浪花灯り

この曲の表示回数 11,425
歌手:

川中美幸


作詞:

吉岡治


作曲:

岸本健介


誰を待つやら 赤ちょうちんが
あほな顔して 揺れている
浮かれ囃子の
どこがええねん 言われても
つくして仇に なるやなし
あんたはうちの 浪花灯りや 春灯り

虫を封じて 浮気の虫を
両手合わせる 法善寺
愚痴をならべて
並べきれずに 泣き笑い
なんぼのもんや 苦労など
あんたはうちの 浪花灯りや 恋灯り

ふたり寄せても 一人前や
背のびしたって きりがない
にごり水でも
こまんじゃこさえ 生きてゆく
気ばればいつか 夢も咲く
あんたはうちの 浪花灯りや 春灯り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:浪花灯り 歌手:川中美幸

川中美幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-12-16
商品番号:TECE-48620
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP