歌詞を

ヘルプ

小野由紀子の歌詞一覧リスト

35 曲中 1-35 曲を表示
2020年8月13日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
雨のタンゴ小野由紀子円理子大谷明裕うしろ姿を眼で追いかけた
妖艶恋桜花小野由紀子円理子円理子花吹雪夢かうつつか
あやめ旅鴉小野由紀子円理子弦哲也故郷を捨てて三年流れて五年
いいじゃないか小野由紀子円理子弦哲也いつの時代も人の世は
歌行燈小野由紀子円理子弦哲也芸の蕾が咲く時は
炎舞小野由紀子円理子円理子お前様にはかりそめの
大阪ひとり小野由紀子二木葉子大谷明裕浪花のおんなは泣いたらあかん
覚悟をきめて小野由紀子円理子弦哲也七つ転んで八つで起きる
紀ノ川小野由紀子円理子岡千秋人の世は流れる水に
恋あやめ小野由紀子星野哲郎叶弦大嘆きの雨に色濃く
恋千鳥小野由紀子下地亜記子徳久広司沖は荒海佐渡の島
サムライ小野由紀子円理子四方章人散り際を真似て生きたい
しあわせ港小野由紀子円理子大谷明裕ここはしあわせしあわせ港
すすきのブルース小野由紀子鳥井みのる大久保明あなたを愛したあの夜から
そして ボレロ小野由紀子円理子大谷明裕月の砂漠を歩いてみたい
他人船小野由紀子遠藤実遠藤実別れてくれと云う前に
築地明石町小野由紀子円理子四方章人川風がもつれさせたか糸柳
椿さのさ小野由紀子円理子本條秀太郎紅い椿はね紅い椿は
椿の宿小野由紀子円理子保田幸司郎雨のしずくに耐え切れなくて
嫁ぐ日まで小野由紀子村尾昭北原じゅんできることなら苦労をせずに
泣かんとこ小野由紀子杉紀彦岸本健介生まれる時に大声あげて
二度目の操 ~セカンドバージン~小野由紀子遠藤実遠藤実なんにもとりえはございません
日本橋から小野由紀子二木葉子大谷明裕風にじゃれてるのれんに賭けた
人情花舞台小野由紀子円理子円理子待った待ったちょっと待って
野菊小野由紀子石本美由起遠藤実人の別れの淋しさを
函館ブルース小野由紀子鳥井実宮西豊泣けるものなら声あげて
パラダイス東京小野由紀子円理子弦哲也ああ東京東京愛が花咲く
深川雀小野由紀子逢坂俊季弦哲也娘十六恋染めし
舞曲・雪月花小野由紀子たかたかし北原じゅんわかれの雪なごりの雪おんな雪
港のブルース小野由紀子円理子円理子なぜか港に降る雨哀し別れた
夫婦ごよみ小野由紀子吉岡治弦哲也ついてゆくならこの人と
屋久島小野由紀子円理子弦哲也屋久島シャクナゲ咲く時は
雪伝説小野由紀子野村耕三弦哲也闇に絣 織り上げながら
湯の町酒場小野由紀子たかたかし弦哲也風の噂にさそわれて降りたつ
忘れ花小野由紀子杉紀彦岸本健介季節はずれの雪もよう

小野 由紀子(おの ゆきこ、1944年12月16日 - )は演歌歌手。本名は斉田 由起子。兵庫県宝塚市出身。 wikipedia