湯の町酒場

小野由紀子

湯の町酒場

作詞:たかたかし
作曲:弦哲也
発売日:1994/06/22
この曲の表示回数:12,235回

湯の町酒場
風の 噂に さそわれて
降りたつ駅は 雪の中
路地にこぼれる 赤提灯の
灯にさえ泣ける
おまえが匂う
一目逢いたい湯の町酒場

酔いにまかせて抱きよせた
男のつみが 身をせめる
つれて行ってと小指をからめ
すがった夜の
おまえの 涙
酒がおもたい湯の町酒場

闇にながれる汽車の汽笛
追うほどつらくなる旅さ
泣いているのかしあわせなのか
凍てつく空に
おまえがゆれる
抱いてやりたい湯の町酒場

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません