飛騨の月

この曲の表示回数 25,652
歌手:

原田悠里


作詞:

つじ伸一


作曲:

岸本健介


そっと襟あし 撫でてゆく
風はあなたの 吐息でしょうか
中橋(はし)を渡れば 三之町(さんのまち)
訪ねて来ました 逢いたくて
ずっと私は 独りでいたと
どうか伝えて… 飛騨の月

宵の祭りに ふたりして
堅く結んだ 心と心
きっと解(ほど)けて いないこと
今でも信じて いる私
江名子川(かわ)に浮かんで ふるえて揺れて
泣いてくれてる… 飛騨の月

両掌合わせる 白川郷(しらかわ)の
茅葺(やね)は私の 祈りの姿
あなた以外に 希みなど
本当は何にも ありません
夢を抱きしめ 待ってることを
どうか伝えて… 飛騨の月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:飛騨の月 歌手:原田悠里

原田悠里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-22
商品番号:KICM-30302
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP