むまで 夜明けまで
淡墨桜夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介明日のゆくえが 見えなくたって ついてゆきたい ひそやかに 花の命を 惜しむよに そっといたわる 仕草にも あなたの愛が あふれます 夢を重ねる 淡墨桜  冬の寒さに 凍てつく蕾 愛が宿れば うす紅に 抱いてください この世では 叶うことない 隠れ恋 あなたの胸で 咲かせたい 花は儚い 淡墨桜  白く花びら 色づけながら なんで染めゆく 桜花 春を待ち侘び 春に咲き 春を急いで 散ろうとも あなたの傍に 寄り添って 散って悔いない 淡墨桜
だんじりの華夏木綾子夏木綾子坂本ひろし岸本健介秋の浜風 素肌に受けて 走るだんじり 汗が飛ぶ 男らしさが 売り物やけど 女あっての 晴れ舞台 そうやお前は そうやお前は だんじりの華  町の半被(はっぴ)は 男の勲章(ほこり) 朝の曳(ひ)きだし 血がたぎる 心意気だよ 日本一や 度胸千両の 大工方(だいくがた) 粋な姿の 粋な姿の 大屋根さばき  五穀豊穣 祈りを込めて 走る男の 勇み肌 傍でお前が 支えてくれる 命懸けての やりまわし そうやお前は そうやお前は だんじりの華
破れたダイアリー中野美紀中野美紀吉岡治岸本健介雨がビショビショ 降るせいか 小言ばかりで 根暗です なんにも言わない お父さん アンタ死んでる かたつむり  いいコやるのも 疲れます いつか心も カビだらけ マックの オンボロ・キャラバンで 街を出たのは 梅雨の頃  古いセーラーに さようなら 過去のわたしに さようなら ごめんネ 誰でもよかったの 愛を捧げて みたかった  海を見ました 北の海 花を見ました 紅い花 はじめて きれいな青空を ふたり見たような 気がすると 走り書きした 岬町  9月1日 うろこ雲 これで終った ダイアリ― どんなに両手で ふさいでも いまも聴こえる クラクション 紅く染った ハイウェイ  空につづいた オフロード いまもキャラバン 走ってく わたしはちんまり 家の中 破りすててる ダイアリ― 風に舞い散る ダイアリ―
桜橋夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介桜舞い散る この橋を 誰が名づけた 桜橋 幸せ薄い わたしにも 春の知らせが 肩に舞う 明日に希望(のぞみ)の 夢桜 決めた人です この人と生きる  会えてよかった この人に 胸に陽だまり くれました ふたりの春は 遠いけど 冬の寒さに 耐えてこそ 枝はきれいな 花咲かす 決めた人です この人と生きる  雨が上がれば 降り止めば 桜橋(はし)の向こうに 虹が立つ あせらず一歩 また一歩 回り道でも 夢がある 橋を渡れば 桜(はな)吹雪 決めた人です この人と生きる
ふたりの夢港夏木綾子・橘ゆうじ夏木綾子・橘ゆうじ瀬戸内かおる岸本健介夜の瀬戸内 高松港 泣いているよな 港灯(ひ)がともる ふたり降り立つ 桟橋は 愛の… 愛の… 始発駅 今日からは ふたりだよ こころはひとつ おまえだけ あなただけ ふたりの港町  寒い北風 凍てつく道を 駆けて来たよな 細い肩 ここで生きると 決めました 夢を… 夢を… 重ねあい この港町(まち)で 出直そう あしたを信じ おまえだけ あなただけ ふたりの港町  日陰にそっと 咲く花が好き そんなお前が 愛しいよ 冬の向こうで 春の陽が きっと… きっと… 待っている この港町(まち)は 夢港 こころの港 おまえだけ あなただけ ふたりの港町
帰って来たぜ藤島桓夫藤島桓夫杉紀彦岸本健介何年ぶりだろ 故郷(こきょう)の夕陽 出迎えありがと たけし君 べんきょう嫌いの 腕白が 今じゃ娘が 大学生で 遊んでばかりと 嘆いてみせる だけど話せば たけしはたけし 逢いたかったよ 帰って来たぜ  初恋さらさら 故郷の町で 先生やってる あきこちゃん 明るい笑顔の 白い歯で 生徒とはりあう 小母さんセンセ お洒落も出来んと 嘆いてみせる だけどきれいだ あきこはあきこ 久しぶりだね 帰って来たぜ  仲間をあつめて 同窓会を 開いてくれたね てつや君 無口で優しい 泣き虫が 今じゃ貫禄 PTAで 会長つとめる 月日の流れ だけど酒飲みや てつやはてつや 涙ぐむなよ 帰って来たぜ
綾子のよさこい演歌夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介泣いて笑って 笑って泣いて 人の一生 一歩ずつ 山坂多い 人生だけど 焦らず挫けず 信じた道を 明日はそうよ いいことあるさ 皆さんこころに 笑顔の花を 咲かせましょう 咲きましょう がんばれよさこい演歌節  涙見せたら 苦労の甲斐が するりと昨日へ 逃げて行く ひと汗かいて ひと息入れりゃ 見上げる空には 希望の虹が 七色橋を 渡って行こう 皆さんこころに 笑顔の花を 咲かせましょう 咲きましょう がんばれよさこい演歌節  雨や嵐を 踏み越えながら 歩いて行こうよ また一歩 一人じゃないさ 淋しくないよ しあわせ願えば 来ますよきっと 人という字に 肩寄せ合って 皆さんこころに 笑顔の花を 咲かせましょう 咲きましょう がんばれよさこい演歌節
ふたり川夏木綾子夏木綾子柳沼悦子岸本健介風邪をひくよと 傘さしかけて そっと私を 抱いた人 やっと見つけた 幸せ灯り この人に この人に ついてゆきます ふたりで渡る さだめ川  涙ぐせです ため息ついて いつも哀しみ 背負ってた 弱いおんなの 強がり捨てて この人と この人と 明日を信じて ふたりで渡る 憂き世川  水面ただよう 水草だって いつか着きます 向こう岸 尽くすことしか できないけれど この人に この人に 夢を重ねて ふたりで渡る 情け川
斎太郎船北見恭子北見恭子松井由利夫岸本健介どんとしぶきが 噛みつく舳先(へさき) 夢に浮かれりゃ ふり落とされる 捨てろ捨てろよ 女の未練 情け無用の 千島の海は 根性一本 根性一本 エトソーリャ 命綱  前は海 サヨー 後は山で 小松原トエ アレワ エト ソーリャ 大漁だエ  港 塩釜 鴎の酒場 惚れたはれたは 一晩かぎり 捨てろ捨てろよ しょっぱい涙 網を引く指 かためた拳 胸のしこりを 胸のしこりを エトソーリャ 叩き出せ  海の稼ぎに 遠慮はいらぬ 百も合点 二百も承知 捨てろ捨てろよ 心の氷柱(つらら) ラッパ飲みする 男の酒で 燃えて宝を 燃えて宝を エトソーリャ つかみ取り
夢港北見恭子北見恭子松井由利夫岸本健介俺の小指を 噛みながら 泣いたお前も 北海育ち 船をとろうか 女をとるか 思案したとて 答えはひとつ 明日は別れだ この港町  夢を涙で よごしたら 俺もお前も しこりが残る 泣いていないで ボトルの酒を 空にしようぜ 逆さに振って 窓の向こうで 霧笛が咽ぶ  嘘で女は 抱けるけど 嘘で心を あずけちゃゆけぬ 三日二晩 おろした錨 夜が明けたら ぎりぎり巻いて 俺は帰るぜ 鴎のねぐら
夜更けのトンボ天童よしみ天童よしみたきのえいじ岸本健介うまい言葉を 並べては 作り笑顔でくどくけど 男はいつでも ないものねだり 羽根を伸ばして 飛んで行く あ~調子がいいよね 今夜はどこで はしご酒 酔いつぶれて胸に甘える 夜更けのトンボ それでも可愛いい ろくでなし あ~眠りなさい 私の膝を ゆりかごがわりに  淋しがり屋で 強がりで 憎みきれない お人好し 夜明けがくる間(ま)に 戻っておいで 唄ってあげる 子守唄 あ~女って損ね それでも好きで いるなんて お酒片手に夢をみている 夜更けのトンボ おもいでばかりを ふりまいて あ~恋しいよ 飛んでおいでよ その手を広げて  あ~調子がいいよね 今夜はどこで はしご酒 酔いつぶれて胸に甘える 夜更けのトンボ それでも可愛いい ろくでなし あ~眠りなさい 私の膝を ゆりかごがわりに
雪のれん夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介追って行きたい 行かれぬ理由(わけ)を 知って啼くのか ゆりかもめ 港明かりも 凍てつくほどに 北はしばれて 吹雪いて荒れる 雪のつぶてが みれんに絡む 女ひとりの 港の雪のれん  かもめ通りの 小さな店で いくつ季節を 変えたやら ひとりぼっちは 慣れっこだけど なんでこうまで 淋しくさせる ふらりも一度 のれんを分けて 笑顔見せてよ 港の雪のれん  春の知らせは まだまだ遠く 今日も朝から 外は雪 恨み言など あるはずもない 少しいい夢 見させてくれた ひとり今夜も 熱燗つけて 春を待ってる 港の雪のれん
七尾恋歌原田悠里原田悠里つじ伸一岸本健介何かひとつの 言葉でも 残していって 欲しかった 七尾にそっと 雪が 雪が 雪が降る 聴こえるようです ひとり寒かろと 田鶴浜(たつるはま)から 声がする  季節(とき)が過ぎれば 過ぎるほど 温もりばかり 恋しくて 七尾の雪が あなた あなた あなたなら このまま埋もれて ずっと眠りたい せめて涙が 消えるまで  寄せて返して また寄せる 忘れたはずの 思い出が… 七尾の冬を 染めて 染めて 染めて咲く 花火は今年も あなた綺麗です ふたりも一度 見たかった
斎太朗船北見恭子北見恭子松井由利夫岸本健介どんとしぶきが 噛みつく舳先(へさき) 夢に浮かれりゃ ふり落とされる 捨てろ捨てろよ 女の未練 情け無用の 千島の海は 根性一本 根性一本 エトソーリャ 命綱  前は海 サヨー 後は山で 小松原トエ アレワ エト ソーリャ 大漁だエ  港 塩釜 鴎の酒場 惚れたはれたは 一晩かぎり 捨てろ捨てろよ しょっぱい涙 網を引く指 かためた拳 胸のしこりを 胸のしこりを エトソーリャ 叩き出せ  海の稼ぎに 遠慮はいらぬ 百も合点 二百も承知 捨てろ捨てろよ 心の氷柱(つらら) ラッパ飲みする 男の酒で 燃えて宝を 燃えて宝を エトソーリャ つかみ取り
寒椿夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介窓を開ければ 深々と 夜の静寂(しじま)に しのび雪 いいのいいのよ いいのよあなた こぼれ散りゆく さだめでも 私… あなたの… 胸で咲きたい 寒椿  別れひと夜の なみだ宿 あなた優しく 抱きしめて これがふたりの 最後の旅と そっと抱かれた 雪の夜 朝よ… 来ないで… 咲いて哀しい 寒椿  春を知らずに 散ってゆく 花のいのちの 儚さよ 寒さこらえて 忍んでたえて 雪に隠れて 紅く咲く 私… 淋しい… 冬の花です 寒椿
残月 大利根ごころ夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介風が身にしむ こころが寒い 情け借り着の 大利根ぐらし 夢にはぐれた 男の胸を 筑波おろしよ なぜ叩く どこでどこで どこで散るやら 徳利ゆすって 酒に聞く  「憂き世しがらみ 大利根川に 捨てていつしか 若さも錆びた 江戸は西空 お玉が池も 今じゃ遥かな 夢の夢 月に吠えても 男五尺の 影が哭く」  破れ雲間に のぞいた月よ 思いださすな 故郷の空を 渡る雁がね 二声 三声 圃(な)けば妹の 声になる 泣いちゃ泣いちゃ 泣いちゃいないか 声をかけたや なみだ月  義理の懸け橋 笹川堤 伸びた月代(さかやき) ざんざら真菰(まこも) 酔ってよろけた 男の意気地 せめて支える 落し差し 胸に胸に 胸にたたんだ 男ごころを 誰が知ろ
雪花挽歌夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介鞄ひとつで 降り立つ駅に ひとひらふたひら 雪の華 そっと差し出す てのひらで 淡く儚く 消えてゆく 二度と戻らぬ 恋ですか 雪が… 風に舞う 風に散る 雪花挽歌  夜行列車が 海沿いの駅 汽笛を鳴らして 入ります 浅い眠りを 揺り起こし 泣けとばかりに 闇で哭く あなた恋しい 北の宿 雪が… 窓に舞う 窓に散る 雪花挽歌  めくる暦は もう春なのに 私のこころは 冬の色 未練心を 責めるよに 肌を刺すよな 雪になる 寒さ凍える この胸に 雪が… 乱れ舞う 乱れ散る 雪花挽歌
飛騨の月原田悠里原田悠里つじ伸一岸本健介そっと襟あし 撫でてゆく 風はあなたの 吐息でしょうか 中橋(はし)を渡れば 三之町(さんのまち) 訪ねて来ました 逢いたくて ずっと私は 独りでいたと どうか伝えて… 飛騨の月  宵の祭りに ふたりして 堅く結んだ 心と心 きっと解(ほど)けて いないこと 今でも信じて いる私 江名子川(かわ)に浮かんで ふるえて揺れて 泣いてくれてる… 飛騨の月  両掌合わせる 白川郷(しらかわ)の 茅葺(やね)は私の 祈りの姿 あなた以外に 希みなど 本当は何にも ありません 夢を抱きしめ 待ってることを どうか伝えて… 飛騨の月
諏訪の雨原田悠里原田悠里麻こよみ岸本健介風が冷たい 湖畔に立てば 胸の面影 せつなく せつなく揺れる 別れたくない 嫌ですと すがれば良かった あの時に せめても一度 会いたいあなた 頬に冷たい 未練…諏訪の雨  情け尽くして 愛してみても つかむそばから 幸せ 幸せ逃げる そっとあなたに 寄り添って 甘えたあの日は 夢ですか 痩せた心に ぬくもり欲しい 傘に重たい 未練…諏訪の雨  誰を待つのか 水鳥一羽 沖の波間に 淋しく 淋しく浮かぶ 遠く離れりゃ なおさらに 心はあなたに 後戻り いつになったら 笑顔になれる 明日(あす)はどこまで 未練…諏訪の雨
博多雨夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介愛の絆の 結び目そっと あなたほどいて 消えた人 待つことだけしか 知らなくて つのる想いが 涙に変わる ほろり…泣かせる みれんしぐれか 博多雨  他の誰より 幸せそうに 影が寄り添う であい橋 思い出かさねた この街で いつかはぐれて ひとりのお酒 ほろり…こぼれる 吐息まじりの 博多雨  傘を斜めに 路地裏づたい ひとりしぐれて 帰ります 夜更けて淋しい こんな夜は 雨の向こうに あなたが滲む ほろり…泣かせる 中洲那珂川 博多雨
北山しぐれ川中美幸川中美幸水木かおる岸本健介何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好きでも 云えません くちびる寒い 古都(こと)の秋 杉の木立ちに あなたは消えて 音もなく降る 北山しぐれ  さりげなく 後すがたで 泣き泣きさよなら 云いました 別れに貸した 女傘 捨ててください また陽がさせば 邪魔になるでしょ 北山しぐれ  夢なのね みんな夢だと こころに淋しく 云いきかす 恋紅(こいべに)ふいた 白い指 そっとお酒に 持ちかえながら ひとり聞く夜の 北山しぐれ
越前岬GOLD LYLIC川中美幸GOLD LYLIC川中美幸吉岡治岸本健介きこえるはずない 汽笛を聴いて 飲めば泣きそな ひとり酒 ついてゆきたい ついてゆけない 燃やす切符の 残り火が あなた消えます あなた消えます 越前岬  しあわせ欲しがる 女の夢が いつかあなたを 駄目にする これでいいのね 悔いはないのね 遠くなるほど 逢いたくて あなた恋しい あなた恋しい 越前岬  おまえの明日は ふたりの明日 そんなあの夜の 腕まくら 忘れたいのに 忘れられない ひとり紅ひく とまり木で 春を待ちます 春を待ちます 越前岬
おんな雨夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介離さないでと 縋(すが)った夜を 思い出させる 今夜の雨は 涙まじりの 驟(はし)り雨 なんでこの胸 濡らすのよ はらはらと ほろほろと ひとり泣きする おんな雨  冬も間近と 駆け行く雨は 別れ涙の しずくでしょうか 夢を重ねる 人もなく 肩を寄せ合う 人もない はらはらと ほろほろと しのび泣きする おんな雨  恋の儚さ 脆(もろ)さに泣ける 夢をも一度 見せてよあなた 風の音にも 振り返る 雨の音にも 泣ける夜 はらはらと ほろほろと ひとり泣きする おんな雨
手酌酒香田晋香田晋下地亜記子岸本健介惚れちゃいけない 人でした 見てはいけない 夢でした 命まるごと 信じてた 信じてた 馬鹿よバカバカ 馬鹿なのね 馬鹿でした 女心の傷あとに 流す涙の 手酌酒  離さないよと 抱いた人 燃えて酔わせて 消えた人 男心も 知らないで 知らないで 馬鹿よバカバカ 馬鹿なのね 馬鹿でした にくい嘘さえ 恋しくて 未練悲しい 手酌酒  飲めば尚さら つらくなる 酔えば 逢いたく なるばかり 二度と帰らぬ恋なのに 恋なのに 馬鹿よバカバカ 馬鹿なのね 馬鹿でした 女ひとりの 淋しさに すがる夜更けの 手酌酒
最北かもめ夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介沖に向って 小石を投げりゃ 憎さ恋しさ 寄せくる波よ 遠い島影 消えゆく船を 追って行けない もどかしさ 帰ってよ 帰ってよ 最北かもめ  鉛色した さいはて港 海に沈める 添えない恋よ 別れ桟橋 冷たい雨が 雨がいつしか 雪になる 帰ってよ 帰ってよ 最北かもめ  泣いてみたって 帰らぬ恋を 思い出させる 波また波よ 春は名ばかり 私の胸は 冬を越せない 冬どまり 帰ってよ 帰ってよ 最北かもめ
浜千鳥夏木綾子夏木綾子岸本健介岸本健介あんたの船が 消えて行く 波がザンブと 飲み込むよ ここは玄海 無情の海よ 女乗せない 船が行く あんたは鴎 移り気鴎 二度と港にゃ 帰らんとよ 羽根を休めに 立ち寄って 次の港に 行くっちゃね わたしゃ涙の 浜千鳥  あんたの背中 見るたびに 男の嘘が 見えていた 男ごころは お見通しでも 知らぬ顔して 尽くしたよ あんたは鴎 気ままでよかね 明日の塒(ねぐら)は 風まかせ 追って行きたい 行けんとよ 沖へ向かって 飛べんちゃね わたしゃ涙の 浜千鳥  あんたは鴎 移り気鴎 二度と港にゃ 帰らんとよ 羽根を休めに 立ち寄って 次の港に 行くっちゃね わたしゃ涙の 浜千鳥
大阪ビギン坂本ひろし坂本ひろし坂本ひろし岸本健介雨に打たれて 散って行く 花の生命を 愛おしむ 君の優しさ その瞳 僕の心を 離さない もっとお寄りよ 大阪ビギン  銀杏並木の 御堂筋 ふたり寄り添い 傘の中 甘く切ない この恋を つつむ黄昏 街灯り 雨に濡れ行く 大阪ビギン  君はグラスを 頬にあて そっと時計を 気にしてる 語りつきない 雨の夜は 君が愛しく なるばかり 帰したくない 大阪ビギン  しのび逢う恋 大阪ビギン
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
こころの海峡夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介声を殺して 哭く海鳥よ おまえもひとり 私もひとり 拗ねてはぐれた わけじゃない 夜の暗さが 恐かった あなた恋しい 港宿 灯りを下さい おんなの夢を こころの海峡  浅い眠りに 寝返り打てば 海鳴りさえも 泣くなと叱る 涙添い寝の ひとり宿 窓を開ければ 日本海 揺れる波間の 島灯り 優しさ下さい あの日のように こころの海峡  凍えそうです 私の胸は 吹雪の中を 流離う小舟 未練飛沫が 渦を巻く 添えぬ運命の 海峡を 渡りきれない 渡れない 教えて下さい 明日の行方 こころの海峡
ゆうすげ夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介宵に密かに 想いを寄せて 誰のためだけ 咲くのでしょうか 今宵ひと夜に 命火を 萌やす花… ゆうすげは ゆうすげは 朝に散りゆく なみだ花  風の音にも 身を震わせて 朝が来ないで 欲しいと願う 愛を重ねた この恋を 散らす花… ゆうすげは ゆうすげは 明日に咲けない なみだ花  同じ夢みて 暮してみたい それもはかない おんなの夢よ なぜにそうまで 散り急ぐ 恋の花… ゆうすげは ゆうすげは 朝に消えゆく なみだ花
最終北列車夏木綾子・坂本ひろし夏木綾子・坂本ひろし岸本健介岸本健介(女) あてもないまま あなたとふたり (女) 寒い夜汽車に 飛び乗った (男) 闇を駆け行く 夜汽車の汽笛(ふえ)は (男) まるでおまえが 泣いてるようだ (男女) どこへ流れる… あゝ (女) 恋の (男) 道行き (男女) 最終北列車  (女) 明日の行方は 運命のままに (女) あなたいるから つらくない (男) 軋む車輪が こころを揺する (男) 俺とお前の 旅路は遥か (男女) 今日も流れる… あゝ (女) 恋の (男) 道行き (男女) 最終北列車  (女) 夢がはじけた 似た者どうし (女) 怖いものなど 何もない (男) 過去を忘れて 眠ればいいさ (男) 旅の終りの 夜明けも近い (男女) 明日へ流れる… あゝ (女) 恋の (男) 道行き (男女) 最終北列車
この手はなさず夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介あなたのあとから はぐれぬように ついてゆこうと 決めた恋 夢を見るのも ふたりです 涙こぼすも ふたりです 長い人生 道程(みちのり)を この手はなさず この手はなさず ついてゆく  明日(あした)の倖せ どこかにあるさ 探し続けて 行こうよと 言ったあなたの その言葉 何も言えずに 頷(うなづ)いた つらい昨日は 振り向かず この手はなさず この手はなさず ついてゆく  たとえば小さな この花だって そうよひたすら 生きている 明日(あす)はいいこと ありそうと 肩を抱かれて 泣いた夜 長い人生 道程(みちのり)を この手はなさず この手はなさず ついてゆく
夢華火夏木綾子夏木綾子岸本健介岸本健介ごめんなさいと 駆けだす露地に 降るは涙の 罪しぐれ ついて行きたい 行かれない 人の妻です… 許して下さい 恋は 恋は 恋は儚い 夢華火  こころだけでも あなたの妻と そっと自分に 言いきかす 紙のこよりの 指輪でも そうよ何より… 契りの証 恋は 恋は 恋は悲しい 夢華火  みんなこの世は うたかたなのと 全て忘れて 腕の中 夢の破片(かけら)を 集めても 人の妻です… 添えないさだめ 恋は 恋は 恋は一夜の 夢華火
氷見の雪原田悠里原田悠里つじ伸一岸本健介能登から涙が 追いかけて 氷見(ひみ)の港で 雪になる 愛の名残りは この掌(て)の中に 大事に包んで いるけれど 寒すぎますよ おんな独りは 一緒について 行きたかった  今では漁り火 見えなくて 氷見はひっそり 白い色 恋の火をつけ 炎(も)やしておいて 男のひとって 無情(つみ)ですね 死にたいほどの こんな切なさ あのひと知って いるのでしょうか  この海吹雪(ふぶ)けば あのひとは 氷見へ戻って 来るかしら それが幻想(ゆめ)だと 判っていても 忘れはできない おんなです 一筋眉を 強く引いたら 明日は春が くるでしょうか
若狭の月原田悠里原田悠里つじ伸一岸本健介おもかげは 青い月 心にゆらゆら 浮かびます 若狭 つねがみ 水月湖(すいげつこ) ここまで来たのに 想い切れない… 本気になっては いけないひとと 知っていました 初めから  ひとり注(つ)ぐ 盃(さかずき)は お酒の色した 涙です 若狭 ざんざの 波しぶき 私を流して 深い海まで… このまま死んだら いい記憶(こと)だけを 抱いて天(そら)まで 行(ゆ)けますか  虹色の 夢なんか 見られるでしょうか 万華鏡 若狭 つねがみ 終(つい)の郷(さと) 残り火燃やして 紅く咲きたい… あのひと不倖に ならないように 月にあしたも 祈ります
夢見草夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介やっと見つけた 小さな暮らし 何があっても 守りたい 春の日向に 咲く花よりも そっと生きてる 草が好き 早く来い 早く来い 幸せ日和 そうよふたりは 幸せ夢見草  上り下りも 石ころ道も つらくないのよ 一緒なら 繋ぐ手と手を 離さずあなた 越えて行きましょ ふたり坂 早く来い 早く来い 幸せ日和 そうよふたりは 幸せ夢見草  今日は雨でも 明日は晴れる そうと信じて 歩きたい 雨に打たれて 根を張る草も 空を見上げて 晴れを待つ 早く来い 早く来い 幸せ日和 そうよふたりは 幸せ夢見草
相生舟夏木綾子・高野けんじ夏木綾子・高野けんじ瀬戸内かおる岸本健介苦労七坂 なみだ坂 遠い灯りが 道しるべ いいえあなたが 私にとって 灯りです そばにあなたが いればいい 揺られ揺られて 明日へ流れる おまえ あなた 相生舟  口に出せない 胸のうち 知って降るのか 冬しぐれ 冬の向こうの 陽だまり探し ふたりして 春へ漕ぎ出す 夢小舟 揺られ揺られて 今日も流れる おまえ あなた 相生舟  夢の水竿(みざお)に 手を添えて 俺を支えて くれるやつ 雨や嵐が 待ち受けようと どこまでも この手離さず ついて行く 揺られ揺られて 明日へ流れる おまえ あなた 相生舟
浪花灯り川中美幸川中美幸吉岡治岸本健介誰を待つやら 赤ちょうちんが あほな顔して 揺れている 浮かれ囃子の どこがええねん 言われても つくして仇に なるやなし あんたはうちの 浪花灯りや 春灯り  虫を封じて 浮気の虫を 両手合わせる 法善寺 愚痴をならべて 並べきれずに 泣き笑い なんぼのもんや 苦労など あんたはうちの 浪花灯りや 恋灯り  ふたり寄せても 一人前や 背のびしたって きりがない にごり水でも こまんじゃこさえ 生きてゆく 気ばればいつか 夢も咲く あんたはうちの 浪花灯りや 春灯り
あじさい雨情夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介紫色に 染めながら 何度も色を 変えて行く こんな小さな 花びらだって 雨の重さに 耐えて咲く あじさいは あじさいは まるでおまえの ようだねと 微笑(わらう)あなたが そばにいる  ひと雨ごとに 色をつけ ひと雨ごとに 散って行く そんな儚い 運命(さだめ)でいても そうよけなげに 咲いている あじさいは あじさいは あなた好きだと 言った花 散らしたくない わたしです  どしゃ降り雨も 長雨も ふたりでいれば つらくない 心ひとつに あなたの胸で そっと今夜も 雨宿り あじさいは あじさいは 明日に希望(のぞみ)を くれる花 夢を咲かせて くれる花
夢待ち酒場夏木綾子夏木綾子かわい大輝岸本健介飲めぬお酒を 涙でうすめ ひとり飲みほす 夢ひとつ 待って待って 待ちわびて 思いきれない おんなの未練 寒いこころを あたためる お酒下さい 私にも  露地にこぼれた 酒場の明かり あなた来ぬかと 振り返る 待って待って 待ちわびて 外は時雨て 思い出濡れる みんなあなたの せいですね 胸をたたくな 夜の雨  雨に濡れてる 暖簾の染みは まるで私の こころ傷 待って待って 待ちわびて 涙 ため息 夢待ち酒場 ひとり注ぎたす おんな酒 夢を下さい 私にも  
沙の川原田悠里原田悠里つじ伸一岸本健介愛されて生きる 倖せよりも 愛して生きたい 傷ついたって 昨日の私に 別れを告げて あなたへ流れる 舟に乗る 涙のさざ波 さらさらと …沙(すな)の川  「待っていたよ」と いつかのように 抱きしめられたい 逢いたいんです うわさが背中に 突き刺さっても 命が消えても かまわない 情(おもい)の陽炎(かげろう) ゆらゆらと …沙の川  明日(あした)が何(なん)にも 見えなくたって この恋ひとつが あるだけでいい あなたの心に つかまりながら 月日の果てまで 流れたい ともし灯(び)遠くに きらきらと …沙の川
心がわり香田晋香田晋下地亜記子岸本健介惚れて 信じて 尽くして 泣いた 恋のはかなさ 女のつらさ おまえと死ぬまで 一緒だなんて… 嘘よ嘘うそ 嘘よ嘘うそ 嘘でした 嘘でまるめて アバヨで捨てた 心がわりの 憎い人  せめてお酒で まぎらせましょうか 酔って淋しさ 隠しましょうか 花嫁姿が 見たいだなんて… 嘘よ嘘うそ 嘘よ嘘うそ 嘘でした 嘘でまるめて その気にさせた 心がわりの 悪い人  女心を いじめるような 雨が降る降る 未練の雨が おまえが最後の 女だなんて… 嘘よ嘘うそ 嘘よ嘘うそ 嘘でした 嘘でまるめて ホロリとさせた 心がわりの 罪な人
おんな夢太鼓夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介天にとどろけ 大地にひびけ 祇園太鼓の 幕が開く 男まさりの バチさばき 見せてやろうか みだれ打ち これがおんなの これがおんなの 夢太鼓  巻いた晒は 伊達ではないよ 咲いて今宵は 華になる ここがおんなの 見せどころ ヤッサヤレヤレ 晴れ舞台 これがおんなの これがおんなの 夢太鼓  憂き世 嵐を 踏み越えながら 生きるおんなの こころ意気 小倉生れの 純情は 叩く太鼓の 音に出る これがおんなの これがおんなの 夢太鼓
大阪夢情夏木綾子夏木綾子岸本健介岸本健介雨にけむった 道頓堀は 赤い灯青い灯 映す女の涙川 あほや… あほやね 女のみれん 待って 待って 待って甲斐ない人やのに 雨よ泣かすな 大阪夢情  お初天神 相合傘で 寄り添いあんたと 引いたおみくじ枝で泣く あほや… あほやね 女のみれん 泣いて 泣いて 泣いてすがれる胸もない 消えてはかない 大阪夢情  空を見上げりゃ 通天閣が 泣いたらアカンと うちの心に灯をともす あほや… あほやね 女のみれん 夢で 夢で 夢でいいからもう一度 あんた逢いたい 大阪夢情
ひとり日本海夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介泣き濡れて ひとり桟橋 あなた私が 見えますか 凍てつく風に 羽根震わせて 朝を待てずに 鳴くかもめ あゝあなた…あなた 寒いこの胸 抱きに来て ヒュルル ヒュルル ヒュルルルルルル おんなひとりの 日本海  悲しみの 色に染まって 北の岬は 冬篭(ごも)り 浪打ち際に 咲く水仙は まるで私の ようですね あゝ愛が…愛が 風にまかれて 散り急ぐ ヒュルル ヒュルル ヒュルルルルルル あなた恋しい 日本海  あの人と そうよふたりで いつか旅する はずでした はぐれてひとり 訪ねた港町(まち)は 哭けとばかりに 風が吹く あゝ明日は…明日は 私どの港町(まち) 辿り着く ヒュルル ヒュルル ヒュルルルルルル おんなひとりの 日本海
夜叉の河夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介闇を貫き 火柱が 夜空焦して 河となる 渡り切るには 橋がない 船を出すにも 櫂がない あゝここは情炎 恋地獄 炎渦巻く 恋の河 あゝ倫(みち)に背いた 報いなら 石の礫(つぶて)も 受けましょう それもいい それもいい 何処へ流れる 夜叉の河  明日がなくても いいのです あれば命を 惜しみます 恋の成就の からくりを 誰が操る 赤い糸 あゝあれは満天 星銀河 連れて行ってよ ついて行く あゝそれが叶わぬ 恋ならば 墜ちて行きましょう 何処までも それもいい それもいい ふたり流れる 夜叉の河  あゝあれは満天 星銀河 連れて行ってよ ついて行く あゝそれが叶わぬ 恋ならば 墜ちて行きましょう 何処までも それもいい それもいい ふたり流れる 夜叉の河
愛ふたりづれ夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介肩にかくれて 涕(な)いたらいいと そっと私を 抱いた人 つらい昨日は ふりむかないわ やっとあなたに 逢えました こんな私で いいですか 夢のつづきじゃ ないですね 愛はひとすじ あなたと生きる  俺のあとから はぐれぬように ついておいでと 涕(な)かす人 涕(な)いたおんなの 悲しい過去に 灯すやさしい 恋灯り あなた私の 道標 ついて行きます どこまでも 愛はひとすじ あなたと生きる  俺とこれから この先ずっと ふたり死ぬまで いっしょだよ そんな言葉に 涙がほろり 嬉し涙を 知りました つらい涙は 今日かぎり 捨ててあなたと ふたりづれ 愛はひとすじ あなたと生きる
しかたないよね夏木綾子夏木綾子岸本健介岸本健介荒れた生活を そうさあの頃 おまえに会うまで していたよ おまえに出会えて ほんとによかった あんたいつか 言ってたね  淋しいよ 淋しいよ ヨコハマ シーサイドブルース 帰るあてない あんたを待って グラス揺らせば 泣く氷 しかたないよね しかたないよね やっぱりあんたが 好きだから  セピア色した 想い出だけに 生きてくなんて 哀しいね 眠りつけずに 湾岸走れば つばさ橋から 翔ぶ鴎  会いたいよ 会いたいよ ヨコハマ シーサイドブルース 私翔べない 鴎のように 今も この横浜で 暮らしてる しかたないよね しかたないよね やっぱりあんたが 好きだから  会いたいよ 会いたいよ ヨコハマ シーサイドブルース 私翔べない 鴎のように 今も この横浜で 暮らしてる しかたないよね しかたねいよね やっぱりあんたが 好きだから 
夫婦きずな夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介熱燗一本 笑顔を添えて ほろり酔わせる… そんなおまえがいとしいよ すまないね すまないね こんなつましい世帯でも 愚痴もこぼさずついてくる 惚れたおまえにまた惚れた  まわり道してつまずいたって いいじゃないのよ… それもこの世のかくし味 うれしいね うれしいね 俺のこころを引きたてる 薄いちいさな その肩に 積る苦労も あるだろに  ひと間ぐらしも一輪差しの 花を飾れば… 春が来たのとはしゃぐやつ すまないね すまないね 夫婦きずなの 結びめに 点る小さな 夢灯り 待っていてくれ惚れ女房
酒しずく夏木綾子夏木綾子石本美由起岸本健介恋が男の 芝居なら 女泣かせて 幕になる 死ぬにゃ死なれず 忘れも出来ず あなた 恋しい 雨の居酒屋 未練しとしと 酒しずく  口にふくんだ 酒だけが 泣ける心を なぐさめる 酒よ今夜は 酔わせて欲しい あなた 恋しい 愚痴の捨て場所 おちょこ相手に ひとり言  いつも女の 身の上は 男次第で 変わるもの 二度と逢えない 運命でしょうか あなた恋しい 肌の寒さよ 涙まじりの 酒しずく
夢宵酔水田竜子水田竜子下地亜記子岸本健介泣いちゃダメだと 抱かれても 涙が何故か 止まらない せつなくなるほど 幸福なのよ 今夜は飲みましょ 情け酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 頬よせ肩よせ 春を待つ  やんちゃ坊主が そのまんま 大人になった 純な人 世渡り下手でも いいのよいいの 今夜は飲みましょ 縁酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 明日の向こうに 春が来る  冬の長さに やせた夢 これから一緒に 育てるの 心の傷あと さらりと捨てて 今夜は飲みましょ 忘れ酒 夢宵酔々 恋宵酔々 あなたと二人 優しく咲かせる 春の花
忘れへん夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介あんたのことは 忘れんからね 何処で生きても 忘れへん うちもいろいろ 理由ありやから ついて行かれん 行かれへん 旅立ちの 身支度だけは うちのこの手で してあげる うしろなんか 振り向かず 歩き続けて 欲しいから 淋しいけど つらいけど あんた東京へ 行けばいい  あんたの声が あんたの歌が 深夜ラジオに 流れたら うちは泣かへん おんなやけど やっぱうちかて 泣くやろね  やさしさが 胸にあふれ来る そんなあんたの ラブソング 夢が叶う その日まで 唄い続けて 欲しいから 淋しいけど つらいけど あんた東京へ 行けばいい  やさしさが 胸にあふれ来る そんなあんたの ラブソング 夢が叶う その日まで 唄い続けて 欲しいから 淋しいけど つらいけど あんた東京へ 行けばいい  淋しいけど つらいけど あんた東京へ 行けばいい
晩愁海峡夏木綾子夏木綾子瀬戸内かおる岸本健介冬の身支度 急かせるように 晩秋のしぐれが 港桟橋駆け抜ける すがる胸さえ… 別れ言葉も ないままに あなた海峡 波の上 汽笛が鳴けば 鴎も啼いて あの人連れてゆく  海は荒波 群れ飛ぶ鴎 北のはずれの 一夜泊まりの風港 ここで暮らすと… 云ったあの夜の 腕まくら 夢の破片が 波に散る 汽笛が鳴けば 鴎も啼いて あの人連れてゆく  恋は引き潮 慕いは満ちて 遠くなるほど あなた恋しさ増すばかり はるか海峡… 追って行きたい 行かれない 私悲しい 恋小舟 汽笛が鳴けば 鴎も啼いて あの人連れてゆく
涙ひとすじ夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介傘のしずくを 振り切るように みれん捨てたい 駅裏酒場 雨が想い出 連れてくる 泣かせないでね もうこれ以上 憎さ一分で 恋しさ九分 涙ひとすじ おんなの未練  夢の止まり木 いつでもわたし 探しつづけて いたのねきっと 言って心を なぐさめる 泣かせないでね もうこれ以上 風の噂に 今夜も泣いて 涙ひとすじ おんなの未練  店に流れる 流行歌(はやり)の有線(うた)は 振られ上手な 恋歌ばかり そうよ私も 振られ癖 泣かせないでね もうこれ以上 あなたやさしい 想い出ばかり 涙ひとすじ おんなの未練 
越冬譜夏木綾子夏木綾子石本美由起岸本健介船をおりたら さい果て行きの 汽車が待ってる 港駅 風が哭く 恋が哭く はぐれ鴎の私には 返る塒も 帰る塒も 胸もない…  春はどこやら 未練がつのる こころ凍れる 雪景色 雪が舞う 闇に舞う 遠くなるほど 面影は 夢で泣くなと 夢で泣くなと 逢いにくる…  うしろ髪引く 思い出荷物 どこに捨てよか 港宿 夢が散る 乱れ散る 生きて逢う日の ない恋は 北の吹雪に 北の吹雪に 埋めたい… 
夢みれん日野美歌日野美歌里村龍一岸本健介憎いあなたが 憎めない 未練ごころが 辛すぎて 風よ想い出 呼ばないで 暗い酒場の とまり木で 今夜も淋しい 夢が夢が夢が私を 泣かせます  ドアが開くたび 振り返る 淋しがり屋の なみだ癖 いつになったら 逢えるやら 寒い都会の 片隅で 今夜も悲しい 流(はや)り流り流り唄など 聞いてます  胸のすき間に ふる雨を ふさぐ小さな 愛もない 酒よわたしを 抱きしめて 今日と昨日の まんなかで 今夜も冷たい 雨を雨を雨を見つめて 飲んでます
私のあなた日野美歌日野美歌吉岡治岸本健介愛してつくす しあわせが 男のひとには うるさいですか すがるわたしを 振りきった 憎い 憎い 憎い 恋しい うしろ影 も一度逢いたい 私のあなた  あなたのために 生きてきた 明日からどうして 暮らせばいいの ぬいた指輪の そのあとが 寒い 寒い 寒い 淋しい 哭いてます も一度愛して 私のあなた  忘れるために 酔いながら あなたが居そうな とまり木さがす 苦労したって かまわない 憎い 憎い 憎い 恋しい 春を待つ ふたりで生きたい 私のあなた
おんな夢街道夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介上を見たなら きりがない 下を見たなら 夢がない こゝで負けたら 明日は来ない ぐっと我慢の しどころと つらい思いは 飲みこんで 苦労七坂 ヨイショと越える おんな人生 夢街道  たとえ路傍の 花でいゝ 花と咲きたい いつの日か 雨や嵐に 晒されたって 紅の一刷毛 忘れずに 咲いてみせます おんな花 涙ふりすて ヨイショと越える おんな人生 夢街道  おんなだてらと 言われても 意地もあります 夢もある 忍の一文字 こゝろに抱いて 向い風さえ 追い風に 変えてみせます 心意気 笑顔千両で ヨイショと越える おんな人生 夢街道  
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋夜酒夏木綾子夏木綾子田村和男岸本健介せめて一夜の夢でもいいの 酔ってあなたに 甘えたい 甘えたい つくしてもああ つくしても つくし足りないわ 恋は瑠璃いろ 心は涙いろ わたしひとりよ ねえ あなた 恋夜酒  心づくしの 手料理ならべ 待てばせつない 雨の音 雨の音 あの人は ああ あの人は どこで雨やどり 恋は瑠璃いろ 心は涙いろ ついでつがれる人もない 恋夜酒  肌の寒さは あなたのせいよ すがるお酒の ほろにがさ ほろにがさ 酔えないわ ああ 酔えないわ ひとりまよい酒 恋は瑠璃いろ 心は涙いろ 抱いて下さいもう一度 恋夜酒
浪花の母夏木綾子夏木綾子泉俊輔・岸本健介岸本健介女房子供を 泣かせるような そんな亭主は いらんとゆうて 辛い涙を 笑顔に隠し 屋台ひきひき 帰り道 通天閣見上げて 言わはった 浪花の母ごころ  お母ちゃんの口ぐせやった。 「男やったら通天閣みたいに、ドーンとかまえて 天下取る気できばらなあかん そやけど女は違うで…好きな人に可愛いがってもろて、 一生添いとげる、これが一番幸せなんや‥ お母ちゃんのまねせんといてな。」  私のこの手で お母ちゃんだけは 何が何でも守ってみせる やっと苦労が 花咲きかけて 母娘暖簾を 出せました 道頓堀あたりに ゆれている 浪花の夢あかり  元気だけが取り柄やゆうてた、お母ちゃんが ほんま あっけのう逝ってしまはった。 苦しい息の中「あんなお父ちゃんやったけど、 お父ちゃんにはお父ちゃんなりの夢があったんや。 それをわかってあげへんかったお母ちゃんも悪かったんや あんたに淋しい思いさしたなぁ…許してな。」 そうゆうてこぼさはったお母ちゃんの涙は忘れへん。  情に泣いても 貧乏に泣くな 母の教えが こころの支え 今日は泣いても 泣いてもええか 両手合わせる ご命日 お母ちゃん見ててや 私のこと 浪花で生きてゆく
酔うだけ酔わせて香田晋香田晋下地亜記子岸本健介カスリ傷では なかったの 死ぬほどやせたの 悩んだの 淋しさせつなさ 哀しさを まぎらわす夜の ひとり酒 酔うだけ酔わせて 泣くだけ泣かせて 花から花への 憎い人  甘い想い出 ぬくもりで 抱かれたあの日が 胸をさす こんなに惚れさせ 燃えさせて 面影浮かぶ しのび酒 酔うだけ酔わせて 泣くだけ泣かせて 花から花への 罪な人  男心の 気まぐれを 信じた私が 馬鹿でした 恋などしないわ もう二度と 涙かつらい わかれ酒 酔うだけ酔わせて 泣くだけ泣かせて 花から花への 悪い人
恋ほたる秀美明秀美明小林大人岸本健介この世に運命が あるのなら 雪どけ水に この身をまかせ 春を待つ ああ夏を待つ 夢ほたる ホーホーほたる 恋ほたる わたしの倖せ つれて来い  あなたを信じて わたしは生きる この夜にともした 夢灯り 恋のみちゆき あなたとふたり 春を待つ ああ夏を待つ 夢ほたる ホーホーほたる 恋ほたる 小さな倖せ つれて来い  あなたを信じて わたしは生きる この愛ひとすじ 生きてゆく 情けの川を 流されながら 春を待つ ああ夏を待つ 夢ほたる ホーホーほたる 恋ほたる ふたりの倖せ つれて来い  明日を夢見て あなたと生きる
泣かんとこ小野由紀子小野由紀子杉紀彦岸本健介生まれる時に 大声あげて 泣いて出て来た 人生やないの あんたも私も 人の子やのに 傷つけあって どないする あゝ泣きたいけれど 泣きたいけれど 今は泣かんとこ あゝ小雨やけれど 小雨やけれど 今は泣かんとこ これ以上みじめになったらあかん 涙はみせんとこ  恋した夜に 心ふるわせ 泣いて誓った ふたりやないの 人間ひとりも 信じられずに 生きてくなんて 哀しいね あゝ泣きたいけれど 泣きたいけれど 今は泣かんとこ あゝ私もわるい あんたもわるい だから泣かんとこ もう一度いいこと あるかも知れん 涙はとっておこ  あゝ泣きたいけれど 泣きたいけれど 今は泣かんとこ あゝ淋しいけれど 淋しいけれど 今は泣かんとこ もう一度あんたを信じてみたい 涙はみせんとこ やっぱり泣かんとこ
恋小舟村上幸子村上幸子山田孝雄岸本健介今年の春は 遅れて来るわ 遅れた春は 暖たかい 傷を重ねた 命がふたつ 舵を取れない 故郷へ 帰りたい 帰れない 恋小舟  涙で結ぶ こころと心 他人になんか 切らせない 肌を寄せ合い 真冬の海で 夢の港を 探そうね 泣かないで 泣かないわ 恋小舟  昨日に生きる 女を捨てて 明日へ渡る 夜の岸 愛と言う名の あなたに曳かれ ついて行きます 世間川 離さない 離れない 恋小舟
東京無情殿さまキングス殿さまキングス吉岡治岸本健介可愛(かわい)い女と あなたにいわれ 女房きどりで ついてきた ネオンまたたく 東京で 惚(ほ)れた惚れた 惚れた分だけ泣かされた しあわせ 嘘(うそ)つき 東京無情  も一度逢えたら あなたのために やはり尽(つく)すわ 痩(や)せるほど 他人ばかりの 東京で あなたあなた あなたどうしているかしら しあわせ 想い出 東京無情  お酒を飲むひと この指とまれ みんな似たよな 淋しがり 恋の砂漠の 東京で 明日(あす)は明日は 明日はいいことありそうな 咲く花 散る夢 東京無情
おんなの罪岡ゆう子岡ゆう子石本美由起岸本健介誰が私に 罪だと言うの 恋が罪なら この世は無情 生きて添えない 運命でも 死ねばあの世で 添えますか こん度生れて 来たときは あなたあなた あなたの側でくらしたい  こころ削って つくしてみたが それも悲しい 女の過去よ 好きにならなきゃ よかったと 泣けば別れの 雨が降る 二度と人など 愛すまい あなたあなた あなたに賭けた恋でした  罪も無いのに 二人のきずな 切って泣かせる 世間が憎い 愛を重ねる 夜はなく 肌に冷たい 夢しずく いまも未練の 爪をかみ あなたあなた あなたの影を独り追う 
寿 祝い唄大石円大石円松井由利夫岸本健介お前達者でナー あんたも無事(まめ)でヨー そろたそろたよ 笑顔の花が 今日はめでたい 門出じゃないか 金の屏風に 鶴と亀 ふたつ並んだ この晴れ姿 どうか皆の衆でエー 祝っておくれ  昇る朝陽はナー 東の空へヨー 夢がひろがる まぶしく光る 雲を掴(つか)んで でっかく生きろ 山になるなら 富士になれ ここらあたりで 鏡酒(かがみ)を割って どうか皆の衆でエー 祝っておくれ  松の緑にナー いろどり添えてヨー 雪は繭玉(まゆだま) 幸福飾り 心意気だよ 人生勝負 うれし涙は 盃に 親の愛情(なさけ)を なみなみ注(つ)いで どうか皆の衆でエー 祝っておくれ
一生よろしく私のあなた村上幸子村上幸子山田孝雄岸本健介山の清流(せせらぎ) 雪解け水に 揺れる木洩れ陽 緑の夜明け ふたりがうれしい 幸せだから 肩に肩に肩に置いた手 温かい 一生よろしく 私のあなた  遠い汽笛が ポーッと鳴いて 北の山脈(やまなみ) 列車が急ぐ 明日へ歩こう やすらぐ町が きっときっときっと何処かに あるはずよ ふたりを包んだ 出湯(いでゆ)の煙  八重に咲くなよ おんなの椿 恋は一重で 命を賭ける あなたと並んで 待ってる春を 知って知って知って溶けるか なごり雪 一生よろしく 私のあなた
夫婦ちぎり北見恭子北見恭子鳥井実岸本健介あなたひとりの からだじゃないと 俺をみつめて からめる小指 落ちた涙を 分けあいながら 夫婦ちぎりの 酒をくむ 俺の帰りを 待ってておくれ  少しばかりの 不幸に負けて すねていたのと 泣き出すお前 そんなお前に 幸せにあう 花を咲かせて みたいから 俺を信じて 待ってておくれ  どんな苦労も あなたとならば 耐えて行けると すがってくれた ひとつグラスで 心を結ぶ 可愛いお前が 恋女房 俺の帰りを 待っててくれる
おまえ天童よしみ天童よしみたかたかし岸本健介あなたひとりの 体じゃないと そばに寝る子を 指でさす 薄い陽ざしの 裏町ぐらし 酒でまぎらす 昨日今日 苦労かけるね おまえ おまえ すまないな  惚れたおまえと 手をとりあって 登る浮世の 九十九(つづら)折り 息をきらして 一杯二杯 飲んでみちくさ かくれ酒 苦労かけるね おまえ おまえ すまないな  あなた真面目に 暮らしていれば 春は来ますよ きっと来る 胸がじんとくる 泣かせやがって 抱けば折れそな 細い肩 苦労かけるね おまえ おまえ すまないな 
きずな花香田晋香田晋石本美由起岸本健介ついて来るかの ひと言に 軽くうなずく 可愛いお前 離れず離さず きずな花 燃えて咲くのも 一緒なら 苦労につまずき 涙に耐(た)えるも 一緒だよ  人は独りじゃ 暮らせない たとえ小さな 幸せだって 笑顔を寄せれば 花になる 俺のいのちは お前だと 両手で抱きしめ 寒さを忘れる 夜もある  熱い情けの 灯を点(とも)し 生きて行くのは 愛するためさ お前と俺とは きずな花 どんな運命(さだめ)に 出逢おうと この手を離さず ふたりで咲かそう 遅い春
別れ化粧香田晋香田晋石本美由起岸本健介一度許した 素肌なら 外の人には 許しはしない 女のいのちは 操です 別れ化粧の 口紅は この世で添えない 名残(なごり)花  これが最後の 夜だから 酔うて情けに すがってみたい お酌をする手が 重くなる 別れ化粧の 裏側に 隠した涙を わかってね  妻と呼ばれる 夢も無く 仲を邪魔する 世間の憎さ どうして二人を いじめるの 別れ化粧の 切なさを あなたに抱かれて 忘れたい
寿 祝い唄市川由紀乃市川由紀乃松井由利夫岸本健介お前達者でナー あんたも無事でヨー そろたそろたよ 笑顔の花が 今日はめでたい 門出じゃないか 金の屏風に 鶴と亀 ふたつ並んだ この晴れ姿 どうか皆の衆でエー 祝っておくれ  昇る朝陽はナー 東の空へヨー 夢がひろがる まぶしく光る 雲を掴んで でっかく生きろ 山になるなら 富士になれ ここらあたりで 鏡酒を割って どうか皆の衆でエー 祝っておくれ  松の緑にナー いろどり添えてヨー 雪は繭玉 幸福飾り 心意気だよ 人生勝負 うれし涙は 盃に 親の愛情を なみなみ注いで どうか皆の衆でエー 祝っておくれ
あなたの恋灯り冠二郎冠二郎三浦康照岸本健介別れの言葉は 死ぬより辛い だからだまって さよならしたの 知らぬ他国で 今夜もひとり あなた忘れる 酒を呑む 酒を呑む  あなたの重荷に なるのがこわい だからだまって さよならしたの 命かけても 惜しくはないと 燃えた心は うそじゃない うそじゃない  忘れてしまえる あなたじゃないわ だからだまって さよならしたの 流れ酒場の ネオンのかげで かくれ泣きした 夜もある 夜もある 
小夜しぐれ香西かおり香西かおり下地亜記子岸本健介ぽつり灯(とも)った 路地あかり 傘を持つ手に ひとしずく あなた恋しや 恋しやあなた 朝な夕なに 面影しのぶ 待って待って 待ってやつれて待ちわびて 胸に降る降る 小夜しぐれ  袖にかくした 涙つぶ どこに捨てたら いいのやら 恋は哀しや 哀しや恋は 見せてくれない 優しい夢は 酔って酔って 酔ってこがれて酔いしれて 胸に降る降る 小夜しぐれ  ひとり枕の 寒い夜は もしやもしやの 風の音 命せつなや せつなや命 せめて届けて ぬくもりひとつ 泣いて泣いて 泣いて忍(しの)んで泣き濡れて 胸に降る降る 小夜しぐれ
おんな日本海日野美歌日野美歌下地亜記子岸本健介海鳴りよ 何を泣く命をしぼり 木枯しよ 何処へ行く道づれもなく 死ぬ日まで 忘られぬ 恋も 恋もあることを 初めて知ったここは日本海 想い出よ なぜ何故 女ひとりを なぜ泣かす  雪空よ 何を待つ 涙をためて 水仙よ 誰に咲く寒さに耐えて あの人と もう一度 めぐり めぐり逢えるなら 夢でもいいわ ここは日本海 想い出よ なぜ何故 女ひとりを なぜ泣かす  荒波よ 何歌う別れの歌か 海鳥よ 何思うはぐれて一羽 ぬくもりも 優しさも すがる すがる人もなく 凍てつく心 ここは日本海 想い出よ なぜ何故 女ひとりを なぜ泣かす 
遅い春川中美幸川中美幸吉岡治岸本健介おまえになんにも してやれないと 握ったわたしの 手を離す 春よこいこい 一足おくれの遅い春 別れ話も あったねと ふたりで笑える 明日をつれてこい  お酒を飲んでも 飲まれちゃだめと わかって酔ってる 憂き世酒 春よこいこい 一足おくれの遅い春 子どもみたいに 水中花 咲かせたあの夜の あなたをつれてこい  はじけた夢なら はじけたなりに ちいさな暮らしを まもりたい 春よこいこい 一足おくれの遅い春 薄い陽ざしの 街うらに 短かい春でも しあわせつれてこい
流れのままに冠二郎冠二郎三浦康照岸本健介枯葉が肩に 舞い落ちる 愁いが胸に こみあげる 流れのままに 身をゆだね 男の旅を ひとりゆく 灯りが遠い 幸せ遠い 流れのままに  噂に聞けば 君は今 しずかに暮らす 他人(ひと)の妻 流れのままに 身をゆだね 淋しさつれて どこへゆく うらみはしない 忘れはしない 流れのままに  この掌(てのひら)に ひと粒の 明日の夢を 握りしめ 流れのままに 身をゆだね また来る春の 埋(うも)れ陽を 探してゆこう 信じてゆこう 流れのままに
浪花ごころ岡ゆう子岡ゆう子麻美潤岸本健介阿呆は承知で あんたに賭けた なにを今さら 水くさい 苦労坂なら 一緒に越えれば えやないの 惚れたどうしの 相縁奇縁 浪花生まれや あんたについてゆく  知ったつもりの 浮世の路に いつの間にやら 水たまり 泣きはしません 一緒に耐えれば えやないの 意地と辛抱が 女のねうち 浪花生まれや あんたについてゆく  夢をつないで 露地裏住い 肩をひとつに 水入らず 遅い春でも 一緒に咲かせば えやないの うちにゃふたりの 明日が見える 浪花生まれや あんたについてゆく   
ガス燈石原裕次郎石原裕次郎杉紀彦岸本健介追憶のすき間から こぼれるあかり 古ぼけたガス燈に 別離がみえる あゝ…あの恋はノスタルジー 夜霧の港の メルヘンなのさ おれを濡らした おまえの涙 忘れはしないから……  眼をとじて飲むたびに 小雨がけむる 胸のなかガス燈に おまえがみえる あゝ…人はみな旅をして 出船の霧笛を心にきざむ おれを愛した 優しいおんな 別れが懐かしい……  夜明けまえ桟橋に めざめるかもめ 消えてゆくガス燈に あしたがみえる あゝ…口笛のブルースは 心の旅路の主題歌だから おれは おまえを探しに行こう I'll never never forget you
忘れ酒一の宮ゆき一の宮ゆき星野哲郎岸本健介恋しいかいと訊かれたら ばかを言うなと肩を振り 人には心 隠せる 隠せるけれど 忘れ酒くむ盃に 落ちる涙がとめられぬ  おまえの好きに なる女は みんなあの娘に 似ていると 今夜もズキリ 胸さす 胸さす声を はらいのけても ついてくる 白い面影 なんとしよう  男は恋に 破れても 生きる支えは 他にある つよがり言って 呑み乾す 呑み乾す酒に みれんこぼして 笑われる こんな自分が ただ憎い
男の門出小倉新二小倉新二石本美由起岸本健介親の膝から 飛び立って 旅に出るのが 男なら 嵐や吹雪に 耐え抜いて 鳶になれなれ 鷹になれ  巣立つお前の肩に舞う 母のこころの さくら花 男の門出は 美しく ああさくらで 飾ろうよ  一度翼を広げたら 後をめそめそ 振り向くな どっこい苦労に 立ち向かう 意気が男の値打ちだよ  後姿を 追って舞う 母のこころの さくら花 男の門出は美しく ああさくらで 飾ろうよ  人の世男は命がけ 飛べば傷つく空ばかり がんばれ 相手を恐れるな それが若さと言うものさ  巣立つお前の肩に舞う 母のこころの さくら花 男の門出は 美しく ああさくらで 飾ろうよ
忘れ花小野由紀子小野由紀子杉紀彦岸本健介季節はずれの 雪もよう みやこ忘れの花に舞う 忘れたくない 忘れたい 道に迷って おんな旅 あの人今ごろどこにいる  花はいのちを抱きしめる 人は心をもてあます 忘れたくない 忘れたい 夢をかきけす春時雨 おんなの暦は濡れそばる  風に追われて北の駅 あすはいずこの旅の果て 忘れたくない 忘れたい みやこ忘れを飾る髪 夜汽車の窓辺の忘れ花
酔い待ちしぐれ菊地祐子菊地祐子麻美潤岸本健介グラス持つ手に なみだがポツリ 飲めば酔いそな ひとり酒 あゝ恋しくて あゝ恋しくて あなた待ってる とまり木模様 おんなの胸に 小雨が降ります 酔い待ちしぐれ  辛くないかと あなたの影が 情けつぎだす おもい酒 あゝ逢いたくて あゝ逢いたくて しのぶ一夜は 眠れぬままに 夢にすがれば こころに沁みます 酔い待ちしぐれ  もっとつくせば よかったかしら なにをいまさら みれん酒 あゝもう一度 あゝもう一度 抱いてくだい あの日のように ため息ばかり おもいで濡れます 酔い待ちしぐれ
泣かせはしない香田晋香田晋松井由利夫岸本健介体ひとつで 来てくれないか こんな俺でも よかったら 雪どけ水より きれいな愛情 俺には過ぎた お前だが 言えることばは ただひとつ 苦労はさせても 泣かせはしない  すねる女の 可愛さよりも 尽くす女の いじらしさ 溜ったほこりは 叩いて捨てて お前とならば 出直せる 殺し文句じゃ ないけれど お前の明日を あずけてくれよ  三つ重ねた 盃ごとは 今の俺には 無理だけど 一緒に歩いて 行く気があれば この酒受けて くれないか 気障な台詞は 苦手だが 苦労はさせても 泣かせはしない
旅の宿滝里美滝里美水木れいじ岸本健介愛想なしほど 情は深い そこにほだされ もう二年 はじめてですね はじめてですね そろい浴衣で 旅の宿 あつい地酒に しみじみ酔って 小窓開ければ 春の雪  捨てた故郷に 戻ってみれば 今じゃ家さえ ないと言う せつないですね せつないですね もらい泣きして 旅の宿 似た者どうし 身を寄せあえば いつか夜更けて 波の音  どんな夢見て 寝息をたてる あなた私の 膝まくら しあわせですね しあわせですね ふたりぼっちの 旅の宿 いっそこのまま 時を止めてよ 雪見障子の月灯り  
波の花田中瑞穂田中瑞穂仁井谷俊也岸本健介岬まわれば 眼の下に 拡がる冬の 日本海 身を切る海風の 冷たさが 心細さを 濡らします  すがることも追うことも 許されず ひとり去ってゆく 恋ですか みれん引きずる 女のように 岩に砕け 風にころがる 波の花  墨絵ぼかしに 昏れてゆく 岬に人の 影はなく 残り火燃やす 絵葉書に 別れ言葉は 書けません 耐えることも待つことも 許されず 忘れられてゆく 恋ですか こころ千切れた 女のように 岩に砕け 風にもまれる 波の花  すがることも追うことも 許されず ひとり去ってゆく 恋ですか みれん引きずる 女のように 岩に砕け 風にころがる 波の花
明日は花咲け新沼謙治新沼謙治さいとう大三岸本健介俺じゃつくれぬ お前の笑顔 夢をくれるさ あいつはきっと 明日は 花咲け 腕にすがって ついてゆけ 遅れてつかんだ 倖せ離すなよ  捨ててゆけない 昔もあるが 今日で忘れて 歩いてゆけよ 明日は 花咲け 俺のことなら 気にするな 涙でみつけた 倖せ離すなよ  抱いてやれない お前の肩を 街の灯りが やさしくつつむ 明日は 花咲け 二度と泣くなよ 振りむくな お前の春だよ 倖せ離すなよ
北山しぐれ服部浩子服部浩子水木かおる岸本健介何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好きでも 云えません くちびる寒い 古都の秋 杉の木立ちに あなたは消えて 音もなく降る 北山しぐれ  さりげなく 後ろすがたで 泣きに泣きさよなら 云いました 別れに貸した 女傘 捨ててください また陽がさせば 邪魔になるでしょ 北山しぐれ  夢なのね みんな夢だと こころに淋しく 云いきかす 恋紅(こいべに)ふいた 白い指 そっとお酒に 持ちかえながら ひとり聞く夜の 北山しぐれ
べに花情歌はなぶさ真二はなぶさ真二相原美代子岸本健介遥かなる 遥かなる 幾千年の 匂い乗せ 燃えて咲きます べに花の べに花の 色は紅色恋の色 胸の芯まで あなたに惚れて 命 命むすんだ 最上川  べに花は べに花は 想いを秘めて 朝露に ぬれて震える その指で その指で 摘んで下さい恋の花 紅の吐息で あなたを包む 肌に 肌にひとひら 恋名残り  口紅の 口紅の 朱より赤い 恋ごころ 胸に抱かれて おもいきり おもいきり 女の命燃やしたい 染めて下さい あなたの色に 恋に 恋に炎えます 紅情歌  
萩の母原たかし原たかし田村和男岸本健介風の便りも 断えだえの 江戸は夜寒の 伝馬町 偲ぶふるさと 椿の蔭に 佇む細い うしろ影 吉田松陰 母に一筆 湿す夜  永遠の別れを 涙松 今もにじむか 萩の町 生きて帰らぬ 覚悟の胸に やさしく浮ぶ 母の顔 吉田松陰 閉じた瞼が ぬれる夜 親思う心にまさる親心 今日のおとずれ 何と聞くらむ  たとえこの身は朽ちるとも 大和魂が 生きる町 海よ台場よ 指月の城よ 眺めた遠き 母はいま 吉田松陰 幼な心に かえる夜
夢見鳥原田ゆかり原田ゆかり下地亜記子岸本健介女心も 知らないで 雨に消えてく うしろ影 せめても一度 もう一度 抱いてよあなた ダメねダメね いやねいやね 泣けてくるほど 惚れたのよ 夢から夢へ 夢から夢へ あなたきまぐれ 夢見鳥  逢えぬせつなさ 恋しさに 指の先まで やせました せめて電話のひとつでも かけてよあなた 飲んで酔って 酔って浮かれ 今日もどこかの 止まり木か 夢から夢へ 夢から夢へ あなたきまぐれ 夢見鳥  涙 溜息 まぜて飲む 弱い女の ひとり酒 せめて淋しい雨の夜は 逢いたいあなた 咲くも花ね 散るも花ね 恋の運命は つらいのね 夢から夢へ 夢から夢へ あなたきまぐれ 夢見鳥
ナイトイン北九州星ひろこ&藤堂まこと星ひろこ&藤堂まこと田村和男岸本健介(女)恋に燃えてる 明りもあれば (女)別れ涙の 灯影もあるわ (男)帆柱山から 眺める夜景は (男)宝石箱の ようだけど (男女)幸せばかりじゃ ないんだね (男)だから (女)二人は (男女)ともし続ける 恋あかり  (女)夜を彩る 山笠みたい (女)希望の提灯を 積上げましょう (男)二人で歩いた 魚町あたり (男)思わず肩を 抱きよせた (男女)あの日の思い出 いつまでも (男)だから (女)二人は (男女)ともし続ける 恋あかり  (男)男ごころは 純情一路  (女)女ごころは 真実一路 (男)この世に吹く風 きびしくたって (女)レトロの街の さざ波は (男女)変わらぬ誓いを ささやくよ (男)だから (女)二人は (男女)ともし続ける 恋あかり
萩の宿堀内美和堀内美和下地亜記子岸本健介裾の乱れを 手で押さえ 駆けてきました 逢いたくて 月に一度の 逢瀬ゆえ 命ときめく 身は燃える 花は紅色 胸に抱かれる 萩の宿  薄いお酒に 濃い情け 心酔わせる にくい人 すがる背中の あたたかさ 恋の涙もかわきます 花は紅色 灯影よりそう 萩の宿  夢は束の間 一夜だけ あとは待つ身の 忍び草 肩にこぼれた 黒髪で とけぬ縁を 結びたや 花は紅色 別れせつない 萩の宿
きずな川堀内美和堀内美和麻美潤岸本健介帰り支度の あなたの背中 泣いてすがって 困らせた 抱いて下さい も一度あなた 明日に渡る橋のない 添えぬ仲なら なおさらに 命燃やして きずな川  拗ねていたのに 今夜の私 逢えばやさしさ 追いかける 抱いて下さい も一度あなた 縁の糸は 細くても 情け重ねて 結ぶ夢 切るにきれない きずな川  せめて酔わせて いとしい胸で 恋の一夜が 明けぬまに 抱いて下さい も一度あなた ふれれば染まる 雪の肌 とけて流れて 朝露に 紅を散らした きずな川 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Let Go
  2. 海に抱かれに
  3. 時に愛は
  4. ありがとう
  5. モンタージュ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. TOKYOレジスタンス
  4. さいだー
  5. ELEVEN -Japanese ver.-

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照